2016年春、ベイトフィネスにオススメのリールBest3

最近は当たり前になってきたベイトフィネス釣り。
ベイトリールは『重たいルアーを投げる』イメージがありましたが、『軽量ルアーをベイトリールで投げれないか?』と開発されたのがフィネス専用リールです。
今までのベイトリールだと1gや3gのルアーは軽過ぎてキャストするのが難しく(スプールが重い為回転し辛い、ブレーキシステムが軽量ルアーに対応してないなど)、これまでは使えないと言う考えでした。
ですが、メーカーさんの技術により、ベイトリールでも軽いルアーを扱える商品が出来ました!
ベイトリールのメリットは、スピニングより手返しが早い、糸がヨレにくい、狙ったポイントに正確にキャスト出来るなどなどがあります!
スポンサーリンク

2016年春、ベイトフィネスにオススメのリールBest3

第1位:ダイワ/アルファス AIR 7.2R

新設計のG1ジュラルミン製エアスプール搭載で、淡水はもちろん海のルアーシーンまで幅広く活躍。ベイトフィネス機としての尖った性能を持ちながら、ギヤ比を見直して打ち~巻きまでのバーサタイル性も持たせており、初心者から上級者まで納得するでしょう!
第2位:シマノ/アルデバラン BFS XG
軽量ルアーのピッチング性能を徹底的に追及したシマノベイトリールの最軽量モデルです。画期的なスプール&ブレーキシステム「FTB」を搭載し、ベイトフィネス用リールとして開発された専用設計で、ピンポイントへの正確なピッチングがよりスムーズに行え、手返しの効率もアップするでしょう!

第3位:ダイワ/SS AIR

なんと!1円玉クラスまでキャストできるフィネス性能。調整も容易で、ピッチングとキャスティングをマグ調整無しでも高レベルに両立。AIRスプールをはじめ、ZAION製のスタードラグ、ハンドルノブを搭載。145gと軽量化でも申し分なし!

いかがでしたか?スピニングリールよりも感度がアップするので、アジングやメバリングゲームの世界がまた一段と、広くなること間違いありません!ある程度やりつくしたアングラーには、新しい世界が待っているかも???

ベイトフィネスを始めよう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。