【ベイト別バス必釣法、虫】攻略法&おすすめルアーベスト3

暖かい時期になると、バスが虫を食べようとしている姿を誰もが見たことがあるでしょう。
虫は補食しやすいことから、バスの主食と言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

【ベイト別バス必釣法、虫】攻略法&おすすめルアーベスト3

夏のバス釣りパターンで絶対に外せないのが、虫パターンです。
夏は虫系ルアーが威力を発揮するので、タックルボックスの中に必ず入れています。

アプローチの仕方としてはサイトフィッシングや、オーバーハングの下に入れたり、枝にラインを引っ掛けて水面でちょんちょんとアクションさせる提灯釣りなどが主な使い方になります。

中でも提灯釣りは、ラインを木に引っ掛けることにより、ラインの存在自体を消せるのでとても有効な釣り方になります。

サイトフィッシングでのオススメのアクションは、バスにダイレクトにキャストするのではなく、少し離れた位置にキャストすることです。
まずはティップをちょんちょんと動かして、水面に浮いたルアーをアピールします。
バスがルアーの存在に気づいたら、あとは余計なアクションを入れなくてもオッケーです。
食い気があれば、間違いなくバイトをして来るので、その瞬間を逃さないようにしっかり集中しましょう。

虫系ルアーのおすすめベスト3

第1位:ジャッカル/活虫

飛距離が抜群です。
活虫シリーズはどれも、驚くほど釣れます。

第2位:イマカツ/風神スパイダー

誰もが知る鉄板虫ルアーです。

第3位:OSP/オリカネムシ

見た目は可愛く釣果も抜群なルアーです。

夏はバスの活性が非常に高いので、とても面白いです。
その面白さをより高めてくれるのが、虫系ルアーです。
バイトの瞬間が見えてとても興奮します。
一度使ったら病み付きになってしまうこと間違いないですよ!

ブラックバスを釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。