【バス釣り初心者の質問】雨の日のブラックバス釣りのコツを教えて!

雨がちょっとでも降ると、釣りへ行く気持ちがなくなってしまいますよね?
でも、雨の日は実は、デカバスに巡り会うチャンスなのです。
今回は、私なりの雨の日のバスフィッシングの面白さや、攻め方を紹介させていただきます。

スポンサーリンク

【バス釣り初心者の質問】雨の日のブラックバス釣りのコツを教えて!

晴れよりも雨の日の方が、ブラックバスがよく釣れるのをご存知ですか?
その理由の一つに、気圧の変化があります。
気圧の低くなる雨の日は、水面への圧が解放されて、ブラックバスが自由に泳ぎ回るようになります。
特に、アングラーにとって好ポイントとなるシャローへのブラックバスの移動も、釣果アップをより高めます。

次に挙げられるのが、雨の日はアングラーが少ないことです。
アングラーが少なければルアーの数が減るし、足音や人影も少なくなり、人的プレッシャーが低下します。
それに加えて雨による濁りや水紋のお陰で、ラインやルアーがブラックバスから見えにくくなり、簡単に見切られることもなくなります。
そうなるとブラックバスの警戒心が下がって、ルアーへの反応がよくなるのです。

これらの理由から、雨の日はブラックバスの警戒心が下がって、アングラーにとって絶好のチャンスタイムとなるのです。

雨の日のバス釣り、おすすめルアーBest3

雨の日のバス釣りにはトップウォーター、中でもバズベイトがおすすめです。
バズベイトの飛沫は、雨音に負けないぐらいのアピール力を持っており、雨の日にハマるとバスが連発します。
バズベイトで反応がなければ、スピナーベイトを使ってみましょう。

第1位:ジャッカル デラバズ

小型のバズベイトになります。
とても使いやすく、私のお気にいりです。

第2位:ジャッカル ポンパドール

アピール力抜群の羽根物ルアーです。

第3位:メガバス ポップX

とにかく釣れます!
私の友達もこのルアーで、たくさんのブラックバスを釣り上げています。

雨だからと言って面倒くさがらず、雨具をしっかり着込んで、バス釣りへ出かけましょう!

雨の日こそ、デカバスチャンス?
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。