ナマズゲームフィールド解説part1、堰&沈下橋

ナマズゲームが成立するフィールドを詳しく解説します。
フィールド別に細かなポイント、アプローチの仕方などを紹介するので、実戦に役立つと思います。
ちなみに写真は、筆者が実際に釣ったポイントです(^^)

スポンサーリンク

ナマズゲームフィールド解説part1、堰&沈下橋

堰:ナマズゲームのA級ポイント

032

ナマズゲームのA級ポイント。
堰の落ち込みにはベイトとなる小魚が溜まり、流れの影響で深くエグれているので、格好の住処となります。

さらにこの堰の護岸は、

033

このように石を積んでフェンスを張っている自然護岸のため、日中の隠れ家には最適です。

032-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

アプローチ
いきなり岸際に立つのではなく、岸から3mほど離れた場所からキャストし、自然護岸を探りる。
不用心に岸際に近づくとせっかくいたナマズが逃げてしまうからです。
次にの位置に立ち、の所にキャストし堰の白泡が立っている場所を引いていきます。
流れが強い場合は、堰の上流に向けキャストし、部分ごとに探っていけばよいでしょう。

◯囲みの場所も要チェック。
流れ込みの反転流により流れが弛んでいるので、ナマズは居着き易くなっています。
キャストし、巻かずにその場でシェイキングするのがおすすめ。
高活性の場合、落ちパクすることも…。

次に、の場所に立ち、の場所にキャスト。
かけあがりのもっとも浅くなっている場所も狙ってみましょう。
ルアーのコースもかけあがりの縁に沿って引いていきます。
この場所もベイトが流れ着きやすくなっているので、ナマズがいる確率がとても高いです。

小規模の橋(沈下橋):

035

コンスタントにナマズが出る場所。
両岸に草があることが好条件、特に左岸は濃いブッシュになっているので、ナマズが隠れるにはもってこいです。

しかも、通常の橋より高さが低いので影が強く、日中でもナマズゲームが成立する場所です。
増水後に橋脚にゴミが絡まるような時は、激アツになること間違いなし!

035-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

アプローチ
まずは、の所に立ち、ブッシュの際から浅くなっているところを広く探り、回遊しているナマズを狙いましょう。
ブッシュの際だけを狙う際には、の場所から。
いずれも小規模の場所なので、ピッチングなど飛距離よりコントールを重視したキャストがよいでしょう。

橋の下を攻める際には、かなりのキャストコントロールが必要、橋の上に乗ってしまうのもあり。
橋の上に乗る際には音に敏感なナマズが逃げないように慎重に、足音を立てないように。
の場所に立ち上流に軽くキャスト。
巻かずに流れ乗せて橋の下を通過させます。
通過したらルアーを止めて、ルアーが泳ぐ様なイメージで橋の下を探ります。

他にも橋脚周りのピンスポットをシェイキング探っていくのも面白いかもしれません。
目の前でルアーが水中に消し込まれる光景はもう、圧巻です!

以上、ナマズ攻略ポイントpart1 堰&沈下橋を紹介しました。
ナマズ釣り初心者はまず、比較的簡単に釣ることができる、堰と沈下橋から狙ってみましょう!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。