初心者の疑問、エギングに必須の偏光レンズの役割とは?

偏光レンズって聞いた事があるけど、なぜ釣りの際に有効なのか、また普通のサングラスとの違いなど知らない初心者の方も多いのではないでしょうか。偏光レンズがエギングでなぜ必須なのか。その必要性について解説します。

スポンサーリンク

初心者の疑問、エギングに必須の偏光レンズの役割とは?

エギングシーンでの偏光レンズの必要性

海で釣りをする時に、光が当たっている海面がギラギラしていて海が見えにくかったり、スキーやスノーボードをしている時に、光が当たっている雪面がギラギラして見えにくかったりした経験をしたことがないでしょうか。
このギラギラしたものは乱反射している光で、車のフロントガラスやビルの窓ガラスなど、身近なところでも発生します。

反射光により海面や海中が見え辛いと、アオリイカへの直接的なアプローチが目視で確認できず、釣果に大きく左右してしまいます。
エギングは、目視で直接的なアプローチをすることが多い釣りです。海面や海中が見えることが前提で釣りを組み立てることもあります。そのため、乱反射した光を除去してくれる偏光グラスが必須になるのです。

偏光レンズの役割

偏光レンズの必要性については理解していただけたと思いますので、エギングシーンで活躍する偏光レンズの役割について、触れておきたいと思います。

ZEAL OPTICS(ジールオプティクス) VERO 2nd F-1307 マットブラック EASE GREENZEAL OPTICS(ジールオプティクス) VERO 2nd F-1307 マットブラック EASE GREEN

偏光レンズは簡単に言うと、海面のギラつきの原因となる反射光を遮断するレンズです。偏光レンズは、レンズの間に特殊なフィルムが挟み込まれており、多方向から入ってくる自然光の乱反射光を除去して、視界をクリアにしてくれる役割をもっています

ちなみに、一般に使用されているUVカット機能のみのサングラスは偏光グラスと違い、光量は軽減されますが光の乱反射は除去することはできません。

また偏光レンズには、レンズの色が数多くあり、天候や対象物に適した偏光レンズカラーを選択することができます

偏光レンズの選び方

偏光レンズを選ぶ時に重要視するポイントは、「偏光度の高さ」、「ひずみの度合い」、「見え方の質」、「レンズの軽さと素材」の4点が挙げられます。

まず偏光度の高さですが、反射光や雑光を除去する度合いの数値が高ければ高いほど、ギラつきがカットされます。
また、赤いチラつき(可視光線)を透過するレンズでは、対象物がクリアに見えませんので、可視光線をカットする度合いの高さも必要です。

次にひずみの度合いですが、レンズの外側ほどひずみが感じられないものを選択すると、目の疲れが軽減されます。ひずみが酷いと、人によっては見ているだけで、頭痛がしてきたり、めまいがしたりするので注意が必要です。

3つ目の見え方の質ですが、偏光サングラスを使用していない裸眼状態でクリアに見えている時と同じ質で対象物が見えることが重要です。
偏光サングラスも他の製品と同じくピンからキリまであり、偏光レンズ自体の性能によって大きく違いがあります。
要はバランスです。よく、安価な偏光サングラスと高価な偏光サングラスはそれほど違いがないと言う方がいますが、それは偏光機能だけがそれほど変わらないだけであって、ひずみ度合いや可視光線の透過率については、大きく違いがあります
全体的にバランスがよくないと細かな見え方の違いから、長期的に使用する偏光サングラスとしてはおすすめしません。

最後にレンズの軽さと素材ですが、軽くて耐衝撃性に優れているプラスチック素材をおすすめします。
レンズの素材は他に、ガラス、ポリカーボネイトアセテート等があります。

それでは、偏光レンズの選び方から、筆者おすすめの偏光サングラス製品をご紹介します。

ZEAL OPTICS CAVARO F-1205

ZEAL OPTICS(ジールオプティクス) CAVARO F-1205 クリアブラック&レッド TRUEVIEWZEAL OPTICS(ジールオプティクス) CAVARO F-1205 クリアブラック&レッド TRUEVIEW

カジュアルなフレームカラーのクリアブラックとレッドが、エギングのみならず普段使いにもおすすめできるデザインです。オールマイティーに使用でき、レンズは信頼のTALEX社製。
レンズカラーは全天候型で自然なクリアな視界がアングラーをうならせるトゥルービューと、汎用性抜群の偏光サングラスです。

DAIWA TLX005 TRUEVIEW SPORTS

ダイワ TLX 005 TRUEVIEW SPORTS/BLACK×IP BLACKダイワ TLX 005 TRUEVIEW SPORTS/BLACK×IP BLACK

デザイン良し、フレーム素材良し、レンズ素材良しと、3拍子揃った、最高峰の偏光サングラスです。フレームはチタン製で軽く、レンズはTALEX社製のトゥルービュースポーツで自然なカラーバランスにコントラスト性能をプラスしたグレー、ブラウンの中間色カラーです。ラインやストラクチャーが見える視界は、偏光レンズで一番の質ではないでしょうか。
筆者も愛用するダイワTLX005は、一度手にしてその質を感じてほしい1本です。

ZEAL OPTICS VERO 2nd F-1307

ZEAL OPTICS(ジールオプティクス) VERO 2nd F-1307 マットブラック EASE GREENZEAL OPTICS(ジールオプティクス) VERO 2nd F-1307 マットブラック EASE GREEN

まずめや曇り等のローライト時に活躍するイーズグリーンの偏光レンズを搭載したモデル。
天候や光量に合わせて偏光レンズを使い分けるとアオリイカの釣果アップに繋がります。
アオリイカの釣果に大事な時間帯のまずめでは、見えるレンズなしではエギングはできません。
普段使う偏光サングラスと合わせて、ぜひ持っておきたい1本です。

まとめ

海面がギラギラした視界の中でのエギングでは、アオリイカや地形、ストラクチャーが見えにくく、そのことが釣果を左右すると言っても過言ではありません。
偏光レンズを搭載したサングラスを使用することで海中が見えるようになると、アオリイカに直接的なアプローチをすることが可能になり、エギングがさらに楽しくなります。
また、安価な製品はひずみの度合いが大きい事があるので、多少高価でもレンズは信頼のおけるメーカー品をおすすめします。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。