《釣りの仕掛け》磯釣りの王様、グレ全遊動仕掛け

仕掛け、タックル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

グレ仕掛け

グレ、オナガなど
時期 冬、初夏がメイン。
場所 沖磯、堤防など

食い込み抵抗が少ない

グレはとても用心深い魚なので、ツケエを食んだ時に違和感を感じたら放してしまうことがよくあります。その違和感はウキ止めや、ウキの余浮力が原因であることが多いです。そのため全遊動仕掛けではウキ止めを無くすことと、0浮力のウキを使用することで抵抗を無くしていグレの食い込み抵抗を少なくして、グレがフッキングしやすいようにしています。

グレ釣りに必須のレバーブレーキ

レバーブレーキを使用する釣りは磯のグレやチヌ釣りぐらいで、他の釣りではお目にかかることがありません(最近はシーバス釣りでちらほら)。レバーブレーキの利点は、一瞬の爆発的な魚の泳ぎに対して、釣り人の出したい糸の量をきっちり調整できることです。そのため、瀬際の攻防で一瞬の判断を必要とする磯のグレ釣りに、必須となります。

浅ダナ〜深ダナまで探ることができる

ウキ止めを付けていたら、探ることのできる深さが限られます。しかし、ウキ止めのない全遊動仕掛けでは、思いのままに深く探ることが可能です(潮の流れや風邪の具合にもよる)。

 

Let’s enjoy gure Fishing! 

グレ釣りを楽しもう!