福岡の生サバはあたらない?〜朝日新聞より

海釣り
スポンサーリンク
福岡の生サバはあたらない? 秘密はアレの違い:朝日新聞デジタル
 福岡県内の居酒屋のメニューでよく見かける「ごまさば」。春に福岡に赴任して、どんな料理だろうと注文したら、運ばれてきたのは何と、生のサバ。記者が育った東京では生で食べる習慣はないうえに、「生サバを食べ…

九州の一部の地域では、サバの生食が一般家庭でも浸透している。

関サバで有名な大分県の知人に、かつてサバの生食について聞いたのが、

「鮮度がよいから、生食でもいける」とのことだった。

鮮度がよいだけなら、関東でもいけるはずだが…、と思いつつも疑問はそのまま。

月日が流れて、その疑問も忘れていたが、上の朝日新聞の記事では、

「長崎、福岡の日本海側のマサバに寄生するアニサキスは、関東のマサバに比べて筋肉へ移動する確率が約100分の1」とのこと。

なるほど、九州でマサバの生食が一般化している理由は、アニサキスの動きの違いが理由だったのか…。

とはいえ、大分県の知人も、一度だけマサバにあたったらしい。

原因を聞くと、「絞めた後に、ちゃんと冷やさなかったから」らしい。

九州のマサバの生食がいけるとしても、やはり保管状態が悪いともちろん、あたってしまう。

九州在住の方は、マサバの生食の危険が少ないとはいえ、ちゃんと処理をしたものだけを選ぶようにしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました