大志生木〜大分市佐賀関 キス釣りの定番、ウミガメの産卵地

釣り場
スポンサーリンク
スポンサーリンク

浜からのチョイ投げでキスの数釣り

  アジ
  アジ、キス
  アジ、キス
  アジ

大志生木ではゴールデンウィーク明けからキスが釣れ始めます。
6月からはキスがかなり釣れるようになりますが、7月の海水浴シーズンからは釣りを休止(海水浴客のいない早朝に、釣りができることもあります)。
お盆明けから9月末はポツポツとキスが釣れ続けます。
小志生木側の端には突堤があり、そこではサビキ釣りでアジがよく釣れます。

近年はウミガメの産卵があるなど、話題が豊富な釣り場です。

釣り場解説

使用ドローン:Mavic Air 2

大分市近郊のキス釣りポイントといえば、真っ先に上げられるのが大志生木です。
晩春から初秋にかけての大志生木では、遠投しなくてもキスが釣れるので釣り初心者でも簡単にキスを釣ることができます。
どの場所からもキスを狙えますが、所々に岩場があります。
岩場に仕掛けが根掛かりしたらそのポイントを覚えて、そこを避けて釣りをするようにしましょう。
キスのサイズは5〜6月:15〜20cm主体、7〜8月:10〜15cm主体、9月以降:サイズがまばらになります。
サイズアップを図りたいときは岩場の周りをねらう、同じポイントを狙い続けずに遠近を丹念に探るのがよいでしょう。

使用ドローン:Mavic Air 2

大志生木の砂浜の東端(小志生木寄り)には、小さな突堤があります。
釣りが成立するのは先端のみなので、基本的に一組しか釣りできません。
ここで釣れる魚は、佐賀関の人気魚のアジです。
足元でもアジが釣れることもありますが、ベラをはじめとした小さな磯魚がとても多いので遠投で狙います。
20m以上の遠投サビキ釣りで、タナは竿1本半前後(6〜10m程度)に設定しましょう。
なお、国道からの入り口がとても狭くてわかりつらいので、よく注意してアクセスしましょう(大分市内からだと、橋を渡ってすぐ、「みかん販売所」の手前を左折します)。

ルアー釣り

サーフからのルアー釣りではあまり実績がありませんが、狙えばヒラメや青物が釣れる可能性があるでしょう。
突堤からはライトゲームでアジやメバルが釣れます。
また、秋にはエギングで小さなモイカがポツポツヒットします。