梶寄漁港(かじよせ)〜佐伯市鶴見の釣り

釣り場
スポンサーリンク
スポンサーリンク

物から物まで、豊富な魚種をねらえる

  アジ、メバル、モイカ
  アジ、グレ、ケンサキイカ
  アジ、モイカ
  アジ、メバル、グレ、モイカ

一年を通して釣り魚が多い釣り場です。
グレ(クロ)、モイカ(アオリイカ、ミズイカ)、ケンサキイカは大分県内でもトップクラスの実績がある人気ポイントです。

鶴見大島との海峡に面していることから潮の流れがとても速いです。
また、鶴見半島の先端近くに位置しているので、外洋からの回遊魚がとても多くて魚が頻繁に入れ替わります。

釣り場解説

使用ドローン:パロット アナフィ


メインのポイントです。
先端周りは足元から深いのでとても釣りやすいです。
アジ狙いは足元でも釣れますが、スズメダイなどの他魚が多い場合は遠投で狙うようにしましょう。
アジ釣りの仕掛けはサビキ釣りがおすすめです。


先端周りの足元は広くて釣りやすいです。
船道付近の深場でアジがよく釣れます。
ケンサキイカ狙いでは、爆発的に数が出ることもあります。
梅雨時期は30〜40cmクラスのクロの実績があります。
クロ狙いの場合は遠投、浅ダナ、たくさんのエサ取り(コッパグロ)を避けて釣ることを心がけましょう。

使用ドローン:パロット アナフィ


夜釣りのポイントです。
外灯が明るいため、メバルやケンサキイカ、モイカの実績があります。
メバルはテトラ周りをトレースするのを忘れずに。


エギング、アジの泳がせ釣りのおすすめポイントです。
足元が浅いので、遠投して狙うようにしましょう。
なお、初夏には遠投カゴ釣りでイサキが釣れる日もあります。

梶寄港からの風景。鶴見大島がすぐ沖にある。鶴見大島との間にあるのが元の間灯台。
ルアー釣り

秋にブリ、ハマチの回遊があります。
トップウォーター、もしくはメタルジグで狙いましょう。
アオリイカエギングは秋の小型の時期は港内、晩秋からは沖向きの深場を意識しましょう。
アジ、メバルなどのライトゲームもおすすめです。
特にアジは一年を通して狙えて、サイズも型も実績があります。

梶寄港の近くにはコンビニやスーパー、商店がありませんので、長時間の釣りをされる際には食べ物や飲み物を持参して釣行しましょう。