つりトップ編集部 一覧

2019年秋発売 ダイワ新製品LBリール、シグナス&ラグザスを徹底解説

磯釣りをする上で、スピニングリールのドラグ性能だけでは対応できなかった魚の引き込みを、レバーブレーキ(LB)が搭載されたことによって迅速にロッドワークに繋げることが可能になりました。現在に至るまでLBリールは磯釣り専用機種として進化を遂げ続け、BITUBO(バイターボ)ブレーキシステムという新たなテクノロジーを搭載した2機種が2019年秋にリリースされます。

ダイワ 2019秋 新製品LBリール、シグナス&ラグザスを徹底解説!

『BITURBO(バイターボ)ブレーキ』とは?

まずは、新製品LBリール「シグナス」と「ラグザス」に新搭載されている注目のBITUBO(バイターボ)ブレーキについて解説します。

■ブレーキ効率が2倍

摩擦係数の高いチタン素材をブレーキディスクに採用することで、従来比で約2倍のブレーキ効率を実現したBITUBO(バイターボ)ブレーキ。ブレーキ力が上がれば、そのぶんレバーを握る力を軽くすることができ、長時間のやり取りの疲労軽減やロッドワークの集中力アップなどブレーキ力アップには大きなメリットがあると着目されています。

 

 

■レスポンスの向上

レスポンスの向上とは、従来製品と比べて制動力が働くまでの反応が早くなったということです。ブレーキに速効性があることで根ズレを回避しやすい、取り込みが早いなどのメリットがあげられます。必要ブレーキ力に到達するまでの時間を従来比1/4にまで短縮し、アワセとともにレバーを握った瞬間、強大な制動力が鋭く立ち上がります。

また、逆転時にスプールが上下動しない『ワンウェイオシレーション』の相乗効果で、スムーズかつスピーディなやり取りを実現します。

 

 

 

クイックオンオフレバーブレーキシステム

レバーを操作する指先でそのままレバーを引けばOFF、押せばONと、ラインを出す、止めるといった操作と、ストッパー機能をレバー1本で瞬時に対応することが可能なブレーキシステムです。

軽い握力で従来よりもブレーキにパワーに加えて、より即効性が向上し、根ズレなどトラブルの回避に頼もしい次世代ブレーキが「バイターボ」なのです。

 

2019年 秋の新製品「ラグザスLBD」

プレイソの後継機種として新登場したラグザスシリーズはトーナメントシリーズで培った新テクノロジーBITUBO(バイターボブレーキ)を搭載しながら、価格帯は変わらず進化だけを遂げてリリース。上位機種との機能差は、自重、回収スピードと逆転フリー性能が挙げられる程度、上級者も納得できるミドルクラスと言えます。

 

 

ロングキャストABS搭載

トラブルレス性は維持しつつ、ライン放出性を徹底的に追求したのがロングキャストABSです。遠投性の向上はもちろんですが、遠投しなくていいシチュエーションでも今までより軽い力で振り込むことが可能になりました。余分なラインが出ないため、ラインメンディングがしやすく、サシ餌が取れ難いなど軽い仕掛けなどの操作性にも大きく貢献しています。

その他主なスペック

●マグシールド:ボディとローターの隙間に磁性を持つオイルの壁を作ることで海水や埃などの侵入をシャットアウトする防水構造

●アルミ鍛造レバー:確実なブレーキ性能を発揮

●ATD:急激な突っ込みに対応しラインブレイクを防ぐ

●ZAION:高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂。ハンドル、ボディ、ローター他搭載

●ハイグリップTノブ:確実なグリップ力を発揮

デジギヤ・デジギヤⅡ:ドライブギア歯面形状を完全デジタル化することで、さらなる強度の向上と滑回転を実現。

 

 

 

2019年 秋の新製品「シグナスLBD」

ソライソ後継モデルとして、今秋発売の「シグナス」ですが、BITUBO(バイターボ)ブレーキ、専用ZAIONブレーキ、大口径ドラグノブやLC-ABSなどの新テクノロジーを網羅し、上位機種「ラグナス」と比べて機能性での差がもはや自重ぐらいしかありません。LBリール入門者には間違いなくおすすめの1台です。

 

 

主なスペック

BITUBO(バイターボブレーキ):軽い力で確実なブレーキ制動力を発揮
・ブレーキ力アップ:ブレーキ効率2倍
・レスポンス向上:従来比1/4へ短縮

●マグシールド:ボディとローターの隙間に磁性を持つオイルの壁を作ることで海水や埃などの侵入をシャットアウトする防水構造

●ATD:急激な突っ込みに対応しラインブレイクを防ぐ

●ZAIONブレーキレバー:軽さ・扱い易さを追求

●ワンタッチアルミハンドル:簡単に折りたためる優れもの

●ロングキャストABS:遠投かつ仕掛けを自然に馴染ませやすい

●ハイグリップTノブ:確実なグリップ力を発揮

●デジギヤ・デジギヤⅡ:ドライブギア歯面形状を完全デジタル化することで、さらなる強度の向上と滑回転を実現。

 

 

 

まとめ

2019年秋にダイワから発売されるLBDリールの新製品「シグナス」と「ラグザス」は、トーナメントなどの上位機種シリーズにしか搭載されていなかったBITUBO(バイターボ)ブレーキシステムをはじめ、ロングキャストABSなど様々な機能を網羅しリリースされます。シグナスはレバーブレーキリールの入門者に、またラグザスは上級者にもおすすめできるコストパフォーマンスに優れた新製品と言えるでしょう。


【2019 鮎】ダイワ新製品のおすすめ鮎竿を徹底解説!

平成から令和に元号が変わる5月1日、全国に先駆けて和歌山県で鮎釣りの解禁を迎えます。記念すべき年に新製品としてリリースされる鮎竿のチェックはもうお済でしょうか。

各地の釣具店で開催される鮎新製品の展示会では、鮎竿を実際に手に取って見ることができます。これから手に取って見る機会がある方は予習も兼ねて是非読んでみてください。

また新製品をネットで購入予定の方や、実際に手に取る機会がない方にも参考になるよう、要所を含めて解説します。

【2019 鮎】ダイワ新製品のおすすめ鮎竿を徹底解説!

 

ダイワ鮎竿最高峰モデル NEW グランドスリム

ダイワのグランドスリムと言えば、一番にイメージするのが細身肉厚設計。

細身ならではの風切り性能とは対照的に、良型も安心して獲れるパワーとトルクを兼ね備え、さらに小さなオトリでも引ける変則調子。まさに最高級万能ロッドと言えるのが、歴代グランドスリム設計の特徴です。

3代目ではSMT(ソリッド)、4代目ではZ-SVFカーボン、5代目ではSMTチューブラーに加えて7本継採用に伴うチャージリングやナノプラスなど、常にダイワ最新のテクノロジーを搭載してきたグラスリ。今作で6代目となる新しいグラスリの進化はどこにあるのでしょう?

●NEWグランドスリムのコンセプト

低負荷ではT調子、押しの強い流れで大きな負荷がかかればA調子、さらにオモリ使用時や大型を狙う場合はMT調子と、あたかも状況に合わせて変化するような「変則調子」。それが歴代受け継がれてきたグラスリの特徴のひとつです。
さらにスムーズに、もっと劇的に変化させることがテスト段階での絶対オーダーで、グラスリ調子の継承併せての進化が、生まれ変わったグラスリのコンセプトと言えます。

キーワードは『6通りの調子変化』と、『V-JOINTα』『スペシャルZ-SVFナノプラス』の2つの新テクロノジーです。

 

●穂先3本と穂持ち(#2)2本のスイッチが生み出す変幻自在の調子変化

NEWグラスリには3本の穂先と2本の穂持ちが標準装備されています。

1.1mmの細径カーボンチューブラーを基本穂先に、繊細&柔軟なSMTソリッド替穂先、パワーと回転力を意識した10cm短いSMTチューブラー替穂先の計3本と、更に組み合わせ時に30cm短くなる♯2番のスイッチパーツです。

 

穂先3本と穂持ち2本の組み合わせは全6通りになり、時期、フィールド、鮎のサイズ、釣法や仕掛けに合わせて、組み合わせる事で、初期の10cmサイズから27cmクラスの“メガトルク急瀬抜”が得意とする領域まで幅広く適応可能となります。

 

●新たなロッドテクノロジー<1> スペシャルZ-SVFナノプラス搭載

ダイワのカーボンテクノロジーは樹脂(レジン)量を減らし、より多くのカーボン繊維を密入することで軽さとパワーを両立していく技術です。樹脂が少なくカーボン繊維が高密度なほど、軽量化でき感度&パワーは向上すると言えます。

 

ダイワ カーボンテクノロジー比較図

2010年に精密にコントロールされたカーボン繊維配列により、更なる軽さ・感度・パワーを発揮するZ-SVFカーボンを発表しましたが、NEWグラスリにはそれをさらに超える、スペシャルZ-SVFナノプラスが搭載されています。

■ナノプラスとは?

東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー(カーボン繊維同士を繋ぐ接着剤であるミクロンサイズの樹脂)を、通常よりもはるかに細かいナノサイズ(ミクロンの1/1000)として混合するダイワ独自の製造手法です。ロッド機種ごとに最適化を行い、ロッドブランクの更なる高強度化・軽量化を可能にします。

 

●新たなロッドテクノロジー2 V-JOINTα搭載

 

節と節が重なる部分に独自のバイアス構造を採用することで、合わせ部のスムーズな曲がりを実現したのがV-ジョイント構造です。

ダイワ鮎竿テクノロジーの革新構造のひとつと言え、多くのシリーズに搭載されています。

 

今回新たにNEWグラスリに搭載されたV-ジョイントαは、バイアス部に高密度カーボン素材ナノプラスを含む高強度素材を採用し、軽量化をも実現しました。

 

※その他スペック

■ESS(感性領域設計システム)■ X45 ■チャージリング構造 ■ スーパーリング構造 ■ エアグロスフィニッシュ(#4~元竿) ■ ゼロコーティング(#1~#3) ■ セーフティフックタイプメタカラマン ■ 節落ち・食いつき防止合わせ ■ 固着防止リング ■ 特殊撥水処理 ■ 新触感グリップ ■ 固着防止リング ■ 銘板付下栓 ■ 元竿口金処理 ■ ニット竿袋

 

 

ダイワ NEW 銀影競技スペシャル T テクニカル

T調子と言えば、ダイワ鮎竿ではメインシリーズと言え、引き釣りやオモリを使用した止め釣りなど操作性に優れた先調子の竿です。銀影競技シリーズで先に発売となったT調子のテクニカルモデルですが、通常のT調子、また競技シリーズのテクニカルモデルとの住み分けはどういったところにあるのでしょうか。

●T調子とTテクニカル調子の違いとは?

瀬での引き釣りやナマリを使用した止め釣りに特化しているT調子ですが、よりフィネスな操作性をコンセプトに作られたのがTテクニカル調子だと言えます。競技Tをベースに、穂先から胴部までがしなやかな設計で、T調子特有のオトリの直線的な動きとパワーはそのままに、従来以上に繊細に操れて、オトリへのダメージが少ないのがテクニカル調子と言えます。

スペシャルT調子が最適鮎サイズを18~25cmと設定されているのに対して、Tテクニカル調子は12~21cmとし、16cm~18cmにおいて最高のポテンシャルを発揮する設計になっています。

●競技TテクニカルとスペシャルTテクニカルの違いとは?

競技Tテクニカルに比べて、スペシャルTテクニカルは♯1~♯3がしなやかで、♯4から下節は張りがある設計になっています。先調子設計はそのままに、より操作性の純度が上がったとされています。さらにスペシャルZ-SVFナノプラスV-ジョイントαと最新の素材とテクノロジーが搭載されています。

※その他スペック

■感性領域設計システム「ESS」■スペシャルZ-SVFナノプラス■V-JOINTα■X45(=Xトルク)■Vコブシ設計■チャージリング■スーパーリング構造■エアグロスフィニッシュ(♯4~元竿)■ゼロコーティング(♯1~3)■特殊撥水処理■セーフティーフックタイプメタカラマン■新触感グリップ■節落ち・食いつき防止合わせ■固着防止リング■銘板付下栓■元竿口金処理■ニット竿袋■SMTチューブラー標準替穂先■#3スイッチパーツ標準替中節(90⇔93)
※標準穂先はカーボンチューブラー
※専用設計の別売り替穂先を設定: SMT(スーパーメタルトップ)/メガトップセンサーオートマ穂先

 

 

ダイワ NEW銀影競技 タイプS

胴調子のA、先調子のT、その中間的調子となるのが「TYPE S」です。Aの得意とする小石底での面の釣りや、Tの得意とする石の大きい河川での泳がせ釣りなど、河川を選ばず、どんな状況でも偏差値の高いのがS調子といえます。

●競技クラスでは初搭載の最新テクノロジー

競技クラスでは、初搭載となる「Z- SVFナノプラス」「V- JOINTα」を採用し、従来のタイプSに比べ最細径のカーボンチューブラー穂先で、♯4までしなやかな設計となっています。上下左右のSアクションは低水温や早朝などのタフコンディションに効く、競技会にも、もってこいの鮎竿です。

●選べる3機種と2本の穂先

対象サイズ12~23cmのTYPE S 90 3機種の中で最もフィネスモデル設計。ベストパフォーマンスは15~18cmサイズで発揮される。

対象サイズ14~25cmのTYPE S H85 軽さ操作性に優れた短竿モデルのラインナップ。

対象サイズ14~25cmのTYPE S H90 人気の新機軸H90。最適応サイズは16~21cmながらも、25cmクラスまで引き抜き可能なパワーをも持ち、最もオールラウンダーなモデル。

※その他スペック

感性領域設計システム「ESS」■Z-SVFナノプラス■X45(=Xトルク)■チャージリング■V-JOINTα■スーパーリング構造■エアグロスフィニッシュ(♯4~元上)■ゼロコーティング(♯2~3)■特殊撥水処理■セーフティーフックタイプメタカラマン■新触感グリップ■節落ち・食いつき防止合わせ■固着防止リング■銘板付き下栓■元竿口金処理■ニット竿袋
■SMTチューブラー標準替穂先(本穂先はカーボンチューブラー)
※専用設計の別売替穂先を設定 :SMT(スーパーメタルトップ)

 

 

まとめ

2019年に新発売となるダイワ鮎竿を高価格帯をメインにご紹介しました。Z-SVFナノプラスやV-ジョイントαなど、新テクノロジー満載で機能もスペックも向上している製品ばかりです。購入するには高額な鮎竿ですが、もし気になる新製品があれば、ぜひ現物を触ってみて店員さんに話を聞いてみましょう。そのための予習も忘れずに!

 


【2019年6月1日より】アマゾン タイムセール祭り 釣り具購入のお得なセール!

ロッドやリール、ルアー、ラインなどあらゆる釣具のラインナップが豊富でしかも安くて早くお家に届く、とても便利なアマゾンが、2019年6月1日9時から6月3日23時59分まで超お得なタイムセール祭りを開催します!

Amazon タイムセール祭りとは、Amazonが開催する計54~87時間のビッグセールです。人気商品がタイムセールでお買い得。さらに数億種類の商品がポイントアップチャンス。お得な価格の人気商品を数多く取り揃え、皆様をお待ちしております。

この記事を書いているのは2019年5月29日なので、目玉商品となる釣具の事前公開が残念ながらありません。
その代わりに、現時点で公開されている目玉商品の一部を紹介します!

この機会をお見逃しなく、アマゾンで釣具をお得に購入しましょう!

 


2019年夏、タイラバにオススメのアイテムBest10!

夏のオフショアは大型マダイが元気に動き回るので、オフショアアングラーにとってスリリングでとても面白い時期となります。
オフショアのマダイ狙いといえば、もちろんタイラバです。
この時期のマダイは貪欲にエサを追い回したり中層に浮いたり、タイラバに激しくバイトしたりするので、アクティブに釣りを楽しむことができます。
また、マダイのサイズが大きい特長があるので、自己記録更新を狙えるなど、とても魅力があります。
それでは、定番商品や新商品を交えて、2019年夏のタイラバにオススメのアイテムBest10を紹介します!

2019年夏、タイラバにオススメのアイテムBest10!

第1位 ダイワ 紅牙IC

ダイワ(DAIWA) リール 紅牙 IC 100P-RM

着底のいち早い察知能力と、レンジキープが命と言えるタイラバにおいて、カウンター表示付きベイトリールはマストアイテムと言っても過言ではない。
ベテランになれば着底やレンジが大体わかるものの、常に手元に糸の放出量が表示されていれば、イメージがより強固なものになる。
信頼のダイワブランド、紅牙のリールであれば間違いないはず。

2位 ダイワ 紅牙 中井チューン SS

ダイワ(Daiwa) タイラバ ユニットα 紅牙 中井チューン SS オレンジ&ゼブラレッド

全国のマダイ釣り場で実績のあるダイワ 中井チューンのユニット。
食い渋ったマダイによく効くアイテム。
抑えめのカラーリングとボリューム感が、食い渋りながらもエサが気になるマダイにとって、ちょうどよい塩梅に仕上がっている。

3位 紅牙 EX AGS

ダイワ(DAIWA) タイラバロッド ベイト 紅牙 EX AGS N70MLB THRILL GAME タイラバ 釣り竿

ここまでダイワが3連発!
最近のダイワのタイラバアイテムはどれをとっても、とてもよく仕上がっていると思うのは私だけでしょうか???
さて、「紅牙EX AGS」の中でも特にオススメなのが、乗せ調子のスリルゲームシリーズ。
前アタリに対して竿全体で乗せる感じに仕上げているので、ショートバイトで終わらせずに、バイトまで持ち込みやすい。
また、掛けてからのファイトが軟調子ならではの竿らしく、とてもスリリングだ。
1匹、1匹を大事に釣りたいアングラーに、特にオススメしたい。

4位 パドリー タイラバジェット

パドリー タイラバ JET フラットサイド 80gタイラバジェットPudlee Tairubber JET 80g (TRJ-000

シンカーについては特にこだわりがなく、鉛製かタングステン製を使い分け、ストレスなく着底できる重さを選択する程度。
ある程度の波動を生み出せれば、あまり気にはならない。
が、時々、ジェット水流を生み出すシンカー、「タイラバジェット」が爆発的に釣れることがある。
そのため、普段はあまり使うことがないが念のために「タイラバジェット」を常備している。

5位 セブンスライド

NIKKO KASEI(ニッコー化成) セブンスライド80g #03(ORスワロ)

普段使いのシンカーは、誘導式タイラバの元祖である「セブンスライド」がど定番。
誘導式タイラバのメリットがあまりに大きく、もはや手放すことができない。

6位 シマノ 炎月 エクスチューン

シマノ(SHIMANO) 19 タイラバ 炎月 エクスチューン S66M

2019年に発売されたばかりのシマノ「エンゲツ エクスチューン」。
その中でも今回オススメするのが、キャスティングタイプのS66MとS72MH。
ドテラ流しのタイラバは広範囲を探れたり、ラインが斜めに入ることでマダイのレンジを長く引けるメリットがある。
しかし、風がなく船が流れない日には、キャスティングで探るしかない。
キャスティングタイラバについては近年、レギュラーメソッドになっているので、キャステイングロッド&スピニングリールも準備しておきたい。

7位 ハヤブサ 無双真鯛 フリースライド TGヘッド

ハヤブサ(Hayabusa) タイラバ 無双真鯛 フリースライド TGヘッド 90g P565 オレンジゴールド #2 1個

比重が重たいタングステン製シンカーはシルエットを小さくできるので、二枚潮でもストレスなく着底しやすいメリットがある。
最近のタイラバでは、タングステン製シンカーがレギュラーアイテムになっているが、唯一で大きな不満がとても高いこと。
身近なところではセールの時に買いだめたり、毎月1個購入したり、ポイントが貯まったらタングステン製シンカーを買うことに決めたりなど、各人やりくりして揃えている。

8位 アブガルシア カチカチ玉

アブガルシア(Abu Garcia) タイラバ カチカチ玉 80g+10g SSKKD80+10-OGLD オレンジゴールド.

こちらはまだ使ったことがないものの、試してみたいと思っているユニット。
ダブルシンカーのぶつかり合う音で、マダイにアピールするといった、いかにも飛び道具と言ったアイテム。
「タイラバジェット」と同様に、ハマれば釣れそう???

9位 ジャッカル ビンビンメタルTG

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ビンビンメタルTG 80g 桜吹雪(黒金).

タイラバアイテム特集であるが、ここでタイジグを紹介。
タイラバはやる気のあるマダイに対して有効だが、マダイがあまり口を使わないときにはショートバイトを積極的にかけるタイジギングで狙いたい。
タイジギングのやり方のキモは、小さめのシルエットのジグをあまり動かさないこと。
タイジギングに絞って開発された「ビンビンメタルTG」は、筆者も含めた周辺アングラーの中でも釣果の実績が高いのでオススメだ。

10位 アブガルシア  OFJC-63/180

アブガルシア(Abu Garcia) ジギング ロッド ベイト オーシャンフィールド ジギング OFJC-63/180

1万円ちょっとの(アマゾン)安価なロッド。
値段の割には扱いやすく、魚をかけてからのバランスもOK
タイラバビギナー、ベテランアングラーの予備竿にオススメ!


【2019 鮎 針】おすすめの新製品まとめ

全国各地で開催されるフィッシングショーも終わり、春になると今度は釣具店開催の鮎新製品展示会や即売会などが続々と始まります。お買い得鮎用品や新製品が店頭に並び始め、目を見張っている鮎釣り師の方も多いのではないでしょうか?

今回は鮎用品の中でもイカリ針にスポットをあて、注目の新製品をご紹介します。

2019 鮎釣り針の新製品まとめ

 

 

がまかつ THE BOX T1 セッカ 6.5~7.5号(108本入)

 

 

 

T1 セッカは鈎先が短く外向きに設計されており、掛かりの速さが最大の特徴です。

初期の低水温時や人工産鮎、群れ鮎など追い気の弱い鮎の針へのコンタクト性が向上し、鈎立ちも良いとされています。
鈎立ち後は、※「ナノスムースコート」により触れた野鮎に抵抗なく刺さり込むことで、早掛け鈎にありがちなケラレを防ぎます。

「中小型鮎を素早く確実に掛ける」をコンセプトに開発されたこの鈎は、軽量設計によりオトリの自然な泳ぎをサポート。また早掛け鈎の泣き所であったトロ場やチャラ瀬での根掛かりや針先の摩耗も抑えられます。

 

 

がまかつ鮎フィールドテスターの廣岡保貴さんは雑誌のインタビューでセッカについて以下のように話しています。

「以前なら前アタリがあるような場面でも、1発で刺さる掛かりの速さに驚いた。軽量設計のおかげか根掛りも明らかに少ない。日常的なフィールドとなる中小河川ではシーズンを通してとても使いやすいはずです。」

特徴的な形状のセッカ、早掛けタイプのバリエーションとして使ってみたい針のひとつです。

 

ナノスムースコートとは?

ナノスムースコートとは、摩擦抵抗を劇的に減少させる、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン Polytetrafluoroethylene)複合表面処理加工のことです。現在までに発見されているもっとも摩擦係数の少ない物質で、いわゆるフッ素樹脂コートの1つとされています。さらに強い撥水性能もっており、摩擦ゼロ感覚の刺さりの良さを誇るコーティング加工なのです。

現在鮎針においてフッ素加工は針選びの基準になるほど重要な要素になっています。

↓針のコーティングについての関連記事はコチラ↓

【道具の知識】メーカー別、針のフッ素コーティングについて教えて

 

●T1(ティーワン)とは?

高靭性熱処理製法(特殊熱処理技術)を施した針。「高強度=高硬度・高靭性(粘り)」を高次元に実現させた特殊製法を採用したシリーズです。硬いだけでは折れてしまう強度面での弱点を高靭性(粘り)を持たせることによって解決しています。

 

●タイトウェッジ搭載

フッ素コーティングで一番厄介なのが針巻きです。針自体がよく滑るので、とくに手巻きでは歪みから針が倒れたり、ハリスが抜け易かったりトラブルが発生するのですが、このタイトウェッジ構造は針倒れ防止の軸加工として、掛け針の背側に広いフラット面が成型してあります。

このことで従来の丸軸針よりも回転が起きにくく、錨が安定する構造になっています。

 

 

オーナー 妃刃(きば)

 

 

一般的なシワリ型とは違い、独特の形状が特徴の針です。

フトコロの頂点から大きく弧を描くロングテーパー、ロングカーブ鈎先を採用し鈎先が傷みにくい形状をコンセプトに掲げています。チャラ瀬や泳がせ釣りにおいて鈎先は、どうしても底石などと接触する回数が増えます。妃刃の独特なロングカーブ形状は掛かりの良さはもちろん、ノンメッキの針先を石から守り、非常に鋭い鈎先を長い時間持続したまま、オトリを泳がせることが可能なのです。

 

 

鈎軸からフトコロ頂点までは直線でつなぎ、フトコロ頂点を鋭角化させるころにより、鈎先部全体のしなりをうまく調整。より一層の深掛かりを導き、バレにくさを実現しました。

オーナーのノンメッキ針はその名の通り、針先にメッキ加工が施されておらず、鋭さが特徴です。ノンコートだけに非常にデリケートなため錆びには要注意ですが、それを上回る刺さりの良さがメリットとして挙げられます。

 

ダイワ D-MAX 鮎 SPECIAL ワンデイパック ダブルテーパーハリス

 

ハリが持つ本来の鋭さを引き出し、刺さり込み性能と両立。進化した加工技術がスペシャルフィニッシュ加工です。

スペシャルフィニッシュ加工とは、分子レベルの膜形成による、ダイワにしかできないハリの加工技術のことを言います。摩擦抵抗が小さく滑りのよい表面はフッ素メッキと同等以上ですが、膜の厚さで比較すると1000分の1の厚さしかありません。そのため、本来のハリ先(コーティング以前)の鋭さと刺さり込みが実現していると言えます。

滑りやすさとスムーズな刺さり込みが特徴のフッ素加工ですが、さらにそのフッ素膜を薄く加工することが可能な「分子レベル」の膜形成が進化系と言えそうです。

 

 

ダイワ鮎フィールドテスターの伊藤正弘氏はHPで以下の様にインプレッションしています。

「とにかくよく刺さるの一言に尽る。これまでのフッ素メッキ、サクサスも刺さりは良いが、掛かり方としては若干ウロコをすくってから掛かる感じ。対して今回のスペシャルフィニッシュは刺さりが速いだけでなく、ウロコをブチ抜く感覚で一気に針のフトコロまで深く刺さり込むので、バレが少ない。」

D-MAX 鮎 SPECIALバラ針の発売当初はその刺さりの良さが話題になりましたが、値段が高額なことや、他のフッ素加工針同様に手巻きによるスベリやズレの煩わしさがありました。
新製品のワンデイパックは新たにWテーパーハリス採用で、スピード、マルチ、キープ、エアスピード、パワーミニマムなど要となるシリーズのラインナップに加えて手に取り易い価格帯なのも魅力です。

 

がまかつ THE BOX T1 大鮎無双 8~10号(96本入)

ナノスムースコート加工で新しくなった大鮎無双は荒瀬、激流等の高水圧下における身切れを最小限に抑えることを目標に開発されています。主に盛期から終盤の大河川における大鮎を想定した針です。

野鮎に深く刺さり込むストレート鈎先と、魚体を広く抱え込むワイド形状が身切れの原因となる浅掛かりを防ぎます。

がまかつ最太クラスの軸径設定が、魚体の鈎傷を最小限に抑えることで、高水圧下における長時間のやり取りでの身切れを防ぎ、高いキープ力を発揮

 

また、刺さり込みの良さを損なわない程度に鈎先をあえて僅かに鈍角化させたことで、鈎先の耐久性が大幅に向上し、厳しい使用状況下においても鋭さが持続します。

 

 

フィールドテストに携わった田嶋剛氏は雑誌のインタビューで以下のように話しています。

大きな特徴は針先のテーパーをあえて短くしていること。滑って掛かるのではなく、盛期の鮎に対して鱗と鱗の間にすっと針立ちし、適度な抵抗を伴ってしっかり掛かる設計になっています。ナノスムースコートと充分な太軸の効果により、キープ力も全く問題ありません。自信を持っておすすめできます。

田嶋氏と言えば、野嶋玉造氏とともに球磨川に何度も訪れ、荒瀬や激流釣りを得意としている大鮎釣り師です。実際のテストは3シーズンにも及び、この針を使い込んできた実績は製品の信頼に繋がります。

※T1、タイトウェッジ構造

 

 

まとめ

今年の新製品の鮎針は例年になく形状に特徴があると思います。一言にシワリ型、早掛けタイプと言っても、細かい形状のバリエーションは現行モデルだけでも把握できないほど発売されています。コーティング加工技術や、現代の鮎釣り状況下でのフィールドテストを経て製品化される新製品は、必ず進化を遂げているはずです。たくさんあって選べない、他の針を川で試す機会が少ないという方は、まず新製品を手に取って試してみるのが釣果アップの近道なのかもしれません。

 

 


2018 アマゾンタイムセール祭り開催!10月31日(水)18:00〜11月4日(日)01:59まで

■□80時間のビッグセール Amazonタイムセール祭り■□
10/31(水)18:00 ~ 11/4(日)1:59
【最大5,000ポイント還元】ポイントアップキャンペーン同時開催。セール商品以外も対象となります。

欲しかった釣具がタイムセールに登場するかも???

 


【鮎釣りの疑問】教えて!大鮎・尺鮎竿の選び方

鮎釣りシーズンも終盤に差し掛かってくると、「大鮎」「尺鮎」狙いの鮎釣りが開幕します。初期や盛期の数釣りとはカテゴリーの違う鮎釣りです。竿はもちろん、仕掛けも針も大きな鮎を取り込むためのものに変わります。

今回は、大鮎釣り、尺鮎釣りをメインに狙って使用する竿の選び方を解説します。

【鮎釣りの疑問】教えて!大鮎、尺鮎竿の選び方

大鮎専用竿、「硬調で太い」は認識違い?

大鮎専用竿といえば、何だかバリバリに硬くて、太いし重たい…。

そんなイメージではありませんか?実際、大鮎専用竿が載っている鮎カタログのページには、急瀬や荒瀬に立ち込んで力いっぱい竿を曲げているような写真が多いです。

もちろん、急瀬や荒瀬で大きな鮎を取り込むならそれなりのパワーが竿にも必要ですが、実際に自分が釣っているポイントを思い浮かべてみると、トロ場や瀬肩、瀬尻の平たい流れも多いように感じます。さらに終盤になると、そんなポイントの方が大きな鮎の付き場としては有利です。

実はそのようなポイントで「硬い竿」はあまり重要ではなくなります。

硬い竿=曲がらない竿と、定義して話をすすめると、入川ポイントや取り込み方で竿選びがいかに重要かが見えてきます。

自分の得意な釣り場、釣り方で竿を選ぼう

 

○流れの強い急瀬や荒瀬での釣り

一歩も下れない荒瀬や急瀬で大鮎や尺鮎を掛けたとします。取り込みに川を下ることができないなら、一気に引き抜くしかありません。そんなポイントでの大鮎釣りに慣れている方は、いとも簡単に返し抜きして取り込みます。

このとき重要なのが竿の硬さと(太さや素材に関連する)パワーです。例えば25cmクラス以上の鮎が2匹仕掛けに付いていて、川の流れもプラスされることを考えると、竿をためるだけでもかなりの腕力が必要になります。以下の項目でも解説しますが、そこで考慮しなければいけないのが、体力(腕力)と竿のバランスなのです。

一気に魚を浮かせて引き抜くだけの腕力がある方は、硬くて曲がらない竿の方が勝負はスピーディーで、取り込みに時間が掛からない分、トラブルも回避できます。

逆に腕力に自信が無ければ、柔らかくて曲がる竿が腕の代わりにためる時間を作ってくれるのです。

どちらにしても、絶対に竿をのされてはいけないという結論の上に考慮しなければいけません。

 

○比較的流れの緩いポイントでの釣り

では、取り込みの際に自分が鮎について行って川を下れるポイントではどうでしょうか。先に説明したような、トロ場や瀬の開きなどです。

そんなポイントで有利な竿は間違いなく「曲がる竿」となります。ついて下れる場合、竿がのされるというリスクが激減します。その場から一歩も動かずに引き抜く必要が無ければ、硬い竿のデメリットである、鮎の身切れやラインブレイクなどをあえて選ぶ必要性がないのです。

実際に、早瀬クラスの竿でも大鮎釣りができます。ただし、対応できるポイントが竿によって限られてしまうのも確かです。

 

 

硬い竿、曲がる竿のメリット・デメリット

○硬い竿のメリット・デメリット

下野(シモツケ) MJB ブラックバージョンSP
下野(シモツケ) MJB ブラックバージョンSP 85

 

硬い竿は、大きな鮎が掛かった際に、一歩も動かずに引き抜くことがき、それを目的として作られた剛竿です。例えば、下るのが危険な激流や岩盤の足場などです。腕力さえあれば、一気に引き抜きでき取り込みはスピーディーです。

デメリットと言えば、掛かったあと、鮎との引っ張り合いに竿のパワーが強すぎて、ラインブレイクや身切れ等を起こしてしまうことです。竿、仕掛け、鮎、一番弱い部分に極端にパワーが加わってしまうのです。また、掛かった瞬間の竿の角度によっては曲がらない分、のされる確率が高くなります。

 

○曲がる竿のメリット・デメリット

ダイワ 銀影競技メガトルク 急瀬抜 90・V

ダイワ 銀影競技メガトルク 急瀬抜 90・V

 

大きな鮎が掛かった時に竿をしっかりと曲げることができれば、取り込む際の余裕が作れます。鮎について川を下る、また下れなくても竿をのされないことが重要となりますが、竿が曲がることで、釣り人側に有利な体勢を整える時間を作ることができるのです。

また腕の力を竿がカバーしてくれるということも重要になります。

デメリットは、硬い竿に比べて取り込みに時間が掛かってしまうということです。時間が掛かれば掛かるほど、バラシなどトラブルのリスクが上がります。

 

自分の体力に見合った竿を選ぼう

終盤の大鮎シーズン、狙うアユのサイズは違えど、自分が好んで釣るフィールドや体力は変わりません。激流×自分の体力、トロ場×自分の体力…といった考え方をしなければいけません。

一日中、硬い竿で激流を釣るのは相当な体力(腕力)が必要ですし、逆も言えます。腕力に自信が無ければそれをカバーしてくれる曲がる(柔らかい)竿が必要です。

引抜荒瀬、引抜急瀬、また激流抜などと竿に表記されていますが、各メーカーによって調子や硬さは違います。自分がどのような河川、ポイントをメインに釣りをするか、また体力(腕力)も考えて選ぶことが大事です。

現在販売されている大鮎竿は、胴調子の製品(曲がる竿)が多く、パワーも兼ね備えている専用設計です。高額製品になるとカーボンに特性があったり、胴調子でも操作性・感度良かったりと注目すべきポイントはたくさんあります。

 

 

尺鮎竿は掛け重視ではなく、取り込み重視で選ぶ

25cm以上の鮎の数釣りと、尺鮎釣りはまた少し認識が違います。もしかしたら尺サイズが混じるかもしれないアベレージが25cm以上の河川と、九州の球磨川のように尺鮎をメインで狙う河川との違いです。

仕掛けとのバランスも非常に重要になりますが、竿に関して言えば、「折れないこと」が重要です。いくら感度が良く、軽量でも折れたらおしまい。これは大鮎設計の高額製品に言えることです。

急瀬クラスや荒瀬クラスが、そう簡単に折れないと思うでしょうが、鮎竿はひねりやネジレにとても弱い竿です。一つの節に極端に力が加わってしまう様な竿の曲げ方、また返し抜きなどの際の瞬間的ネジレにいとも簡単に折れてしまいます。

尺鮎狙いの場合、オトリ+掛かり鮎の重量、ポイントによる流れの強さ、仕掛けの太さにおいて、取り込む際の総合的なパワーバランスを一番に考えることが重要です。

尺鮎との出会いは千載一遇と言えます。やりとりの際に、竿が折れた、仕掛けが切れたなどのトラブル要因を解消することが第一歩なのです。

絶対に折れない竿というのはありません。またどんなに竿が強くても一日中釣りをする上で、自分の体力に合った竿を選ぶ必要があります。

 

 

まとめ

一言に大鮎竿と言っても、調子やパワーは自分の体力に合ったものを選ぶことが大切です。主にどんなポイントで釣るのか、荒い流れで立ち込むのであれば、取り込み方なども竿を選ぶ際に考慮しましょう。高額な鮎竿が万能という訳ではありません。尺鮎を狙って釣行するなら、まずは多少無理をしても取り込める竿が必要です。また竿と合せて、仕掛けの太さ、体力など総合的にバランスが取れる竿を選びましょう。

 


春のオフショアのルアー釣り オススメターゲットと釣り方を教えて!

厳寒期を終え、徐々に海水温が上がり始める春先。海中では深場でじっとしていた多くの魚が浅場へと動き始め、産卵シーズンを迎えます。今回は、そんな春にオフショアからルアー釣りで狙うおすすめの魚種「真鯛」について、釣り方を解説します。

春のオフショアのルアー釣り オススメターゲットと釣り方を教えて!

春のオフショア

春のオフショアは、ポイントによって水温が低く、ターゲットが深場に居ついて動かないことが多い時期です。しかし気温の変動と共に徐々に海水温が上がってくると、産卵時期(のっこみ)に突入し、魚が浅場に動き出します。ポイントや潮流による水温の変動の違いで、釣果にムラが出るシーズンとも言えます。

一般的に、産卵にむけて体力をつけるための栄養を魚が補給する時期を「のっこみシーズン」と言います。厳寒期から初春の低水温時期に比べると、活性が上がる時期で、深場でじっとしていた魚が、中層程度まで浮上しエサを捕食し始めます。
この活性が上がるタイミングで楽しめるのが春のオフショアゲームです。
では、春のオフショアのターゲットについて解説します。

春のオフショア、おすすめターゲットは?

春にオフショアからルアーで狙える魚種は、夏に比べるとそれほど多くはありませんが、カンパチ、ブリ、マゴチ、ヒラメそして真鯛などがあげられます。

中でも、おすすめしたい春のオフショアターゲットはズバリ「真鯛」です。なぜ真鯛なのか?タイラバで狙う真鯛は、タックル仕立ても比較的ライトで、以下に解説する「等速巻き」という釣り方は、初心者でも手軽に挑戦することができます。

春のオフショアで狙う真鯛は、ポイントさえしっかり押さえれば好釣果が期待でき、大型と出会う確率も高い時期です。ゲーム性も高く、ファイトも格別となればおすすめしない理由がありません。

またタイラバは真鯛以外の魚種が釣れることもしばしばあります。例えば高級魚と言われているマゴチ。ポイントでマゴチがヒットすると、立て続けにマゴチばかりが釣れることがあります。引きは真鯛ほどではありませんが、食べて美味しい白身の魚でお土産にはもってこいです。

 

 

タイラバとジギングの釣り方

タイラバの釣り方には、「乗せ」「掛け」の2種類の釣り方があります。
タイラバの基本「乗せる」は、アタリがあってもアワセを入れずに巻き続けることで鯛から針に乗ってもらう釣り方です。一方で「掛け」による攻めのタイラバは、アタリを感じたらしっかりとアワセを入れてフッキングさせる釣り方です。掛ける釣りは、まさにルアー釣りの醍醐味である攻めの要素を含む釣り方と言えます。

この二つの釣法は使い分けが大事になりますが、筆者の感覚では春のタイラバは「乗せ」の釣り方に分があるように思います。まずは、タイラバの基本とも言われている「乗せ」をしっかり習得しましょう。

「乗せ」の等速巻き

タイラバの王道と言われている「乗せ」は、等速巻きができるかできないかで、その日の釣果を左右します。基本となる等速巻きについて解説します。

乗せるタイラバゲームは、タイラバを海中にフォールさせ着底したら、同じ速度で巻き上げます。同じ速度で巻き上げるので、等速巻きと言います。乗せはこの動作を繰り返し行います。

●等速巻きとは

乗せで大事なのは、着底して回収するまで「一定の速度で巻き上げる」ことです。
等速巻きは、スムーズでブレのない安定した姿勢でタイラバが泳ぐことで、ネクタイから出される一定の波動がベイトの放つ波動とより近くなりヒット率が上がります。
逆を言えば、等速に巻き上げないと、タイラバの動きに変化が生じて波動が途切れ、ベイトが放つ波動とは異なってしまう事で鯛が違和感を覚え、ヒット率が下がるということです。

●ロッドの握り方と穂先を意識

等速に巻けない原因として、穂先にブレが生じていることがあげられます。穂先にブレを生じさせない為には、ロッドの構え方が重要になります。
ロッドはロッドエンドを脇に挟んでしっかりと固定します。固定が甘いと穂先にブレが生じる原因となります。リールは、手のひらで軽くロッドと一緒に握り、力まない様に意識します。
巻きとり速度は慣れると一定に巻くことができますが、慣れないうちは、速度がカウンターに表示されるベイトリールを使用して、速度を数字で確認しながら練習しましょう。

 

 

「掛け」で攻める

タイラバの「乗せ」はコツさえつかんでしまえば、ビギナーでも簡単に挑戦できる単純な巻き方と言えます。しかし単調な作業の繰り返しゆえアタリが無い時には集中力が欠けてしまったり、またそのせいで少ないバイトチャンスを逃してしまったり…。

そのような時に「掛け」のタイラバを、釣りの組み立ての中に織り交ぜることをおすすめします。「掛け」のタイラバはいわゆる「攻め」の釣り方です。

●掛けのタイラバ

タイラバをフォールさせている途中で鯛がアタックしてきたら、フォール速度を少し遅くして、鯛が捕食する時間を作ります。そして、ゴツゴツと本アタリを感じた時に一気にロッドを振り上げてフッキングさせます。
フッキングした場合、「乗せ」でフッキングした時よりも、しっかりとフッキングしているので、バレの心配が非常に少なくなります。鯛とのファイトを存分に楽しむ事ができるのも魅力です。

●高感度タックルが必須アイテム

掛けのタイラバゲームでは、繊細な前アタリを感知したあと、タイミングを計って一気にフッキングさせるので、高感度である掛け仕様のロッドや、鯛に違和感を与えない高感度のリールを揃えておく必要があります。

 

 

タイジギング

近年ではタイジギングも流行の一つで、タイラバロッド1本で使い回しができ、手軽に行うことができます。
春のタイジギングは、ジグをフォールさせて、「ただ巻き」する、フォールさせてスローなアクションで誘う「スロージギング」で楽しみます。

基本的な釣り方は、まずジグを海中にフォールさせます。着底したら巻き上げ、一定のレンジまで上がってきたら再びフォール、この動作を繰り返し行う「ただ巻き」と言われる釣り方です。等速巻きとほぼ同じ釣り方と考えて下さい。

タックルの性能を活かし、ジグに少しだけ動きをつける釣り方を「スロージギング」と言います。主にジグの性能を生かしたフォールを演出することでフォールスピードを落とす釣り方です。また、このスロージギングと組み合わせるスローピッチジャークという釣り方があります。ジグをフォールさせ着底後、リールを巻き、ある程度のところで巻きを止めます。
その時にジグの重みでロッドがしなりロッドの反発力でジグが水中でアクションを起こします。またこの反動を利用してジグを再びフォールさせます。

巻いた時のジグの波動で誘って、フォールの時間をできるだけ長く保つことで鯛の捕食にスイッチを入れます。タイラバと釣り方が似ているので、簡単にコツが掴めると思います。

 

 

まとめ

春のオフショアターゲットは多様なゲームを楽しめる真鯛をターゲットにした釣りがおすすめです。
釣り方の一つにタイラバを利用した「乗せ」と「掛け」の2種類の釣りがあり、タイラバでは「乗せ」のスタイルが基本となります。「乗せ」は、誰もが楽しめる手軽な釣り方です。まずは「乗せ」から始めて、スタイルに変化をつけたい時に「掛け」に変えると良いでしょう。
基本は「等速巻き」です。等速巻きができないと鯛は違和感を覚え、タイラバにアタックする確率が落ちてしまいます。
また穂先が上下にお辞儀をしていないか、デジタルカウンター付きリールの巻上げスピードが一定の数値を示しているかを確認しましょう。

タイジギングは、近年主流の金属素材であるタングステン素材のジグや鉛のメタルジグを使ったルアーゲームです。
鯛ジギングはタイラバ同様に「フォール」でアタックさせることがキモになります。フォールでアタリが取れなければ直接釣果に響くので、できるだけフォール時間をとり、アタックする時間を長く与えられるようにしましょう。テンションをかけたフォールなどで工夫することが重要です。

タイラバもタイジギングもタイラバロッド1本で楽しめるメリットがあります。
この機会に多様な釣り方をマスターして春のオフショアを存分に楽しみましょう。


2018年秋、ショアタチウオにおすすめのルアーベスト8

これから秋にかけてハイシーズンを迎えるタチウオは、海面で綺麗な輝きを放つボディのシルバー色と、刀のような形状の魚体をしていることからサーベルフィッシュとも呼ばれています。食べて美味しいのはもちろんのこと、パワフルな引きやゲーム性の高さから、近年ルアー釣りで人気の釣魚種です。
そんな魅力たっぷりのタチウオの特徴や習性についての解説と、人気のルアーをランキングで紹介します!

2018年秋、ショアタチウオにおすすめのルアーベスト8

タチウオの特徴や習性とは

タチウオは、夏から秋ごろにかけてショアからルアーで狙うことがことができます。夜行性で夕方から暗くなる頃接岸し、夜から朝まずめにかけてが狙い目です。
オフショアターゲットの中でも独特の習性をもつタチウオは、主にイワシやアジなどの小魚やイカなどの甲殻類を捕食しながら群れで回遊します。
また、時合(じあい)が非常に短いのが特徴です。運良く群れがまとまって接岸している時は比較的長く釣れ続けることもありますが、ごく稀な話です。

ショアタチウオに有効なルアーとは

タチウオは光を好む習性をもっており、キラキラ光るジグや、ラメ・グロー(夜光)系ワームが有効と言われています。ワームの場合は、タチウオの鋭い歯で直ぐにボロボロになることがあり、途端にアタリが激減してしまうことがあります。高頻度のワームの付け替えは時合の最中、タイムロスになることがある為、耐久性を考えると手返しの早いジグの方が実際に釣る時間は長くなります。このことからも、時合のチャンスを逃さない必須ルアーはジグと言えますが、ワームのみに反応する場合も多々あるので、兼用で準備しておくことをおすすめします。

次に、タチウオに有効なジグとワームの選び方について解説します。

●ジグの選び方

まずジグの選び方ですが、筆者の経験上とくに素材には拘る必要はありません。ジグは日中と夜間で使用することが多いので、シルエットが小さくて比重のあるジグが良いと思います。日中帯のタチウオは主に沖の深場でじっとしていることが多く、キャストの際にジグでしか届かないエリアがポイントになります。そのため飛距離重視のジグを選ぶことが大切です。

夜間も同様に夕マズメの時合を過ぎると、接岸していたタチウオは次第に沖の方の深場へと移動します。日中に比べると岸寄りの深場と言えますが、それでもジグでしか届かない場所、広範囲に手返しよく攻めるのにジグは必要不可欠です。

●ワームの選び方

マズメ時はタチウオが接岸しています。このとき手返しのよいジグでもよいのですが、専用ワームをジグヘッドに装着したワインド釣法もおすすめです。独特の波動を生み出す形状の専用ワームには、光に反射しやすいラメ入りや長時間発光する素材のものが使用されています。ジグで狙っていて、アタリが頻発するのに針に掛からなかったり、やりとりの最中にバレてしまったりする場合はワインド釣法に切り替えてみましょう。

では以下に、ショアタチウオにおすすめのルアーをランキングで紹介します。

 

 

第1位 シマノ サーベルチューン ワンピッチ 02T パープルゼブラグロー

シマノ メタルジグ サーベルチューン ワンピッチ 02T JT-S10Q ルアー
シマノ(SHIMANO) メタルジグ サーベルチューン ワンピッチ 101mm 100g パープルZ 02T JT-S10Q ルアー

サーベルチューンワンピッチは、タチウオジギングの基本テクニックであるワンピッチジャークに特化したジグで、底取りが速く狙ったレンジにいち早く送り込むことができます。また、ジグのサイドフラット形状が切り返しの速いバックスライドフォールでベイトのパニックアクションを再現してくれます。まさにタチウオを釣るための専用ジグです。カラーは8色と充実のラインナップ。

第2位 オーシャンルーラー ガンガンジグⅡ パープル

オーシャンルーラー ガンガンジグⅡ
オーシャンルーラー ガンガンジグⅡ (キンアジ, 20g)

 

重心がセンターにあるセンターバランス設計のジグで、アクションのみならずフォール中でもバイトが狙える優れものです。またボディは360°アピールできるようにボディの両面に反射面が設計され、アピール力を最大限にまで高めています。シチュエーションによって選択できるようにカラーバリエーションが多彩で、オールマイティーに楽しむことができます。

第3位 オンスタックルデザイン タチウオワインドセット

オンスタックル タチウオワインドセット(oz-950264)
オンスタックル タチウオワインドセット(oz-950264)

タチウオでワインド釣法を始めたい方におすすめのワインドセットです。「ZZヘッド」と「マナティ」の鉄板の組み合わせがセットになっています。さらにアシストフックやワイヤーリーダー、ケミチューンなど必要なものが全て入っているので、すぐにワインドができるようになっています。ワインドに慣れてきたら、同社が発売している他のマナティを試してみるのも面白いと思います。これからタチウオにチャレンジしてみたい初心者の方に是非ともお試してほしいワインドセットです。

第4位 オンスタックルデザイン マナティーピンテール90

オンスタックルデザイン マナティー ピンテール 
オンスタックルデザイン マナティー ピンテール 105 MT-4(レッド/ゴールド)

ベイトが小さい時、針掛かりが良くない時に有効なマナティーピンテール90。ボディ全体に施されている深めのリブとピンテールの相乗効果によってフォール中にタチウオを誘います。多彩なカラーバリエーションがラインナップされているので、複数揃えておくと心強いアイテムとなります。一度は試す価値ありのルアーです。

第5位 メジャークラフトジグパラブレード ブルーピンク

メジャークラフト ルアー JP ジグパラ ブレード ブルーピンク
メジャークラフト ルアー JP ジグパラ ブレード 5g #04 ブルーピンク

 

あらゆるフィールドに対応するクオリティの高いジグ。思いっきり遠投して、ただ巻くだけでターゲットの捕食スイッチにアピールしてくれる優れものです。タチウオだけでなく、あらゆるフィッシュイーターが狙えます。巻き抵抗をほどよく抑える設計で、水中での浮き上がりを抑え、レンジをしっかりとキープしてくれます。ショアジギングモデルで5層高強度塗装が採用されコーティング技術も長けてるので、根やテトラの入った場所でも安心してリフト&フォールができます。

第6位 DUEL YO-ZURI ブランカタチ魚SPゼブラ グローダークパープル

メリハリのあるゼブラ模様が大型タチウオのを刺激します。タチウオジギングで実績のあるカラーをラインナップし、ゼブラカラーで強烈にアピールします。タチウオ専用のハイアピールジグでさらなる釣果UPが大いに期待できるルアーです。

第7位 DUEL YO-ZURI ブランカGR

高反射ホログラムシートを採用したジグ。反射光を生むクラッシュレーザーシートで武装し、シャープな操作性と高い集魚力が最大の特徴と言えます。本格バーチカル&スイミングジグの実力を肌で感じてみてはいかがでしょうか。タチウオに抜群の効果を発揮するブランカをまずは手にしてみることをオススメします。

第8位 シマノ オシア スティンガーバタフライ センターサーディン タチコシルバーグロー

潮に馴染むような動きは、控えめの水平フォールがセンターサーディンの最大の魅力。ジャークでも細かく首を振る程度の弱々しい動きが得意。夏から秋にかけてのカタクチイワシパターンにおすすめする必須アイテムです。

まとめ

ショアタチウオのルアーフィッシングは、喰わせやすいワームと、キラキラと光沢を放つジグが多く用いられています。手返しの良さや耐久性から近年ではジグに分があるように思いますが、勿論ワームも道具箱には必ず忍ばせておく重要なアイテムです。
神出鬼没と言われるタチウオの習性を制する者が、釣果を伸ばすと言っても過言ではありません。日中と、夜間は沖の深場に生息しているので遠投ができるジグで攻め、朝マズメ、夕マズメ時は接岸する為、活性の高い時に有効なワームで攻めるといいでしょう。マズメ時は、ハマれば誰でも簡単に釣ることができます。また泳ぎは得意ではないもののバーチカルな動きは機敏です。タチウオフィッシングはこれと言った必勝パターンがないのも事実ですが、だからこそ高いゲーム性に魅力があります。簡単なようで、そうではないタチウオフィッシングは、多くのアングラーがその奥深さに魅了されています。


《夏のオフショアのルアー釣り》おすすめターゲットと釣り方を教えて!

夏のオフショアは、黒潮に乗ってやってきた回遊魚が水面直下のイワシなどを捕食し始める時時期です。ナブラや鳥山を見つけてポイントをしっかり見極めれば、ターゲットが簡単に釣れることもあり、この時期は多くのアングラーがカンパチやブリ他、青物をメインにシイラ、シーバスやタチウオなど、いわゆる回遊魚をルアーで狙います。

《夏のオフショアのルアー釣り》おすすめターゲットと釣り方を教えて!

夏のオフショア

 

 

海中は賑やかなイメージなのが夏のオフショアフィッシング。ターゲットにできる魚種がとくに多種多様な時期です。ボトムから表層までを広く探り、青物がヒットした時のファイト中のドキドキ感は何とも言えません!正直何が釣れるか分からない、釣れれば何でも嬉しいのですが、あえて的を絞らずに楽しめるのも魅力です。

また表層でのバイトシーンが見えるのもこの時期ならではの醍醐味。エキサイティングな釣りになること間違いありません。もちろん釣りあげた後の刺身も最高です。
それでは以下に、夏のターゲットについて解説します。

夏のオフショア、ターゲットは

夏のオフショアにてルアーで狙える魚種は、夏のターゲット代表格であるカツオを始めとして、シイラ、キハダ、カンパチ、ブリ、サワラ、シーバスタチウオなど青物を中心として幅広く狙うことができます。
ここまで言えばもう既にお分かりかと思いますが、筆者のおすすめする夏のオフショアターゲットはズバリ「青物」です。

 

 

表層の小魚を狙って回遊するカツオや、ボトムから中層付近を回遊するヒラマサなど、多くの青物のバイトシーンが目前で見えることもあります。
筆者がとくに興奮するバイトシーンはカツオなど表層付近でのバイト。迫力満点で、ついつい握るロッドに力が入ってしまいます。

また青物狙いのジギングでは、表層からボトム付近と全層を探っている間にブリやキハダなど、実は狙っていた青物とは別の青物が釣れることもよくある話です。
思わぬ大物やターゲット以外の美味しいお土産など、様々な出会いがあるのが夏のオフショアなのです。

ジグをフォール、ジャークさせてと、バイトからファイトシーンのアグレッシブさがスポーツフィッシングと言われる由縁でもあるジギング。青物はアングラーの期待以上の興奮や楽しさを与えてくれます。夏に楽しむのもまた格別ですよ!

●ビギナーでも楽しめる

青物は敷居が高いイメージですが、ビギナーの方でも十分に楽しむことができます。例えば、夏のカツオは、ナブラや鳥山にポイントを絞ってしっかりと直撃させるだけで釣果に繋がりますし、ヒラマサやカンパチはバーチカル横引きにシャクリをアレンジしながらパターンにハマった時には、たとえ釣果が1匹でもきっと心に残る熱いファイトを経験することができます。

筆者が初めて青物をターゲットにしてジギングに行った時は、残念なことに一匹も釣れませんでした。本当に釣れるのか不思議で仕方がなかったことを覚えています。
しかし初めて釣ったその時からジギングの魅力にどっぷりハマったのも同じく覚えています。

それでは次に、青物の釣り方について紹介してます。

 

 

ジギングで青物を狙う

青物の釣り方には、ジグというルアーを使用して狙う「ジギング」と呼ばれる釣り方が主流です。
またポッパーやペンシルベイトといったトップウォーター系のルアーを使用する「トップゲーム」、その他には主に真鯛をターゲットにした「タイラバ」でも青物の一部を狙うことができます。しかし青物狙いでタイラバをメインに使うアングラーはあまりいないと考えてよいでしょう。真鯛狙いでタイラバを使っていたら青物が外道で釣れたといった具合です。

ここではジグを使ったジギングと、トップ系ルアーを使ったトップゲームについて解説します。

●表層を回遊する青物の釣り方

まずは、カツオやメジマグロなど、表層の小魚を追って回遊する習性を持っている青物のトップゲームフィッシングについてです。
表層の小魚を狙う回遊魚は、ナブラ(水面で小魚が逃げ惑う様子のこと)やナブラを発見した鳥が上空で群れている鳥山に回遊して水面直下で小魚を捕食します。

表層での釣りになりますので、表層を攻めるのに適した、小魚と同程度の大きさのトップウオーター系のルアーである、ポッパーやペンシルベイトを使ってナブラや鳥山の向こう側に目がけてキャストします。

タックルハウス ペンシルベイト コンタクト ブリット シンキングワークス 120mm 65g トビウオ #18 CBP120SW
タックルハウス(TackleHouse) ペンシルベイト コンタクト ブリット シンキングワークス 120mm 65g トビウオ #18 CBP120SW

ナブラに目がけてキャストする時はアンダーハンドで行います。オーバーハンドでも周囲のアングラーに気を付けて行えば問題ありません。
キャストした後は可能な限りすぐに、巻き取り速度を上げて攻めることが大事です。
カツオやメジマグロは非常に目が良く、ルアーを見切る能力に長けているため、見切られる前に喰わせましょう。またカツオやメジマグロなど、シイラ以外の青物を狙っていてシイラが周囲にいる場合、巻きの速度がスロー気味だと先にシイラがアタックしてきます。シイラが見える時はより速く巻き上げることが必要です。

ちなみにシイラを狙っている場合は、流木や藻などの障害物(ストラクチャー)の陰に潜んで小魚を狙っているので、それらのストラクチャー周辺を目がけてキャストします。
キャスト後は、スローな引きで誘ってアタックさせます。

●シャクリのパターン

ルアーフィッシングを続けていくと、魚が学習して喰い渋り(スレ)が発生します。
青物がスレてきた時は、魚の活性を上げるために「ジャーキング」「トゥイッチング」というアクションでルアーの動きにバリエーションを持たせるのが効果的です。

ジャーキングは、ポッパーを使用している時に行います。ロッドの穂先を海面に叩きつけるイメージで振り下ろしながらリールを巻いていくことで、水の音と波動を強めることで誘う方法です。
トゥイッチングは、ペンシルベイトを使用している時に行います。リールを巻きながら、
ロッドの穂先をチョンチョンと小刻みにペンシルベイトの頭が左右に振るように動かします。

●ファイトシーンの注意点

大型のシイラやカツオなど大型の青物が掛かった時は、引きが非常にパワフルなのでファイトが始まったらロッドのバットエンドをしっかりお腹に当てて、ロッドを70度程度に立てたままリールのドラグのみで対応します。青物の走りがおさまったらポンピングという方法で寄せていきます。
ポンピングとは、ロッドをオデコ付近まで立てて魚を引き寄せてはロッドを前に倒しリールを巻いて糸ふけを回収する方法で、これを繰り返しながら魚を寄せます。

 

 

中層からボトムを回遊する青物の釣り方

次に、ヒラマサやブリなど、中層からボトムの岩礁周りやカケアガリを転々として小魚を追って回遊する習性を持っている青物のジギングについてです。
中層からボトムにかけて回遊する青物に対しては、メタルジグと言われる鉛やタングステン素材などでできたジグを使って海中にフォールさせ、着底後に上へ上へとシャクリ上げながら魚を誘います。

OWNER(オーナー) メタルジグ ルアー GJL-80 撃投ジグレベル 80g ブルピン #3 31873
OWNER(オーナー) メタルジグ ルアー GJL-80 撃投ジグレベル 80g ブルピン #3 31873

●シャクリのパターン

基本はワンピッチジャークという釣法です。ワンピッチジャークは、ロッドを頭上に振り上げた(シャクリ)後にリールを1回巻く動作のことを言います。
この動作でジグは左右に動きます。慣れてきたら自分でスピードやリールを巻く回数を変えてバリエーションを増やしていくとよいでしょう。
バリエーションによって釣れる魚種の幅が広がります。例えば、ヒラマサであれば大きくゆっくりシャクる(ロングジャーク)と効果的であったり、カンパチであればシャクリ幅の小さいジャーク(ショートピッチジャーク)が効果的だったりします。
このジャークが正解というものはありませんので、その時々で釣れるアクションを見つけましょう。

 

 

まとめ

夏は「青物」をターゲットにした釣りがおすすめです。
青物には回遊している層が魚種によって違い、表層を回遊しているカツオなどはポッパーやペンシルベイトのルアーを使い、中層からボトムはメタルジグのルアーを使って狙います。
表層の釣り方は「ジャーキング」や「トゥイッチング」、中層からボトムはワンピッチジャークを基本にジャークをアレンジして狙います。
青物を釣るのに決まった法則はありません。自分自身でアレンジしたアクションを組み合わせてその時々に合ったアクションを選択することが一番大事で、ルアーフィッシングの面白さでもあります。


2018 イサキ釣りにおすすめのルアーベスト10

 

イサキ釣りと言えば、エサ釣りというイメージが強いと思います。しかし近年、メタルジグを使用したルアー釣りが流行しています。イサキはルアーにスレにくい魚と言われており、イサキジギングの人気が高まっているのです。

2018 イサキ釣りにおすすめのルアーベスト10

イサキの特徴、習性とは

イサキは潮流のある水域を群れで行動します。そのため、群れに遭遇すれば釣果が望めますが、群れから外れるとさっぱりなんてことも。
このことからも、イサキにアタックさせるチャンスをどれだけ作れるかが釣果を大きく左右すると言っても過言ではありません。

またイサキは鯵のように口が小さく、やわらかいのでヒットしてもフッキングが難しいとされています。
群れに当たりヒットが連発しても、初心者やビギナーにはフッキングが上手くいかず、釣果が伸び悩むこともあるかもしれません。

そんなイサキの特徴や習性からどんなジグを選んだらよいのか紹介していきたいと思います。

イサキジギングで有効なジグとは

イサキジギングでは、主にメタルジグやタングステン素材などのジグが使用されていますが、筆者の経験上、通常のメタルジグに比べてタングステン素材のジグが有効だと感じています。
タングステン素材のジグは比重が高い為、同重量でも通常のメタルジグに比べてコンパクトです。

メジャークラフト メタルジグ ジグパラTG60g JPTG-60 #1 イワシ #1 イワシ
メジャークラフト メタルジグ ジグパラTG60g JPTG-60 #1 イワシ #1 イワシ

イサキが好む潮の流れが速い状況でも、高比重で小さいサイズ形状のタングステンであれば、狙ったイサキの群れによりスピーディーに、また潮に流されてポイントを外すことなくコンタクトできます。
口の小さいイサキは、小さいシルエットの魚を追いかける習性があることからも、コンパクトサイズのタングステンが適しているのです。
しかし、決してタングステン以外の素材が劣っているということではありません。
どの素材も一長一短と言え、コンディションによっても使い分けができるので、まずは色々と試してみてることが大事です。
代表的なジグの素材の特徴を以下に纏めてみましたので、参考にしてみて下さい。

●タングステン

ジグの中で最も比重が重たく、同重量でも小さい形状のジグを作ることができる。速い潮の流れに強く、遠投性能に長けている。

●鉛

安価で手軽に購入することが可能。軽い重量から重い重量、カラーの違いなど、様々な種類のジグを揃えることができる。フォールスピードのバランスが良い。

●鉄

鉛と比較すると比重が軽く、フォールスピードが遅いので、ジグにアタックさせる時間を稼ぐことができる。活性が低い時に有効。

●アルミ

鉛や鉄、タングステンに比べて一番比重の軽い素材なので、フォールスピードが非常にゆっくり。同じレンジをキープしやすく、狙ったターゲットへアピールしやすい。

これまでに触れてきた内容で、各々の素材の特徴について、ある程度理解していただけたかと思います。次項ではイサキジギングにおすすめのジグをランキングで紹介します。

第1位 ダイワ TGベイトスリム PHマイイワシ

ダイワ メタルジグ ルアー TGベイト スリム 45g PHマイワシ
ダイワ メタルジグ ルアー TGベイト スリム 45g PHマイワシ

ダイワ社が発売しているタングステン製の「TGベイト」を更にスリムなボディへ変身させて驚きの飛距離を実現させたモデル。
あらゆる魚種(ターゲット)に効果的な1つです。特にベイトが小さい状況下でその威力を発揮してくれます。
水深の深いレンジ用に100gや120gのジグがラインナップされているので、幅広く活用することができます。筆者一押しのジグです。

第2位 ダイワ TGベイト PHグリーンゴールド

ダイワ メタルジグ TGベイト45g PHグリーンゴールド
ダイワ メタルジグ TGベイト45g PHグリーンゴールド

同社のTGベイトスリムと合わせて1つは持っておきたいTGベイト。
高比重ボディをアクションさせる左右非対称のボディデザインで、フォールでは水平に近い姿勢でスライドし弱ったベイトを演出してくれます。
また、巻き取り時は小刻みなアクションを自然に演出してくれるので、捕食スイッチを最大限に誘ってくれます。
タングステン製のジグなので、小さいボディで遠くまで飛ばしたいこれまでの要望を全て叶えてくれるジグです。

第3位 SMITH TGチビマサムネ CB60 CB80 CB100 グリーンゴールド

スミス(SMITH LTD)  TG チビマサムネ  グリーンゴールド #5
スミス(SMITH LTD) メタルジグ ルアー TG チビマサムネ CB 90mm 100g グリーンゴールド #5

高比重タングステンボディーのTGチビマサムネ。メタルジグより沈下が早いことは勿論のこと、シルエットが小さいので、ベイトが小型の時にその威力を存分に発揮してくれます。
また、高比重な分、早い手返しが可能なので、群れで行動するイサキのバイトチャンスを逃しません。
フォール時は少し緩めのピッチで沈降し、フラッシングするボディでターゲットへのアピールも絶大です。

第4位 Crazy OCEAN オーシャンフラッシュ ゼブラ

クレイジーオーシャン オーシャンフラッシュ
クレイジーオーシャン オーシャンフラッシュ オキアミカラー 50g 生オキアミ

オーシャンフラッシュにフラッシュアシストと言うフックを組み合わせて使用すると効果絶大です。
オーシャンフラッシュはフォールでアタックさせるタイプのジグ。フラッシュアシストは平打ちしたフックがフォール中にキラキラと輝くフックです。
ボディのフラッシュとフックのフラッシュと、ダブルでイサキにアピールします。反応がない場合など、少し変化をつけたい時に有効です。

第5位 シマノ Soare(ソアレ)TGエース 03Tグリーンゴールド

 

 

シマノ  ソアレ TG エース  グリーンゴールド 03T 

シマノ(SHIMANO) メタルジグ ソアレ TG エース 35mm 7g グリーンゴールド 03T JT-207P ルアー

 

 

表裏非対称ボディで、魅力的なアクションを生むタングステン製のジグです。
早いバイブレーションフォールとフラッシング効果でイサキに強烈にアピールし喰わせのスイッチを入れる優れもの。必ず1本は揃えておきたいジグの1つです。

第6位 メジャークラフトジグパラTG イワシ

オフショアでもショアでも使える言わば万能ジグと言っても過言ではないタングステン製のジグ。
小さいシルエットで水の抵抗を受けず、高比重なのでフォールスピードが抜群です。イサキを始め、多彩な魚種が狙えるので、オールマイティーに活躍できること間違いありません。
こちらもジグバッグに忍ばせておきたいジグの1つです。

第7位 ハヤブサ ジャックアイTG ミドキン

タングステン製の素材でしっかり釣果実績を残している優れもの。アクションが小さくイサキジギングにマッチしたジグです。
こちらも1本は忍ばせておきたい代物です。

第8位 BOZLES TG TOKICHIRO ピンク

TG TOKICHIROは、同社のTG HIDEYOSHIよりダウンサイズしたタングステン製のジグ。
エッジの効いた多面形状から生み出されるフラッシングはフォール時にイサキに絶大なアピールをしてくれます。

第9位 シマノ コルトスナイパーTGベルサーテ マイワシ

鉛ボディの中心にタングステンウェイトを搭載した一風変わったジグ。
コンパクトサイズは勿論のこと、フォール中はバイブレーションしながらジグのフラッシング効果を絶大に活かしてアピールします。
喰わせのアクションにこだわったコルトスナイパーTGベルサーテは、パターンにハマると釣果が大きく伸びる優れものです。

第10位 シマノ Soare(ソアレ)Metal shot TG 35Tブルーイワシ

タングステン製のジグで、ジグの面のキラキラ具合はピカイチ。フォールして着底後のただ巻きが基本アクションとなるジグです。
フラッシング効果によってイサキに強烈にアピールします。
また、やや中心よりに前にバランス設計されたジグなので、ジャークさせた後に自然にドリフトアクションを発生させてくれます。
少し変化をつけたい時におすすめしたい1本です。

まとめ

イサキジジギングは、ジグに使用されている素材が複数あり、その中でも近年注目を集めている釣果実績抜群のタングステン製のジグが人気です。
タングステン製のメリットは「小さいボディで高比重」このメリットが、イサキジギングを楽しむために必要な要素を兼ね備えています。
ただし、他のジグに比べて高価なので、手が出しにくいという点がありますが、1本はタックルボックス等に忍ばせておくと安心材料になります。
1度は試しに使ってみる価値ありです。また、他の素材がタングステンより劣っている訳ではありませので、あしからず。
鉛製のメタルジグは安価で手に入り易く、潮の流れが速くなければ十分にイサキジグを楽しめるアイテムです。
各社共にメタルジグの形状が似通っていますので、様々な素材のジグを1つ持って試してみるとイサキジギングがさらに面白くなります。
ゲーム性も高く、食べても美味しいイサキ。誰でも手軽に挑戦できる釣りです!


鯛ジギングにチャレンジ!おすすめの鯛ジグベスト10

近年鯛ジギングに使用されるジグは各メーカーよりたくさんの種類が発売されています。
一般的にジグと言えば鉛製の素材のメタルジグを指します。
鉛以外にも最近主流になりつつあるタングステン、鉄、アルミ製など複数の素材でできたジグが存在します。
ここに挙げただけでも4種類の素材のジグがあります。

では、素材の違いによるメリットや使い分けなどについてご紹介していきたいと思います。

タングステン

現在各メーカーから発売されているジグの中で最も比重が重たいのがタングステン素材のジグです。
高価な素材のジグですが、近年タングステン素材のジグが流行しており、一般化してきた背景と共に釣果も抜群であると話題です。
メリットとしては、同じ比重の各素材と比較した場合、小さい形状のジグを作ることができるので、遠投性能に長けています。
その他、潮の流れが速いく底取りが難しい状況でも比重があり、小さい形状から水の抵抗を受けにくいので底取りに強く、手返しが早く行える点がメリットです。
特に鯛がよく捕食しているいわしの小さい形状に似せるためには、マッチした素材です。
細いPEラインとの組み合わせで、ジグを自在に操ることができるようになった事もメリットでしょう。

筆者的にまとめて表現すると、タングステン製の小さなシルエットは鯛にとって激しすぎない動きを演出して鯛にとても効果的なのです。

 

鉛素材のジグは一番世の中に流通していると言っても過言ではないほど種類が豊富でその数をはかり知ることができません。
無数と言っても間違いないでしょう。
メリットとしては価格が安価で購入しやすいこと。
安価なので、軽い重量から重い重量、カラーの違いなど、様々な種類のジグを揃えることができること。
フォールスピードのバランスが良いことが挙げられます。
標準的に使用されている素材なので、鉛素材を中心として他の素材を比較していくことが通常です。
また鉛は柔らかい材質のため、岩礁や堤防にぶつけると傷がつきやすい性質があります。

鉛と比較すると比重が軽いので、フォールスピードが遅く、鯛にアタックさせる時間を稼げることが大きなメリットとして挙げられます。

その他、活性が低い時に有効とされています。
鉄はフォールがゆっくりな反面、ラインスラッグが多く出るので根掛りによるライントラブルが発生しやすくなります。

 

アルミ

鉛や鉄、タングステンに比べてもっとも比重が軽い素材です。
フォールスピードは非常にゆっくりであることがお分かりいただけるかと思います。

その他、同じレンジをキープし易い、非常に軽い分、大きいジグの製造が可能になり、鯛へのアピール力が高まります。

その反面、比重が軽いので潮の流れが速い時は、意図しないところまで流されてしまったり、底が取れなかったりします。
そして高価であることが挙げられます。

 

鯛ジギングでは主に上述した素材が使用されていますが、中でもタングステン素材には分があります。
言わば、鯛を特に意識した設計が可能なのがタングステンだからなのです。

決してタングステン以外の素材が劣っているということではありません。
どれも一長一短があります。
その中でも筆者としては、どんな状況でも1本は忍ばせておきたい素材がタングステン製のジグです。

これまでに触れてきました内容で、各々の素材の特徴について、ある程度理解していただけたかと思いますので、筆者がおすすめする鯛ジグを紹介します。

鯛ジギングにチャレンジ!おすすめの鯛ジグベスト10

第1位 シマノ Soare(ソアレ)TGエース

シマノ(SHIMANO) メタルジグ ソアレ TG エース 70mm 40g グリーンゴールド 03T JT-240P ルアー

 

表裏非対称ボディで、魅力的なアクションを生むタングステン製のジグです。
早いバイブレーションフォールとフラッシング効果で鯛に強烈にアピールし喰わせのスイッチを入れる優れもの。

また、ただ巻きでも激しすぎない鯛が好む小刻みなアクションで泳ぐので、鯛をいち早く魅了し、フォールでしっかりとアタックさせることができます。
必ず1本は忍ばせておきたい筆者一押しのジグです。

 

第2位 シマノ Soare(ソアレ)Metal shot TG

シマノ(SHIMANO) メタルジグ ソアレ メタルショット TG 32g ブルーイワシ 35T SS-232Q ルアー

タングステン製のジグで、ジグの面のキラキラ具合はピカイチ。
フォールして着底後のただ巻きが基本アクションとなるジグです。

フラッシング効果によって鯛に強烈にアピールします。

また、やや中心よりに前にバランス設計されたジグなので、ジャークさせた後に自然にドリフトアクションを発生させてくれます。
少し変化をつけたい時におすすめします。

 

第3位 ダイワ TGベイト

ダイワ メタルジグ ルアー TGベイト100 PHピンク

 

高比重ボディをアクションさせる左右非対称のボディデザインで、フォールでは水平に近い姿勢でスライドし弱ったベイトを演出してくれます。

また、巻き取り時は小刻みなアクションを自然に演出してくれるので、鯛の捕食スイッチを最大限に誘ってくれます。

タングステン製のジグなので、小さいボディで遠くまで飛ばしたいこれまでの要望を全て叶えてくれます。

 

第4位 ダイワ TGベイトスリム PHマイイワシ

ダイワ メタルジグ ルアー TGベイトスリム60 PHアカキン

ダイワ社が発売しているタングステン製の「TGベイト」を更にスリムなボディへ変身させて驚きの飛距離を実現させてモデル。

鯛だけでなく、あらゆるターゲットに効果的な1つです。

特にベイトが小さい状況下でその威力を発揮してくれます。
水深の深いレンジ用に100gや120gのジグがラインナップされているので、幅広く活用することができます。

第5位 ダイワソルティガ TGベイト CHゼブラグロー

ダイワ(DAIWA) メタルジグ ソルティガ TGベイト 80g PH赤金

ダイワ社が発売しているタングステン製の「TGベイト」の重量級と言った、80g~180gまでの重量を揃えたジグです。

コンディションによって1本は必ず必要になるヘビーウェイトジグは必ずや重宝すること間違いありません。
筆者も必ずジグケースに忍ばせています。

 

第6位 ハヤブサ ジャックアイTG

ハヤブサ(Hayabusa) メタルジグ ルアー ジャックアイ TG 約57mm 60g ブルーイワシ #2 FS426

 

タングステン製の素材でしっかり釣果実績を残している優れもの。

アクションが小さく鯛ジギングにマッチしたジグです。

こちらも1本は忍ばせておきたい逸品。

 

第7位 TACKLE HOUSE タイジグ

タックルハウス(TackleHouse) メタルジグ ルアー タイジグ 74mm 80g ピンクシルバーグローベリー #5 TJ80

ただ巻きが基本のジグ。

縦、横、斜めと攻め方は自由自在。
フォールは蛇行しながら木の葉のようにロールし、リトリーブではロールしながらお尻をバイブレーションさせます。

ラインナップ豊富で軽量から重量級のジグを揃えています。

 

第8位 ヤマシタ MARIA ムーチョ・ルチア

マリア(Maria) メタルジグ ムーチョ・ルチア 80mm 60g マイワシ 09H ルアー

投げてただ巻くだけのメタルジグ。
スイミングアクションとフラッシング効果で鯛の捕食スイッチを効果的に入れます。

遠投性能に優れていますが、オフショアのライトジギングでも威力を発揮します。
障害物に当たってもはがれにくいホロを採用しているので、いつまでもフラッシング効果が持続します。

第9位 ディープライナー スロースキップFB

DEEP LINER(ディープライナー)スロースキップFB SG-NSゼブラ(マグマ) (200)

形状はスタンダードなメタルジグですが、ヒラヒラとした動きからキビキビした動きまでできる。

カラーバリエーションが豊富なので、沢山集めたくなるジグです。

 

第10位 ハヤブサ ジャックアイスロー

ハヤブサ(Hayabusa) メタルジグ ルアー ジャックアイ スロー 150g 100mm ピンクイワシ

左右非対称タイプのメタルジグ。
フォール中は、弱った小魚のような姿に鯛がアタックしてくること間違いなし。
特徴的な大きな目玉も鯛を引き寄せてくれます。

値段が手ごろで買いやすい点も魅力的です。

まとめ

鯛ジグは、使用されている素材が複数ありますが、近年注目を集め、釣果実績抜群のタングステン製のジグが人気です。

タングステン製のメリットは小さいボディで比重が重いこと。
このメリットが鯛ジギングにピッタリハマっているのが、人気の要素であると言えます。

ただし、高価なので、手が出しにくいという点がありますが、1つはタックルボックス等に忍ばせておくとそれだけで何故か安心してしまいます。

また、他の素材がタングステンより劣っている訳ではありませので、あしからず。

鉛製のメタルジグは安価で手に入り易く、十分に鯛ジグを楽しめるアイテムです。
各社共にメタルジグの形状が似通っていますので、様々な素材のジグを1つ持って試してみると鯛ジグが更に面白くなります。

誰でも手軽にできる釣りなので、沢山楽しみましょう。


メタルジグでマダイを釣ろう!鯛ジギングの方法とは?

鯛ジギングとは何?

そもそも鯛ジギングって何だろう?と思われているフィッシング初心者の方や何となく言葉は聞いた事があるけど、やったことがないからピンとこない方もいるかと思いますので、簡単に触れておきます。

鯛ジギングとは、鉛や、最近主流の金属素材などで作られた小魚に似せた疑似餌(ジグ)を使って、鯛を釣るゲームです。

小型の軽量なジグを使う場合は「マイクロジギング」とも呼ばれており、近海で手軽に釣りを楽しむことができます。

また、鯛がいわしを荒食いしている時など鯛の活性が高い場合に、より釣果に結びつく釣り方の1つです。

メタルジグでマダイを釣ろう!鯛ジギングの方法とは?

鯛ジギングのタックルは?

ロッド

ジギングは広範囲を探る、また縦方向(バーチカル)に幅広いレンジを探る釣りになるので、広範囲を攻めるのであれば、使用するジグの重量が広い適用範囲にあるロッドを選びます。

例えば、水深が50m前後あるいはそれ以上の範囲を攻める時、ジグの重量は概ね60g以上から使用していきますので、その重量に適応したロッドが必要になります。

また、穂先が高感度、鯛に負けないバットパワーの強いロッドが理想的です。

種類が少ないですが、鯛ジギング専用モデルのロッドが発売されてます。

リール

スピニングリールとベイトリールを釣り方によって使い分けます。
広範囲に探る、ジグを遠投して距離的にも範囲を広げた釣りを行いたい場合にはスピニングリール、ジグをフォールさせてただ巻きで釣りを楽しみたい場合はベイトリールを選択します。

ライン

リールに巻くラインはPEの0.6~1.0号をメインで使用し、リーダーを直結させます。
パワーとドラグ性能は重要な要素なので、巻き取りパワーと、滑らかにラインが放出され且つ引きに負けないドラグ性能を兼ね備えたものを選択します。
リーダーは、フロロカーボン素材の3.5~5.0号(14lb~20lb)程度を使用します。

ジグ

最後にジグは、水深や潮の流れなどその時々の環境に合わせて選択します。

例えば、水深50m以上の深い場所や流れの速い場所では重量のあるジグを選択。水深が非常に浅い場所では軽いジグを選択します。

既にタイラバや一つテンヤの経験のあるアングラーは、タイラバや一つテンヤで使用しているタックルを鯛ジギングにそのまま使用することが可能です。

筆者がお勧めするタックルは、ロッドの長さが7FT前後、ジグが20~120gを扱えるもので、リールは釣り方によって変えることが望ましいのですが、広い釣り方を行う観点から、スピニングリールの3000~4000番台で簡単に言ってしまえば各メーカーが発売している中堅クラス以上のもの、ラインはPE0.8号、リーダーはフロロカーボン16lb、ジグは比重があり、形状が小さいタングステン製をお勧めします。

鯛ジギングの釣り方

釣り方のスタイルは、ジグをフォールさせて、「ただ巻き」する、フォールさせてスローなアクションで誘う「スロージギング」、シャクリを大きく入れるアクションを行うなど様々です。

その中で基本の釣り方は、ジグを海中にフォールさせ、着底したら、単に巻き上げ、一定のレンジまで上がってきたらフォールさせる、この動作を繰り返し行う「ただ巻き」と言われる釣り方です。

鯛を乗せる釣りとも言われていますが、ただ巻きによるジグの激しすぎない動きは、ベイトが他の魚に捕食されそうになって逃げる時に放つ一定の波動に近いと言われています。

鯛はベイトが逃げる時の波動を記憶しているので、ジグはベイトが逃げる時の波動を再現することで、鯛がアタックしてくると考えられています。
このような鯛の習性から基本の釣りのスタイルと考えられています。

次に、ジギングのようにキビキビと動きを付けるようにロッドをシャクリ上げるのではなく、ジグに少しだけ動きをつけるだけのタックルの性能を活かした釣り方があります。
この釣法を「スロージギング」と言います。近年スロージギングは流行りの釣法で、多くのアングラーがこの釣法で釣果を伸ばしています。
スロージギングは主に鯛の活性が低い時に行うと効果的と言われています。

スロージギングのアクションは、ジャークやアクションがスローと思われがちですが、実はそうではなく、フォールをスローに行うという意味が、スロージギングなのです。
フォールがスローなので鯛に喰わせる時がスローということになります。

筆者は、2パターンのスロージギングアクションで鯛のアタックを誘っています。

スローピッチジャーク釣法

ロッドを斜め45度で辺りに構え、ジグをフォールさせます。
着底後、リールを巻き、ある程度のところで巻きを止めます。
その時にジグの重みでロッドがしなりロッドの反発力でジグが水中でアクションを起こします。
ここでロッドを動かすことはしません。
あくまでもジグの重みを利用したアクションであることに留意して下さい。
この反動を利用してジグをフォールさせます。
フォールさせることで水平にジグがフォールし、水中の抵抗を受けながらフォールしていくので、フォールスピードがゆっくりになります。

ロングフォールジャーク釣法

まずジグをフォールさせます。
着底後、リールを巻きある程度のところで巻きを止めます。
ジグの重みを利用して水平にフォールさせます。
その後、リールを巻かずにロッドを頭上まで立てることでラインにテンションをかけます。
そしてロッドを立てたままラインにテンションをかけた状態のままでフォールさせます。
できるだけ長い時間フォールさせることで喰いの時間を与えることが一番のポイントとなります。
慣れるまでにはコツが必要で、テンポよく動作を行わないと、ジグがカクカクしてしまうので、最初のうちはスローピッチジャークで慣らしてから、ロングフォールを行っておきましょう。

まとめ

鯛ジギングは最近主流の金属素材であるタングステン素材のジグや鉛のメタルジグを使って鯛にアタックさせるゲームです。
鯛ジギングのメリットとして、タイラバや一つテンヤと共有してタックルが使えることです。
1本持っていれば3通りの釣りが楽しめます。
更に鯛ジギングを極めたいアングラーは後に状況によってロッドやリールを揃えていくと良いでしょう。

また、鯛ジギングのキモは「フォール」でアタックさせることです。フォールでアタリが取れなければ釣果に結びついていきません。できるだけフォール時間を長くし、アタックする時間が与えられるようにテンションをかけたフォールなどで工夫すると良いです。

簡単に言えば、フォールから着底後、巻き上げて再度フリーフォールを行うアクションだけなので、誰にでも簡単に行うことができる釣りです。

最後にタングステン製のジグは高価ですが、1つ道具箱に忍ばせておくと重宝します。

鉛のメタルジグで全く反応しない時など、変化をつけたい時にタングステンに変更すると思わぬ釣果に繋がることも。
一度経験してみると病みつきになること間違いありません。


2018年春、バス釣りにおすすめのベイトキャスティングリールベスト10

春のバスは産卵時期にあたる「スポーニング(バスの産卵行動)」と言われる時期に突入します。
春先はバス釣りファンにはたまらないバスフィッシングの時期で、何がたまらないかと言うと、この時期はバスが最も岸近くに寄ってきて、しかもビックバスが寄ってくるのです。

筆者の春先バスフィッシングは、大型バスの自己記録を更新する時期でもあります。
岸際で釣れる時期なので、沖に向けて遠投するより岸際に並行してルアーを通していく釣り方がメインになります。

2018年春、バス釣りにおすすめのベイトキャスティングリールベスト10

ベイトキャスティングリールは、構造上から少なからずバックラッシュ(キャスティング時に糸がもつれてしまう現象)に遭遇してライントラブル処理に時間を要してしまうことや、キャスティングに慣れるまでにコツをつかむ必要があるので、初心者には扱いづらいと思います。

しかし、バスの引きの強さに対応する巻き上げパワーの強さ、ビッグベイトの扱いやキャストコントロールには、ベイトリールが最適と言えます。

ベイトリールを選ぶポイントとして、まず一番に押さえておきたいポイントがあります。
それは、ブレーキの特徴によってベイトリールを選択することです。

ブレーキとはマグネットブレーキ、可変遠心力ブレーキやDC(デジタルコントロールブレーキ)を言い、それぞれのブレーキの特徴を知り、自分に合ったものを選択する必要があります。

マグネットブレーキは段階に応じてスプールの回転にブレーキをかけることができ、扱いやすいので初心者向けです。

可変遠心ブレーキは遠心力で自動的にブレーキがかかります。スプールの回転が低い時は弱く、回転が高い時には強くブレーキがかかるのです。回転力による調整でブレーキがかかり慣れてくると飛距離が出せるので、中級者以上向けと言えます。

最後にDC(デジタルコントロールブレーキ)は使用するラインとルアーの重量によってブレーキを設定することができます。
飛距離が伸び、ブレーキもしっかりとコントロールされるので、初心者から上級者まで誰でも満足できる優れものと言っても過言ではありません。
ただDCブレーキ搭載のリールは高価なので、懐事情に左右されてしまうのも現実です。その他は、パワーがあり軽量でコントロールし易いものを選択すると良いでしょう。

それでは、これまでのリールの選び方のポイントを踏まえて、筆者がおすすめするベイトキャスティングリールを紹介します。

第1位 シマノ Metanium(メタニウム) DC

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 15 メタニウム DC 右ハンドル

ベイトリールの最先進とも言える各機構を兼ね備えた、誰でも扱いやすいベイトリール。
ラインによって選択できるブレーキダイヤルとルアー重量によって選択できるダイヤルで自動的にスプールのブレーキをコントロールしてくれるDCを備えた優れもの。
サミングなしでもバックラッシュすることなく、狙ったポイントにコントロールが集中できるのも嬉しいメリット。
しかも遠投性能が高いのだから驚きです。

一度使ってみたらその良さが分かります。

どのベイトリールを購入しようか迷ったら是非おすすめしたい逸品です。

第2位 シマノ Bantam(バンタム) MGL PG

シマノ リール ベイトリール ブラックバス 18 バンタム MGL PG 右ハンドル

ギア比5.5のローギアで力強い巻き、コンパクト化による感度の向上、何と言ってもこのリールの最大の着目点であるコアソリッドボディを採用し部品数削減によって高まった剛性はまさに強さの象徴で、バスフィッシングの信頼性の厚い代物になっています。

搭載されている遠心力ブレーキは、外部のダイヤル調整でほとんどのシチュエーションに対応できる優れもの。

負荷のかかるパワーゲームでもその安定感に驚くこと間違いありません。

第3位 ダイワ スティーズ(STEEZ) SV TW 1016SV-H

ダイワ(Daiwa) ベイトリール ブラックバス スティーズ SV TW 1016SV-H

自重が非常に軽量でその重量は160g。

スプールにギアに軽量化のために惜しみなくに採用されている素材は超軽量のG1ジュラルミン。

そしてダイワのテクノロジーであるTWS(Tウィングシステム=キャスト時の糸出し抵抗を軽減するシステム)とSVコンセプト(使用するルアーに応じて最適なスプールへのブレーキ力を発揮するシステム)の融合で、その相乗効果は計り知れない。

逆風下でも遠投はトラブルレスでその進化はお墨付きです。
ギアも大型化が図られて、巻きパワーも向上しています。

末永く幅広いアングラーに愛されているモデルです。

第4位 ダイワ T3 AIR 6.8TW

ダイワ(Daiwa) ベイトリール T3 エアー 6.8R-TW

TWSによってキャスティング時に抵抗なく飛距離が出るとその実力はお墨付き、巷ではスピニングリールより飛距離が出るとか言われています。

しかもブレーキ設定はオールラウンドモードで設定しておけばピッチングでもキャスティングでも正確に投げることができるので、初心者に非常に扱いやすいモデルとなっています。

第5位 アブガルシア REVO(レボ)LTX-BF8

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール REVO LTX-BF8 バス釣り

自重が僅か129gと超軽量でしかもコンパクトなリールでとにかく軽くて使い易いという印象。
軽量でコンパクトなので、感度も操作性も向上しています。

強度もマグネシウム製のフレームを使っているので全く落ちていません。

ハイギアで手返しよくバスフィッシングが楽しめます。強度を落とさず極限の軽量化を実現したこのモデルを一度は手に取って使ってみてはいかがでしょうか。

第6位 アブガルシア ROXANI(ロキサーニ)7/8

アブガルシア(Abu Garcia) リール ロキサーニ 7ギア

ブレーキにマグネットブレーキと遠心ブレーキの両方が搭載されていて、多種多様なフィールド状況に対応できるよう設計されています。

この2つのブレーキを上手く組み合わせるだけで様々な状況に対応できるので、バックラッシュが激減し、上級者は勿論のこと、初心者までもがバスフィッシングを楽しめるリールではないかと思っています。

また、価格帯がお手頃で手が出しやすいのも魅力的です。

第7位 アブガルシア REVO X(レボエックス)

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール REVO X バス釣り

リーズナブルな価格が魅力的なお手頃のREVO X。
このモデルはコストパフォーマンスに優れています。

空気抵抗の大きいルアーもマグトラックスブレーキシステムで初心者でも扱い易く、バックラッシュを防いでくれます。
また高耐久でハイパワーの大口径のギヤを搭載しているので、大物とのファイトでもパワー負けしません。

まずは手始めにとお考えのアングラーの方にお勧めします。

第8位 シマノ ANTARES(アンタレス) DC

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 16 アンタレス DC 右ハンドル

シマノ社の最高峰に君臨するベイトリールモデル。

シマノ社独自のテクノロジーであるNEW4×8DCブレーキシステムを採用することで更なる遠投を可能に。

そして適度なブレーキによってバックラッシュの恐怖も解消されています。

とにかく遠投は驚くほどに飛びます。
遠投性能にこだわるアングラーをうならせるそんな仕上がりの逸品です。

第9位 シマノ Scorpion(スコーピオン) 70

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 16 スコーピオン 70 右ハンドル

コンパクトなボディで手にすっぽりとフィットするモデル。
その上、ちょっとテクニカルなキャストはお手の物。

更に軽量からヘビーなビックベイトまで幅広くオールマイティーにキャストできるからかなり優れています。
ブレーキ調整も瞬時にそして調整幅が広いので、扱いやすい点が特徴的です。

第10位 ダイワ Z BLACK LTD.2020SH

ダイワ(Daiwa) ベイトリール Z 2020 SH BLACK LTD

パワーと言えばZシリーズと言われるほど、その驚異的なパワーは超大型にも力負けしないパワフルさを兼ね備えています。

そのパワーの秘密はダイワ独自の設計技術であるタフデジギアにあり、Zシリーズには欠かせないパーツとなっています。

そして飛距離性能も十分兼ね備えています。

 

まとめ

ベイトキャスティングリールの選び方のポイントは、スプールのブレーキテクノロジー選びと言っても過言ではありません。
各社のテクノロジー技術によるスプールのブレーキ構造は多岐に渡っています。ブレーキの構造を良く知り、自分にあったブレーキ構造が搭載されたリールを選択しましょう。

リールは各メーカーより発売されていますが、どのリールにしようか迷った時は、バスフィッシングでよく使用されているダイワ社、シマノ社、アブガルシア社の3社から選択すると、機能面や性能面で安心できるでしょう。

最後に、安価なリールはブレーキ設定が扱いにくいことがあるので、若干背伸びをしてもそれなりに優れたブレーキ技術が搭載されたモデルを選ぶことをおすすめします。


2018年春、バス釣りにおすすめのスピニングリールベスト10

春のバスは産卵時期にあたる「スポーニング(バスの産卵行動)」と言われる時期に突入します。
この時期はバスの活性が最も上がり、そして最も岸近くに寄ってきて、しかもビックバスがシャローエリアのストラクチャーに寄ってくるからです。
そのため、大型のバスが釣りやすいシーズンと言っても過言ではありません。
大型バスの自己記録を更新する時期でもあります。

岸際で釣れる時期なので沖に向けて遠投するより、岸際に並行してルアーを通していく釣り方がメインになります。
岸際を狙うにはベイトリールに分がありますが、沖にバスがいない訳ではないのでやはり、遠投で狙いやすいスピニングタックルも準備しておいたほうがよいでしょう。

2018年春、バス釣りにおすすめのスピニングリールベスト10

スピニングリールは、基本的に軽いルアーや細いラインを使用する時に使います。
ベイトリールと比較すると、バックラッシュ(キャスティング時に糸がもつれてしまう現象)に見舞われることがなく、全般的に扱いやすい特徴があります。

バスフィッシングのみならず、他の魚種でも多様に選択できるので、汎用性に優れています。

そして、バスフィッシングの基本であるキャストに関してもスピニングリールはキャストしやすいので、初心者でも扱いやすいです。
初心者のアングラーはスピニングリールに慣れてから、ベイトリールに挑戦すると更にバスフィッシングの幅が広がるでしょう。

さてバスフィッシングで使用するスピニングリールの選び方ですが、まず、2000番台から3000番台のリールが最適です。
また、ギア比はパワーのあるローギアタイプを選択します。

他に重要なことは、バスとのファイトに対応するためののドラグ性能と滑らかな巻き心地です。

各社ドラグ性能には独自のテクノロジーが採用されており、ラインの滑り出しをスムーズにすることでラインブレイクを未然に防ぎながら、バスの引きに追従しつつ、主導権を握らせないようにしっかりと効き続ける技術が惜しみなく送り込まれています。

巻き心地がよくなければ、ファイトの途中でハンドルのガタツキが気になったりして、ファイトに集中できずにバラしてしまう心配もあります。

ドラグ性能と巻き心地にはこだわりを持って選択することをおすすめします。

それでは、これまでのリールの選び方のポイントを踏まえて、筆者がお勧めするスピニングリールを紹介します。

第1位 シマノ Vanquish(ヴァンキッシュ) 2500S

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ヴァンキッシュ 2500S

シマノ社が誇るハイエンドモデルのヴァンキッシュ。

自重はわずか180g!

非対称のローター形状が実現した驚異的なリールの巻き始めの滑らかさは圧巻です。
巻いた瞬間にその凄さが分かるほど、巻き心地の軽やかさは既に多くのアングラーにお墨付き。

そして、リッジドサポートドラグによって安定したラインの送り出しが可能となっています。

価格帯は高めですが、一度使ったら病みつきになること間違いありません。
筆者一押しのリールでもあるヴァンキッシュを一度手に取って回してみて下さい。

 

第2位 シマノ COMPLEX(コンプレックス) Cl4+ 2500S F6 HG

シマノ リール 17 コンプレックスCI4+ 2500HGS F6

ハイエンドモデルには手が出ないけど、機能面はできるだけ妥協したくないアングラーにぴったり。

ハイエンドモデルで採用されているマグナムライトローターを採用、巻き心地はとても軽やか。
安定した滑らかなドラグ性能も発揮してくれます。

ドラグには、ラピッドファイアドラグと言う瞬時に調整でがきる機能を装備。
アワセから一気にドラグを緩められることは非常に重要であり、重宝する機能です。

 

第3位 ダイワ スティーズ(STEEZ) スピニングモデルtype-Ⅱ

ダイワ リール スティーズ スピニングモデル type-II

バスフィッシングのことだけ考え突き詰めたリールだけあって、随所にダイワテクノロジーが詰め込まれています。

高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂をリールの主要部品に採用して軽量化。

カーボン製のローターによって回りだしが軽く感性が向上しています。

そしてダイワ社独自のドラグシステム(ATD)によってラインの滑り出しがスムーズ且つ引きに追従しながら効き続けるのでラインブレイクが少なく、安心したファイトが楽しめる代物となっています。

 

第4位 ダイワ イージス(AEGIS) 2505F

ダイワ リール 17イージス2505F-H

上位機種で採用されているZAIONエアローターにATDのドラグシステムを搭載したコストパフォーマンスに優れたモデル。

正直上位モデルは必要ないのではと思ってしまうほど、その実力は上位モデルそのものです。
上位機種には手が出ない、そんなアングラーにお勧めしたいリールです。

 

第5位 アブガルシア REVO(レボ)ALX 2500SH

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール REVO ALX 2500SH バス釣り

このクラスでは最高の高品質スペックを兼ね備えたモデル。
しかも価格帯が安価と手が出しやすいのも魅力的。

アブガルシア独自の製法による高強度アルミギアは滑らかさと耐久性を実現。
独自のドラグシステムを採用することで更なるラインの滑らかな送り出しが可能となっています。

 

第6位 アブガルシア REVO PRM(レボピーアールエル)3000SH

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール REVO PRM 3000SH

大きな口径の浅溝スプールで太いラインが使用でき、まさにビックバス向けのスピニングリールと言っても過言ではありません。
軽量化は勿論のこと、何と言ってもボディがタフ。

ビックバスを狙うアングラーにお勧めしたい一品です。

第7位 シマノ TWIN POWER(ツインパワー) 2500S

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 15 ツインパワー 2500S

滑らかな巻きとラインの滑り出しは、流石シマノ社と感じさせるほど技術の高さを感じさせるモデル。

リーリングとドラグ性能は申し分なく、多少重量感はあるものの、その重量感が逆にガッチリしている印象を与えてくれて、力強さが伝わってきます。

バスフィッシングを始めとして、幅広い魚種に対して活躍してくれること間違いありません。

 

第8位 シマノ STRADIC(ストラディック) Cl4+ C2500S

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ストラディック CI4+ C2500S

上位モデルに採用されているシマノ社独自のテクノロジー「マグナムライトローター」の搭載によってこのリールの最大の特徴である巻き出しの軽さを実現しています。

また、ボディなどの素材にCl4+という軽量カーボン素材を使用することで軽量化が図られていて自重は僅か180g。

ドラグノブが大径化して、大型がかかっても瞬時にドラグ調整ができる設計になっています。

 

第9位 ダイワ イグニス(IGNIS) タイプR 2505H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 14 イグニス タイプR 2505H (2500サイズ)

ダイワ最高峰のバス専用機と呼ばれるほど、バスフィッシングにふさわしい機能が搭載されているモデル。

バス専用機ならではのラインがフロロカーボンラインに特化した巻糸量設定で、ドラグシステム(ATD)によってラインの滑り出しがスムーズ且つ引きに追従しながら効き続けるのでラインブレイクが少なく、安心したファイトが楽しめます。

 

第10位 アブガルシア REVO MGX(レボエムジーエックス) 2500S

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール REVO MGX 2500S バス釣り

リールの自重が185gと軽量化が図られていて伝わる感度がアップ。
また、ドラグ性能は安定感ある性能を発揮し、ビックバスとのファイトも安心。

ハイエンド機種の一歩手前の印象ですが、アブガルシアファンにはたまらない代物ではないでしょうか?

 

まとめ

スピニングリールの選び方のポイントは、バスとのファイトに対応するためののドラグ性能と滑らかな巻き心地です。
実際に手に取って確かめてみて下さい。

また、一般的には2000番から3000番を使用します。
そして軽さがプラスされることで感度も上がり、格段とバスフィッシングが楽しくなります。

リールは各メーカーより発売されていますが、どのリールにしようか迷った時は、バスフィッシングでよく使用されているダイワ社、シマノ社、アブガルシア社の3社から選択すると、機能面や性能面で安心できるでしょう。

沢山のリールが発売されていますので、まずは多くに触れて自分のフィーリングに合ったリールを選択することが何よりも一番でしょう。


2018年春、メバリングにおすすめのリールベスト5

メバリングは、夜であれば一定レンジでのスローなただ巻き、日中であればジャークなど状況に応じてアクションを起こしていきます。
また、シーズンによって釣れるレンジが変わり、春は浅いレンジで釣れることが比較的多くなります。
そして釣れるサイズも30cmを超えるような尺サイズと言われているメバルも釣れることがあります。
尺サイズに近いメバルになると、引きが強く、一瞬で根に潜るほど想像以上に引きが強いことに驚かせる経験をしたアングラーも少なくないでしょう。

さて、メバリングリールの選び方でこだわるポイントとして、「リールの大きさ」、「ロッドとバランスの取れる自重(軽量さ)」、「高ドラグ性能」の3点を抑えておきましょう。

2018年春、メバリングにおすすめのリールベスト5

メバリングで使うリールの大きさ(番手)、自重や性能は

メバリングリールの大きさは、よくアジングと同じでいいのではと耳にすることがありますが、筆者はアジングで使用するリールより少し大きめの2000番~2500番のスピニングリールを使用しています。

その理由は、パワーの面で少し大きい方が安心できるからです。
また、2000番クラスですと、様々な釣りに準用できますので、そのことも理由の1つです。
1000番ではちょっとパワーが足りないと思います。
特に春のメバリングでは…。

次に自重。
元々メバリングで使用するリールは軽めが多いのですが、筆者は軽いだけではなく、ロッドとの重量バランスも重要視しています。
ロッドが軽くてリールが重いと編重心と言うか、アンバランスになり、釣りにくいということになってしまいます。
逆のことも言えますが、ロッドとのベストマッチに限りなく近いリールの自重を探ることが一番と言えます。
その中でも軽量なものが選択できれば文句なしです。

そしてドラグ性能。
値段の高いモデルであればあるほど、当然かと思いますが、ラインの送り出しが非常に滑らかで不意の大物でも対応できるほど性能は高いと言えます。
購入できる懐事情にもよるかと思いますが、中級程度以上の性能を誇るリールであれば、ある程度のドラグ性能は確保されますので、購入する1つの目安にすると良いでしょう。

また、リールに搭載されているギア比には、ローギアとハイギアタイプがあります。
他の釣りでも釣り方のスタイルによってギア比を選択していますが、メバリングはアングラーの釣り方で選んでいただければよいと思います。

筆者の使い分けとしては、一定のレンジを一定速度で巻きたいのであればローギア、アクションをつける、また、早くラインを回収したい時はハイギアを使っています。

それでは、これらを踏まえた上で筆者がおすすめするメバリングリールをご紹介していきます。

 

第1位 シマノ Soare(ソアレ)Cl4+ 2000SHG

シマノ リール アジング 17 ソアレ CI4+ C2000SS

このリールは持ってその軽量さが分かるほど軽いのが第一印象。

しかし軽さだけではなく、ローターには軽量なマグナムライトローターを採用して回転慣性のムレやブレを減少し、高感度と高い操作性能を兼ね備えています。

気になるドラグは、リジッドサポートドラグというスプールの支持を構造的に強固とすることで安定した滑らかなドラグ性能を十分に発揮してくれます。

尺メバルにはもってこいのリールではないでしょうか。

筆者一押しのメバリングリールで、その性能は裏切る事がなく、多くのアングラーが満足できるものであると確信しています。

第2位 シマノ Vanquish(ヴァンキッシュ) C2000S

シマノ リール ヴァンキッシュ C2000S

シマノ Vanquish(ヴァンキッシュ)の魅力は何と言っても軽量化。

驚くほど軽量化にこだわっており、他のリールでは見られないローターの形状を変えることで肉抜きし軽量化を実現しただけではなく、巻き心地も更に向上。自重はたったの155gと数字から見てもその軽量化は驚異的です。

また、マイクロモジュールギアを搭載して繊細なアタリを逃さず鋭く捉えてくれます。
ドラグ性能も高性能なドラグによって、逐一調整を気にすることなく滑らかにラインを送り出し、安心したファイトが楽しめます。

シマノ社が誇る最高峰のリールであるため、非常に高価品ですが、これ1本持っているだけで他のリールは何も必要としないほど出来過ぎたリールと言っても過言ではありません。

ここまで高価なリールは必要ないとも思いますが、一度使ったら止められません。

第3位 ダイワ 月下美人 EX 2004C

ダイワ(Daiwa) スピニングリール アジング メバリング 月下美人 17 EX 2004C

 

メバリング専用に開発されたこのモデルは筆者も愛用しているリールの1つで、自重が170gと非常に軽量、そしてドラグ性能はATD(オートマチックドラグシステム)といったダイワ独自に開発された最高のドラグシステムを搭載し、ラインブレイクを起こさずして、アジの追従に合わせたドラグの効き具合を実現しています。

その性能はまさに圧巻です。

また、回転性能は劣ることなく長きに渡り性能を維持する優れもの。
海中から伝わる感度も申し分なく感じ取ることが可能であり、本格的にメバリングに入れ込みたいアングラーには是非とも使用していただきたいリールです。

第4位 ダイワ 月下美人 MX 2004H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール アジング メバリング 月下美人 16 MX 2004H (2000サイズ)

価格は少し抑えたいけど、リールの性能はある程度は保ちたいと思っているアングラーや入門者の為に、この月下美人MXをおすすめします。

上位モデルと同様にATD(オートマチックドラグシステム)を搭載することによって、ラインの滑り出しがスムーズでラインブレイクを起こしにくくなっており、また、マグシールドという防水構造やギアの最適バランスによる耐久性向上など、惜しみなくダイワのテクノロジーが詰め込まれたリールとなっています。

気になるドラグ性能も十分に兼ね備えておりコストパフォーマンスに優れていることは言うまでもなく、長きに渡り幅広いアングラーに愛されている人気のリールです。

筆者もアジング入門用として使用し、その性能は裏切る事がなく満足できるものであることを付け加えておきます。

 

第5位 シマノ SAHARA(サハラ) 3000HG

シマノ リール 17 サハラ C3000HG

入門としてメバリングを始めたいと思っている方にお手頃価格のサハラをお勧めします。

リールの大きさが3000番とパワーは申し分なく、巻き心地が滑らかなギアを搭載し、シマノ社独自の加工技術によるAR-Cスプールを搭載することで、ライントラブルが少ない代物となっています。

コストパフォーマンスに優れた各種性能は、裏切る事がなく満足できるものであること間違いありません。

 

まとめ

メバリングリールは、2000番~2500番のスピニングリールを選択するとよいでしょう。

また、2000番のリールは高い汎用性から人気もあります。

メバリングでは、「リールの大きさ」、「ロッドとバランスの取れる自重(軽量さ)」、「高ドラグ性能」に拘ったリールの選択が最もメバリングに適したリールであると言っても過言ではありません。

リールは各メーカーより発売されていますが、どのリールにしようか迷った時は、メバリングで使用するリールで言えば、ダイワ社、シマノ社の2社から選択すると、メバリング専用に設計されたリールから、メバリングに必要な性能も満たした汎用性のあるリールまで、幅広く発売されており、機能面や性能面で安心できますので、おすすめです。

また、近年では、ハイギアのスピニングリールが人気ですが、ローギアとハイギアの選択はその時々の釣り方で変えるとよいでしょう。最後に、ハイスペックなリールは、メーカーによる機能や性能の差はほとんど感じられません。ある程度の性能を有しているリールであれば、最高峰と呼ばれるようなリールよりもコストパフォーマンスに優ている分、よりメバリングを楽しむことができると思います。


2018年春、エギングにおすすめのリールベスト5

春のアオリイカは「キロオーバー」と言われる大型のアオリイカが釣れる時期。
大型アオリイカが掛かると、リールのドラグから勢いよくラインが引き出され、ラインが引き出されるドラグ音で興奮されるのではないでしょうか?

エキスパートエギンガーならばすでに経験しているかと思いますが、キロアップのアオリイカの引きは強烈がゆえにパワーのあるリールが必要不可欠です。
そして、アオリイカの警戒心が強い時期でもあるので、エギに抱きついた時に違和感を与えないよう、滑らかなラインの送り出しができるドラグ性能が必要となります。
ここでは、パワーとドラグ性能に拘った春のエギングリールの選び方をご紹介していきます。

 

2018年春、エギングにおすすめのリールベスト5

春に使用するエギングリールは、パワーのある2500番~3000番のスピニングリールを使用します。
可能であればよりリールの力のある3000番がおすすめ。
春のアオリイカは大型傾向にあり、個体の大きさに比例して引きが強くなるので、引き寄せる力がリールになければラインの巻き取りに非常に苦労します。

筆者が初心者の頃は、2500番のリールでも巻きのパワーが足りず、30分ほど粘ってもアオリイカを引き寄せることが出来なかった苦い経験をしました。
そして、リールの巻き感度(滑らかであったりスムーズである)が良いものを選ぶとよいでしょう。

次にドラグですが、ドラグからのラインの送り出しが滑らかなものを選んで下さい。
針掛かりしたイカの引きが非常に強くて、リールを巻いている最中に、ラインが切れてしまうようでは春のような大型のアオリイカを仕留めることができません。

そこで、イカの引きの強さによる不意のライン切れを防ぐ為にもドラグによるラインの送り出しが滑らかな性能を兼ね備えたリールを選んでください。

ちなみにドラグ性能によってロッドへの負荷の低減にも繋がっていきます。
ラインはPEラインの0.6号から0.8号程度を使用します。
大型のアオリイカはラインが引き出されるので、200m以上の長さのPEがリールに巻けるスプールも視野に入れておくとよいでしょう。

最後に、リールにはスピニングリールとベイトリールがあります。
言うまでもないかも知れませんが、春のエギングのように遠投する場面が多い釣りにはスピニングリールが使い易く、遠投に向いています。

それでは、これまでのリールの選び方のポイントを踏まえて、春エギングにおすすめのリールを紹介します。

第1位 シマノ Sephia(セフィア) SS C3000S

シマノ リール エギング 15 セフィアSS C3000S

リールにワインレッドのカラーを使用し、ゴールドのスプールデザインが、何ともカッコいいセフィアSS。
リールの自重は僅か210gとシマノ社らしい軽量化の図られた重量、スプール支持を構造的に強化することでドラグ性能が向上、最軽量のローターを採用することにより感度が抜群、まさにエギングに必要な機能性は全てにおいてハイスペックです。
その性能は、上位機種と比較しても全く引けを取らないほどです。

筆者が信頼するセフィアSSは、一押しのリールで、一度使ったら虜になること間違いありません。
大型アオリイカがかかっても、高性能なドラグにより、ドラグ調整を気にする事なく、滑らかにラインを送り出し、安心したファイトが楽しめます。
また、シーズンを問わず使用できるので、これ一本あれば十分と言っても過言ではありません。勿論何を購入しようか迷った時もお勧めです。一度セフィアSSを手に取って、惜しみない高性能を肌で感じてみてはいかがでしょうか?

第2位 シマノ Sephia(セフィア) Cl4+ C3000SHG

シマノ リール エギング 17 セフィアCI4+ C3000SHG

シマノ社が誇るエギング最高峰のリールと呼び名の高いセフィアCl4+。
リールの自重は200gを下回る185gと、驚くべき軽さ。

ボディからローラーそしてハンドルに至るまで隅から隅まで工夫が凝らされているからこそ実現。

しかし、ただ軽いだけではありません。

ボディやローターに使用されているカーボン素材は剛性や耐久性もアップされています。
カーボン素材以外にも、リールに使われているベアリングの数が多く、リール回転の滑らかさは一歩先端を行っており、その滑らかさによってエギングのストレスを全く感じさせません。

また、ハイギア仕様でパワーがあり、操作性や感度も抜群に良く、通年を通して使用できるハイエンドモデルの一つです。
シマノ社のセフィアCl4+は、筆者も愛用しているリールの一つです。
エギング専用に設計されたリール性能を十分に感じられるおすすめの1つです。

第3位 ダイワ エメラルダス 2508PE-DH

ダイワ(Daiwa) スピニングリール エギング 16 エメラルダス 2508PE-H-DH (2500サイズ)

アオリイカの引きに滑らかに効き続けるATDオートマチックドラグシステムを搭載しており、ライントラブルがしにくく、ラインのスムーズな送り出しを可能としており、アオリイカに違和感を与えないまさにエギングの為のリールと言える優れもの。

リールパワーも十分兼ね備えていて、大型アオリイカでも十分に対応できるモデルです。

また、リールのカラーは、エメラルダスの名前から連想できるエメラルドグリーンとブラックの色使いが基調となっていて、シックで上品さが感じられます。

購入しやすい価格帯のリールなので、予算が気になるエギンガーは、リールのコストパフォーマンスにも満足するはず。

第4位 ダイワ エメラルダスAIR 2508PE

ダイワ(Daiwa) スピニングリール エギング 15エメラルダス エア 2508PE (2500サイズ)

エギングをとことん愛するそして本気のエギンガーに是非ともお勧めしたいのがこのエメラルダスAIR。

ATDオートマチックドラグシステムによる高ドラグ性能、軽くて強いボディ、マグシールドと言われるダイワ独自のリールの防塵と防水構造が、塩がみや埃によるリールの回転異音を大幅に軽減していると共に、回転性能も維持できることから滑らかな回転による巻き感度が維持でき、ダイワのテクノロジーが高いことを証明しているリールでもあります。

言うまでもなく、大型アオリイカが乗った時や、ロングキャストも安心して行える完成度の高いリールの1つです。

第5位 シマノ ULTEGRA(アルテグラ) 2500S

シマノ リール 17 アルテグラ 2500S

価格は少し抑えたいけど、リールの性能はある程度は保ちたいと、思っているエギンガーや初心者の為に、このアルテグラをお勧めします。

上位機種でも採用されている軽量化を施したスプールや、巻き取りの強い安定したローター等、部分的にハイスペック仕様で、エギングを快適にしてくれます。

重量は、若干上位モデルより重たいですが、それほど気になる重さではありません。

また、エギング以外での釣りにも使用でき、幅広い釣りに活躍すること間違いありません。

まとめ

春のエギングで使用するスピニングリールは、2500番~3000番までのリールで、パワーとドラグ性能に拘ったリールを選択しましょう。

リールは各メーカーより発売されていますが、どのリールにしようか迷った時は、エギングリールで言えば、ダイワ社、シマノ社の2社から選択すると、エギングに特化した性能を兼ね備えた専用リールを発売しており、機能面や性能面で安心できますので、是非ともおすすめします。

また、ドラグ性能はハイスペックな機種になればなるほど高性能になる傾向にあります。
しかし、ある程度のドラグ性能が確保できれば、これまでに培ってきたご自身のドラグ調整で大型アオリイカを仕留める事は十分に可能です。

最後に、ハイスペックな機種は、メーカーによる機能や性能の差はほとんど感じられません。
ある程度の性能があるリールであれば、正直、最高峰と呼ばれるようなリールまでは必要ないと筆者は思っています。

あくまでも購入する際の参考とされて下さいね!


2018年春、メバル初心者におすすめのロッドランキングベスト5

メバリングに必要なロッド要素を頭に入れ、いざロッドを購入しようと検討しても、各メーカーから多くのラインナップがあり、どれを選んだらよいのか迷うかと思います。

これからメバリングデビューする入門者の方や、経験の浅い初心者アングラーの方に向けてロッドを購入する前に知っておくべき、メバリングロッドの構造と素材について解説します。

あわせて、筆者おすすめのメバリングロッドもランキングでご紹介!

2018年春、メバル初心者におすすめのロッドランキングベスト5

どんなロッドを購入したらよい?知っておくべきメバリングロッドの構造や素材

ルアーを使用するメバル釣りを一般的にメバリングと呼んでいます。メバリングはエギングの様な激しいロッドアクションは必要なく、ナイトゲームが中心です。

キャストからスローなリトリーブで一定レンジを攻めアタリを取る事が多い釣りです。メバルの小さなアタリを取る為、また軽量ルアーを安定してキャストできる、繊細で高感度な穂先(ティップ)を搭載したロッドが釣果を左右すると言っても過言ではありません。

メバリングに必要な要素を頭に入れながら、いざロッドを購入しようと思っても各社から多くのラインナップがあり、どれを選んだらよいのか迷うと思います。

先述しておくと、ピンからキリまでラインナップされているメバリングロッドの主な差は、「ロッドに用いられているカーボン素材の密度の差」「ロッド構造による差」「ガイド素材の差」「ロッドの塗装や装飾」の違いによるものと考えて下さい。

ここに挙げた4つの差について、もう少し踏み込んでそれぞれの違いについて解説します。

ロッドに用いられるカーボン素材

一般的にメバリングロッドの素材は「カーボン」が採用されています。

カーボンはロッド自体の軽量化やロッドの剛性と張りの強化が目的とされ、高価なロッドになればなるほど高弾性のカーボン素材が使用されています。

シマノ社を例に挙げると、従来使用していたカーボン素材と比較して、高強化カーボン素材「Cl4」があります。Cl4は、さらなる軽量化と高い強度を備えているカーボンです。

シマノ社には、さらに「Cl4」より進化させた「Cl4+」と呼んでいる軽量カーボン強化素材を開発。軽量と高い強度は勿論のこと、ロッドの感度と操作性をも向上させています。

このように、高弾性カーボン素材は、各社で開発が進められ、価格に比例して構造に差があります。

高弾性カーボンとは、カーボン繊維を束ねる樹脂が従来と比較して軽量で、カーボン繊維の高い密度と無駄な樹脂(レジンと言う)が少ない関係性(シマノ社ではマッスルカーボンと呼んでいます)のことを言います。

高弾性カーボンをメバリングロッドに採用することによって、より軽量化され、より強い剛性と張りのあるロッドできます。そのことにより、軽量なのに高強度で高感度などのメリットがあることはお分かりといただけたと思います。

シマノ社の他にもダイワ社では、高弾性カーボン素材を「カーボンテクノロジー」と総称して、数種類のカーボン素材をメバリングロッドにラインナップさせています。

ロッドの構造

高性能なロッドは、構造自体に手が込んでいて、より複雑な構造で難しい製法によって作られています。

ロッドのねじれを抑え込む強化を図っていたり、ブランクの繊維方向を変えてネジリ剛性を高めたりと、凝らされている工夫は各社それぞれ独自の構造です。

また、メバリングで重要な穂先は、しなやかさと高感度を兼ね備えた技術が採用されています。

例えばシマノ社では、「スパイラルX」「ハイパワーX」という構造でロッド性能を向上させ、「タフテックα」「ソフチューブトップ」という穂先は、しなやかさや高感度を実現しています。

ガイド素材

ガイドは、構造上フレームとリングが組となってできています。

ガイドフレームの素材は、主にチタンステンレスが使用されていますが、価格の高いロッドにはカーボン素材やチタンを、比較的安価なロッドにはステンレスが使用される傾向があります。

最近では糸絡みを防止するチタン製フレームのKガイド」や、上位モデルでは更に糸絡みの激減や、ラインの振り抜け感を向上させるXガイド」と呼ばれるものがあります。

ガイドリングの素材は、トルザイトリングと呼ばれる素材が最も高価で、次いで現在主流とも言われているSICが採用されています。その他に、チタンリングもあります。リングについては、だいたいどのクラスのロッドにもSICかチタンリングが使用されています。

塗装や装飾

一般的にシックなデザインで工夫が凝らされている塗装やきらびやかな塗装は、上位モデルに見受けられる特徴と言えます。デザイン装飾をあまり気にしない方は、特にこの点について意識しなくてもよいでしょう。

メバリングロッドの選び方

さて、メバリングロッドの選び方ですが、これまでに触れてきた各社のテクノロジーが集約されたロッドであれば当然ながら、価格は高価になります。しかし、高価であればメバルが釣れるかというとそうではありません。

メバリング入門者がロッドを選ぶ時、とくに着目すべき点は、①ティップ②ガイドフレームの2点です。

①ティップには、ソリッドタイプチューブラータイプの2種類

ソリッドはしなやかさがあり、魚に違和感を与えにくい特徴があります。対してチューブラーは適度な張りがあり、感度がよいのが特徴です。

入門者はソリッドタイプが扱いやすく、また魚がヒットしてもバレにくいのでおすすめです。

②ガイドフレームは、糸絡みを軽減できるガイド設計を選ぶ

ガイドフレームは、糸絡みを回避できるガイド設計のKガイド、またはXガイドが搭載されている製品を選びましょう。

その他、ロッドの長さは7~8ft前後、ルアー重量が6g程度までが投げられて、ロッド硬度が柔らかめの「L」表示、そして多少なりとも自重の軽量化が図られたロッドが操作性含めて扱いやすいと思います。

それでは以下に、メバリングにおすすめのロッドをご紹介します。

第1位 シマノ ソアレBB S706ULS

シマノ スピニングロッド ソアレBB ロックフィッシュ S706ULS 7.6フィート

ソリッドティップのソアレBB S706ULSは、張りのある高感度な穂先で柔軟にメバルを乗せる優れもの。軽量なジグによる喰わせ重視の釣りを得意とするロッドで、入門者にとって扱いやすく、デザインがシックで高級感も感じられます。メバリングの入門として自信を持っておすすめします。

第2位 ダイワ メバリングⅩ 74UL-S

ダイワ(Daiwa) メバリングロッド スピニング メバリング X 74UL-S 釣り竿

ブランクの外層をカーボンテープでX状に締め上げてネジレを抑えるダイワ社独自の技術「ブレーディングX」が採用された、パフォーマンスの高いメバリング専用ロッド。

ティップはソリッドタイプで、王道のメバル調子。自重は108gと軽量で、価格帯も安価と非常にコストパフォーマンスに優れたモデルです。

第3位 ダイワ 月下美人76UL-S

ダイワ ロッド 月下美人 76UL-S

ソリッドティップの喰い込み性能とロングキャスティング性能の両面を兼ね備えたダイワ屈指の月下美人。ソリッドティップがショートバイトも弾かずしっかりとフッキング。ジグヘッドリグに最も適合したモデルで、自重は僅か92gとこのクラスでは最大の軽量化が図られた入門者に扱いやすいロッドとなっています。

筆者も愛用しているロッドで、どのアングラーにも是非おすすめしたい信頼性抜群の1本です。

第4位 メジャークラフト クロステージCROSTAGE  CRK-S762M

コストパフォーマンスに優れた数々のロッドを送り出してきたメジャークラフト社からメバル専用のロッドとして更に進化したクロステージを発売。糸絡みを軽減させるKガイドを搭載し、快適な操作性を実現。パワー、軽さ、粘りなど総合的にバランスのとれたブランク設計で、アングラーのテクニックに幅広く対応できるモデルとなっています。

第5位 シマノ ソアレ Cl4+ S706ULS

筆者が愛用するシマノ社のハイエンドモデル「ソアレCl4+」は、ハイエンドモデルだけあって価格は高額ですが、メバリングに必要なシマノ社の高い技術が全て集約されている信頼の厚いロッドです。予算が許されるのであれば、是非とも手に取ってその素晴らしさを実感してほしい製品です。

軽く、強くて、好感度、操作性抜群の進化の最先端を行く、まさにメバリングのためのロッドです。

まとめ

ここでは、筆者おすすめのメバリングロッドをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

メバリングは喰わせるか、掛けるかの2パターンの釣りを楽しむゲームとして知られていますが、ソリッドタイプのロッドを使用してスローリトリーブで喰わせるのが主流です。メバリング入門者の方は、ソリッドティップのロッドを購入することをおすすめします。

メバリングロッドは数多く発売されていますが、最初に選ぶ1本として、極端に高額なハイエンドモデルは必要ないと思っています。実際筆者も1万円前後ロッドを使い分けながら、十分釣果を上げることができています。

購入前には、ロッドを手に取ってフィーリングを確かめることが最も大切です。自分に合った1本を見つけて、メバリングを楽しみましょう。


2018春、シーバス初心者におすすめのロッドランキングベスト5

シーバスフィッシングは、河川、港湾、磯などの多彩なフィールドがあり、そのフィールドや状況に合わせてロッドを選択することが基本です。そのため、シーバスロッドは各メーカーから多種多様なラインナップがあります。シーバス初心者の方はロッド購入を検討はしたけど、多くのラインナップから、どのようなロッドを購入したらよいのか分からないという方が多いのではないでしょうか?

今回は、初心者におすすめのシーバスロッドを構造や素材の解説も混じえて、ランキングで紹介します!

2018春、シーバス初心者におすすめのロッドランキングベスト5

どんなロッド購入したらよい?知っておくべきシーバスロッドの構造や素材

これからシーバスデビューする入門アングラーや、経験の浅い初心者アングラーの方に向けてロッドを購入する前に知っておくべき、シーバスロッドの構造と素材について解説します。

ピンからキリまでラインナップされているシーバスロッドの主な差は、「ロッドに用いられているカーボン素材の密度の差」、「ロッドそのものの構造による差」、「ガイド素材の差」と「ロッドの塗装や装飾」の違いによるものと考えて下さい。

ここに挙げた4つの差について、もう少し踏み込んでそれぞれの解説します。

ロッドに用いられるカーボン素材

一般的にシーバスロッドの素材として「カーボン」が採用されています。

カーボンはロッド自体の軽量化やロッドの剛性と張りの強化が目的とされ、高価なロッドになればなるほど、高弾性のカーボン素材が使用されています。

シマノ社を例に挙げると、従来使用していたカーボン素材より、さらにカーボン繊維の強化を図った「Cl4」というシマノ社独自の素材を開発。

Cl4は軽量化と高い強度を備えているカーボンです。さらに「Cl4」を、より進化させた軽量カーボン強化素材を開発。軽量・高強度はもちろんのこと、ロッドの感度と操作性をも向上させたCl4+」カーボンをシーバスロッドに採用しています。

このように、高弾性なカーボン素材は、各社で開発が進められています。高弾性カーボンとは、カーボン繊維を束ねる樹脂が従来と比較して軽量、カーボン繊維の高い密度と無駄な樹脂(レジンと言う)が少ない関係性(シマノ社ではマッスルカーボンと呼んでいます)のことを言います。

高弾性カーボンをシーバスロッドに採用することによって、より軽量化され、より強い剛性と張りのあるロッドが実現できるのです。シマノ社の他にもダイワ社では、高弾性カーボン素材を「カーボンテクノロジー」と総称して、数種類のカーボン素材のラインナップがあります。

ロッドの構造

高性能ロッドは、構造自体がより複雑で難しい製法によって作られていると言えます。各メーカー共に独自の構造によって、ロッドのねじれを抑え込む強化を図り、ブランクスの繊維方向を変えてネジリ剛性を高めたりしています。

例えばシマノ社では、「スパイラルX」「ハイパワーX」という技術特性を用いてロッド剛性、パワー性能を向上させたり、穂先の張りを抑制する「タフテックα」という技術を用いて、穂先のしなやかさや繊細な曲がりを実現しています。

ガイド素材

ガイドはフレームとリングで構成されています。ガイドフレームの素材は、主にチタン、ステンレスが使用されていますが、価格の高いロッドにはカーボン素材やチタンを、比較的安価なロッドにはステンレスが使用される傾向があります。

ガイドリングの素材は、トルザイトリングと呼ばれる素材が最も高価で、一部のロッドに採用されています。次いで現在主流とも言われているSICが採用されています。その他に、チタンリングがあります。

リングにはついては、だいたいどのクラスのロッドにもSICかチタンリングが使用されています。

塗装や装飾

一般的にシックながら工夫が凝らされているデザイン塗装やきらびやかな塗装は、上位モデルに見受けられる特徴と言えます。デザイン装飾をあまり気にしない方は、とくにこの点について意識しなくてもよいでしょう。

シーバスロッドの選び方

これまでに先述した内容を踏まえて、シーバスロッドの選び方について解説します。

冒頭にも少し触れましたが、シーバスロッドは、フィールドや状況によって選択することが基本です。とは言うものの、そんな何本も必要かと言うとそうではありませんし、高い技術が採用されたハイエンドモデルを購入すればシーバスが釣れるというものでもありません。

様々なフィールドに対応できる安価なロッドは沢山あります。逆にシーバスフィッシングの専門性を求めたい場合は、より各機能に優れたロッドも沢山あります。

シーバス入門者であれば、釣行する頻度と、ロッドを実際手に取った時のフィーリングもあわせて検討の材料にしてみてください。

筆者として入門者におすすめするロッドは、ロッドの長さが9ft前後、ルアー重量が30g程度までが投げられて、ロッドが柔らかめの「ML」か「L」、多少なりとも軽量化が図られたロッドが操作性含めて扱いやすいと思います。

それでは以下に、シーバスフィッシングにおすすめのシーバスロッドをご紹介します。

第1位 シマノ ムーンショット S900ML

シーバスフィッシングにおいて求められるブランクの強度と軽さをシマノ社の独自構造によって実現されたロッド。オールSICガイドが採用され、フレームはKガイドと、ラインのトラブルの軽減が図られた設計です。

テクニカルな場面や遠投が必要な場面などでも汎用性に優れています。入門者にとっても扱いやすく、コストパフォーマンスにも優れたロッドです。これからシーバスフィッシングをやってみたいと思っている入門者のエントリーモデルとして、おすすめできる1本です。

第2位 ダイワ シーバスハンターⅩ 90L

ブランクの外層をカーボンテープでX状に締め上げてネジレを抑えるダイワ社独自の技術「ブレーディングX」が採用されたパフォーマンスの高いロッド。

ミノーやバイブレーションなど幅広く対応できるオールラウンダーな1本となっています。

また、ガイドのライン絡みを解除するKガイドのリングはオールSICリングが採用されており、価格帯も安価と非常にコストパフォーマンスの高いモデルです。

筆者一押しのロッドで、入門者の方に是非ともこの1本をおすすめします。

第3位 ダイワ ラブラックスAGS 90M(スピニングモデル)

ダイワ社が誇る中級モデルの中の1つが、このラブラックスAGS。シーバスフィッシングからライトショアジギングまで幅広く対応できるモデルで、ダイワのテクノロジーが集約されたロッドです。

ロッドの素材には、高密度HVFカーボンと呼ばれる素材を採用し、軽量化とパワーの強化などが図られており、ブランクのネジレを防止する構造「X45」によって高い操作性を誇っています。ガイドにはハイエンドモデルで使用されているカーボン素材を使用し、より感度が向上しています。

筆者も愛用しているロッドで、これからシーバスフィッシングに本格的に挑戦したいアングラーに是非おすすめしたい信頼性抜群の1本です。

第4位 シマノ ソルティーアドバンスSEABASS  S900ML

多種多様なフィールドに対応する汎用性の高いオールラウンド的な1本。

トップガイドにSICガイドが採用されたコストパフォーマンスの高いロッドで、入門者にとってもエントリーしやすい1本です。

第5位 シマノ エクスセンス S1100MH/R -Wild Contact1100

筆者が愛用するシマノ社のハイエンドモデル「エクスセンス」は、ハイエンドモデルだけあって価格は高額ですが、シーバスフィッシングに必要な高い技術が全て集約されていると言っても過言ではないくらい信頼の厚いロッドです。

自重、パワー、感度、操作性など、各所に最先端テクノロジーが搭載されているエクスセンスは、予算が許されるのであれば、是非とも手に取ってほしい製品です。

まとめ

ここでは、筆者おすすめのシーバスロッドをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

シーバスの魅力は何と言ってもエキサイティングなやり取り。ただ、最初はバラシも多いのも現実です。そんなシーバスとのやり取りをランディングまでトラブルなく、存分に楽しむために、初心者や入門者の方には、柔らかめのロッドをおすすめします。

ハイエンドモデルに捕らわれず、自分に合った1本を使いこなすことが、後々のロッド購入の基盤にも繋がります。そのためにも、購入前には手に取ってロッドの重さや、硬さを確かめることが最も大切です。自分に合った1本を見つけて、シーバスフィッシングを楽しみましょう。


2018年冬、アジングにおすすめのラインランキングベスト5

アジングラインには様々な素材のものがあります。それぞれに操作性や感度、強度に違いがあり、メリット・デメリットがあります。

今回は初心者にも分かり易くそれぞれのラインの特性を解説。あわせて筆者おすすめのアジングラインもランキングで紹介します。

2018年冬、アジングにおすすめのラインランキングベスト5

アジングラインの重要性

アジングで使用するライン(道糸)には、主にPE、ナイロン、フロロカーボン、エステルラインの4種類があります。

これだけの種類があると、アジングはどのラインを選択することが自分にとって最適なのか迷ってしまうのが本音ではないでしょうか。

アジングでは、1g程度の軽量ジグヘッドを多用します。軽量ジグヘッドは沈みにくく、潮の流れが速い時、風の強い時などはとくに苦戦しがちです。

このことからも、アジの回遊しているボトム付近の層に落としアタリをとるためには、使用するラインが非常に重要となってきます。

アジングラインの選び方

アジングはアタリが非常に小さいのが特徴です。よりアタリを明確に感じ取れること、軽量ジグを使用するためには、海中に沈むラインが必要であることや、ラインを操作しやすいことなどが必要となってきます。

このことから、アジングラインの選び方のポイントは「感度」、「比重」、「ラインの操作性」の3点に重きを置いた選び方をすることです。選び方を間違えば、最終的に釣果を左右してしまうと言っても過言ではありません。

ただし、アングラーのアジング経験や好みなどによっても使い分けが異なりますので、アジングでは万能的なライン選びというものは存在しません。

ここでは、先に申し上げた3点のポイントから筆者がおすすめするライン選びをご紹介していきます。

アジング初心者にはフロロカーボン

まず、アジング初心者にはフロロカーボンをおすすめします。

ダイワ(Daiwa) フロロカーボンライン アジング メバリング 月下美人 TYPE-F 150m 2.5lb クリアー 900843ダイワ フロロカーボンライン 月下美人 TYPE-F 150m 2.5lb クリアー

フロロカーボンをおすすめする理由は、比重があるため海水との馴染も良く、底が取れやすいこと、さらに強度に優れている点です。初心者にはストレスが少なくアジングが楽しめます。ただし、ラインに巻癖がつきやすいため、ライントラブルに繋がる可能性があるので注意が必要です。

中級者以上にはエステルライン

中級者以上にはエステルラインをお勧めします。

モーリス(MORRIS) エステルライン バリバス アジングマスター 200m 0.3号 1.4lb クリアモーリス エステルライン バリバス アジングマスター 200m 0.3号 1.4lb

エステルラインをおすすめする理由は比重がそこそこあり、ラインの操作性が良いこと、それから何と言っても感度が抜群に優れていることにあります。

デメリットであるライン強度の弱さをリールのドラグ調整でしっかりと補うことができれば、アジングにとって最高のラインです。

●フロロ、エステルの推奨ライン号数

次に、それぞれの使用するライン号数ですが、フロロカーボンは0.5号~0.8号程度を使用します。繊細なアタリを取るアジングでは、ラインが細ければ細いほど水の抵抗を受けずに感度がより向上するためおすすめです。

エステルラインは0.2~0.4号程度を使用します。アタリが非常に取り易く、水深が深ければ深くなるほど、他のラインと比較した時にアタリの差を実感することができます。

対してエステルラインは強度が非常に弱いので、とくにアワセとキャスト時に切れることがあります。常に切れてしまっては釣りになりませんので、ラインブレイクが気になる場合は0.5号のラインを使用して強度を上げるとよいでしょう。

●PEラインとナイロンライン

また、他のライン材質の「PE」「ナイロン」にも少し触れておきます。

PEは、強度が高く、感度が非常によい点がメリットですが、浮力が高く水に浮きやすい点がデメリットとして挙げられます。

最近では、ハイブリッドPEやウルトラPEと呼ばれているような通常のPEよりも比重の高いPEが発売されています。0.1~0.3号程度を使用します。

ナイロンは、他のラインと比較して圧倒的にライントラブルが少なく操作しやすい点が特徴ですが、感度が悪く浮力が高めである点がデメリットとして挙げられます。

ナイロンはあまりおすすめできませんが、アジングの導入として手軽に釣りを楽しみたい初心者の方にはいいでしょう。

 

ここに記載した通り、各ライン素材や特徴についてある程度知っていただけたかと思いますので、これらを踏まえた上で筆者がおすすめするアジングラインをご紹介していきます。

第1位 KUREHA シーガーR18 フロロリミテッド(フロロカーボンライン)

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 2.5lbクレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 2.5lb

フロロカーボンと言えば、クレハ社の「シーガー」と言われるほど信頼の厚いフロロカーボンライン。原料から作り込み、完成までに至る過程を全て一貫して自社で製造するその信頼の一部始終は、強度としなやかさをはじめとして、高感度な性能と耐摩耗性能の高さは初心者からプロのアングラーまでをうならせる一級品です。

フロロカーボンの弱点である巻き癖は、独自のFNT製法という手法によってほぼ解消されており、シーガーのみで十分にアジングを楽しむことができます。

筆者も愛用しているシーガーは、品質が高く長く使用できるラインとしてアジングファンにおすすめしたいNO.1ラインです。

第2位 バリバス  アジングマスター 200M(エステルライン)

モーリス(MORRIS) エステルライン バリバス アジングマスター 200m 0.3号 1.4lb クリア エステルライン バリバス アジングマスター 200m 0.3号 1.4lb クリア

軽量ジグヘッドを使うにはもってこい、ラインの操作性と感度抜群のアジングのために開発された専用のエステルラインです。

比重1.35とナイロンとフロロカーボンの中間に位置する比重で糸ふけが出にくく、ストレスフリーな点が非常に使いラインです。価格帯も経済的であることから、筆者が信頼しているラインの1つです。

アワセ切れの発生を防ぐために、ドラグの調整が必要なので、アジング入門者よりもアジングに慣れた中級者以上におすすめです。

第3位 モーリス AJING MASTER 150M(フロロカーボンライン)

モーリス(MORRIS) フロロカーボンライン バリバス アジングマスター 150m 0.3号 1.5lb ナチュラル(75m中間マーク付き)フロロカーボンライン バリバス アジングマスター 150m 0.3号 1.5lb

フロロカーボンの特徴を存分に活かすことができるモーリスアジングマスターは、アジング入門者にとって、非常に扱いやすいラインです。

号数は0.3号から0.8号までありラインナップも多様。表層からボトムまで広範囲に攻めることができ、更には感度や強度に操作性のバランスがよい点が最大のメリットと言えます。

入門者でライン選びに迷ったら、まずこのラインを購入しておけば間違いありません。

第4位 ダイワ 月下美人 ライン TYPE-E 200M (エステルライン)

ダイワ(Daiwa) エステルライン アジング メバリング 月下美人 TYPE-E 200m 2.5lb クリアーダイワ エステルライン アジング メバリング 月下美人 TYPE-E 200m 2.5lb

 

低伸縮で高感度のエステルライン。比重1.38と水に馴染みやすく扱いやすい点が特徴です。

クリアカラーのラインは水中で溶け込み、アジに違和感を与えることなく、よりアタリが取りやすくなっています。

1lbから2.5lb(参考号数で0.2から0.5号)のラインナップです。また購入しやすい価格帯も嬉しく、信頼の1本です。

第5位 DAIWA 月下美人 月の響きⅡ+Si 150M (スーパーPEライン)

ダイワ(Daiwa) PEライン アジング メバリング 月下美人 UVF 月ノ響II +Si 100m 0.4号 7lb ホワイトピンクダイワ PEライン アジング メバリング 月下美人 UVF 月ノ響II +Si 100m 0.4号 7lb

 

遠投して広範囲を探りたいアングラーには絶大な人気を誇る「月下美人 月の響きⅡ+Si」

飛距離と感度に優れているスーパーPEは、通常のPEと比較して比重が高く、更にUVF加工によって、耐摩耗性能の向上と感度も更にアップされています。

ラインは視認性のよいホワイトピンクが採用されていて、ナイトゲームでも高い視認が確保できるように工夫が凝らされています。価格的には高価であるため、長くアジングに没頭したいアングラーにおすすめします。

まとめ

各メーカーより、たくさんの素材のラインが発売されていて、どれがいいのか迷いますが、ここで挙げた5選は、アジングの実践でどれも活躍してきた信頼のアジング専用のラインです。年々、各ライン共にメーカーの努力によってライン性能が飛躍的に向上しており、アジングを快適に楽しめる釣りへと導いてくれています。

中でもフロロカーボンやPEは強度、感度、操作性、比重どれをとっても性能の向上が目覚ましいと言えます。

選ぶラインの素材にもよりますが、それなりに良いものは高額な傾向にあり、懐事情と相談しなければならないことも正直あると思います。しかしその中でも全てがコストに見合ったパフォーマンスを発揮するものであるとも限りません。

出来ることなら、色々試して、自分に最適なラインを見つける事が一番大切です。

ここで挙げたアジングラインは、それぞれの特徴を最大限に発揮してくれるコストパフォーマンスの高いものですので、是非とも一度はお試しください。


1 2 3 4 43