クロダイ 一覧

【7月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

7月は梅雨と夏の変わり目の季節です。
だんだんと暑くなっていくにつれて、ルアーで釣れる魚も大きく変わってきます。
今回は7月に初心者でも手軽に狙えるルアー釣りを紹介したいと思います。
文末には7月のルアー釣りの注意点も紹介していますので、最後まで読んでくださいね。

【7月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

 

<チヌ>

チヌは昔からエサ釣りのイメージが強い魚種ですが、今ではルアーのターゲットとして釣り方も確立されてきています。
特に高水温に強く、夏になると活発にルアーにアタックしてきます。
日中であっても釣れるので釣行計画が立てやすく、ルアーへのバイトやファイトが強烈で徐々にファンが増えているターゲットです。
狙うポイントは水深が1~2mくらいの場所で、カニやアサリなどが生息しているようなエリアがおすすめです。
使うルアーは小型のトップウォーターがよく、ポッパー、ペンシルベイト、スイッシャーの3種類があればよいと思います。
使い方は、どのトップウォーターもゆっくり動かして、ポーズを時折混ぜるようにしてください。
各トップウォーターの使い分けですが、ポッパーとペンシルベイトは風が無く波があまり立っていないとき、スイッシャーは波が少し強いときに使うとよいでしょう。
タックルは8フィート程度でミディアムライトクラスのロッド、リールはスピニングリールの3000番、ラインはPE1号程度、リーダーは16~20ポンドといった組み合わせがおすすめです。
チヌはトップウォーターに反応したら、連続でしつこくルアーを追ってくるので、
バイトミスがあっても同じリズムでルアーをアクションさせていくとよいでしょう。
チヌの口は硬いので、チヌの重みがロッドティップに乗ったら、力強くフッキングするようにしましょう。

<マゴチ>

7月のマゴチは地域によっては産卵が終わりに近づく個体が多くなってきますが、まだ岸近くに寄ってきていて釣りやすい状況です。
ベイトはイワシであることが多いですが、水温が上がるにつれてエビやカニといった甲殻類も増えてくると、それに合わせて捕食するエサの傾向がイワシから甲殻類へと徐々に変わってきます。
狙う場所は底質が砂や砂利質のところをメインとしていくとよいでしょう。
ルアーはソフトルアーがおすすめで、イワシを模したシャッドテールワーム、甲殻類を模したクローワームを用意しておくとよいでしょう。
使うリグはジグヘッドリグで、10g~21gまでのウエイトを使い分けていきましょう。
アクションはリフト&フォールで広範囲を探っていくようにするとよいです。
バイトはフォールして着底したとき、もしくはリフトした直後が多くなります。
ラインスラックを取ってしっかりとフッキングするようにしましょう。
ヒットしたら強烈な首振りでルアーを外そうとするので、ファイト時間は短くしたほうがキャッチできる可能性が高くなります。

<シイラ>

シイラは夏になると行動が活発化するため、ルアーに果敢にバイトしてくるようになり、
ヒットすれば、ジャンプを交えた強烈なファイトを見せてくれます。
ボートから狙うことが多いですが、状況によって岸近くにも回遊してくるのでそのようなタイミングを逃さないようにしましょう。
陸から狙うポイントは潮通しがよいところとなります。沖にある防波堤や磯に釣行してみるのもよいでしょう。
準備したいタックルは10フィート程度ヘビークラスのパワーがあるロッドです。
使うルアーはトップウォーターメタルジグがおすすめです。
風が無くあまり波が立っていないときはトップウォーターを使い、水面でアクションさせてみるとよいでしょう。逆に風があり波が高いようなときは、メタルジグを遠投しアクションさせてくるとよいと思います。
ヒットすると非常に強烈なファイトをするので、ドラグ調整はしっかり行っておくようにしましょう。
取り込みの際は、ランディングネットかギャフを用いるようにしましょう。
ルアーフックを外すときは、暴れることを想定して必ず長めのプライヤーを使って外すようにしてください。

<7月のルアー釣りの注意点>

●雨と熱中症に注意
7月は梅雨からまだ抜けていない地域が多くありますので、雨の対策をしっかりしておきましょう。レインウェアと長靴で釣行することをおすすめします。
梅雨が明けたら、暑さ対策をして熱中症に十分気を付けて釣りをするようにしてください。
体もまだ暑さに慣れていない状態ですので、意識して水分を取ることも忘れないようにしましょう。

<まとめ>

●チヌ・・・カニやアサリなどが生息しているようなエリアを狙う、小型のトップウォーターでの釣りがおすすめ
●マゴチ・・・ベイトがイワシから甲殻類に徐々に変わっていきやすい、シャッドテールワームとクローワームを用意しておくのがおすすめ
●シイラ・・・強いタックルでドラグ調整をしっかり行っておく、トップウォーターとメタルジグを用意しておくのがおすすめ
雨と熱中症に注意して釣行すること
今回の記事を参考にして、ぜひ7月のルアー釣りを楽しんでくださいね。

【フカセ釣り】配合エサの値段の違いってなに?

釣具店の配合エサコーナーには、たくさんの種類の配合エサがあります。
大きな釣具店ではその種類が多過ぎて、どれを選べばよいものか…。
でもその前に、疑問が一つ。
配合エサには同じ量でも値段が倍のものがあったりします。
配合エサの値段の違いってなに?

【フカセ釣り】配合エサの値段の違いってなに?

kc_wc_photo01

釣りのマキエは道具と違って使い捨てのようなものだから、なるべく安く済ませたいものではないでしょうか?

しかし、マキエの主成分となる配合エサをケチるあまりに、魚が釣れなければ本末転倒なんて残念な事態に陥ってしまうことも…。

配合エサの値段の差をちゃんと理解しておけば、必要に応じて適したものを選べるようになるものです。

それでは本題の配合エサの値段の違いについて。

「集魚力」「独自性」「安定性」の3つが値段の違いの主な要素となります。

 集魚力の差

高い配合エサは集魚力を高めるために、魚粉や甘み、魚の好む味を加えたりするなど、一手間を加えています。

 

独自性の差

高い配合エサは、ターゲットに応じて遠投性を持たせたり、様々な沈下速度を選ぶことが可能です。

マキエの沈下速度の選択は、釣果を決定付ける重要な要素となります。

沈下速度の選択肢の少ない安い配合エサよりも、当然大きなアドバンテージを得ることができます。

 

安定性の差

安い配合エサは、製品の仕上がりにムラがあります。

仕上がりのムラとは、前回買ったものと、今回買ったものが同じ銘柄なのに、匂いや沈下速度のバラツキがあることです。

安い配合エサの原材料はその安さを維持するために、仕入れ時の均一性が保全されていません。

その点、高い配合エサは原材料の基準が比較的厳しいため、均一性が保たれています。

配合エサの均一性が保たれていれば、釣り方の再現性も高いレベルで維持できるので、当然、魚を釣れる確率が上がります。

値段の高いエサには、道理があり!

フカセ釣りのレベルアップをしたいのであれば、高品質の配合エサを使うようにしましょう!


【10月の堤防釣り】手軽に狙えるお魚とは?

10月の堤防の日中は、日差しがとても心地よく、とても快適です。
海水温は夏の余熱が下がりきって、さまざまな魚にとっての適温となり、堤防にはたくさんの魚が集まります。
簡単に釣れる魚が多くなるので、家族での釣りにも最適です。

 【10月の堤防釣り】手軽に狙えるお魚とは?

家族で狙いたいアジ、イワシ

アジ

アジ、イワシなどの青魚系の小魚が堤防周りに接岸します。

アジは朝、夕マズメ、イワシは日中に釣れる傾向が強いです。
日中のアジは沖の深場に棲息するので、その時間帯にどうしてもアジを狙いたいのであれば、沖の深場をダイレクトに狙える遠投サビキ釣りがオススメ。

 アジの釣り方の詳細はこちら 
→ 《釣りの仕掛け》初心者に送る、サビキ釣り
《釣りの仕掛け》遠投サビキ釣りで、アジを釣ろう
【お魚料理】アジ〜堤防の人気魚!簡単に釣れて、美味しい

エギング・ビギナーに最適、アオリイカ

アオリイカ

10月は、夏に生まれた新子の群れが、堤防周りに接岸します。
アオリイカは堤防から見える位置に群れているので、その動きを観察しながら、エギで狙うことができます。

エギのダートやフォールに対するアオリイカの動きを見ることで、エギングのイメージを固めることができることから、エギング・ビギナーに最適の時期だと考えられています。

  アオリイカの釣り方の詳細はこちら 
《釣りの仕掛け》エギングで、アオリイカを釣ろう
【お魚料理】アオリイカ〜肉厚、旨味の詰まった高級イカ

 

秋のお楽しみのスピードスター、青物

ブリ

秋の堤防は、ベイトを追って来た青物が接岸します。
青物が釣れるのは朝、夕まずめで、特に夜明けの前後が狙い目とされています。

地域によって青物のサイズのバラつきがありますが、大きい所では10㎏のブリサイズ、もっとも多いのが1㎏前後のイナダ(ヤズ、ツバス)サイズ。
青物の回遊時期にはネリゴ(カンパチの子)、カマスの回遊もあるので、混じりでヒットすることもあります。

 青物の釣り方についての詳細はこちら 
《釣りの仕掛け》泳がせ釣りで、大型青物を釣ろう!

秋はやっぱり、タチウオ

タチウオ

9月に続いて、外せないのがタチウオ。
この時期になると数釣りは難しくなるものの、サイズがよくなります。

釣り方はルアーでも、エサ釣りでもオッケー!
朝晩の冷え込みが厳しくなると、ルアーへの反応が低下、エサ釣りに分がある傾向があります。

エサ釣りの際には夜釣りがメインになるので、風のある日は防寒着が必須です。

 タチウオ釣りの詳細はこちら 
タチウオのウキ釣り、仕掛けと釣り方を解説
タチウオによく効く、ワインド釣法
タチウオ仕掛け、タックルの紹介

堤防フカセのエース、チヌ

チヌ

10月は、チヌが荒食いする時期。
荒食いする理由はもちろん、迫り来る冬に備えるため。
高活性時はマキエに反応して一斉に湧き上がり、海面から背ビレを出して泳ぐ姿を見ることも…。

エサは最低でもオキアミ、練りエサ(ダンゴ)の2種類を持っておくこと。
種類は多いほどよいです。

タナは中層が基本、活性の低い時は底を意識しましょう。

なお、仕掛けとマキエは遠投仕様にセットしておきましょう。

 チヌ釣りの詳細についてはこちら 
《釣りの仕掛け》強風や二枚潮対策、沈ませ仕掛けで狙うチヌ

10月の釣りで注意したいこと

体温調整に注意しましょう

朝、夕は冷え込むので厚手の上着を、夜釣りをされる方は防寒着を準備しておきましょう。
防寒着というと、大げさだと感じる方もいるでしょうが、10月の夜の海辺は意外に寒いのです。

なお、日中の暑い日はまだまだTシャツでも大丈夫ですが、北風の吹く曇り空の日は肌が冷たくなります。
晴れた日の日中釣りでも念のため、ウインドブレーカーがあるとよいです。

 

マナーを守って、周りの人と仲良く

10月の堤防はたくさんの釣り人で賑わいます。
そのため、釣り人同士の間隔が狭くなるので、お互いが配慮をしながら釣りをする必要があります。

ウキ釣りであれば、隣の釣り人のお邪魔にならないように流しこみに注意をしないといけないし、周囲の人の迷惑にならないように、大騒ぎするのも厳禁。

釣り場のゴミが多くなっているので、必ず持ち帰りましょう。
自分のゴミだけでなく、できるだけ周囲のゴミも拾うようにしましょう。
ゴミについては、帰りに釣具店があればそちらにお願いしましょう(エサや道具を購入したお店であれば、ほとんとが快く受け取ってくれます)。


チニングフィールド別解説~漁港編~

チニングフィールドの中で最も難しいとされるのが漁港です。
その漁港の攻略法を解説します。

チニングフィールド別解説~漁港編~

漁港の特徴

チヌ

漁港は足場がよく、魚のストックも多く、釣りをするには最適の環境です。
ただし、チニングにはとても難しいフィールドとされています。
その理由は、

  • 水深が深いため、ポッパー等のトップウォーター系のルアーへの反応がよくない。
  • 釣り人が多いため、チヌの警戒心が非常に強い。
  • フカセ釣りのポイントであることが多く、マキエを偏食していることがある。

難しいフィールドある漁港で、チヌを釣ることができた時の達成感は、何物にも替えられません。

漁港でのチニングをする上では、時間帯が大切な要素です。
狙い時は夜間帯か早朝、チヌの警戒心が幾分緩む時間帯です。
それでも、チヌが物音や光には敏感なのは変わりないので、漁港のどんなフィールドでもアプローチを慎重に行わなければなりません。

漁港のポイント

漁港の有望ポイントと攻略法を紹介します。

横穴がある岸壁の際

img_4276

写真の岸壁はわかりづらいですが 、水面下あたりから横穴ができるようにブロックが積まれています。
そういった穴の中に、チヌが身を隠していることがよくあります。
日中に観察してみると、チヌが穴の中を出入りする様子を見ることも…。

船が係留してロープが張られている狭いような場所では、ジグ単の落とし込みでアプローチするのがよいです。
小さめのクロー系のワームや、サンドワームを0.6g以下のジグヘッドにつけエサが自然に落ちてきたように演出します。
フォール中にアタリが出ることが多いのでアワセが難しいですが、ルアーが底に付く前にラインの出が止まったり、フッと横に動いたりしますので、その時に聞きアワセしてみるとよいです。

逆に船などがない広いフィールドであれば、ミノーやバイブレーションの出番です。
岸際にキャストし、穴の前を小魚が通過するイメージでアプローチします。
トゥイッチやリフト&フォールなど、いろいろなアクションを試してみると面白いかもしれません。

敷石帯

img_4281

小規模の漁港内の浅瀬によく見られるポイント。
写真のように排水口があるような所は、なおよい。
敷石帯は牡蠣やカニ、エビなどの甲殻類が非常に豊富で、チヌも寄りつきやすいです。

アプローチの仕方は、ラバジグ系のボトムゲームがメイン。
牡蠣等による根掛かりが頻発するので、ズル引きよりもリフト&フォールで攻めていくのがオススメ。
根掛かり回避能力に優れた、ラバジグをチョイスしてください。

 

テクニカルな根掛かり回避などの技術や、警戒心を与えない慎重さなどが求められる漁港でのチニング。
釣りあげれたら間違いなくチニングのスキルがあがっているのでは?
みなさん、漁港でのチニングにぜひ、挑戦してみてください。


チニングフィールド別解説~中流編~

チニングフィールドの中で非常にポイントが多く、気候、季節により様々なアプローチの仕方がある中流域のチニングについて解説します。

チニングフィールド別解説~中流編~

中流域の特徴

写真のようなフィールドが主な中流域の主なポイントとなります。

IMG_4335

水深は0.5mから2mくらいあったり、川自体の流れと潮の流れが複雑に絡み、橋脚、流れ込みもあり、有望なポイントが多数あるのが特徴です。

ベイトは四季を通じて様々。
春の稚鮎、梅雨時期のハヤなどの小魚、真夏には手長エビやカニなど、あげればきりがないくらいです。
中流域は狙い目のポイントが多くありすぎて、目移りしてしまうのが難しい点だといえます。
しかし、釣行を重ねれば、その中でもチヌが居着くであろうポイントを見極めることができるようになるはずです。

中流域のポイント

中流の有望ポイントを紹介します。

橋脚

IMG_4346

チヌが身を隠したり、ベイトが溜まりやすい場所があります。
流れの下流側に弛みができるので、そこにチヌが居着きます。

堰き

IMG_4339

海の魚が遡上できる限界地点です。
満潮時や増水時などに爆発力を秘めたポイントといえるでしょう。
堰きの上から落ちてくる小魚を待ち構えていたりします。
ポイントも絞りやすいので、非常に攻めやすく、チヌ以外にもシーバスなど嬉しいゲストも釣れる可能性大です。

流れ込み

IMG_3856

河川に流入する、小さな流れ込みも有望ポイントと言えます。
エビ、カニなどが居着き、それを狙いにチヌが寄っています。
河川と水温が違うことがあったり、酸素が豊富だったりもするので、そういったのもチヌが寄る要因になっています。

バンク(川の曲がっている場所)

IMG_4347

写真ではわかりづらいですが、川は大きく左に曲がっています。
そして、右の方が浅くなっており、左の方が深くなっています。
底の地形の変化が富んでいるので、チヌの通り道になっていたり、深場から浅瀬にベイトを追いつめやすくなっています。

中流域の攻め方

前述したポイントに応じた攻め方を紹介します。

チヌ中流域

橋脚の攻め方

足場から遠いことがあるので、遠投が効き、且つ流れを意識した攻め方が必要。
シンペンだったら橋脚の少し上流に投げて流れに乗せ、潮の弛みに流し込むイメージです。
ヒットした場合、橋脚に巻いて抵抗したりするので、リーダーを少し太めにしておくとよいと思います。

堰きの攻め方

満潮時と、増水時で攻め方が変わります。
満潮時は潮の流れが緩やかなので、堰きの際に居着かず、散らばっていることが多いのです。
ラバジグ系などで広範囲を探るとよいと思います。
増水時は流れがきついですが、ベイトを待ち構えて堰きの際にいることが多いです。
そこで流れに負けず、しっかりとアピールできるバイブレーションなどがオススメです。
際にキャストしファストリトリーブするのがよいでしょう。

流れ込みの攻め方

ピンポイントを探れるルアーがオススメ。
ジグ単、ラバジグ系を流れ込みのちょっと上流に投げ、流れ込みの中を通すようにしていきます。
小型ミノーなどでもよく、漂うように、ゆっくり巻きます。
足場側の岸に流れ込みがある場合、近づきすぎないように遠くからアプローチするようにしましょう。

バンクの攻め方

足場の岸が深場側、浅場側かで、アプローチの仕方が変わります。
深場の場合、岸際にミノーを投げトゥイッチで誘ったり、定番のラバジグ系で探ればokです。
浅場側では対岸の方に向かってトップ系を投げ、浅場に追いつめられた小魚を演出するといいと思います。


【カゴ釣り講座】身近な大物、カゴ釣りのチヌ狙いにチャレンジしよう!

磯や堤防のチヌ釣りは一般的にはフカセで狙う人がほとんどですが、少ないながらもカゴ釣りで狙う人もいます。

私もその中の1人です(^^)

カゴ釣りで狙うメリットは、以下の3つが考えられます。

・フカセ釣りでは届かないポイントを狙える

・魚がスレていない

・大型の可能性が高い

これまでもカゴ釣りでチヌをたくさん釣っているので、みなさんの釣行に役立つアドバイスができれば…、と思います。

【カゴ釣り講座】身近な大物、カゴ釣りのチヌ狙いにチャレンジしよう!

チヌ

釣れる時期

秋の9月〜11月、春の3月〜5月が最適期となります。

秋チヌの特徴

秋のチヌは、マキエが効くと浮き上がる傾向があります。
そのため、チヌが釣れ始めたら、少しずつタナを浅くするようにしましょう。
ハマると、数が出やすいです。

春チヌの特徴

タナは底付近、ほとんど浮き上がりません。
タナ設定がとてもシビア、何度も細かく調整しましょう。
数よりも、型狙いの一発勝負となります。

 

チヌのカゴ仕掛け

ウキは感度が求められるため通常で棒ウキの3〜5号、遠投時は6〜10号クラスがベストだと思います。

仕掛け図は通常用と遠投用の2種類を紹介します。

通常用 チヌのカゴ釣り仕掛け

チヌのカゴ仕掛け通常

3〜5号クラスのウキなら磯竿の2号クラスか、遠投カゴ用の2号クラスの竿がよいでしょう。

 オススメの竿 
宇崎日新 ロッド スーパースクエア RX ISO HD 2.5号遠投 530
数少ない2号クラスの遠投竿です。遠投タイプなのに軽量かつ大型にも対応できるバランスの取れた竿です。

 オススメのリール 
シマノ リール 16 ストラディックCI4+ C3000HG
ナイロンライン3号150m巻けてとても軽量なリールなのに剛性の高いHAGANEギアを搭載。ライトカゴ釣りに持ってこいの一台です!

天秤は必要無いのでヤマシタ 波止シャトル M-Nとか、ステンのカゴならストレートタイプのフタ付きなどを選びましょう。

ウキは自立タイプだと全体的に重くなるので、ライトタックルだと逆に飛ばし難くなります。
そのため、非自立タイプをオススメします。

 

遠投用 チヌのカゴ仕掛け

チヌ遠投カゴ仕掛け

6〜10号クラスのウキなら3号の遠投の竿。

 オススメの竿 
ダイワ(Daiwa) ロッド 大島 3-53遠投
高密度HVFカーボンとVジョイント構造によりカゴ釣りに特化した良い竿です!

 オススメのリール 
ダイワ カルディア4000
ドラグの性能よし、ボディはZAION!
軽量なので、繰り返しキャストを続けても疲れにくいです(^^)
私の愛用品です。

 

遠投カゴ仕掛けのチヌ狙いのカゴは、マダイ釣りやイサキ釣りなどで使うタイプでOKです!
→参考 【カゴ釣り講座】カゴ釣りのイサキ狙いを教えて

こちらは天秤付きもしくは、後付けタイプを使用します。

オススメ天秤はMarufuji(マルフジ) M-063 改良カゴ釣天秤 黒 35cm
ハリスとの絡みのトラブルも少なく使い易いです。

ウキはUMEZU(ウメズ) 遠投カゴ ボンバー 10号 2912Fがオススメ。
大型ウキの割には感度が抜群です。

通常&遠投共通

ハリスはどちらの仕掛けでも1.5号〜3号。
余り細くてもロッドとのバランスも悪いく切れやすくなるし、太過ぎても食いが悪くなります。
いくら遠投でスレてないとはいえ、太過ぎるハリスは警戒心を与えてしまいます。
自分の場合は1本バリで狙いますが、2本鈎で狙ってもOKですよ。

ツケエとマキエ

ツケエはオキアミ生、加工オキアミ、ボイルなど。
ボイルはハリ持ちも良く遠投に向いています。
エサ取りが多い時はネリエも有効です。

マキエはオキアミの生、ムギ、配合エサ(集魚剤)をベース。
通常のフカセ釣りと変わらない内容でOKです。

フカセ釣りのマキエとの大きな違いが一つ。
カゴ釣りのマキエは、混ぜるだけで、練る必要はありません。
マキエを練るとカゴから出難くなるので、注意をしましょうね!

 

釣り方

釣り始めの30分〜1時間くらいは同じ場所に、キャストを繰り返してマキエを効かせます。
マキエをを一点に効かせて、ポイントを作る作業がとても大切です。
チヌは他の魚に比べて、マキエの量が多いほど釣果に結びつきやすい傾向があります。

小魚が邪魔をしてもひるまずに、根気よく仕掛けを打ち返しましょう。
なお、チヌはサシエの違いでも釣果の差が出やすいことも覚えておきましょう。
→参考 【チヌ釣りの疑問】サシエの種類が多いほどよい理由とは?

後はタナをこまめに調整することが、釣果のポイントとなります。
釣れるタナをいち早く見つけましょう!

皆さんが思ってるよりもカゴ釣りでもチヌが釣れるんです(^^)

しかも自己記録を更新するようなサイズが釣れるかもしれません!

興味のある方は、カゴのチヌ狙いにチャレンジしましょうね♪


チニングフィールド別解説~干潟編~

チニングをある程度やりこむと、次なるステップに挑みたくなるものです。
河口にくらべやや難易度が高いですが、数もサイズも多く望める干潟について解説します。

チニングフィールド別解説~干潟編~

干潟へのアプローチ~ウェーディングに挑戦~

干潟へのアプローチは必然的にウェーディングになります。

ウェーディングとは胸まであるウェーダーと呼ばれる長靴を使用し、水に浸かりながら釣りをすることです。

水の感触を感じながらロッドを振り、水面に近い目線でルアーを操作し、ヒットした魚をすぐ手元まで寄せてくる…。
非常に、趣深く面白いのがウェーディングなのですが、いくつか注意点もあるので紹介します。

IMG_4229

  1. 干潮時に必ず、地形の把握をしておく
    岩がある場所、ぬかるんでしまいそうな場所など、危険な位置を把握しておいます。
  2. 浸かる際は、股下まで
    ウェーダーが胸まであるとはいえ、腰上まで浸かると思うように身動きができなかったりし、急な高波などを回避しようにもほぼ不可能だからです。
    危険なので必ず股下までと覚えておきましょう。
  3. 歩くときは擦り足
    転倒防止、障害物の発見に役立ちます。濁っていることが多いのが干潟なので、目視では足元がわかりづらい事が多いです。

他にもエイガードなど、危険な魚から身を守る装備や、潮位の時間帯を確認することが大切だと思います。
危ないと思う方もいるかもしれませんが複数の人数で釣行したりすれば、そういった問題はカバーできると思います。
基本的な手順を守れば、十分楽しめるので、難しく考えないで行きましょう。

干潟のポイント探し

広大で、一見どこにチヌがいるかわからないと思える干潟ですが、高確率でチヌが居着くポイントがいくつかあるので紹介します。

砂州

IMG_4231

潮流の影響でなだらかな丘のように盛り上がった部分、細く伸びているものが多いです。
潮が引くとよくその形状がわかります。
砂州があるということは潮がよくあたるということで、回遊性のチヌがまわってくることが多いです。
足場がぬかるむ事が少なく、釣りやすいので、初めのポイントとしてもお勧めです。

 

船道

干潟に隣接している漁港があるところのお勧めポイントです。
深く掘りこんでいるようなところが良く、チヌの通り道だったり、小魚などを追いこみやすい場所です。

岩場

IMG_4232

岩場と言っても転々と干潟に石が転がっている場所がオススメです。
カニなどのベイトの他にカキを食べにチヌが寄ってきます。

干潟の攻め方

干潟でもデイとナイトとの攻め方は変わってきますので、別々に紹介します。

デイでの攻め方

基本的にはトップゲームで成立しますが、干潟は広大なフィールドなので遠投が効き、ポッパーではカップ音が大きなものをオススメします。
広く探れ、周囲にルアーの存在を知らしめるためです。

ナイトでの攻め方

重めのラバジグ系で広範囲を探れるように遠投していきます。
その際にボトムバンピングし、アピールしていきます。

小魚がいるときはフローティングミノーでのトウィッチングも有効な事が多いです。ミノーはスピーディに探る事が出来るので、ラバジグ系と比べ効率が良いのも魅力です。

デイもナイトも、バイブレーション

デイ、ナイト両方で活躍するルアーもあります。
それはバイブレーションです。
圧倒的な飛距離でサーチに優れており、リフト&フォールで攻めるもよし、根掛かりの心配がない場所ではズル引きし、砂煙を立ててシャコが逃げるように演出するといいと思います。

簡単な説明でしたが、ウェーディングのチニングは一味違う事がわかっていただけたかと思います。
干潟は広大な分だけ、チヌのストックが非常に多い場所です。
十分に気をつけながら干潟でのチニングを楽しんでくださいね!

 


チニングフィールド別解説~河口編~

チニングのメインフィールドの一つである河口についてのおすすめの攻略法を紹介していきたいと思います。

チニングフィールド別解説~河口編~

河口をオススメする理由

河口チヌ

河口をチニングにオススメする理由は、チヌの絶対数が圧倒的に多いからです。

さらに、時期によってはチヌ以外に、キビレも混泳します。

河口にチヌが集まる理由は「エサが豊富」、「海中で体に付いた寄生虫を淡水で落とすため」など諸説ありますが、本当のところはわかりません。

河口は護岸整備されているところが多く、エントリーがしやすいメリットもあります。

チニングには、どんな河口がよいか

一口に河口といっても様々です。
チニングを行う上での、河口のチェックするポイントを解説します。

その1:護岸の敷石、テトラポットの有無

エサであるカニ、牡蠣等が溜まり、チヌが身を隠せる場所もある。

牡蠣チヌ
↑牡蠣とカニ。ベイトが豊富なことがわかります。

牡蠣ガラ

↑牡蠣の中に砕かれた牡蠣ガラ、チヌが捕食した痕跡です。

 

その2:地面の形状の把握

砂利ならアサリなどの貝殻の有無、砂なら穴を探してカ二、ゴカイがいるのかをチェックします。

その3:チヌを目視で確認する

河口の付近は浅瀬であることが多いので、護岸や橋の上からチヌが泳いでいる姿をみつけることが簡単。
見つけたと同時に逃げてしまうこともありますがが…。

明るいうちはもちろんのこと、潮が引いている時にも地形の把握のために下見をしておくとよいと思います。

うなぎ取り

↑ポイント一例。
河口付近に流れ込みがあり、一見A級ポイントに見えます。
しかし、よく見ると、周りにウナギ取り用の石が並んでいます。
日中だからわかりますが、夜間だと意外に気づきません。

 

河口の攻め方

河口のチニングはデイ、ナイトでアプローチの仕方が違います。

デイゲームのチニング

主力はポッパーなどのトップウォーター。
カケアガリなど、地形の変化がある場所や護岸沿いなどを通すと、チヌがバイトしてくるでしょう。

トップゲームでは、潮位を意識しなければなりません。
潮が満ちすぎているとチヌはトップに出づらい傾向があります。
水深が0.5~2mくらいが適正と言われているので、それを意識するといいと思います。

さらに、チヌは人の姿をえただけで、すぐに逃げてしまいます。
アプローチは慎重に、静かに行うようにしましょう。

ナイトゲームのチニング

一方のナイトゲームは、ボトムゲームがメインとなります。
ラバジグ系のワーミングでよいですが、牡蠣が多い場所では根掛かりが怖いので、コスパのいいジグ単のワーミングをオススメします。

ジグヘッドを護岸沿いなどにキャストし、底まで沈めズル引きしたり、チョンチョンと跳ねさせるようにボトムバンピングをして誘います。

日中ほどではないですが、なるべく物音は立てず、ヘッドライトで水面を照らしすぎないようにし、チヌに警戒心を与えないようにしましょう。

簡単ではありましたが。河口でのチヌ攻略法を解説しました。
河口でのチニングは、技術的にもフィールド的にもアプローチがしやすいです。
ビギナーはまず、河口から初めてみるのもよいでしょう。


【チニング・テクニック】初心者でも簡単、6つの基本アクション解説

チニングトップゲームでは、ルアーアクションが必須です。
タダ巻き以外のアクションを覚えると、釣りの幅がぐっと広がります。
ルアー別に、オススメアクションを紹介します。

【チニング・テクニック】初心者でも簡単、6つの基本アクション解説

ポッピング

 

YO-ZURI(ヨーヅリ) エバポッパー 50mm SHKT F414-SHKT SHKT:スラッシュホログラムカタクチ 50mm

ポッピングとは、ポッパー専用のアクションです。
ロッドを小刻みに動かしながら巻き、カップでポコッポコッと水飛沫を立ててチヌを誘います。
ポッパーの種類によって引き具合の強弱があるので、実際にやってみて力加減を把握し、ポコッと音がポッパーから聞こえるようなポッピングを目指してみてください。

ポッピング

ポッピングに関してはアクションをするペースも大事な要素と言えます。
ポッパーが着水してから手元に来るまでポッピングをし続けるのか、
5~6回ポッピングを繰り返し一呼吸休みいれ食わせの間を作るのか、
二つのパターンがあります。

どちらが良いのかはチヌの活性と警戒心の強さに左右されます。
ポッピングをし続けるのは、チヌに見切られにくい利点があります。
そのため、警戒心の強いチヌに有効です。

食わせの間を作ると高活性のチヌが吸い込むようなバイトをしてきます。
注意点ですが、食わせの間と言ってもその時間は0.5~1秒のほんの一瞬です。
これ以上長いと、高活性といえども見切ってしまいます。

詳しいことは解っていませんがポッパーにチヌが反応する理由は捕食行動と、攻撃行動からだと言われています。
捕食行動は餌だと思い反応し、攻撃行動はポッピング音がチヌをイラつかせるから、反応すると考えられています。
その二つはポッパーへのアタックの違いから分かり、ポッパーを後ろからジョーズの様に追いかけてきていたら捕食行動で、ポッパーの下から突き上げるようにアタックしてきら攻撃行動です。

ドッグウォーク

タックルハウス ルアー RESISTANCE クロナッツ 67 No.2 ダブルオレンジ

 

ドッグウォークとは、フロペンの得意なアクションです。
ポッパーでもこのアクションができるものもあります。

小刻みにロッドを動かしながら巻き、水面で八の字を描くようにルアーの頭を左右に振りながら動かします。
水面に追い詰められた小魚が逃げ惑うように演出します。

ドッグウォーク01

ポッパーと同じようにアクションを行うペースが大事で、見切られないようにしなければなりません。

アクションのメリハリをつける上でダイビングを覚えておきましょう。

ドッグウォーク02

ティップをを下に向け、水面に浮いているルアーを沈めるようにチョンと動かします。
ステイ(喰わせの間)の代わりにアクションの中に盛り込むとチヌのバイトを誘発します。

トゥイッチ

デュエル(DUEL) ルアー ハードコア ミノー 50F 50mm HAJ

ミノーでよく使うアクションです。
ルアーを巻いている最中にチョンチョンとロッドを動かします。

ルアーは、ただ巻き中に急激な動きを加えると、あらぬ方向に動いたり、イレギュラーな動きを起こします。
このイレギュラーがチヌに効き、バイトを誘発するのです。

トゥイッチ

河口のテトラ際などで小魚が溜まっている時に、このアクションをすると、追いつめられた小魚が逃げ惑う動きにそっくりになるのです。

ドリフト

ダイワ(Daiwa) ルアー T.D.ミノー 60SP アユ

ルアーを潮に任せて流すことを、ドリフトと言います。
ミノーなどでよく使うアクションで、潮流や川などの流れがあるところで有効です。

昨今のルアーは流れに乗せておくだけで微妙に動き、流れに乗って漂う小魚を演出できます。
ルアーが着水したら糸ふけを取る程度に巻いて、あとは自然に流します。

ドリフト

チニングでドリフトが最も有効な場面が、船などの障害物を意識したドリフトです。
船などの身を隠せる場所にチヌは居着き、流れに向かって頭を向けエサが流れくるのを待ち構えています。

そこで図のように上流へルアーを投げてからドリフトさせ、船の下に流し込むのです。
その際にラインテンションを保ち、丁度船の下でルアーのヘッドの向きが反転するようにすると、チヌに気付いた小魚が逃げる動作を演出することができます。
上級向けのテクニックですが、かなりの確率でアタックに持ち込める必殺テクと言えます。

リフト&フォール

Rapala(ラパラ) ストーム ルアー 五目バイブ GV40S-HRH(ホロレッドヘッド)

バイブレーションなど底を攻められるルアーで、オススメのアクションです。
キャストしてからまず、底まで沈めロッド煽りルアーを上昇(リフト)させます。
その後糸ふけを取り再び沈め(フォール)、また煽る…その繰り返しです。

リフト&フォール

このアクションはルアーの根掛かり防止になるのと同時に、広範囲を素早く探りたい時に適しています。
ロッドの煽る動作の強弱でルアーのリフトを抑えることで、チヌに追われたシャコやエビなどが跳ねて逃げる動きを演出できます。

難しい点はフォール後にきちんと底に付いているかです。
フォールさせる際にきちんとラインテンション(糸がピンと張っている状態)を取っていると着底した瞬間にフッと糸が緩むのがわかります。
底がとれているかどうかをきちんと判別していると釣果も変わってくるはずです。

ボトムバンピング

メジャークラフト ルアー チヌボール CBL-6.5ケイムラブルー 6.5g

ボンボン系のジグヘッドで、干潟などのフィールドで有効なアクションです。
ルアーをボトムまで沈め、リールを巻かずにロッドを立ててチョンチョンと動かすイメージです。

ボトムパンピング

この動きで、砂煙を立てることが重要なポイントです。
砂煙はシャコやエビが動く際に起こるものなので、ルアーでそれを意図的に起こそうという事です。

様々なアクションを活用し、釣果アップ!

チニングに限らず、ルアー釣りは単調にならないことが重要です。
様々なルアーアクションを使いこなすようになれば、間違いなく釣果アップするはずです!
釣れない時間帯はアクションの練習を意識すれば、すぐに技術が上達しますよ(^^)


【チヌ釣りの疑問】サシエの種類が多いほどよい理由、サシエの紹介

フカセのチヌ(クロダイ)釣りの熱心な愛好家の間では、たくさんの種類のサシエを準備することが定着しています。

エサの種類が多ければ多いほど、チヌの釣れる確率が高まるといいますが、それは本当ですか?
もしそうであれば、その理由を教えて下さい。

 【チヌ釣りの疑問】サシエの種類が多いほどよい理由、サシエの種類

まず、エサの種類が多いほど、チヌの釣れる確率が高まるのは間違いありません。

チヌは雑食性の高い魚なので、なんでもよく食べます。

それに加えてエサの好みが安定せず、毎日のように好みがコロコロと変わってしまう特徴もあります。

そのため、たくさんの種類のサシエを準備しておけば、その中からアタリエサを導き出す確率が高まります。

 

他にも、サシエの種類を多く持つ理由に、チヌを飽きさせない目的があります。

視覚的に同じものばかりが海中に現れれば、チヌが慣れてしまってサシエに興味を持たなくなってしまうからです。

それと、何度もサシエを味見しているチヌがいれば、その味にも慣れてしまって本食いしなくなることも、ベテランチヌ釣り師の間で囁かれています。

 

エサの種類を多く持てば、その分だけ余計にお金がかかります。

しかし、それ以上に、チヌの釣果を得る可能性が高まることを覚えておきましょう。

チヌ

 

チヌ釣りのエサ

冷凍オキアミ:定番エサ。味付けなどの加工を施してないが、無加工の冷凍オキアミが当たりエサになることも珍しくない。

 

加工沖アミ:味付けや皮が固くなる加工を施した沖アミ。冷凍オキアミよりも比重が高く、沈下が速い。
代表的な加工沖アミ:くわせオキアミスーパーハード【釣り餌】【冷凍つけエサ】生イキくんツインパック レギュラー2L 10個セット

 

エビ:沖アミよりも身が大きく、視覚的なアピール効果が高い。チヌの食いが渋い時は、皮を剥くと食い込みがよくなる。
代表的なエビエサ:特鮮むきエビ

 

ダンゴ(ネリエ):魚粉や沖アミ、にんにくなどを混ぜ合わせたエサ。形、大きさを変えられる。
代表的なダンゴエサ:高集魚レッド

 

コーン:視覚的にアピール効果の高いイエローカラーが特徴。ハマれば、よく釣れる。
代表的なコーンエサ:ガツガツコーンアヲハタ 十勝コーン ホール 425g

 

サナギ:臭いが強く、配合エサの材料としてよく使われています。部位によってハリ持ちが変わるので、固めの部位を選んでハリに刺しましょう。
代表的なサナギエサ:活丸さなぎ

 

虫エサ:掛かり釣りで人気のボケ、釣りの定番のイソメなど。虫エサは、フカセのチヌ釣り大会での使用を禁止されています(チヌが反応を示し過ぎる、ある意味禁止技)。イソメは夜釣りで、特に反応がよいです。

 自作のエサを試してみよう

フカセのチヌ釣りトーナメントの盛んな瀬戸内エリアでは、熱心な参加者は10種類程度ものサシエを準備して大会に臨んでいます。

市販のエサだけに囚われず、自作のエサを色々試せるのも、チヌ釣りの魅力です。

考えて作ったエサでチヌが釣れたら、その喜びはより深いものになります。

いろいろなエサを試して、チヌ釣りをより深く理解しましょう。


【磯釣りの疑問】高いハリスと安いハリス、違いを教えて!

海底の起伏が激しく、瀬擦れの危険性が高い磯釣りでは、ハリスの強度が命取りとなります。しかし、強度を優先し過ぎると、ターゲットとなるグレやチヌの食いが低下する心配もあります。
そのため磯釣りでは、とりわけハリスに対する考え方がシビアにならざるを得ません。
そこで今回は磯釣り時の、高いハリスと安いハリスの違いについて解説をします。

 【磯釣りの疑問】高いハリスと安いハリス、違いを教えて!

顕著に現れる白濁化

ハリスの値段の差で明確にわかりやすいのが、海水の浸水による白濁化です。
海水を吸って白濁化したラインはシルエットが濃くなり、魚の食いが悪くなります。

海水の浸水のもっとも大きな原因は、コーティングの差にあります。
高いハリスのコーティングはすぐに剥げませんが、安いハリスのコーティングはすぐに剥げてしまうことを覚えておきましょう。

ちなみに私の知人は、磯釣りではサンライン(SUNLINE) 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 70m 1.5号、堤防のチヌ釣りではサンライン(SUNLINE) ライン ベーシックFC 300m 6lb/1.5号を使用しています。
ベーシックFC使用時は、こまめにハリス交換をしています。

グレとハリス

結束強度、摩耗強度の違い

同じ号数であれば、引張り強度は、神経を使うほどの差がないと考えます。

しかし、結束強度と摩耗強度については差があり、同じ号数であっても値段の差で明確な差となって出てしまいます。
ライン切れの多くは結び目と瀬切れであることを、覚えておきましょう。

 

しなやかさの違い

磯のグレ、チヌ釣りでは、ラインのしなやかさの有無が釣果を決定づけることが少なくありません。
ハリスがしなやかだと、ツケエの水中沈下がナチュラルフォールに近く、魚の食いのよい傾向が強いです。

しなやかで強度のあるラインは高度な工程を経て製品化されるので、値段がどうしても高めになってしまいます。
しなやかで強度のある代表的なラインが、サンライン(SUNLINE) ライン トルネード 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 70m 1.5号クレハ(KUREHA) ハリス New シーガーグランドマックスFX 60m単品 1.5号です。

上の2商品よりも強度が落ちるものの、しなやかさを売りにしている磯釣りハリスはサンライン(SUNLINE) 新トルネード KONG 60m 1.5号東レ(TORAY) ライン トヨフロン スーパーL・EX HYPER 1.5があります。
よほどの根の荒い場所、オナガや特大グレ、年無しチヌの出る場所でなければ、サンライン(SUNLINE) 新トルネード KONG 60m 1.5号東レ(TORAY) ライン トヨフロン スーパーL・EX HYPER 1.5で大丈夫です。
値段、強度、コーティング、しなやかさのバランスの取れているのがこの2つのラインでしょう。

 

予備ハリスを必ず持つこと

最後に、どのメーカーのハリスでも起き得ることですが、たまに外れハリスが混入することがあります。
結ぶ度にブチッと切れたり、両手で引っ張る度に切れたりした場合はすぐに捨てずに、購入した釣具店で交換をお願いしましょう。
大抵の場合は、交換に応じてくれます。
運悪く不良品をつかむ場合があるので、予備のハリスを必ず準備しておきましょう。


【初心者必見】チニングのオススメルアー 中層編

チニングでは、中層でチヌが頻発することも珍しくありません。
今回は、中層で使用するルアーの解説とオススメをタイプ別に紹介します。

ミノー

小魚を模したルアーの定番。
シンキングタイプとフローティングタイプのものがありますが、使用するフィールドの水深で使い分けるとよいと思います。
2メートル以深ならばシンキング、それ以上浅ければフローティングといった具合です。

Rapala /CD5

名作、定番、安定等々の冠詞がつく一品。
巻くだけでよし、ゆっくり沈めトゥイッチしてもよしと、まさに万能ミノーといえます。
さらに、チューニングでⅯリグにすることもできます。
フロントフックを外しガン玉をかませ、テールフックをダブルフックに変えるチューニングですが、素早く底に沈み、そのまま巻くとチヌの鉱物のシャコが砂煙を上げて逃げる様子を演出できます。

 

DUEL/ハードコア ミノー 50

ニューマグネット重心移動システムを搭載し、小型ミノーなのに圧倒的飛距離を誇ります。
トゥイッチするとイレギュラーにアクションし、チヌのリアクションバイトを誘発します。
カラーラインナップが豊富なのも魅力です。

 

Daiwa/月下美人 夜霧Z

メバル用のミノーですが、河口でハク(ボラの稚魚)等を偏食しているときのチヌにマッチしたルアーです。
浅瀬で稚魚が群れているときに威力を発揮します。

 

シンキングペンシル(シンペン)

フロペンと違い、ゆっくり沈んでいくタイプです。
重く設計されていることが多いので、広く探りたいときに使うとよいでしょう。

DUEL/ハードコア シンキングペンシル 50

4gなのに40メートルの飛距離を達成したシンペン。
流れが強い河口で使いたいルアーです。
適度に流れを受け止め妖しく揺らめきチヌを誘います。

 

アムズデザイン ima/meba CALM

メバル用のシンペンですが、チヌにも有効です。
干潟等でゴカイ等の産卵(いわゆるバチ抜け)に遭遇したら迷わず使うべきルアーです。
他にもシラスパターン時に有効で、ゆっくりくねる様に動きチヌを誘います。

 

バイブレーション

内蔵されたオモリのおかげで、飛距離が出て、素早く沈み広範囲に中層以下を探るのに適したルアーです。
巻くと振動し、波動でチヌを誘います。

 

DAMIKI JAPAN(ダミキジャパン)  まめさん 55w

チヌ用鉄板バイブです。
鉄板バイブの特性で通常のバイブよりスピーディに沈み、フォール時に適度な振動、巻くと強波動を生み出します。
アクションはその波動の強弱を生かした、リフト&フォールがオススメです。
Wタイプは純正でダブルフックがついているので、根掛かり軽減に優れています。

 

アムズデザイン ima/ koume 60

このバイブの強みは、強い流れの中でもしっかりとアピールできることです。
そのため増水時の河川で、とても活躍します。
流れにのせてドリフトさせて誘うのもよいです。

 

タックルハウス(TACKLE HOUSE)/ROLLING BAIT Bottom Tuneシリーズ

流れ込みや橋脚などのピンポイントの狙いに最適です。
小エビが跳ねるように小刻みにリフト&フォールを繰り返すと、フォール時にひったくるようなアタリが頻繁に起こります。


【初心者必見】チニングのおすすめルアー トップ編

豊富な種類のルアーを駆使して狙うチニングは、ルアー選びもその楽しみの一つです。
そこで今回は、チニングのルアー選びにお悩みがちの初心者に向けて、オススメのルアーをタイプ別に紹介します。
今回は、トップ編です!

ポッパー

水面でポコッポコッと音を立てながら魚を誘うポッパー。
「こんなので、チヌが釣れるの?」と疑いたくなりますが、チニングの代名詞と呼ばれるぐらいよく釣れるルアーです。
バイトシーンがはっきり見えるのが何よりも面白く、ポッパーだけでチヌを狙うアングラーも少なくありません。

 

マリア(Maria)/ポップクィーン 50

チニングポッパーの定番中の定番。
スローなアクションでもしっかりアピールし、ポッピング、ドッグウォークもお手の物!
ロッドアクション一つで簡単にアクションを変化させることができる、非常に扱いやすいルアーです。

 

デュオ/テトラワークス ポコポコ

小さめのポッパー。
小規模河川で、ピンポイントに狙いを絞りたい時に活躍します。
小さいながらもアクションはしっかりアピール、サイズを問わずにチヌを狙うことができます。

 

アムズデザイン(ima)/ルアー エアラコブラ 60

他のポッパーにはない大きめのカップが大きな音を生み出し、広範囲に誘いをかけることができます。
サーチの一手としてお勧めのポッパーです。

 

シマノ/ブレニアス ライズポップ 65F

9gという重量が他にはない飛距離を生み出すので、普段届かない場所を攻めることができます。
ロッドアクションの強弱で、ポップ音の強弱も自在に変えられるのも強みです。

フロペン

ポッパーと同じく水面を誘うフロペン。
ドックウォークという水面を舐めるように動くアクションで、チヌを誘います。
ポッパーと比べアピール力は少し劣りますが、チヌがバイトし易いという利点があります。

 

DUEL(デュエル)/シルバードッグ 75

チニングでフロペンと言ったらこコレというほど、定番のルアーです。
ドックウォークはもちろん、ダイビングドックウォークもできます。
通常のフロペンより吸い込みやすく、チヌのバイトを持ち込みやすいです。

 

マリア(Maria) /ルアー POCKETS ペンシル F55

POCKETSシリーズは安価で様々なタイプのルアーが揃っているシリーズなので、お財布に優しくとても助かっています。
安価といってもその性能は抜群で、ドックウォークとステイのメリハリを出しやすく、アクションもしやすいです。
ちなみに、筆者が初めてのチニングでバイトに持ち込んだのも、このルアーです。

 

ジップベイツ ザブラ フェイキードッグDS

抜群の飛距離を誇り、広範囲を探れるフロペンで,滑らかなアクションが持ち味です。
cwモデルはフロントウェイトを抜いているので、後ろからのバイトを乗せやすく、またイレギュラーなアクション誘発しやすく、チヌを寄せ付けます。
また、カラーラインナップの中にスイカカラーもあり、遊び心にあふれているのも面白いです。


チニング〜シーズン別攻略法とは?

地域によっては、一年中狙うことがができるチニング。
シーズン別の攻略法の概要を解説します。

チニング〜シーズン別攻略法とは?

春のチニング

春はチヌののっこみシーズン、いわゆる産卵期です。
産卵期で深場にいるチヌも、浅瀬に寄ってきます。
エサ釣りではメインシーズンと言えますが、ルアーについては水温が低すぎるためか、活発に追いかけることは少なくとてもシビアです。
しかし、逆にいえば、追いかけなくてよいルアーに対しては反応がよいと言えるのです。

おすすめの釣り場は夜間の漁港内、釣り方はジグ単ワームのボトムのズル引きです。
漁港内がよい理由は外海よりも水温の変動の影響が少なく、潮流が穏やかなため、産卵場所になっていたり、産卵前後の休憩場所として最適だからです。

おすすめのルアーがジグ単ワームなのは、ゆっくりとした誘いが得意なので、活発にエサを追わないチヌに最適だからです。
ジグヘッドは1~2.0グラム前後で、ワームはサンドワーム系、つまりゴカイなどの節足動物が底を這い動き回るのを意識するとよいと思います。
この釣り方をするとメバルなどのゲストにも出会えることがありますし、周辺よりも水温が高く、流れこみが会って塩分濃度が薄い漁港では、キビレの確率も上がります。

夏のチニング

夏、というより梅雨前後から夏にかけてチニングはハイシーズンと言えます。
水温も高まり、様々なルアーへの反応がぐっと高まります。

中でも河口などでの浅場のトップゲームが、チニングの代名詞といっても過言ではありません。
警戒心が高いチヌがガボッと水面を割る姿は大興奮ものです。

他にも大雨後の増水時、河川でのボトムゲームも面白いです。
小さな流れ込みにルアーを落とし込むと意外な大物が飛び出す事もあります。
ナイトゲームはトップには出ませんが、ミノーなどの中層、ワーミングでのボトムでの反応もよく、昼間トップで出なかったチヌがとれること間違いないでしょう。

秋のチニング

夏の隆盛が落ち着き、ルアーへの反応も夏ほどはよくはありませんが、十分に楽しめるシーズンです。
この時期に限ってではありませんが晩夏~中秋頃にお勧めのチニングがあります。
それは、早朝時の漁港で行う、ヘチ釣り風チニングです。
早朝のチヌは漁港の壁際でカキや、フナムシを食べるためにいることが多いです。
そこにカキやフナムシを模したワームを落とし込むとエサが落ちてきたと勘違いしたチヌがバイトしてきます。
アタリを取るのが難しいですが、また一味違ったチニングを楽しめると思います。

冬のチニング

冬はチヌも深場に潜り越冬したり、水温も下がるのでルアーへの反応が鈍くなります。
つまり、オフシーズンです。
しかし、それはチヌに限った話で、チニングのもう一つのターゲットのキビレは十分狙えるシーズンではあります。
キビレは秋に産卵期を迎え、産卵後の体力回復を図るために浅場に寄ってくるのです。
しかし、体力がそこまでないためか、積極的には追いかけません。
春の釣り方に似ていますが、河口などの浅場でのジグ単ワームのナイトゲームが基本的なセオリーとなります。
アタリが繊細な事が多いので、テクニカルな釣り方が求められます。

まとめ

四季を通じたチニングを解説しましたが、一つのターゲットに対してここまで、様々な狙い方がある魚は他にはないのでは?
季節に応じたチニングをぜひ、楽しんでくださいね!