ショアジギング 一覧

堤防でタイラバ、釣り方を教えて!

タイラバと言えば、まず船釣りを連想しますが、ショアから真鯛を狙ってタイラバをするアングラーは少なくありません。逆に、初心者の方は陸からの方が入門しやすくおすすめです。

今回は堤防からタイラバで真鯛を釣る際に、おさえておきたいポイントと釣り方について解説します!

堤防でタイラバ、釣り方を教えて!

真鯛は堤防でもタイラバで釣れる

タイラバと言えば、船釣りを連想される方は多いと思います。
しかし、タイラバは堤防でも十分に真鯛が狙える、言わば万能的なルアー釣りなのです。

万能的と言っても、ショアジギングをやっていて、気分転換にタイラバへ変更というような意味ではありません。確実に真鯛狙いで堤防からタイラバをするといった釣行のほうが真鯛の釣果をより多く得る事ができます。
基本的には、船釣りも堤防のタイラバも、釣り方に大きな違いはありませんが、船釣りよりは、堤防で行うタイラバゲームのほうが経験やちょっとしたテクニックが必要です。

堤防から行うタイラバは、ショア(岸)ラバとか、キャスティングタイラバと呼ばれ、船釣り同様に人気のある釣りです。

堤防で、真鯛を狙える場所

●水深

堤防から鯛を狙う際に、具体的にどんな場所を狙うのか、ポイントを抑えておく事が大事です。どの堤防からでも鯛が釣れる訳ではありませんので、ポイント選びは重要なのです。

狙うポイントですが、まず、堤防の足元からできるだけ水深のあるポイントを選びます。
より長い時間、ルアーで海底(ボトム)付近を探る為には、最低でも20m以上の水深は必要です。
どうしても足元の水深が浅い堤防しか近場に無い場合は、遠投すれば水深が深く、堤防に近づくにつれて、かけあがりになっている地形を選ぶとよいでしょう。

●潮通し

次に、ポイントとなるのが、潮通しの良い場所を選ぶことです。基本だと思いますが、真鯛は潮通しの良い場所を好みます。潮通しの良い場所と言えば、堤防の先端などはまさに最高の場所と言えます。
ただし、堤防の先端は人気の高い場所でもあります。休日ともなれば他のアングラーがすでに釣りをしていることも少なくはありません。
堤防の先端や先端近くの場所が確保できない場合は、他の釣り座に移動したほうがよいでしょう。

堤防でのタイラバの釣り方

堤防でのタイラバは、出来るだけ遠投(可能な限りのフルキャスト)をします。船釣りのように足元にタイラバを落としても、堤防では真鯛を釣ることができません。
遠投することによって、真鯛を広範囲に探ることができ、また水深のあるエリアを探ることができます。
遠投した後は、船釣り同様にタイラバが着底するまで待ち、着底後、直ぐにリールを巻き上げ、同じスピード(等速巻き)でラインを巻き取ります。

着底後は直ぐにリールを巻かないと、根掛りする可能性があります。また、動かないタイラバに、真鯛が違和感を覚えてアタックして来ないことがありますので注意が必要です。

●巻き上げスピード

リールを巻き上げるスピードは、その日の真鯛の活性で変えていきます。その為、少しゆっくり巻いたり、速く巻いたりと、真鯛がアタックしてくる巻き上げスピードを探りましょう。
堤防から遠投する場合は、船釣りと比較してほとんどの場合水深が浅い為、リールを15回程度巻き上げたら、タイラバをフォールさせ海底に沈めます。この動作の繰り返しを行います。

●カーブフォール

水深が浅いと、タイラバをフォールさせて直ぐに着底してしまう為、フォール中に鯛がアタックする時間と、巻き上げている間のアタックする時間が短く限られてしまいます。
その場合は、カーブフォールを使って、鯛がアタックする時間を作ります。カーブフォールはシャロー(浅場)エリアを攻める場合に有効な手段となります。

カーブフォールは一度、タイラバをフォールして着底させ、リールを巻き上げて数メートル程ラインを巻き取った後に、ラインテンションを保ったままタイラバをフォールさせます。
この事によって、カーブを描いた状態でタイラバが沈んでいきますので、縦の方向と横の方向を探ることができるようになります。

タイラバの王道テクニックで基本となる、フォールさせてからの等速巻きという鉄則から外れた釣り方なので、タイラバを船釣り中心で行ってきたアングラーにとっては、カーブフォールに違和感があると思います。筆者も最初はそうでした。
しかしながら、カーブフォール中にも鯛はアタックしてくるので、ぜひ試してみて下さい。

堤防でのタイラバのロッドとリールの選択

●ショアラバロッド

メジャークラフト 釣り竿 スピニングロッド N-ONE ショアラバー&ショアスロー NSS-1062MH/SRJ 1062MHメジャークラフト 釣り竿 スピニングロッド N-ONE ショアラバー&ショアスロー NSS-1062MH/SRJ 1062MH

 

堤防でのタイラバタックルは、遠投する事が基本となる為、遠投が可能なバットパワーのあるロッドを選びます。
遠投専用ロッドであれば、遠投する十分なスペースが確保できない船釣りでも、アンダーハンドでキャストするだけで飛距離を稼ぐことができますので、船でも陸でも重宝します。

●ショアラバリール

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 14 カルディア 3000ダイワ(Daiwa) スピニングリール 14 カルディア 3000

 

 

リールは、ベイトリールを使用するのか、スピニングリールを使用するのかによって選ぶロッドが変わってきます。筆者は、遠投がし易いスピニングリールをおすすめします。
ベイトリールでも遠投ができない訳ではありませんが、慣れるまでに時間がかかります。
ちなみに、各社から発売されている遠投用に設計されたロッドは、スピニングリール仕様が多く発売されています。
また筆者は、スピニングリールの3000番のノーマルギヤを使用しています。たまに4000番も使いますが、3000番で十分な能力を発揮してくれます。

まとめ

堤防からのタイラバは場所選びが重要であり、できるだけ水深が深く、堤防の先端を確保しましょう。
釣り方は、タイラバをフォールさせてからの等速巻きが基本ですが、アタリが無い時は、カーブフォールで広範囲に鯛を探ると効果的です。
堤防から狙うタイラバゲームは船釣りのタイラバゲームよりもスリリング抜群で、フッキングした時の興奮は、何とも言い難いくらい忘れる事ができないものになる事間違いありません。
皆さんも是非、堤防からのタイラバで鯛が釣れる事の楽しさを味わって下さい。


これからがハイシーズン!夏のライトハタゲームについて解説

グルーパーゲームとも呼ばれるハタゲーム。初心者のかたも含めて、誰でも気軽にエントリーできるのが魅力です。ルアーで狙えるということもあり、近年ではゲーム性の高さにも注目が集まっています。
今回はショアからライトタックルで楽しめる夏のハタゲームについて、タックルやポイント解説もあわせて紹介します。

これからがハイシーズン!夏のライトハタゲームについて解説

これからが秋にかけてハタゲームのハイシーズン

ショアジギングやロックフィッシュゲームなどの釣果にも登場することが珍しくないハタですが、一言にハタと言っても、キジハタアカハタ、オオモンハタなど釣れる種類は海域や地域によって様々です。シーズンは6月~10月いっぱいの水温が安定して高い時期です。まさにこれからがハタのハイシーズンを迎えます。

ポイントはエギングやロックフィッシュと類似

基本的には根魚の分類となりますから、釣り方もポイントもおおよそロックフィッシュと同じイメージとなります。
根周りに藻が群生しているポイントや、キャストして届く範囲内の沖にブレイク(かけあがり)があるポイントがおすすめです。
また、ハタがいる海域でのサーフでもゴロタ石などが点在していれば十分釣果に期待できます。
気にしてほしいのはベイトの存在。ショアジギングでの釣果にハタが混じることからも分かるように、獰猛なハタにはベイトの存在が釣果に繋がる重要なポイントです。

タックルはメバリングやエギングタックルを流用可能

ライトハタゲームで釣れるサイズは基本的に20センチから、大きくても40センチまでです。
このことからメバリングやエギング等のソルトゲームのタックルを流用することができます。よりヘビータックルで沖へキャストしたいと考えれば、シーバスタックルなどもおすすめです。近年では、メーカーから専用タックルが続々と発売されています。

●ロッド

エギング・メバリング・シーバスタックル(7ft前後)

いずれも使用するルアーウェイト、魚のサイズに合わせて選んでください。


●リール 

シマノ シティカ 201HGシマノ リール 15 シティカ 201HG (左)

・スピニングリール2500~3000番クラス

・ベイトリール100~200番クラスのキャスティング可能モデル

リールはスピニングリールで問題ありませんが、タックルを揃えようと考えているなら断然ベイトタックルがおすすめです。
根周りをピンポイントに高い精度でキャスティングでき、ルアーフォール時にも片手で簡単にクラッチを切る事ができる手返しの良さが一つ。さらにヒットした際、根に潜られないようフッキングからのやり取りにパワーがある方が安心です。

●ライン PEライン0.8~1.5号

●リーダー フロロカーボン3~4号(12~16lb)

おすすめのルアーと釣り方

根魚で使用するルアーで一番初めに思い浮かぶのが、ワームを装着したテキサスリグではないでしょうか。
根周りやゴロタポイントは根掛りが多発するため、ロストした時のダメージが低いのも大きな理由となりますよね。使用するワームは、甲殻類系やテールが大きいものなど、アピール力の高いものを選びましょう。

「キジハタホッグ3″」エコギア ルアー キジハタホッグ3 373 ロックフィッシュインパクト2

釣り方は、キャスト後ボトムからだいたい20センチくらい上をイメージしてゆっくりリトリーブしてくるか、
岩礁や沖の沈み瀬など側面をリフト&フォールでなぞるように探ります。砂地が混じるようなポイントではボトムノックをアクションに加えるなど、基本はボトム付近をイメージして釣ってみてください。
広範囲でボトムを探る時には、飛距離もだせて効率的なメタルジグやバイブレーションが有効です。
同じく、ボトム付近をリトリーブすることが基本です。根掛りに注意し広範囲に探ってみてください。


【ルアー初心者必見!】ショアジギングでタチウオを狙う、ポイント&タックル、時期や釣り方を解説

長く平たい特徴的な魚体をしているタチウオ。シーズンになると、堤防にはキビナゴで狙うエサ釣りで賑わいますが、フィッシュイーターとしてショアジギングでも狙うことができる好ターゲットです。

今回はそのタチウオをショアジギングで狙うときのポイントや時期、タックルや釣り方について解説します!

ショアジギングでタチウオを狙う、ポイント&タックル、時期や釣り方を解説

<タチウオ狙いのポイント>

タチウオはショアジギングで釣れる場所やタイミングが限定されることが特徴で、
特に狙いやすい時間帯は朝夕のマズメ時です。
マズメの時合で狙う際におすすめのポイントを下記に紹介しておきます。

・防波堤

風や波の影響を受けにくい、水深のある場所が狙い目となります。
足場がよく、薄暗いマズメ時でも安全に釣りができるのが防波堤ですが、
人気ポイントでは釣り人が集中し、プレッシャーが高くなりやすいポイントでもあります。
・サーフ
タチウオが釣れるポイントとしてサーフも例外ではありません。
できるだけ波の穏やかな場所を選び、マズメ時を狙って釣行するようにしましょう。
サーフは狙うポイントがしぼりにくい為、防波堤に比べてルアーにスレていないタチウオが多いポイントです。

<タチウオ狙いにおすすめの時期>

タチウオ狙いにおすすめの時期は、秋から冬にかけてです。
この時期になると、タチウオは大きな群れを形成しやすくなり、ショアから狙える場所まで接岸します。

<タチウオ狙いのタックル>

タチウオをショアジギングで狙うときのタックルは、20gから40gのメタルジグを扱えるタックルを使用してください。
専用タックルもありますが、タチウオのように限られたシーズンのターゲットを狙う際は、シーバスロッドを流用するのもおすすめです。
下記にタックルの目安を紹介しておきますので、参考にしてください。
・ロッド
長さが9.6ft前後、パワーはミディアムヘビークラスのロッドがおすすめです。
タチウオがメタルジグにバイトするのは一瞬です。パワーのあるロッドで確実にフッキングさせましょう。アクションのしやすさと遠投性能のバランスを考えると9.6ft前後のロッドをおすすめします。
・リール
スピニングリールの3000番から3500番がロッドとのバランスが取りやすくおすすめです。
ギア比はノーマルでもよいですが、ハイギアの方がアクションやフォール時のバイトをより確実にフッキングに持ち込めます。
・ライン
ラインは遠投することを第一に考えて選びましょう。
具体的にはPEラインの0.8号から1.2号くらいまでがよいでしょう。
タチウオはヒットしてから根に潜ったりする魚ではないので、時間をかけてファイトすればトラブルなくキャッチすることができます。
・リーダー
タチウオは歯が鋭いので、フロロカーボンリーダーが必須です。
太さは20ポンド程度がよいでしょう。
・メタルジグ
重さは20gから40gくらいまでのものを選びましょう。
形状は左右非対称タイプかフラットタイプのもので、フォールでもしっかりとアピールできるものがよいです
フックはアシストタイプでもトリプルフックでもよいですが、テール側に付けるようにしましょう。
フロント側に付けると、ファイトのときにタチウオの歯でリーダーが傷ついてしまい、ラインブレイクすることもありますので、注意してください。

<タチウオの釣り方>

タチウオのショアジギングでの釣り方は、ステディーリトリーブフォールを使っていきましょう。
タチウオはメタルジグに噛み付くようにバイトをしてきますので、バイトがあったら即フッキングさせないとヒットに持ち込めません。
ステディーリトリーブでは一定のリズムでリールのハンドルを巻き、少しでも違和感を感じたらフッキングしてみましょう。
フォールでは、ラインテンションを状況に合わせて調整するのが釣果を得るコツです。
フォール中にラインが止まったり、走ったりしたら即フッキングするようにしてください。
また、どの層にタチウオの群れがいるかをしっかりと把握することも大事です。
メタルジグを沈めるときには秒数を数えておいて、タチウオがバイトしてくる層を把握するようにしましょう。
タチウオは重量があまりないので、ランディングの際はファイトの勢いそのままに抜き上げましょう。

<タチウオ狙いの必須アイテム>

・プライヤー
タチウオの歯は鋭く、直接触れるとケガをしてしまう可能性があります。
フックを外すためのプライヤーを必ず用意しておきましょう。
長さがある製品がより安全にフックを外すことができるのでおすすめです。
・フィッシュグリップ
タチウオには、挟むタイプのフィッシュグリップが向いています。
胴のほうを挟んでしまうと頭を振ってしまい危険なので、エラのあたりを挟むようにしまよう。

<まとめ>

ショアジギングでのタチウオ狙いについてまとめると、
・波の穏やかな防波堤やサーフで、朝夕のマズメ時をメインに狙う
・おすすめの時期は群れが大きくなりやすい秋から冬
・20gから40gのメタルジグで、ステディーリトリーブやフォールで狙う
・歯が鋭いので怪我をしないように注意、プライヤーやフィッシュグリップは必須
ぜひ今回の記事を参考に、ショアジギングでタチウオを狙ってみてくださいね!


【ルアー初心者必見!】ショアジギングに必須、あると便利なアイテムとは?

ショアジギングでは持っておくと役立つ便利なアイテムがたくさんあります。
釣る為の手助けになるアイテムはもちろん、魚がヒットした際のケガ防止につながるアイテム等、用途はさまざまです。
今回はそんなショアジギングのときにあると便利なアイテムについて解説します!

ショアジギングに必須、あると便利なアイテムとは?

<偏光サングラス>

ダイワ ポリカーボネイト 変色調光偏光グラス DN-4213H ライトグレー/グレー 930437
ショアジギングではとても硬いメタルジグを使用します。仮に顔に飛んできたりしたときに目を保護するために偏光サングラスは必須アイテムです。
また、夏場のショアジギングでは太陽光と水面の照り返しで直接、太陽光を浴びてしまうこともあります。偏光サングラスは直射日光から目を守ってくれます。
さらに水面の反射が抑えられる効果があり、ベイトフィッシュや沈み根の存在を把握できるので、釣果アップにもつながります。

<グローブ>

ダイワ グローブ ジギンググローブ DG-7106 ブラック XL

激しいロッド操作やファイトが必要なショアジギングにおいて、グローブの着用は滑り止めの役割を果たしてくれます。
また、ショアジギングでは磯で釣りをすることも多く、移動の際に手をついても怪我をしないように保護することができます。
指先がカットされているグローブもありますが、ショアジギングでは全ての指先が隠せるものをおすすめします。

<フィンガーガード>

シマノ GL-041C ネクサス パワーフィンガー ホワイト M 936868

ショアジギングのキャストのときには、ラインを引っ掛けている指に大きな負荷が掛かります。
そんなときにラインを掛ける指にはめておくと便利なのがフィンガーガードです。
ショアジギングや投げ釣りといった重いウエイトを投げる必要があるときに、指を摩擦などから守ってくれます。

<ラインノッター>

第一精工 ノットアシスト 2.0 カーボンブラック

ショアジギングではPEラインとリーダーを結束して使うことがほとんどですが、
結束部分が緩いとラインブレイクなどトラブルにつながってしまいます。
ラインノッターは釣り場で正確に素早く結束でき、強度のあるノットを組むことができます。
特にショアジギング初心者は持っておくことをおすすめします。

<フィッシングプライヤー>

merikentackle ジギング アルミプライヤー MAPL-BS ペンチ ルアー交換 針はずし (ブルー/シルバー)

魚の口に掛かったフックを外すのに必須のアイテムがフィッシングプライヤーです。
先端はスプリットリングの開閉ができるよう、先曲りになっているものをおすすめします。
フックを外すときに魚は暴れることが多いので、できるだけ長さのあるものが安全です。

<コンビリング>

シャウト! 82-CR コンビリング 5号

コンビリングとは、溶接リングとスプリットリングがセットになったものです。
メタルジグを付け替えるときに便利なアイテムで、スナップよりも強度がありアクションを妨げにくいのが特徴です。
溶接リングに直接アシストフックを取り付けておくと、万が一スプリットリングが外れるような場合でも魚をキャッチすることができます。

<フィッシュグリップ>

プロックス (PROX) フィッシュキャッチャーロング PX880LTDCK リミテッドコルク

暴れる魚の口を掴んで安全にフックを外したり、鋭い歯で怪我をしないよう防ぐことのできる便利グッズがフィッシュグリップです。
フィッシュグリップは大小さまざまなサイズがありますが、ショアジギングでは強度のある大型のものを選びましょう。
魚の重さが分かる計りの付いた便利なフィッシュグリップもあります。

<ランディングネット>

プロックス オールインワンソルト 600(レッド) AIOS600

ショアジギングで大きな魚がヒットしたときは、抜き上げのランディングが困難です。
そんなときのためにあるとよいのがランディングネットです。
タモ枠は直径が大きなもので、ネットは深さのあるものを選んでください。

<キャリー付きクーラーボックス>

ショアジギングでは釣った魚をお土産に持ち帰ることが多いと思います。
大きな青物が釣れたときは運ぶのも大変ですが、キャリー付きのクーラーボックスを用意しておくと便利です。保冷効果は価格によって変わりますが、頻繁に買い替えるものではないので、予算内で保冷効果の高いものを購入しておくことをおすすめします。

<フィッシュキャリーバッグ>

バレーヒル カミワザ KAMIWAZA フィッシュキャリーバッグ DX ブルー

ショアジギングでは釣り場までの道のりが険しかったり、長距離を歩いて移動する場合があります。
その際、魚を持ち帰るための大きなクーラーボックスを持っていくのは困難です。
フィッシュキャリーバッグは簡易クーラーとなっており、釣った魚を中に入れて背負うことができます。使わないときはコンパクトに畳んでおくこともでき、とても便利です。

<ストリンガー>

ベルモント(Belmont) ストリンガー100ロープ付セット5pcs MP094

釣った魚を水中に入れたまま活かしておくことができるのがストリンガーです。
ショアジギングで釣れる魚はサイズが大きいことが多いので、止め具が強力なものを選ぶようにしましょう。

<神経締めピック>

ルミカ(日本化学発光) 神経締めセット・ロング A20242

釣った魚の鮮度を良い状態で保つことができるアイテムが神経締めピックです。
魚の背骨にある神経に通して、締めることができます。
使うのに少しコツが要りますが、持っておくと便利なアイテムです。

<まとめ>

ショアジギングにあると便利なアイテムについてまとめると、
・偏光サングラス
・グローブ
・フィンガーガード
・ラインノッター
・フィッシングプライヤー
・コンビリング
・フィッシュグリップ
・ランディングネット
・キャリー付きクーラーボックス
・フィッシュキャリーバッグ
・ストリンガー
・神経締めピック
以上となります!

これらのアイテムを持っておくと、より快適にショアジギングを楽しむことができると思います。
ぜひ今回の記事を参考にして、アイテムを揃えてみてくださいね!

【ルアー初心者必見!】遠投が命、ショアジギングで行う遠投のコツとは?

ショアジギングはなんといっても遠投が命!
ルアーが遠くに飛べば飛ぶほど広範囲を探ることができ、魚がヒットする確率を上げることができます。
そうはいってもなかなか飛距離を伸ばせないという人も多いのではないでしょうか?
今回はそんな遠投で悩んでいるあなたに、そのコツを紹介したいと思います!

遠投が命、ショアジギングで行う遠投のコツとは?

<重たく空気抵抗の少ないメタルジグを使う>

まずは重たいメタルジグを使いましょう!
ロッドのルアーウエイトの範囲内で、自分が投げることができる最も重たいメタルジグを使うのが遠投のコツです。

形状に関しては、ストレートタイプがより飛距離を伸ばすのに向いています。
フラットタイプや左右非対称タイプは、ストレートタイプに比べるとバランスを崩して回転しやすい為、必然的に飛距離は落ちてしまいます。
ストレートタイプのなかでも、後方に重心のあるメタルジグが遠投にはおすすめです。
後方重心だと、回転しにくいストレートタイプの中でもさらに重心が安定するからです。

遠投には自分が投げることができるなかで最も重たい、後方重心のストレートタイプのメタルジグを使うとよいでしょう。

<振り抜ける範囲の硬いロングロッドを使う>

遠投するにはロッドが硬く、長ければ長いほど有利となります。
しかし、長ければその分振り抜きに力が要るようになるので、遠投には振り抜ける範囲で最も硬いロングロッドを使うようにしましょう。
目安にはなりますが、ヘビークラスで10ft程度のロッドがよいと思います。

<ロッドエンドを速く引き寄せることを意識する>

キャストの際に最も速く大きく動くのは、ロッドの先端部となり、さらにその先にあるルアーです。
この先端部分をいかに速く動かすことができるかが、遠投のコツとなります。
具体的には、キャストのときにロッドエンドを自分側に速く引き寄せるようにしてみましょう。
そうするとロッドの先端を効率よく加速させることができ、飛距離を伸ばすことにもつながりますので、ぜひ試してみてください。

<体重移動を使う>

ショアジギングでは硬いロングロッドを振り、重たいメタルジグを使います。

その際に、腕力だけに頼ってキャストしようとするとうまく振り抜くことができません。
キャストの際には体重移動を意識してみるようにしましょう。
足を揃えたままだとバランスも取りにくいので前後に足を開くようにし、メタルジグが自分の後ろにあるテイクバックのときは体重を後ろに、フォローキャストのときは体重を前に、というよう体全体を意識して降り抜くようにしてください。タイミングが上手く取れると、より楽に遠投することができます。
※くれぐれも足元に注意してキャストするよう心掛けてください。

<できるだけ細い8ブレイドのPEラインを使う>

遠投に最も向いているラインは、しなやかで比重が軽いPEラインです。
太い号数だとガイドに当たる際に抵抗が大きいので魚のサイズに合わせた、できるだけ細い号数のPEラインが遠投に向いていると言えます。

PEラインには4ブレイド8ブレイドといった号数とは別に、ラインの製法によって異なる表記があります。
PEラインは複数の糸を編んで作られていますが、4ブレイドとは4本編み、8ブレイドとは8本編みのラインのことを指します。

ゴーセン(GOSEN) ライン 剛戦ジギング 8BRAID 300m 20lb(1号)
この2つのPEラインを例にあげると遠投に向いているのは、よりしなやかな8ブレイドです。
価格は4ブレイドより高くなりますが、飛距離の向上を考えると8ブレイドのPEラインをおすすめします。

<ラインとロッドにコーティングをする>

ラインはキャストの際に必ずガイドを通り、一部ロッド本体のブランクスに当たりながら放出されます。
このライン本体と、接する部分であるガイドやブランクスにフッ素コーティングをすると滑りがよくなり、飛距離アップにつながります。
ラインにはスプレータイプ、ガイドやブランクスにはシートタイプを使うとよいでしょう。

<ラインを掛けた指をタイミングよく離す>

ショアジギングではほとんどの場合、スピニングリールを使用します。
スピニングリールでキャストする際、人差し指にラインを掛けますが、これが遠投に重要なキーポイントになります。
ラインを掛けた人差し指を離すタイミングが速すぎると上に飛んでしまい、遅いと水面に突き刺さるような弾道になってしまいますので、タイミングよく離すことが重要です。
タイミングの目安は、メタルジグが前に飛ぼうとする力が最大限になる瞬間ですが、
慣れも必要ですので、何度もキャストを繰り返してタイミングを掴めるよう練習しましょう。
また人差し指が痛くなりにくいよう、グローブフィンガーガードを使って保護するのもおすすめです!

<タラシをできるだけ長く取る>

遠投するには、トップガイドからメタルジグまでのタラシをできるだけ長く取るとよいでしょう。
タラシが短いとキャストの衝撃によるロッドのブレがメタルジグに伝わり、空中でバランスを崩しやすくなることがあります。
タラシを長く取ることで、キャストのタイミングが取りやすくなり、かつロッドのブレがメタルジグに伝わりにくくなります。
慣れるまでは、タラシを1mくらいから始めて練習するとよいと思います。

<ペンデュラムキャストを使う>

ペンデュラムキャストとはロッドの反発力、遠心力を利用したキャストの方法です。

キャストの方法は、タラシを一番手元のガイドくらいまで長く取り、振り子の要領でメタルジグを自分の前方向に振ります。
メタルジグが前に振り切ると後方に下がり始めますので、それを加速させるようロッドを後ろに持っていきます。
このときロッドは倒し過ぎると上手くキャストできないので注意してください。
メタルジグは弧を描くように後方にいきますので、その弧を保ったまま加速させ、前にロッドを振り切り、ラインを掛けた人差し指をタイミングよく離します。
これがペンデュラムキャストというキャスト方法です。
遠投にはこの方法もおすすめですので、ぜひ練習してみてください。

キャストの際には、くれぐれも自分にメタルジグが当たらないようにし、周囲の安全確認も欠かさないようにしてくださいね。

<まとめ>

ショアジギングの遠投のコツについてまとめると、
・重たく空気抵抗の少ないメタルジグを使う
・振り抜ける範囲の硬いロングロッドを使う
・ロッドエンドを速く引き寄せることを意識する
・体重移動を使う
・できるだけ細い8ブレイドのPEラインを使う
・ラインとロッドにコーティングをする
・ラインを掛けた指をタイミングよく離す
・タラシをできるだけ長く取る
・ペンデュラムキャストを使う
以上となります。

遠投できると魚が釣れる確率を上げられるだけでなく、気分も爽快になることと思います。
今回紹介した内容を一つずつ実践して、ぜひショアジギングでの遠投を楽しんでくださいね!

【ルアー初心者必見!】ショアジギングでヒラメを狙う、ポイント&タックル、時期や釣り方を解説

言わずと知れた高級魚であるヒラメ。
ソルトルアーをやっていても、釣った経験がないという人は多いと思います。
このヒラメですが、ショアジギングで狙ってみると意外と釣果を得られることがあります。
今回はそんなヒラメをショアジギングで狙うときのポイントやタックル、釣り方、必需品について解説します!

ショアジギングでヒラメを狙う、ポイント&タックル、時期や釣り方を解説

<ヒラメ狙いのポイント>

ヒラメが好むポイントはズバリ、ベイトフィッシュが多くいる場所です。
どんなに地形的な条件がよくても、ベイトフィッシュが居ない場所では釣果を期待できません。
ベイトフィッシュの種類はイワシ、アジ、キビナゴのいずれかがいればベストです。
下記におすすめのポイント例を紹介します。

・サーフ
ヒラメ狙いで誰もが思い浮かぶポイントです。
風が岸に向かって数日吹き続いているような状況であれば、ベイトフィッシュが風波で打ち寄せられていることが多く、ヒラメ狙いのよいタイミングになります。

・防波堤
海底質は砂もしくは砂利がよく、泥が混じっているような場所はあまり好まないようです。
地形的な変化では、水深の変化がある船道や岩が点在するような場所が狙い目です。
あわせて、ベイトフィッシュが多い場所を選びましょう。

・河川
栄養素が多く、ベイトフィッシュが多く集まりやすい場所です。
特に大雨が降り、濁りが収まってきたタイミングで釣りをしてほしいポイントとなります。

<ヒラメ狙いのタックル>

ヒラメをショアジギングで狙うときは、40gまでのメタルジグが使えるタックルがあればよいでしょう。
通常のヒラメタックルや、シーバスタックルでも十分に併用可能です。
下記にそのタックルの目安を紹介しますので、参考にしてください。

・ロッド
長さは9~9.6ft、パワーはミディアムクラスがおすすめです。
あまりにも長いロッドだとルアーをアクションがさせにくくなります。ガイドはラインに優しいSicリングが搭載されているものを選びましょう。

・リール
リールはハイギアのスピニングリールがおすすめです。
ハイギアのリールを使う理由は、アクションの際に出る糸ふけを素早く巻き取ることができ、操作時のリズムが取りやすいからです。大きさは3000番程度がロッドとのバランスが良く、使いやすいと思います。

・ライン
ヒラメのショアジギングではPEラインを選びましょう。
太さは1号程度で、150m以上巻いてください。
8本編のPEラインのほうが滑りがよく、糸鳴りが少ないのでおすすめです。

・リーダー
ヒラメは歯が鋭いので、フロロカーボンリーダーを使いましょう。
ポンド数は、メタルジグのアクションを妨げにくく強度もある20ポンド前後がおすすめです。

・メタルジグ
重さは30~40gで、形状はフラットタイプがおすすめです。
ヒラメはフォール時にバイトしてくることが多い為、フォールスピードを抑えられるフラットタイプがより効果的です。
フックはダブルのアシストフックを使うと、アクション時の糸絡みが少なく、フッキング率も高めることができます。
カラーはイワシやゴールド、シルバーといった反射色を選ぶとよいでしょう。

<ヒラメの釣り方>

ヒラメ狙いでおすすめの時期は梅雨時です。
この時期になるとヒラメは浅場に寄ってきやすく、ベイトフィッシュが絡むことが多いのでおすすめになります。

釣り方は、メタルジグを遠投し、ボトムまで沈めます。
着底させたら、ワンピッチジャークを基本とし、1アクションごとにしっかりフォールさせていくようにしましょう。
コツは、ジャークの際にメタルジグを加速させるように力を加え、フォールのときの着底は一瞬、もしくは着底直前で次のアクションに入るといったリズムを保つことです。
自分が使っているメタルジグをアクションさせたときに、どのくらいの移動距離なのか、どのくらいのフォールスピードなのかを把握しておくと釣果につながりやすいと思います。

ヒラメのバイトがあったら、即フッキングするようしてください。
ヒラメは口の周りが柔らかいので、ヒットしたらラインを緩めないようにし、焦らずファイトするようにしましょう。

<ヒラメ狙いでは必ずランディングネットを>

ヒラメがヒットして一番バレやすいのは、水面に上がってきたタイミングです。
水面にヒラメの頭を出すと、頭を振りルアーを外そうとします。取り込みのときにはランディングネットを使うようにしましょう。
水面にヒラメの頭を出させないようにロッド操作し、そっと頭からランディングネットに誘導していくのが上手く取り込むコツです。

<まとめ>

ショアジギングでのヒラメ狙いについてまとめると、
・ベイトフィッシュが多いサーフや防波堤、河川がポイント
・メタルジグは30~40gを使う、タックルは通常のヒラメタックルやシーバスタックルで十分併用できる
・ランディングネットを用意しておくのがキャッチ率を上げるコツ
以上となります。

メタルジグを使ってヒラメを狙ってみると、意外と釣果が出るものです。
今回の記事を参考に、ぜひショアジギングでヒラメを釣り上げてみてくださいね!

【ルアー初心者必見!】ショアジギングのリール選びのポイントを教えて!おすすめリールベスト3

ショアジギングを始めようとしたときにロッド選びと同じくらい悩むのが、リール選びではないでしょうか?
選び方について釣具店の店員さんに聞こうとしても、意外と経験者が少なかったりすることも。
そんな悩みを持っているあなたに向けて、今回はショアジギングのリールの選び方のポイントとおすすめリールベスト3を紹介します!

ショアジギングのリール選びのポイントを教えて!おすすめリールベスト3

<ショアジギングではスピニングリール>

ショアジギングではスピニングリールを使用することがほとんどです。
稀にベイトリールを使う方もいますが、ショアジギングは飛距離を出すためにPEラインを使う為、バックラッシュや糸噛みなどのベイトリールで起こりやすいトラブルを考えると、初心者にはおすすめできません。
ショアジギングでは遠投性が必須となります。スピニングリールはベイトリールに比べて、ラインを放出する際のブレーキとなるものがほとんどない為、飛距離を伸ばしてくれます。

また、大型のリールを使用すると重量がどうしても増えてしまいますが、重心がロッドの下側にあることで、逆にバランスが取りやすく、重心がロッドの上側にあるベイトリールに比べると疲労の軽減につもながります。

<リールの大きさは4000番以上で>

ショアジギングでのスピニングリールの大きさは、4000番以上がベストです。
理由は、まずロッドとのバランスが取りやすいことです。
ショアジギングのロッドは10ft前後でパワーのあるものが多いです。
そのロッドに小さく軽いスピニングリールをセットすると非常に先重りしてしまい、結果として疲労につながってしまいます。

また、ヒットする魚は青物や根魚など強烈なファイトをする為、巻き上げの力が強い大きな番手のリールを使っておくと安心してやり取りすることができます。
さらにスプールに関しては深溝のものを必ず選び、できればPEライン3号が200m以上巻けるものがよいでしょう。
ショアジギングでは遠投することを前提に、ヒットした際にはファーストランで一気にラインを引き出していくことがあります。
ラインの巻き量が少ないと、安心してファイトができませんので、深溝スプールが搭載されラインが多く巻けるものを選びましょう。

<ショアジギングにはハイギアがおすすめ>

ショアジギングではハイギアのリールを使うことをおすすめします。
ハイギアのリールはハンドル1回転あたりのラインの巻き取り量が多いのが特徴です。

ショアジギングではメタルジグを高速で巻きながらアクションさせたり、時にはフォールのバイトをとることもあります。
このような場合にギア比の低いリールだと、快適に釣りをすることができません。

<ハンドルはパワーハンドル搭載のものを>

ショアジギングでは巻き取りのときに握力が必要になります。
パワーハンドルとは手全体で握りこむことができる大型のハンドルノブのことで、T字型のものやラウンド型といった形状のものがあります。パワーハンドルが搭載されているリールは、
力を入れやすく疲労軽減にもつながりますので、自分の手の大きさにあった握りやすいものを店頭で触ってみて選ぶことをおすすめします。

<ベールストッパーが強いものを選ぶ>

ショアジギングは遠投するために力を入れてキャストしますので、ベールストッパーが強いリールを選ぶようにしましょう。
キャストしてライン放出の際に、万が一、ベールが返ってしまうと衝撃でラインが切れてしまったり、時にはタックルの破損を招いたりする恐れもあります。
価格が安いリールはベールストッパーが弱いことがあるので、注意して選ぶようにしてください。

それでは最後にショアジギングでおすすめのリールベスト3を紹介していきます!

<ショアジギングでおすすめのリールベスト3>

第1位【ダイワ ブラスト4500H】
ダイワ独自のマグシールドを搭載したモデル
上位機種と同じドラグシステムを採用し、強いファイトの魚とも安心してやり取りができます。
強度抜群であり、価格も抑えられているショアジギングにおすすめのリールです!

第2位【シマノ バイオマスターSW 5000XG】
ハンドル1回転あたりの最大巻き取り量が105cmもあるリール
エクストラハイギアモデルでとにかく巻き取りが速く、ギア比の高いリールです。
各所に強度のある素材を使って組み上げてあり、ショアジギングでの使用にも問題のない耐久性です。
EVA製のパワーハンドル搭載で力強い巻き取りをすることができます!

第3位【ダイワ BG4000H】
コストパフォーマンスに優れたリール
アルミボディーをはじめとし、デジギアⅡによるスムーズな巻き上げや、クロスラップによるライントラブル軽減といった基本性能をしっかりと搭載しています。
販売価格は1万円程度となっているショアジギング初心者におすすめのリールです!

<まとめ>

ショアジギングのリール選びのポイントについてまとめると、
・4000番以上の大きさで深溝スプールのスピニングリール
・パワーハンドル搭載のハイギア
・ベールストッパーが強いもの

今回の記事を参考に、ショアジギングのリールを選んでみてくださいね!

【ルアー初心者必見!】ショアジギングでサワラを狙う、ポイント&タックル、釣り方を解説

ショアジギングで比較的手軽に狙えるのがサワラ。
青物やロックフィッシュといったショアジギングで狙う他の魚種に比べて、サワラは近場で狙えるのがその理由です。
今回はそんなサワラをショアジギングで狙うときのポイントやタックル、釣り方を紹介します。

ショアジギングでサワラを狙う、ポイント&タックル、釣り方を解説

<サワラのポイント>

サワラはベイトフィッシュが多い場所を好みます。
流れがほとんど止まっているような湾奥や漁港内でなければ、シーズン中には近場で狙う事ができる魚です。
具体的なポイント例を下記に紹介します。

・防波堤
イワシやアジといったベイトフィッシュが多くいるような防波堤は狙い目です。
地質は岩でも砂でも構いませんが、ハイシーズンにはプレッシャーが高くなるので、その対策が求められるポイントです。

・河口部
流れが常にあり、塩分濃度の変化がある河口部はベイトフィッシュが多く、サワラの好ポイントとなります。
ベイトフィッシュはコノシロボラとなることが多いです。
河口付近は一度サワラの群れが入ると他のポイントに比べ、連日続けて釣れる確率が高くなる場所です。

・サーフ
他の魚種と同じようにサワラにとってもサーフはよい捕食場となります。
サーフでのサワラは群れで回遊していることが多く、それを見つけることが釣果を上げるコツです。

<サワラのタックル>

サワラのタックルは小型のメタルジグが扱えるようなライトなもので十分対応できます。
青物狙いのようなタックルでなくても手軽に狙うことができます。
下記にどのようなタックルがよいのか、例を挙げていますので参考にしてみてください。

・ロッド
長さは9.6ft前後、硬さはミディアムパワー程度あればよいでしょう。
比較的小型のメタルジグであればショアジギング用のロッドでなく、シーバス用ロッドでも十分対応ができます。
遠投性能と長時間アクションを続けられる、バランスのとれたロッドを選ぶとよいでしょう。

・リール
リールはスピニングリールの3000番程度の大きさを選びましょう。
ショアから釣れるサワラは時に1mを越える大型もいますが、根に潜ろうとする魚ではないので時間をかけてファイトすればよいでしょう。
ロッドとのバランスを考慮し、総重量を抑えられるスピニングリールの3000番程度がおすすめです。

・ライン
サワラ狙いのときはPEラインの1~1.5号程度がおすすめです。
遠投することに重点を置いてラインを選ぶようにしましょう。ラインの巻き量は150mあれば十分です。

・リーダー
フロロカーボンリーダーの20~40ポンドを、使用するメタルジグの大きさに合わせて選びましょう。
サワラは歯がとても鋭いので、ラインブレイクしないように擦れに強いフロロカーボンを使うことをおすすめします。
メタルジグにサワラがアタックしてくるだけでも、リーダーに傷が入る場合があります。
釣りの最中はリーダーに傷が入っていないかを適時確認するようにして、ラインブレイクしないように注意しましょう。
また、サワラの活性が非常に高いときには、フロロカーボンよりも擦れに強いワイヤーリーダーを使ってみるのもひとつの手です。
ただし、ワイヤーリーダーはメタルジグのアクションを損ないやすく、活性による使い分けが必要となります。

・メタルジグ
サワラ狙いでは30~60グラムのメタルジグがおすすめです。
形状は左右非対称タイプフラットタイプを活性により使い分けるのが釣果を伸ばすコツです。
フックはテール側にトリプルフックを付けるようにしましょう。
サワラの歯は鋭く、ミスバイトが続くとリーダーに傷が入りラインブレイクしてしまいがちです。トリプルフックを使うことで噛みつき型のサワラのバイトをフッキングさせやすくなり、ミスバイトの確率を低くすることができます。

<サワラの釣り方>

サワラが狙いやすい時期は秋となります。

秋になるとベイトフィッシュを追って岸近くを群れで回遊し、活性が高いときには水面を跳ねる姿もよく見られます。
釣り方はメタルジグを遠投しアクションさせましょう。
基本のアクションは小さ目のワンピッチジャークで、使うメタルジグは左右非対称タイプがおすすめです。
あまり大きくアクションさせるとミスバイトが多くなり、フッキングしないだけでなくリーダーに傷が入りやすくなるので注意しましょう。
また、活性が低いときにはフラットタイプのメタルジグを使ってみましょう。
フラットタイプのメタルジグの使い方は、フォールを多用します。
数回のアクションごとにフォールさせることで、活性の低いサワラをバイトさせやすくなります。
サワラがヒットしたらリールを巻く手を止めないようにファイトするようにしてください。
ヒットしたサワラは手前に泳いでくることも多く、フックが外れたように感じることがあります。このときにリールを巻く手を止めてしまうと、フックの掛かりが浅く、メタルジグの重さと相まって外れてしまうことがあるからです。
サワラがヒットしたらとにかく巻く手を止めないことが、釣り上げるためのポイントになりますので覚えておきましょう。
そしていよいよ釣り上げた時のために、フィッシュグリップは必ず用意しておくようにしてください。
フィッシュグリップは、歯が鋭かったり、棘があるような魚を安全に掴めるツールです。
サワラの歯に触れてしまうと手を切ってしまう可能性があるので、ぜひ持っておくとよいでしょう。

<まとめ>

ショアジギングでのサワラ狙いについてまとめると、
・ベイトフィッシュが多い防波堤や河口部、サーフといった場所がポイント
・サワラのショアジギングタックルは比較的ライトなもので十分
・メタルジグは左右非対称タイプとフラットタイプを使い分ける
・ファイト時はリールを巻く手を止めないことが釣り上げるポイント
・釣り上げたときのためにフィッシュグリップを準備しておく

サワラはショアジギングの中でもより近場で狙うことができ、ライトなシーバス用のタックルでもチャレンジすることができます。
またサワラがいるときは、シーバスやチヌといった他のフィッシュイーターも近くにいることがありますので、そういった魚種を狙うためのタックルを準備しておくのもよいでしょう。
ぜひ今回の記事を参考にして、ショアジギングでサワラを狙ってみてくださいね。


【ルアー初心者必見!】ショアジギングでヒラマサを狙う、ポイント&タックル、釣り方を解説

青物の中でも特に引きが強いことで知られるヒラマサ。
ブリと並んでこのヒラマサもショアジギングの好ターゲットです。
今回はヒラマサをショアジギングで狙うときのポイントやタックル、釣り方について解説します。

【ルアー初心者必見!】ショアジギングでヒラマサを狙う、ポイント&タックル、釣り方を解説

 

<ヒラマサのポイント>

ヒラマサはとにかく潮の流れの速い外海を好みます。
日本を取り巻く海流の影響があるような場所が狙い目となる為、ヒラマサの主なポイントは磯場がメインとなります。
より外海に面した場所で、地形が岬状になっていたり足元から急に深くなっているようなポイントがおすすめです。
ヒラマサターゲットのショアジギングでは、より海流のあたる沖磯へ渡船で渡る釣り人も多いです。
またヒラマサはフィッシュイーターであるため、イワシやサバ、イカなどのベイトが多く居るところが狙い目です。
このベイトを見つけるコツとしては、まず鳥が居るかの確認、次にルアーを投げてみて確認と言った方法があります。
鳥が居るところでは、水面に突っ込んで行ったり、水面近くを飛んで下をよく見ているような場所は海面下にベイトがいる可能性が高くなります。
驚いて海面で跳ねるベイトが居ないか、ルアーを投げてみて確かめる方法もあります。

<ヒラマサのタックル>

ヒラマサのタックルはとにかくその強烈なファイトを受け止めるパワーがあり、大きめのメタルジグをしっかり遠投できるものを選びましょう。
タックルが弱いものだと釣り自体がしにくくなるので注意が必要です。
下記にタックル例を紹介しますので、参考にしてみてください。

・ロッド
長さは10ft程度のもの、硬さはヘビー以上のものがよいでしょう。
あまりにも長いロッドだと取り回しがしにくくなるので、10ft程度の長さのものがおすすめです。
硬さは硬いほど、ヒラマサの強烈な引きに対応できます。

・リール
ショアジギングのロッドにはスピニングリールをセットして使いましょう。
ヒラマサを狙うときのスピニングリールは4000番以上のものを使い、ドラグがしっかり効くもので、かつハイギアモデルがおすすめです。
スピニングリールは大きくなればなるほど、巻き取りパワーが強くるので、できるだけ大きな番手を選びましょう。
ヒラマサはヒットすると一気に根に潜ろうとするため、ラインブレイクしないようドラグ性能に優れたもので、ハンドル1回転あたりのライン巻き取り量が多いハイギアのリールで対応できるようにしましょう。

・ライン
ヒラマサ狙いのショアジギングではPEラインの3号から5号くらいまでの太さを使うことをおすすめします。
巻き量はトラブルがあったときでも継続して釣りができるようにしておきましょう。
200m以上巻いておくとが安心して釣りをすることができます。

・リーダー
リーダーは強烈な引きと根ズレ対策を考えて強度のあるものを選びましょう。
素材は擦れに強いフロロカーボンで、ポンド数は60~100ポンドを釣り場や使うメタルジグの大きさに合わせて使い分けてください。
リーダーの長さに関してはできるだけ長く取っておいた方が安心です。
しかし長く取りすぎると、メインのPEラインがガイドに絡んだりするトラブルが起こりやすくなるので、3~5mくらいの長さをおすすめします。

・メタルジグ
ヒラマサは特にロングジグへの反応がよい魚です。
ロングジグはその長さの影響で、スライドする距離が長いのが特徴です。
ヒラマサはスライドして横方向に動くメタルジグを好む傾向があります。
形状はストレートタイプのメタルジグで、ウエイトが60~120グラムくらいまでの遠投できる重たいものがおすすめです。
フックを付ける位置ですが、フロント側に付けるようにしてください。
理由はジグの大きさに関わらず、ヒラマサは頭の方を狙ってバイトしてくることがほとんどだからです。

<ヒラマサの釣り方>

ヒラマサの狙いやすい時期は産卵期である春から初夏にかけてと、ベイトが多くなるがです。
特に産卵期のヒラマサは栄養をたっぷり蓄えていて、より強烈なファイトを見せてくれます。
ヒラマサは沖にある根周りや潮目、サラシといった変化を利用してベイトを捕食するので、このような場所を狙いましょう。
釣り方としては、ロングジグを大きくスライドさせるようロッドを動かして、かつメタルジグを見切られないように速くアクションさせるようにしてください。
ヒットしたらタックルのパワーを最大限に利用して、主導権を釣り人側が握ってファイトするようにしましょう。
ファイト中は、ロッドエンドを体に当てて、腕を伸ばした状態でフロントグリップを持っておくと疲れにくいので覚えておくとよいと思います。
ランディングのときは小型であれば抜き上げ、大型であればネットを使って取り込むようにするとよいでしょう。

<まとめ>

ショアジギングでのヒラマサ狙いについてまとめると、
・潮の流れの速い外海に面した磯場、もしくは沖磯でベイトが多い場所を狙う
・タックルは強烈なファイトを受け止められて、遠投できるものを選ぶ
・狙いやすい時期は春から初夏、そして秋。沖にある根周りや潮目、サラシといった変化を狙う
・メタルジグは大きくスライドさせることと、見切られないスピードを意識してアクションさせること
・主導権を握ってファイトし、ランディングは小型であれば抜き上げ、大型はネットを使って取り込む

今回の記事を参考にして、ぜひショアジギングでヒラマサを狙ってみてくださいね。

【ルアー初心者必見!】ショアジギングでブリを狙う、ポイント&タックル、時期を解説

ショアジギングのターゲットとしてまず名前があがるのがブリです。
とても強い引きと、大型の回遊魚を陸から狙えるとして人気があり、食べて美味しいといった魅力もあります。
今回はそのブリをショアジギングで狙うときのポイントやタックル、時期について解説します。

ショアジギングでブリを狙う、ポイント&タックル、時期を解説

<ブリのポイント>

ブリは潮の流れが緩やかな港湾部ではなく、潮の流れが速い外海に面した場所を好む傾向があります。こういった場所はベイトフィッシュが豊富で、水質がよいの特徴です。
具体的にどのような場所を狙うとよいか、下記に紹介します。

・磯
潮の流れが速く、岬状に地形が張り出しているような場所は狙い目です。
沖にある根回りや潮目を狙うのが基本となりますが、サラシができるような状況だと足元に潜んでいることもあります。
ヒットしたら根に潜られないように力強くファイトするようにしましょう。

・サーフ
サーフはブリにとって恰好の捕食場となります。
ベイトフィッシュが隠れられるような場所が少なく、ブリにとって捕食しやすい状況になるからです。
また、風が岸に向かって吹いているようなときはベイトフィッシュが岸近くに打ち寄せられ、それを狙ってブリが集まってくることもあります。
サーフでは障害物が少ないので、ヒットしたら時間を掛けてファイトして確実に取り込めるようにしましょう。

・防波堤
水深のある外海に面した防波堤が狙い目となります。
エサ釣りでイワシやアジが釣れているような防波堤も狙い目です。
主に潮流のある場所や潮目を探しましょう。
足元にから海面まで高さがあるような防波堤は、取り込みのときにランディングネットギャフを用意しておくとよいでしょう。

<ブリのタックル>

ブリのタックルはその強烈な引きに耐えるパワーと、時には繊細に誘っていけるバランスの取れたものを選びましょう。
下記にその目安を紹介しますので、参考にしてください。

・ロッド
長さは9.6ft以上のもので、硬さはミディアムヘビー以上のものを選びましょう。
長く硬いロッドはショアジギングの基本である遠投性能を上げることに繋がり、
ブリがヒットした時に主導権を握ってファイトすることができます。
もうひとつ、ショアジギングのロッド選びで一つ気にしておきたい点がガイドです。
強度のあるステンレスフレームで、Sicリングが使ってあるものがおすすめです。
このようなガイドはラインの滑りがよく、遠投するうえで重要といえる飛距離アップにも繋がります。摩擦抵抗が少ないのでラインを痛めにくいのも特徴です。

・リール
ショアジギングのロッドはほとんどがスピニングロッドになるので、スピニングリールをセットして使うようにしましょう。
ショアジギングのスピニングリールは最低でも3500番以上の大きなものを選びましょう。
理由としてはヒットした時に力強く巻けること、強度のある太いラインが多く巻けるからです。
ドラグはヒットした時のために基本的には強めに締めこんでおいたほうがよいと思います。

・ライン
ショアジギングのブリ狙いではPEラインを使いましょう。
太さはサーフや防波堤であれば2号程度、磯であれば3~4号程度を使いましょう。
ラインの巻き量は最低でも150m、できれば200m巻いていたほうが無難です。

・リーダー
フロロカーボンリーダーを使いましょう。
ポンド数は釣り場や使うメタルジグの大きさに合わせて、40~80ポンドまでを使い分けましょう。
例を挙げると、サーフで30g程度のメタルジグを使う場合は40ポンドのリーダー、磯で80g程度のメタルジグを使うのであれば80ポンドといった感じです。
リーダーは長く取っておいたほうが根ズレへの耐性性が上がりますので、最低でも1.5mは取るようにしたほうがよいでしょう。

・メタルジグ
ブリはそのときのベイトフィッシュをよく見て捕食していますので、メタルジグは多サイズを用意しておくとよいでしょう。
ウエイトの幅としては30~80gくらいまでをベイトサイズや状況によって使い分けましょう。
形状は左右非対称タイプフラットタイプがおすすめです。
ブリはメタルジグの前に回り込んでバイトしてくることが多いので、フックは頭側に付けるのがおすすめです。

<ブリの釣りやすい時期>

ブリの釣りやすい時期は初夏から晩秋にかけてです。
この時期はベイトフィッシュが岸近くに接岸しやすく、ショアジギングで狙える範囲にブリが寄ってくるからです。
秋が深まるにつれてベイトフィッシュも大きくなりますので、それに合わせてメタルジグを選ぶことが釣果を上げるコツです。
ブリがヒットする確率はベイトフィッシュの量に左右されるので、情報を事前に得ておくとよいでしょう。

<まとめ>

・狙うポイントは潮の流れが速い外海に面した磯、サーフ、防波堤
・タックルは強烈な引きに耐えつつも、メタルジグを繊細に扱えるものを選ぶ
・初夏から晩秋にかけてが釣りやすい時期

ショアジギングでブリを釣ると、その魅力にどっぷりとはまり込んでしまうものと思います。
今回の記事を参考にして、ぜひショアジギングでブリを狙ってみてください。

【ルアー初心者必見!】ショアスロージギングとは?

ショアジギングが広まっている現在、並行して「ショアスロージギング」といったフレーズもよく聞くようになりました。
このショアスロージギングがどんな釣り方なのか、どんな状況で有効なのか初心者の方にはまだ分からないと思います。
そこで今回は、ショアスロージギングについて解説します。

初心者必見!ショアスロージギングとは?

 

 

<ショアスロージギングとは>

ショアスロージギングとは、一般的なショアジギングに比べるとゆっくりとした動作でメタルジグにアクションを加える釣り方です

ショアジギングでは速いアクションが基本となるので、青物をはじめとするフィッシュイーターの活性の高いときには有効となりますが、活性が低いときにはなかなかメタルジグを追いきれず釣れないといった状況もあります。

また、ボトム付近に生息するフィッシュイーターは青物に比べ、メタルジグの早いアクションに追いつき難い特性もあるのです。

このように通常のショアジギングでは釣れにくい魚を釣る場合に用いられるのがショアスロージギングです。

<ショアスロージギングで使いやすいメタルジグ>

ショアスロージギングではフラットタイプのメタルジグが扱いやすく、ゆっくりとした動作でアクションを加えるのに適しています。

フラットタイプのメタルジグはアクションを加えた時に移動距離が少ないこと、またフォーリングで水の抵抗を受けながらヒラヒラとアクションするのが特徴です。

これが仮にストレートタイプのメタルジグだと、移動距離が大きく、またすぐにフォールしてしまうのでなかなかバイトを得ることができません。

ショアスロージギングではフラットタイプのメタルジグを使いましょう。

またフックに関しては、アシストのダブルフックがおすすめです。
理由としてはトリプルフックを使うとフォーリングでラインが絡んで次のアクションに移れないなどトラブルが多いことに加え、シングルフックよりダブルフックのほうがフックポイントが倍になるので掛かる可能性が高くなるからです。

<ショアスロージギングの基本アクション>

ショアスロージギングでは、移動距離の短いアクションとフォーリング、
ロッドアクションはワンピッチジャークが基本となります。

ショアスロージギングのアクションは、通常のショアジギングで求められる鋭さやスピードではなく、流れるような動作で行っていくとよいでしょう。

メタルジグの重みを感じつつロッドで持ち上げるような感じで、短い移動距離に抑えられるようにアクションさせることを意識しましょう。

また、ショアスロージギングではフォーリングでのバイトが非常に多いです。
このフォーリングのバイトを感じられるかどうかが釣果に差を付けるコツとなります。

バイトを取るコツは、メタルジグのフォーリングに抵抗をあたえず、かつラインを緩めすぎないような、張らず緩めずのラインテンションを保つことです。

これができるようになるとショアスロージギングの釣果はぐっと伸びます。

<ショアスロージギングのタックルとは>

ショアスロージギングのタックルは、通常のショアジギングタックルよりもロッド長さを重視して、リールは速く巻き取りができるようなセレクトをするとよいでしょう。

具体的な例を下記に挙げておきます。

・ロッド・・・9.6~10ftのティップがしなやかなミディアムパワークラス
・リール・・・3000~3500番のハイギアのスピニングリール
・ライン・・・1~2号程度のPEライン
・リーダー・・・フロロカーボン40~60ポンド

ショアスロージギングではメタルジグに移動距離の少ないアクションを加えるとともに、フォーリングの時間を多く取りたいので、長めでティップがしなやかなロッドがおすすめです。
ロッドが長ければ上方向にメタルジグをアクションさせやすく、フォーリングでバイトがあったときにはストロークが長く取れるのでフッキングに有利となります。
リールがハイギアのものであれば、ラインスラックが素早く回収できるので、さらにフッキングがしやすくなります。
ラインやリーダーに関しては使うメタルジグの重さや、釣り場の状況に合わせて選ぶとよいでしょう。

<ショアスロージギングが効果的な魚>

・フラットフィッシュ

主に砂底の場所に生息するヒラメマゴチにショアスロージギングは効果的です。
底から1m以内を中心に狙うようにしましょう。

フラットフィッシュはフォーリングのときにバイトしてくることがほとんどです。

アクションのコツとしては、フォーリングのときに一瞬だけ着底させることです。
そうすることで砂煙を上げることができ、底に着いたときの音でフラットフィッシュにアピールすることができますので、試してみてください。

・ロックフィッシュ
キジハタソイカサゴといったロックフィッシュにもショアスロージギングは効果的です。
ロックフィッシュは落ちてくるものに対して反応しやすいので、フォーリングを特に意識しましょう。
ロックフィッシュが潜んでいるのは岩場や海藻が多くある場所で根がかりしやすいので、フォーリングのときには底にあまり着けないようにすることをおすすめします。
事前にメタルジグがどのくらいのスピードでフォーリングしていくのかを確認しておき、水中を常にイメージしながら釣りするとよいでしょう。
・活性の低いブリやサワラ

活性が低く、速いメタルジグのアクションに追いつけなくなったブリサワラにもショアスロージギングは有効です。

活性が低いとはいえブリやサワラは回遊していることが多いので、狙っていく水深を変えつつバイトのある層を探るとよいでしょう。

バイトがあったらその層をキープできるようにアクションの回数とフォーリングの時間を調整するのが釣果を伸ばすためのコツです。

<まとめ>

ショアスロージギングについてまとめると、

・ゆっくりとしたアクションで活性の低い魚やボトム付近に生息する魚に効果的
・フラットタイプのメタルジグが使いやすく、アシストのダブルフックがおすすめ
・移動距離の短いアクションとフォーリングを意識する
・タックルは長めでティップがしなやかなロッドと、ハイギアのスピニングリールの組み合わせがおすすめ
・効果的なのは、フラットフィッシュ、ロックフィッシュ、活性の低いブリやサワラ

ショアスロージギングを覚えると通っていた釣り場でも、今までと違った魚を釣ることができると思います。
今回の記事を参考にしてぜひショアスロージギングに挑戦してみてくださいね。

【ルアー初心者必見!】ショアジギングの基本的な釣り方とは?

ショアジギングという釣り方は今では一般的になっています。
しかし初心者にとっては実際にどのように釣りをしていけばよいのか、基本的なことを知る機会は中々ないのではないでしょうか。
今回はそんな初心者に向けて、ショアジギングの基本的な釣り方を解説します。

ショアジギングの基本的な釣り方とは?

<ショアジギングではメタルジグを使う>

メタルジグはボディー全体が鉛やタングステンでできていますので、
自重があり空気抵抗が少ない形状なので遠投が効き、沈みが速いのが特徴です。
メタルジグにはストレートタイプフラットタイプ左右非対称タイプといった形状があり、それぞれを使い分けて、様々な魚種を狙うことができます。

<ショアジギングは遠投ありき>

ショアジギングの魅力の一つが遠投ができることです。
足元を狙っていくような釣り方ではなく、他のルアーでは届かないようなポイントを広範囲に探っていくのが基本です。
メタルジグをしっかりキャストできる強めのタックルを使いましょう。

<基本的なアクション方法>

ショアジギングの基本的なアクションの方法は3つあります。
アクションを使い分けていくことで、狙う魚種に効果的にアピールしたり、状況に合わせたりすることができます。
下記にその3つのアクションの方法を解説します。

1.ワンピッチジャーク
ショアジギングで最も使われることが多いアクションの方法です。
メタルジグをキャストして狙う水深まで沈めたら、ロッドを鋭く煽ってメタルジグにアクションを加えます。
アクションさせるとラインが弛むので、その分のラインをリールで巻き取りながら、
リズムよく連続してアクションさせるのが基本です。
アクションさせているとだんだんメタルジグは上に浮いてくるので、時折狙う水深に合わせてメタルジグを沈めるようにしましょう。
使うメタルジグは、ストレートタイプ左右非対称タイプがおすすめです。

2.ジャカジャカ巻き
青物に効果的なアクション方法です。
イメージとしてはワンピッチジャークを高速巻きしている感じで、リールを巻く手を止めないようにするのがポイントです。
青物は、釣り人が追いつけないようなスピードでアクションさせていると思っていても、機敏にメタルジグを追ってきてバイトしてきます。
青物の活性が非常に高く、メタルジグの動きが遅いと見切られるときに有効になるアクション方法です。
使うメタルジグは、ストレートタイプがおすすめです。

3.リフト&フォール
メタルジグにアクションを加えたら、その後にフォールを入れていく使い方です。
リフト&フォールは、基本的にボトム付近で使います。
アクションのコツは、メタルジグをフォールさせ着底したら、すぐにアクションを加えていくようにすることで、魚にメタルジグを見切られずバイトさせることができます。
ロックフィッシュフラットフィッシュといったボトム付近にいる魚に特に有効な使い方で、時に青物の活性が低いときに効果的となることもあります。
使うメタルジグは、フラットタイプがおすすめです。

ここまではアクションの方法について解説してきました。
次はどのようなポイントを狙っていくのがよいのか下記に解説します。

<狙うポイント>

・潮目
潮と潮がぶつかり合って流れが速くなっていたり、小魚が流れに押されて集まっていたりするポイントです。
潮汐によって発生したりしなかったりする流動的なポイントなので、プレッシャーが掛かりにくい特徴があります。
ポイントによっては、ある程度発生するタイミングが決まっているので、それを把握しておくことが釣果アップのコツです。

・沖にある根周り
根とは主に岩が海底に隆起しているポイントのことをいいます。
根自体が魚の隠れ場にも捕食場ともなるので、ショアジギングでぜひ狙いたいポイントです。
特に流れが当たりやすい根周りは魚影が濃くなるので狙い目です。
根からあまりメタルジグを離さないようにアクションさせ、魚がヒットしたらラインブレイクしないように根から一気に引き離すようにしましょう。
根がかり対策として、使うフックはシングルのアシストフックがおすすめです。

・サーフ
フィッシュイーターの捕食場となりやすいポイントです。
活性が高いフィッシュイーターが集まりやすく、ボイルが発生することも多々ありますので、メタルジグの遠投性能を活かして、このようなチャンスを逃さないようにしましょう。
狙い目のタイミングとしては、数日にわたって岸に向かって風が吹き続いているときです。
こうした状況では、ベイトフィッシュが岸に寄っていることが多く、それに伴ってフィッシュイーターも集まってくるからです。
天気予報のチェックを欠かさないようにして釣行するようにしましょう。

<まとめ>

・ショアジギングではメタルジグを使う
・遠投して広範囲を探る
・アクションは、ワンピッチジャーク、ジャカジャカ巻き、リフト&フォールを使い分ける
・狙うポイントは、潮目、沖にある根回り、サーフ

今回の記事を参考にして、ショアジギングにチャレンジしてくださいね。

初心者におすすめのショアジギングタックル

いざショアジギングを始めたいと思ったときに、まず初心者が悩むのがタックル選びではないでしょうか?
誰もが失敗しないタックル選びがしたいと思うはずです。
さらには、他のルアー釣りで使っているタックルが併用できればと考えるのではないでしょうか?
今回はそんなあなたに向けて、初心者におすすめのショアジギングのタックルについて解説します。

初心者におすすめのショアジギングタックル

グラフィックス4

<ショアジギングのタックルで考えること>

ショアジギングのタックルを揃えるうえで、まず初心者が知っておきたいことは下記の3つです。
・遠投できること
・しっかりとアクションさせられること
・ファイトがしっかりできること
ショアジギングでは遠投できればできるほど、より多くの魚にメタルジグでアピールすることができます。
また、小魚を追ってできるナブラを狙うときは、その移動の速さに合わせていかないといけません。
遠投するためにはロッドの長さとラインの細さが必要となります。
次にメタルジグを遠投できたら、遠くでもしっかりアクションさせることができるようにしなければなりません。
遠くにメタルジグがある場合は、ラインが受ける水や風の抵抗で意外とメタルジグは動きません
メタルジグの重さにもよりますが、柔らかなロッドを使っているとよりその傾向が出ます。
ですので、しっかりアクションさせるためにロッドには硬さが求められ、ラインには伸びが少ないことが求められます。
最後に魚がヒットした時のことを考えて、パワーがあるタックルを選ばなくてはなりません。
しかしオーバーパワーだと、釣り人側がキャストなどで疲れてしまうので、バランスを考えて選ぶ必要があります。
ロッドとリールのパワーバランスを考えてタックルを選ぶようにするとよいでしょう。
それでは下記にその具体的なタックル選びについて解説します。

<28g~40g以下のメタルジグを使う場合>

タックルを選ぶときの目安として、メタルジグは40gを境にしてタックル大きく変えるとよいでしょう。
28g~40g以下のメタルジグを使ったショアジギングでは、あまりにもオーバーパワーのものは使う必要はありません。
対象魚としては、シーバスヒラメサワラロックフィッシュ小型の青物といった魚です。
下記にそのタックルの目安を挙げておきます。
・ロッド・・・9.6ft程度でミディアムパワー以上のもの
・リール・・・3000番以上のスピニングリール
・ライン・・・PEラインの1号以上
・リーダー・・・フロロカーボン20~30ポンド程度
ショアジギングロッドの中でも比較的ライトなパワーのもの、もしくはシーバスやヒラメロッドミディアムパワークラスのものでもよいと思います。
リールはパワーとロッドとのバランスを考えて、3000番以上のものがよいです。
ラインは細くしなやかで遠投性能があり、強度もあるPEラインを、リーダーは根ズレや歯の鋭い魚の対策を考えて、フロロカーボンの20~30ポンドをつかってみましょう。
あまりにも太いリーダーを使うとメタルジグのアクションが損なわれてしまうので、気を付けましょう。
ちなみにですが、28g程度のメタルジグのみを使う場合であれば通常のシーバスタックルやヒラメタックルでも流用はできます。
その場合はロッドのパワーを考えて、あくまでも無理なキャストやファイトを行わないように気を付けて使いましょう。

<40g以上のメタルジグを使う場合>

40g以上のメタルジグを使う場合には、専用のタックルを用意したほうがよいでしょう。
ショアジギングでは時に、80gくらいのメタルジグを使うこともあります。
対象魚としてはブリやヒラマサといった青物マダイ大型のロックフィッシュなどがターゲットとなります。
どの魚も強烈なファイトをしてくるので、それに合わせたパワーのあるタックルが必要になります。
下記にそのタックルの目安を挙げておきますので、参考にしてください。
・ロッド・・・9.6~10.6ft程度のミディアムヘビー以上のもの
・リール・・・3500番以上のスピニングリール
・ライン・・・PEライン1.5~2.5号程度
・リーダー・・・フロロカーボン40ポンド以上
40g以上のメタルジグを使うようになると、キャストでもファイトでもパワーが必要になってきます。
ですので、ミディアムヘビー以上のパワーがあるロッドを選んだ方がよいでしょう。
リールはロッドとのバランスを考え3500番以上のもの、できればパワーハンドルが付いているリールだとアクション、ファイトともにやりやすいのでおすすめです。
ラインはPEラインの1.5~2.5号程度のものをメタルジグの重さに合わせて選びましょう。
また、ラインは少なくとも150m、できれば200m巻いておくほうがファイトやトラブルのことを考えるとおすすめです。
リーダーはフロロカーボンの40ポンド以上を使ってキャストやファイトの衝撃に耐えられるようにしておきましょう。

<まとめ>

・ショアジギングのタックルに求められるのは、遠投できること、しっかりアクションさせられること、ファイトがしっかりできること
・40gを境としてタックルを大きく変えること
・28g程度のメタルジグであれば通常のシーバスやヒラメのタックルでも十分流用できる
ぜひ今回の記事を参考にして、自分に合ったショアジギングのタックルを選んでもらえればと思います。

ショアジギングで狙える魚、季節別に解説

ショアジギングでは、1年を通していろいろな魚が狙えます。
季節別に釣れる魚を知っておき、その魚に合った釣り方をすることで釣果アップに繋がります。
今回は、ショアジギングで狙える魚を季節別に解説したいと思います。

ショアジギングで狙える魚、季節別に解説

<春>

冬の寒さから解放され水温が上昇してくる春は、岸近くに小魚が集まり、それにともなってフィッシュイーターも接岸します。
また、三寒四温でだんだんと暖まってくる季節でもあるので、水温が安定しやすい底近くにいる魚が春のショアジギングではターゲットとなります。
下記に春に釣れる魚を紹介します。

〇 ヒラメ
ヒラメは春先から産卵をスタートさせます。
産卵は水深20メートルより浅い場所で行われるため、浅場へと移動します。
この浅場に移動してきたヒラメは、ショアジギングの好ターゲットです。
ヒラメはボトムに隠れて捕食を行うので、それを意識してメタルジグをアクションさせましょう。
使うメタルジグはフラット形状で、フォールスピードが遅いものがおすすめです。
↓ショアジギングでヒラメ狙い、もっと詳しく解説!↓

〇 マゴチ
マゴチは春が深まると産卵のために浅場へと移動します。
イワシアジが釣れるような状況になってくると、それに合わせてマゴチのシーズンが始まります。
マゴチはヒラメ以上にボトムに張り付いて捕食を行いますので、
ボトムからメタルジグを離れさせないようにアクションさせましょう。
使うメタルジグは、ヒラメと同じようにフラット形状のものがおすすめです。

<夏>

水温が上がる夏はショアジギングで釣れる魚が一気に増えます。
ベイトフィッシュの存在の有無と潮が動くタイミングを把握できるかが釣果の決めてとなります。
下記に夏に釣れる魚を紹介します。

 〇 ブリ
ショアジギングで狙う代表的な魚がブリです。大きさによって呼び方が変わるので、出世魚と呼ばれます。
ブリはベイトフィッシュの大きさをよく見て捕食しているので、メタルジグのサイズをそれに合わせていくようにしましょう。
表層から中層にかけて狙っていくとよいでしょう。
使うメタルジグは、コンパクトストレートタイプのものがおすすめです。
↓ショアジギングでブリ狙い、もっと詳しく解説!↓

 〇 カンパチ
夏になると活発にベイトを追いかけるようになるのがカンパチです。
群れで行動することが多いようで、メタルジグを数匹で追う姿も見られます。
ヒットすると、一気にボトムに向かって突っ走ろうとするファイトが魅力的であり、キャッチするためにはこのファイトをどう攻略するかがキーとなります。
カンパチは中層からボトムにかけて狙っていくとよいと思います。
使うメタルジグは、ブリと同じようなコンパクトでストレートタイプのものがよいでしょう。

〇 シイラ
夏の訪れとともに岸近くを回遊してくることがあります。
回遊してきた場合には、比較的簡単にメタルジグでヒットします。
ヒットしてからは強い引きやジャンプで釣り人を楽しませてくれます。
狙うのは表層近くがよく、見切られないようにアクションさせていきましょう。
使うメタルジグは、左右非対称タイプがシイラを飽きさせず誘えるのでおすすめです。
↓ショアジギングで釣れる魚、もっと詳しく解説!↓

<秋>

夏の暑さが一段落すると、夏に元気だった青物が見られなくなり、ショアジギングで釣れる魚が変わります。
ライトなメタルジグを使うことも多くなりますので、他のタックルを使ってショアジギングをやってみるのにもよい季節です。
下記に秋に釣れる魚を紹介します。

〇 シーバス
シーバスは秋になると、冬の産卵に向けて活発にベイトを捕食します。
ハードルアーで狙うのも手ですが、メタルジグ特有の速い動きが有効な場合も多いです。
メタルジグではフォールするときにバイトが特に集中しますので、意識してフォール中のバイトを取るようにましょう。
シーバスは表層からボトムまで万遍なく探っていくようにしましょう。
使うメタルジグは、左右非対称タイプがおすすめです。

〇 サワラ
秋になると岸近くを回遊し、活発に捕食を行うようになります。
この時期のサワラはナブラを見つけることが重要です。
ナブラがあれば、その先にメタルジグをキャストしてリトリーブしてくると、比較的ヒットさせやすいです。
サワラは歯が鋭く、ラインを切られる可能性があるので、メタルジグは複数持っておく方がよいと思います。
メタルジグはコンパクトなタイプがおすすめです。
↓ショアジギングでサワラ狙い、もっと詳しく解説!↓

〇 タチウオ
秋が深まるとともにタチウオはショアジギングで狙える範囲に入ってきます。
群れが居る水深をいち早く把握することが釣果を伸ばすコツです。
バイトは噛み付き型で、メタルジグを噛んではすぐに離してしまいます。
なので、その一瞬のバイトをとらえることができるよう、常にフッキングできるように構えておくことが必要です。
フォール中のバイトも多いため、メタルジグはフラット形状のものがおすすめです。
↓ショアジギングでタチウオ狙い、もっと詳しく解説!↓

<冬>

冬は寒さによる水温低下や海が荒れることも多く、釣れる魚が限定されてきます。
しかし、そんな状況下でも遠投できて底取りがしっかりできるショアジギングであれば他の釣り方より魚をヒットさせる確率は高いと思います。
下記に冬に釣れる魚を紹介します。

 〇 ロックフィッシュ
キジハタ、ソイ、カサゴなど岩や海藻周りを好む魚を総称してロックフィッシュと呼びます。
これらは根魚と呼ばれることも多いです。
ロックフィッシュは水温の低下に対して影響を受けづらいようで、冬のショアジギングで狙える数少ないターゲットとなります。
ロックフィッシュを狙うときは、ボトムを意識してアクションさせるとよいでしょう。
気を付ける点としては、岩や海藻といった根がかりしやすいものの周辺を探っていく必要があるので、替えのメタルジグやフックを多めに用意しておくとよいと思います。

<まとめ>

ショアジギングでは、季節別に狙える魚が変わり、狙う水深も変わります。
その季節に狙う魚に合わせて水深や使うメタルジグを替えていくとよいでしょう。
今回の記事を参考に、季節別のショアジギングにチャレンジしてくださいね。
↓ショアジギングに欠かせない便利アイテム紹介↓

ショアジギングのメタルジグ、形状と重さの使い分けを解説

ショアジギングに使うメタルジグには実にさまざまな形状と重さがあります。
その使い分けについて特に初心者は知っておくべきことでしょう。
この使い分けを知っているのといないのでは、釣果に大きな差が出ます。
今回はショアジギングのメタルジグの形状と重さの使い分けについて解説します。

ショアジギングのメタルジグ、形状と重さの使い分けを解説

 

 

<メタルジグの形状>

メタルジグの形状には大きく分けて次の3つがあります。
・ストレートタイプ
・フラットタイプ
・左右非対称タイプ
形が違えば、得意なシチュエーション、釣れやすい魚が変わってきます。
できるだけ多くのタイプを持っておくほうが、釣り場の状況に合わせた使い方ができ、
釣果を伸ばすことができるでしょう。
それではそれぞれの特徴について詳しく解説します。

〇 ストレートタイプ

デュエル(DUEL) ルアー ブランカ ジグ 28g C4 F283

真っ直ぐな形状をしたタイプのメタルジグ。
最もオーソドックスな形状で、種類が非常に多いです。
ロッドワークに機敏に反応し、素直にアクションしてくれます。
潮の流れが速かったり、遠投したいときに向いている形状です。
速めのロッドワークでもしっかりとアクションしてくれるので、リズムよく探ることができます。
特にブリヒラマサカンパチといった青物を狙うときに使ってみるとよいでしょう。

 〇 フラットタイプ

ダイワ ルアー フラットジャンキー サーフブレイカー 95S 竜宮城

扁平で木の葉のような形状をしたタイプのメタルジグです。
水を大きく受けるので、ゆっくりとしたフォールが得意でヒラヒラと魚にアピールします。
フォールによく反応するような状況や、比較的狙う場所が浅い場所を狙うのに向いている形状です。
おすすめの使い方はリフト&フォールで、比較的ゆっくりとアクションさせていくとよいです。
ヒラメマゴチロックフィッシュといったボトムに居る魚を狙うときに使ってみるとよいでしょう。

 〇 左右非対称タイプ

ダイワ メタルジグ TGベイト 60g CHゼブラグロー

左右で形状が違うタイプのメタルジグです。
水中でバランスを崩しやすく、トリッキーなアクションとフォールを得意とします。
他のメタルジグを使ったあとに使ってみたり、魚へのプレッシャーが高い状況で使ってみることをおすすめします。
使い方としては、リズムよく小さめのアクションで使っていくとよいと思います。
シーバスタチウオサワラといった魚を狙っていくときにおすすめです。

<メタルジグの重さの使い分け>

メタルジグにはさまざまな重さがあり、使い分けをしていくことで釣果を伸ばすことができます。
できるだけ多くの重さを持っておいたほうがよいでしょう。
下記にその使い分けの目安を挙げていますので、参考にしてみてください。
〇 30g前後のメタルジグ

ショアジギングで使う重さとしては軽い部類に入ります。
シーバスロッドやヒラメロッドでも十分扱えるサイズです。
水深があまりない場所や、潮の流れが緩やかなとき、魚に追われているベイトが小さいときが出番となります。
シーバスフラットフィッシュ小型の青物ロックフィッシュなど多くの魚種が狙える重さとなります。

 〇 40~60gのメタルジグ

ショアジギングタックルで扱う必要が出てくる重さです。
遠投が非常にできるので気持ちよく釣りができ、アクションのときの負荷も軽いので1日継続して釣りができる重さです。
遠くでナブラが起きているときや、水深がある程度深いときに使っていくとよいでしょう。
青物や深い場所に居るロックフィッシュを狙うときに使っていくとよいと思います。

 〇 80g以上のメタルジグ

この重さになってくるとショアジギング専用で、しかもパワーのあるタックルが必要となってきます。
ボディーサイズが大きくなるので、小さな魚はあまりヒットしてこなくなります。
体力的にもかなりの負荷が掛かってくる重さです。
大物狙いのとき、潮の流れが速いとき、水深が非常に深い場所で使っていくとよいでしょう。
大きな青物マダイといった速い潮の流れを好むような魚を狙っていくときに使うとよいでしょう。

<まとめ>

●メタルジグの形状
大きく分けて3つの形状があり、
・ストレートタイプ・・・真っ直ぐで最もオーソドックスな形状、機敏なアクションが得意
・フラットタイプ・・・扁平で水を大きく受ける形状、フォールで誘うことが得意
・左右非対称タイプ・・・左右で形状が違う、トリッキーなアクションとフォールが得意、
とそれぞれに特徴がある。
●重さ
できるだけ多くの重さを持っておくと釣果を伸ばすことができる。
使い分けの目安としては、
・30g前後のメタルジグ・・・水深があまりない場所、潮の流れが緩やかなとき、追われているベイトが小さいとき
・40~60gのメタルジグ・・・遠くでナブラが起きているとき、水深がある程度深い場所
・80g以上のメタルジグ・・・大物狙いのとき、潮の流れが速いとき、水深が非常に深い場所
メタルジグの形状と重さを組み合わせていくと、非常に多彩になってきます。
その多彩な組み合わせをできるだけ多く持っておき、使い分けていくと釣果は伸びることかと思います。
今回の記事を参考にして、ショアジギングのメタルジグの形状と重さを使い分けてみてくださいね。

【ルアー初心者必見!】2017年 ショアジギングで揃えたいメタルジグ ランキングBEST10

ショアジギングで必須のメタルジグ。
重さや形状に違いがあり、それぞれを使い分けていくことが重要となります。
しかし、初心者にとってはどういったメタルジグを選んでよいか分からないのではないでしょうか。
そこで今回は、ショアジギングで揃えたいメタルジグをランキングで紹介します。

2017年 ショアジギングで揃えたいメタルジグ ベスト10

 

第1位:シマノ コルトスナイパー

○幅広いシチュエーションに対応する『釣れるメタルジグ』
ショアジギングに求められる遠投性能、そしてアクションのバランスの良さが魅力のメタルジグです
ただ巻きでもアクションしてくれるので、ロッドワークが苦手な初心者であっても使いやすいです。
重さは21~120gがあり、状況やタックルによる使い分けが可能となっています。
青物からシーバス、フラットフィッシュやロックフィッシュと魚種を選ばず使うことができるおすすめのメタルジグです。

第2位:エバーグリーン ジャベリンジェット

○ショアジギングでの使用を第一に考えられたメタルジグ
キャストしてからのラインの抵抗があることを考慮して、ウエイトバランスが設定されています。
非常に軽いロッドワークで鋭く水を切るようなアクションをしてくれます。
アクションの途中には、一瞬のポーズを入れることをおすすめします。
重さのラインナップが多いですが、ショアジギングでは30~90gがおすすめの重さです。

第3位:オーナーばり 撃投ジグ

○強度とアクションを両立させたメタルジグ
高耐久性の素材をボディーに使った「タフボーン」設計で、細身でありつつ強度を確保しています。
細身のボディーは引き抵抗が軽く、継続した釣りを行いやすくしてくれています。
塗装の強度がかなり高いので、磯場などでぶつけてしまうことが多いショアジギングでも安心して使うことができます。

第4位:オーシャンルーラー ガンガンジグⅡ-W

○高バランスのダブルアシスト仕様のメタルジグ
重心バランスが上手くできていて、特にフォールでのアピールが高評価されています。
長さの違う段差型ダブルフックの採用で、フッキング率を高めることができています。
特にフラットフィッシュやロックフィッシュ攻略で使うことをおすすめします。

第5位:メジャークラフト ジグパラ

○前後のフックが標準装備の使いやすいメタルジグ
ショアジギングでは狙う魚によってフックをリアにするかテールにするかを選ぶ必要がありますが、このメタルジグは前後にフックが標準増備されているのでその使い分けが簡単にできます。
ボディーバランスが上手く取れているため、ロッドワークでのアクションもフォールも難なくこなすことができるメタルジグです。
重さは20~60gとショアジギングで使いやすいラインナップとなっています。

第6位:エバーグリーン カプリスキッド

○フラット形状でフォールが魅力的なメタルジグ
ロッドワークでは短い距離でキレのあるアクションをしてくれるので、魚の活性が低いような場合でもバイトを引き出すことができます。
また、安定したフォールで食わせの間を作れるメタルジグです。
特にフラットフィッシュ攻略で使ってもらいたいメタルジグになります。

第7位:グローブライド MMジグⅡ

○左右非対称ボディーの万能メタルジグ
非常に軽いロッドワークでも機敏にアクションしてくれます。
不思議と、このメタルジグでしか反応しない状況を何度か経験しています。
マグマホロを採用し、広範囲にしっかりとアピールをしてくれます。
サイズは10gから200gまでと非常に幅広く用意されています。

第8位:ヤマリア ムーチョルチアAH

○アシストフックとトリプルフック搭載のメタルジグ
腹部に面がある独自形状が、水中でよい姿勢を保つのに一役買っています。ホログラムに特徴があり、フラッシングでのアピールが抜群です。
また、高い塗装強度のおかげで長期間の使用が可能です。
ラインナップにある18gは、ベイトが小さいときに使うことをおすすめします。

第9位:ダミキジャパン 闘魂ジグ[キャスティング]

○バランスがよいフラットタイプのメタルジグ
一番最初に前後のフックを搭載したのはこのメタルジグだったと記憶しています。
非常にバランスがよく、アクション中にフックがラインに絡むことが少ないです。
ジャークでもフォールでもよいアクションで魚にアピールしてくれます。

第10位:グローブライド TGベイト

○タングステン製の数少ないメタルジグ
比重の高いタングステンを使用しており、ボディーサイズの割に重さがあります。
アクションを出すための左右非対称ボディーを採用しています。
小さなベイトを捕食している時に、威力を発揮します
特に小さいベイトを偏食しているときのブリに効果的です。

<まとめ>

できるだけ多くの形状や重さのメタルジグを揃えておくと、状況による使い分けの選択の幅が広がります。
また、ぶつけたりしてフックポイントが鈍ることもあるため、アシストフックトリプルフックの替えを準備しておいたほうがよいでしょう。
今回紹介したメタルジグを揃えて、ショアジギングを楽しんでくださいね。

2016年秋、ショアジギング用のオススメジグBEST5

今年のショアジギングはスローピッチショアジギングが流行りましたね!
今までのジグでは反応が悪い時、スローピッチでゆっくり誘い食わせるが一つの引き出しとして確立したようです。
そこでス今回は、スローピッチ系も交えて今秋一押しアイテムの紹介します。

2016年秋、ショアジギング用のオススメジグBEST5

第1位:オーシャンルーラー ガンガンジグ SJ 40g

センターバランスでありながら左右非対称モデルなのでヒラヒラとフォールする動きが全てのフィッシュイーターに対応します。
ロックフィッシュもよく釣れてました。
マズメにはゼブラグローがオススメ。

第2位:シマノ コルトスナイパー フォール 42g

ショアスロー対応ジグ。

基本リフト&フォールですが、ただ巻きの軽くトゥイッチでミノーの様な動きをするため、一定のレンジをキープしたまま誘うこともできます。
常連のお客様は今秋、青物以外にマダイも釣ってましたよ!

第3位:ブルーブルー シーライドジグ 60g

これまで誰も見たことがない変幻自在なドルフィンアクションは、まさに逃げ惑うベイトフィッシュそのもの!
他の60gのジグよりフォールがやや遅め。
アピール時間が長いので、活性の低い青物でも反応することが多いです。

第4位:ダミキジャパン 闘魂ジグ キャスティング 60g

比較的安価で塗装もそこそこ強い闘魂ジグは、朝の一投目に必ず投げるようにしています。
リアバランス設定のおかげか、飛距離も出ます。
動きは細かいヒラヒラアクション、又は早巻きでキビキビアクションも出来るので使い方次第で色々と幅広く使えます。

第5位:ラパラ ストーム 五目スローロッカー 40g

スロージギング用メタルジグ 。
肉厚ボディのコンパクトシルエット、飛距離がそこそこ出ます。
フォール中のタイトリーフアクションがターゲットを魅了、今では定番のティンセル付きアシストフックでアピールも絶大です。

定番物から今年発売されて人気のあるアイテムをご紹介してきましたが、気になる商品はあったでしょうか?
脂ののった美味しい青物、もしくはマダイ、フラットフィッシュが待ってますよ(^^)