ジギング 一覧

春のオフショアのルアー釣り オススメターゲットと釣り方を教えて!

厳寒期を終え、徐々に海水温が上がり始める春先。海中では深場でじっとしていた多くの魚が浅場へと動き始め、産卵シーズンを迎えます。今回は、そんな春にオフショアからルアー釣りで狙うおすすめの魚種「真鯛」について、釣り方を解説します。

春のオフショアのルアー釣り オススメターゲットと釣り方を教えて!

春のオフショア

春のオフショアは、ポイントによって水温が低く、ターゲットが深場に居ついて動かないことが多い時期です。しかし気温の変動と共に徐々に海水温が上がってくると、産卵時期(のっこみ)に突入し、魚が浅場に動き出します。ポイントや潮流による水温の変動の違いで、釣果にムラが出るシーズンとも言えます。

一般的に、産卵にむけて体力をつけるための栄養を魚が補給する時期を「のっこみシーズン」と言います。厳寒期から初春の低水温時期に比べると、活性が上がる時期で、深場でじっとしていた魚が、中層程度まで浮上しエサを捕食し始めます。
この活性が上がるタイミングで楽しめるのが春のオフショアゲームです。
では、春のオフショアのターゲットについて解説します。

春のオフショア、おすすめターゲットは?

春にオフショアからルアーで狙える魚種は、夏に比べるとそれほど多くはありませんが、カンパチ、ブリ、マゴチ、ヒラメそして真鯛などがあげられます。

中でも、おすすめしたい春のオフショアターゲットはズバリ「真鯛」です。なぜ真鯛なのか?タイラバで狙う真鯛は、タックル仕立ても比較的ライトで、以下に解説する「等速巻き」という釣り方は、初心者でも手軽に挑戦することができます。

春のオフショアで狙う真鯛は、ポイントさえしっかり押さえれば好釣果が期待でき、大型と出会う確率も高い時期です。ゲーム性も高く、ファイトも格別となればおすすめしない理由がありません。

またタイラバは真鯛以外の魚種が釣れることもしばしばあります。例えば高級魚と言われているマゴチ。ポイントでマゴチがヒットすると、立て続けにマゴチばかりが釣れることがあります。引きは真鯛ほどではありませんが、食べて美味しい白身の魚でお土産にはもってこいです。

 

 

タイラバとジギングの釣り方

タイラバの釣り方には、「乗せ」「掛け」の2種類の釣り方があります。
タイラバの基本「乗せる」は、アタリがあってもアワセを入れずに巻き続けることで鯛から針に乗ってもらう釣り方です。一方で「掛け」による攻めのタイラバは、アタリを感じたらしっかりとアワセを入れてフッキングさせる釣り方です。掛ける釣りは、まさにルアー釣りの醍醐味である攻めの要素を含む釣り方と言えます。

この二つの釣法は使い分けが大事になりますが、筆者の感覚では春のタイラバは「乗せ」の釣り方に分があるように思います。まずは、タイラバの基本とも言われている「乗せ」をしっかり習得しましょう。

「乗せ」の等速巻き

タイラバの王道と言われている「乗せ」は、等速巻きができるかできないかで、その日の釣果を左右します。基本となる等速巻きについて解説します。

乗せるタイラバゲームは、タイラバを海中にフォールさせ着底したら、同じ速度で巻き上げます。同じ速度で巻き上げるので、等速巻きと言います。乗せはこの動作を繰り返し行います。

●等速巻きとは

乗せで大事なのは、着底して回収するまで「一定の速度で巻き上げる」ことです。
等速巻きは、スムーズでブレのない安定した姿勢でタイラバが泳ぐことで、ネクタイから出される一定の波動がベイトの放つ波動とより近くなりヒット率が上がります。
逆を言えば、等速に巻き上げないと、タイラバの動きに変化が生じて波動が途切れ、ベイトが放つ波動とは異なってしまう事で鯛が違和感を覚え、ヒット率が下がるということです。

●ロッドの握り方と穂先を意識

等速に巻けない原因として、穂先にブレが生じていることがあげられます。穂先にブレを生じさせない為には、ロッドの構え方が重要になります。
ロッドはロッドエンドを脇に挟んでしっかりと固定します。固定が甘いと穂先にブレが生じる原因となります。リールは、手のひらで軽くロッドと一緒に握り、力まない様に意識します。
巻きとり速度は慣れると一定に巻くことができますが、慣れないうちは、速度がカウンターに表示されるベイトリールを使用して、速度を数字で確認しながら練習しましょう。

 

 

「掛け」で攻める

タイラバの「乗せ」はコツさえつかんでしまえば、ビギナーでも簡単に挑戦できる単純な巻き方と言えます。しかし単調な作業の繰り返しゆえアタリが無い時には集中力が欠けてしまったり、またそのせいで少ないバイトチャンスを逃してしまったり…。

そのような時に「掛け」のタイラバを、釣りの組み立ての中に織り交ぜることをおすすめします。「掛け」のタイラバはいわゆる「攻め」の釣り方です。

●掛けのタイラバ

タイラバをフォールさせている途中で鯛がアタックしてきたら、フォール速度を少し遅くして、鯛が捕食する時間を作ります。そして、ゴツゴツと本アタリを感じた時に一気にロッドを振り上げてフッキングさせます。
フッキングした場合、「乗せ」でフッキングした時よりも、しっかりとフッキングしているので、バレの心配が非常に少なくなります。鯛とのファイトを存分に楽しむ事ができるのも魅力です。

●高感度タックルが必須アイテム

掛けのタイラバゲームでは、繊細な前アタリを感知したあと、タイミングを計って一気にフッキングさせるので、高感度である掛け仕様のロッドや、鯛に違和感を与えない高感度のリールを揃えておく必要があります。

 

 

タイジギング

近年ではタイジギングも流行の一つで、タイラバロッド1本で使い回しができ、手軽に行うことができます。
春のタイジギングは、ジグをフォールさせて、「ただ巻き」する、フォールさせてスローなアクションで誘う「スロージギング」で楽しみます。

基本的な釣り方は、まずジグを海中にフォールさせます。着底したら巻き上げ、一定のレンジまで上がってきたら再びフォール、この動作を繰り返し行う「ただ巻き」と言われる釣り方です。等速巻きとほぼ同じ釣り方と考えて下さい。

タックルの性能を活かし、ジグに少しだけ動きをつける釣り方を「スロージギング」と言います。主にジグの性能を生かしたフォールを演出することでフォールスピードを落とす釣り方です。また、このスロージギングと組み合わせるスローピッチジャークという釣り方があります。ジグをフォールさせ着底後、リールを巻き、ある程度のところで巻きを止めます。
その時にジグの重みでロッドがしなりロッドの反発力でジグが水中でアクションを起こします。またこの反動を利用してジグを再びフォールさせます。

巻いた時のジグの波動で誘って、フォールの時間をできるだけ長く保つことで鯛の捕食にスイッチを入れます。タイラバと釣り方が似ているので、簡単にコツが掴めると思います。

 

 

まとめ

春のオフショアターゲットは多様なゲームを楽しめる真鯛をターゲットにした釣りがおすすめです。
釣り方の一つにタイラバを利用した「乗せ」と「掛け」の2種類の釣りがあり、タイラバでは「乗せ」のスタイルが基本となります。「乗せ」は、誰もが楽しめる手軽な釣り方です。まずは「乗せ」から始めて、スタイルに変化をつけたい時に「掛け」に変えると良いでしょう。
基本は「等速巻き」です。等速巻きができないと鯛は違和感を覚え、タイラバにアタックする確率が落ちてしまいます。
また穂先が上下にお辞儀をしていないか、デジタルカウンター付きリールの巻上げスピードが一定の数値を示しているかを確認しましょう。

タイジギングは、近年主流の金属素材であるタングステン素材のジグや鉛のメタルジグを使ったルアーゲームです。
鯛ジギングはタイラバ同様に「フォール」でアタックさせることがキモになります。フォールでアタリが取れなければ直接釣果に響くので、できるだけフォール時間をとり、アタックする時間を長く与えられるようにしましょう。テンションをかけたフォールなどで工夫することが重要です。

タイラバもタイジギングもタイラバロッド1本で楽しめるメリットがあります。
この機会に多様な釣り方をマスターして春のオフショアを存分に楽しみましょう。


2018年秋、ショアタチウオにおすすめのルアーベスト8

これから秋にかけてハイシーズンを迎えるタチウオは、海面で綺麗な輝きを放つボディのシルバー色と、刀のような形状の魚体をしていることからサーベルフィッシュとも呼ばれています。食べて美味しいのはもちろんのこと、パワフルな引きやゲーム性の高さから、近年ルアー釣りで人気の釣魚種です。
そんな魅力たっぷりのタチウオの特徴や習性についての解説と、人気のルアーをランキングで紹介します!

2018年秋、ショアタチウオにおすすめのルアーベスト8

タチウオの特徴や習性とは

タチウオは、夏から秋ごろにかけてショアからルアーで狙うことがことができます。夜行性で夕方から暗くなる頃接岸し、夜から朝まずめにかけてが狙い目です。
オフショアターゲットの中でも独特の習性をもつタチウオは、主にイワシやアジなどの小魚やイカなどの甲殻類を捕食しながら群れで回遊します。
また、時合(じあい)が非常に短いのが特徴です。運良く群れがまとまって接岸している時は比較的長く釣れ続けることもありますが、ごく稀な話です。

ショアタチウオに有効なルアーとは

タチウオは光を好む習性をもっており、キラキラ光るジグや、ラメ・グロー(夜光)系ワームが有効と言われています。ワームの場合は、タチウオの鋭い歯で直ぐにボロボロになることがあり、途端にアタリが激減してしまうことがあります。高頻度のワームの付け替えは時合の最中、タイムロスになることがある為、耐久性を考えると手返しの早いジグの方が実際に釣る時間は長くなります。このことからも、時合のチャンスを逃さない必須ルアーはジグと言えますが、ワームのみに反応する場合も多々あるので、兼用で準備しておくことをおすすめします。

次に、タチウオに有効なジグとワームの選び方について解説します。

●ジグの選び方

まずジグの選び方ですが、筆者の経験上とくに素材には拘る必要はありません。ジグは日中と夜間で使用することが多いので、シルエットが小さくて比重のあるジグが良いと思います。日中帯のタチウオは主に沖の深場でじっとしていることが多く、キャストの際にジグでしか届かないエリアがポイントになります。そのため飛距離重視のジグを選ぶことが大切です。

夜間も同様に夕マズメの時合を過ぎると、接岸していたタチウオは次第に沖の方の深場へと移動します。日中に比べると岸寄りの深場と言えますが、それでもジグでしか届かない場所、広範囲に手返しよく攻めるのにジグは必要不可欠です。

●ワームの選び方

マズメ時はタチウオが接岸しています。このとき手返しのよいジグでもよいのですが、専用ワームをジグヘッドに装着したワインド釣法もおすすめです。独特の波動を生み出す形状の専用ワームには、光に反射しやすいラメ入りや長時間発光する素材のものが使用されています。ジグで狙っていて、アタリが頻発するのに針に掛からなかったり、やりとりの最中にバレてしまったりする場合はワインド釣法に切り替えてみましょう。

では以下に、ショアタチウオにおすすめのルアーをランキングで紹介します。

 

 

第1位 シマノ サーベルチューン ワンピッチ 02T パープルゼブラグロー

シマノ メタルジグ サーベルチューン ワンピッチ 02T JT-S10Q ルアー
シマノ(SHIMANO) メタルジグ サーベルチューン ワンピッチ 101mm 100g パープルZ 02T JT-S10Q ルアー

サーベルチューンワンピッチは、タチウオジギングの基本テクニックであるワンピッチジャークに特化したジグで、底取りが速く狙ったレンジにいち早く送り込むことができます。また、ジグのサイドフラット形状が切り返しの速いバックスライドフォールでベイトのパニックアクションを再現してくれます。まさにタチウオを釣るための専用ジグです。カラーは8色と充実のラインナップ。

第2位 オーシャンルーラー ガンガンジグⅡ パープル

オーシャンルーラー ガンガンジグⅡ
オーシャンルーラー ガンガンジグⅡ (キンアジ, 20g)

 

重心がセンターにあるセンターバランス設計のジグで、アクションのみならずフォール中でもバイトが狙える優れものです。またボディは360°アピールできるようにボディの両面に反射面が設計され、アピール力を最大限にまで高めています。シチュエーションによって選択できるようにカラーバリエーションが多彩で、オールマイティーに楽しむことができます。

第3位 オンスタックルデザイン タチウオワインドセット

オンスタックル タチウオワインドセット(oz-950264)
オンスタックル タチウオワインドセット(oz-950264)

タチウオでワインド釣法を始めたい方におすすめのワインドセットです。「ZZヘッド」と「マナティ」の鉄板の組み合わせがセットになっています。さらにアシストフックやワイヤーリーダー、ケミチューンなど必要なものが全て入っているので、すぐにワインドができるようになっています。ワインドに慣れてきたら、同社が発売している他のマナティを試してみるのも面白いと思います。これからタチウオにチャレンジしてみたい初心者の方に是非ともお試してほしいワインドセットです。

第4位 オンスタックルデザイン マナティーピンテール90

オンスタックルデザイン マナティー ピンテール 
オンスタックルデザイン マナティー ピンテール 105 MT-4(レッド/ゴールド)

ベイトが小さい時、針掛かりが良くない時に有効なマナティーピンテール90。ボディ全体に施されている深めのリブとピンテールの相乗効果によってフォール中にタチウオを誘います。多彩なカラーバリエーションがラインナップされているので、複数揃えておくと心強いアイテムとなります。一度は試す価値ありのルアーです。

第5位 メジャークラフトジグパラブレード ブルーピンク

メジャークラフト ルアー JP ジグパラ ブレード ブルーピンク
メジャークラフト ルアー JP ジグパラ ブレード 5g #04 ブルーピンク

 

あらゆるフィールドに対応するクオリティの高いジグ。思いっきり遠投して、ただ巻くだけでターゲットの捕食スイッチにアピールしてくれる優れものです。タチウオだけでなく、あらゆるフィッシュイーターが狙えます。巻き抵抗をほどよく抑える設計で、水中での浮き上がりを抑え、レンジをしっかりとキープしてくれます。ショアジギングモデルで5層高強度塗装が採用されコーティング技術も長けてるので、根やテトラの入った場所でも安心してリフト&フォールができます。

第6位 DUEL YO-ZURI ブランカタチ魚SPゼブラ グローダークパープル

メリハリのあるゼブラ模様が大型タチウオのを刺激します。タチウオジギングで実績のあるカラーをラインナップし、ゼブラカラーで強烈にアピールします。タチウオ専用のハイアピールジグでさらなる釣果UPが大いに期待できるルアーです。

第7位 DUEL YO-ZURI ブランカGR

高反射ホログラムシートを採用したジグ。反射光を生むクラッシュレーザーシートで武装し、シャープな操作性と高い集魚力が最大の特徴と言えます。本格バーチカル&スイミングジグの実力を肌で感じてみてはいかがでしょうか。タチウオに抜群の効果を発揮するブランカをまずは手にしてみることをオススメします。

第8位 シマノ オシア スティンガーバタフライ センターサーディン タチコシルバーグロー

潮に馴染むような動きは、控えめの水平フォールがセンターサーディンの最大の魅力。ジャークでも細かく首を振る程度の弱々しい動きが得意。夏から秋にかけてのカタクチイワシパターンにおすすめする必須アイテムです。

まとめ

ショアタチウオのルアーフィッシングは、喰わせやすいワームと、キラキラと光沢を放つジグが多く用いられています。手返しの良さや耐久性から近年ではジグに分があるように思いますが、勿論ワームも道具箱には必ず忍ばせておく重要なアイテムです。
神出鬼没と言われるタチウオの習性を制する者が、釣果を伸ばすと言っても過言ではありません。日中と、夜間は沖の深場に生息しているので遠投ができるジグで攻め、朝マズメ、夕マズメ時は接岸する為、活性の高い時に有効なワームで攻めるといいでしょう。マズメ時は、ハマれば誰でも簡単に釣ることができます。また泳ぎは得意ではないもののバーチカルな動きは機敏です。タチウオフィッシングはこれと言った必勝パターンがないのも事実ですが、だからこそ高いゲーム性に魅力があります。簡単なようで、そうではないタチウオフィッシングは、多くのアングラーがその奥深さに魅了されています。


《夏のオフショアのルアー釣り》おすすめターゲットと釣り方を教えて!

夏のオフショアは、黒潮に乗ってやってきた回遊魚が水面直下のイワシなどを捕食し始める時時期です。ナブラや鳥山を見つけてポイントをしっかり見極めれば、ターゲットが簡単に釣れることもあり、この時期は多くのアングラーがカンパチやブリ他、青物をメインにシイラ、シーバスやタチウオなど、いわゆる回遊魚をルアーで狙います。

《夏のオフショアのルアー釣り》おすすめターゲットと釣り方を教えて!

夏のオフショア

 

 

海中は賑やかなイメージなのが夏のオフショアフィッシング。ターゲットにできる魚種がとくに多種多様な時期です。ボトムから表層までを広く探り、青物がヒットした時のファイト中のドキドキ感は何とも言えません!正直何が釣れるか分からない、釣れれば何でも嬉しいのですが、あえて的を絞らずに楽しめるのも魅力です。

また表層でのバイトシーンが見えるのもこの時期ならではの醍醐味。エキサイティングな釣りになること間違いありません。もちろん釣りあげた後の刺身も最高です。
それでは以下に、夏のターゲットについて解説します。

夏のオフショア、ターゲットは

夏のオフショアにてルアーで狙える魚種は、夏のターゲット代表格であるカツオを始めとして、シイラ、キハダ、カンパチ、ブリ、サワラ、シーバスタチウオなど青物を中心として幅広く狙うことができます。
ここまで言えばもう既にお分かりかと思いますが、筆者のおすすめする夏のオフショアターゲットはズバリ「青物」です。

 

 

表層の小魚を狙って回遊するカツオや、ボトムから中層付近を回遊するヒラマサなど、多くの青物のバイトシーンが目前で見えることもあります。
筆者がとくに興奮するバイトシーンはカツオなど表層付近でのバイト。迫力満点で、ついつい握るロッドに力が入ってしまいます。

また青物狙いのジギングでは、表層からボトム付近と全層を探っている間にブリやキハダなど、実は狙っていた青物とは別の青物が釣れることもよくある話です。
思わぬ大物やターゲット以外の美味しいお土産など、様々な出会いがあるのが夏のオフショアなのです。

ジグをフォール、ジャークさせてと、バイトからファイトシーンのアグレッシブさがスポーツフィッシングと言われる由縁でもあるジギング。青物はアングラーの期待以上の興奮や楽しさを与えてくれます。夏に楽しむのもまた格別ですよ!

●ビギナーでも楽しめる

青物は敷居が高いイメージですが、ビギナーの方でも十分に楽しむことができます。例えば、夏のカツオは、ナブラや鳥山にポイントを絞ってしっかりと直撃させるだけで釣果に繋がりますし、ヒラマサやカンパチはバーチカル横引きにシャクリをアレンジしながらパターンにハマった時には、たとえ釣果が1匹でもきっと心に残る熱いファイトを経験することができます。

筆者が初めて青物をターゲットにしてジギングに行った時は、残念なことに一匹も釣れませんでした。本当に釣れるのか不思議で仕方がなかったことを覚えています。
しかし初めて釣ったその時からジギングの魅力にどっぷりハマったのも同じく覚えています。

それでは次に、青物の釣り方について紹介してます。

 

 

ジギングで青物を狙う

青物の釣り方には、ジグというルアーを使用して狙う「ジギング」と呼ばれる釣り方が主流です。
またポッパーやペンシルベイトといったトップウォーター系のルアーを使用する「トップゲーム」、その他には主に真鯛をターゲットにした「タイラバ」でも青物の一部を狙うことができます。しかし青物狙いでタイラバをメインに使うアングラーはあまりいないと考えてよいでしょう。真鯛狙いでタイラバを使っていたら青物が外道で釣れたといった具合です。

ここではジグを使ったジギングと、トップ系ルアーを使ったトップゲームについて解説します。

●表層を回遊する青物の釣り方

まずは、カツオやメジマグロなど、表層の小魚を追って回遊する習性を持っている青物のトップゲームフィッシングについてです。
表層の小魚を狙う回遊魚は、ナブラ(水面で小魚が逃げ惑う様子のこと)やナブラを発見した鳥が上空で群れている鳥山に回遊して水面直下で小魚を捕食します。

表層での釣りになりますので、表層を攻めるのに適した、小魚と同程度の大きさのトップウオーター系のルアーである、ポッパーやペンシルベイトを使ってナブラや鳥山の向こう側に目がけてキャストします。

タックルハウス ペンシルベイト コンタクト ブリット シンキングワークス 120mm 65g トビウオ #18 CBP120SW
タックルハウス(TackleHouse) ペンシルベイト コンタクト ブリット シンキングワークス 120mm 65g トビウオ #18 CBP120SW

ナブラに目がけてキャストする時はアンダーハンドで行います。オーバーハンドでも周囲のアングラーに気を付けて行えば問題ありません。
キャストした後は可能な限りすぐに、巻き取り速度を上げて攻めることが大事です。
カツオやメジマグロは非常に目が良く、ルアーを見切る能力に長けているため、見切られる前に喰わせましょう。またカツオやメジマグロなど、シイラ以外の青物を狙っていてシイラが周囲にいる場合、巻きの速度がスロー気味だと先にシイラがアタックしてきます。シイラが見える時はより速く巻き上げることが必要です。

ちなみにシイラを狙っている場合は、流木や藻などの障害物(ストラクチャー)の陰に潜んで小魚を狙っているので、それらのストラクチャー周辺を目がけてキャストします。
キャスト後は、スローな引きで誘ってアタックさせます。

●シャクリのパターン

ルアーフィッシングを続けていくと、魚が学習して喰い渋り(スレ)が発生します。
青物がスレてきた時は、魚の活性を上げるために「ジャーキング」「トゥイッチング」というアクションでルアーの動きにバリエーションを持たせるのが効果的です。

ジャーキングは、ポッパーを使用している時に行います。ロッドの穂先を海面に叩きつけるイメージで振り下ろしながらリールを巻いていくことで、水の音と波動を強めることで誘う方法です。
トゥイッチングは、ペンシルベイトを使用している時に行います。リールを巻きながら、
ロッドの穂先をチョンチョンと小刻みにペンシルベイトの頭が左右に振るように動かします。

●ファイトシーンの注意点

大型のシイラやカツオなど大型の青物が掛かった時は、引きが非常にパワフルなのでファイトが始まったらロッドのバットエンドをしっかりお腹に当てて、ロッドを70度程度に立てたままリールのドラグのみで対応します。青物の走りがおさまったらポンピングという方法で寄せていきます。
ポンピングとは、ロッドをオデコ付近まで立てて魚を引き寄せてはロッドを前に倒しリールを巻いて糸ふけを回収する方法で、これを繰り返しながら魚を寄せます。

 

 

中層からボトムを回遊する青物の釣り方

次に、ヒラマサやブリなど、中層からボトムの岩礁周りやカケアガリを転々として小魚を追って回遊する習性を持っている青物のジギングについてです。
中層からボトムにかけて回遊する青物に対しては、メタルジグと言われる鉛やタングステン素材などでできたジグを使って海中にフォールさせ、着底後に上へ上へとシャクリ上げながら魚を誘います。

OWNER(オーナー) メタルジグ ルアー GJL-80 撃投ジグレベル 80g ブルピン #3 31873
OWNER(オーナー) メタルジグ ルアー GJL-80 撃投ジグレベル 80g ブルピン #3 31873

●シャクリのパターン

基本はワンピッチジャークという釣法です。ワンピッチジャークは、ロッドを頭上に振り上げた(シャクリ)後にリールを1回巻く動作のことを言います。
この動作でジグは左右に動きます。慣れてきたら自分でスピードやリールを巻く回数を変えてバリエーションを増やしていくとよいでしょう。
バリエーションによって釣れる魚種の幅が広がります。例えば、ヒラマサであれば大きくゆっくりシャクる(ロングジャーク)と効果的であったり、カンパチであればシャクリ幅の小さいジャーク(ショートピッチジャーク)が効果的だったりします。
このジャークが正解というものはありませんので、その時々で釣れるアクションを見つけましょう。

 

 

まとめ

夏は「青物」をターゲットにした釣りがおすすめです。
青物には回遊している層が魚種によって違い、表層を回遊しているカツオなどはポッパーやペンシルベイトのルアーを使い、中層からボトムはメタルジグのルアーを使って狙います。
表層の釣り方は「ジャーキング」や「トゥイッチング」、中層からボトムはワンピッチジャークを基本にジャークをアレンジして狙います。
青物を釣るのに決まった法則はありません。自分自身でアレンジしたアクションを組み合わせてその時々に合ったアクションを選択することが一番大事で、ルアーフィッシングの面白さでもあります。


2018 イサキ釣りにおすすめのルアーベスト10

 

イサキ釣りと言えば、エサ釣りというイメージが強いと思います。しかし近年、メタルジグを使用したルアー釣りが流行しています。イサキはルアーにスレにくい魚と言われており、イサキジギングの人気が高まっているのです。

2018 イサキ釣りにおすすめのルアーベスト10

イサキの特徴、習性とは

イサキは潮流のある水域を群れで行動します。そのため、群れに遭遇すれば釣果が望めますが、群れから外れるとさっぱりなんてことも。
このことからも、イサキにアタックさせるチャンスをどれだけ作れるかが釣果を大きく左右すると言っても過言ではありません。

またイサキは鯵のように口が小さく、やわらかいのでヒットしてもフッキングが難しいとされています。
群れに当たりヒットが連発しても、初心者やビギナーにはフッキングが上手くいかず、釣果が伸び悩むこともあるかもしれません。

そんなイサキの特徴や習性からどんなジグを選んだらよいのか紹介していきたいと思います。

イサキジギングで有効なジグとは

イサキジギングでは、主にメタルジグやタングステン素材などのジグが使用されていますが、筆者の経験上、通常のメタルジグに比べてタングステン素材のジグが有効だと感じています。
タングステン素材のジグは比重が高い為、同重量でも通常のメタルジグに比べてコンパクトです。

メジャークラフト メタルジグ ジグパラTG60g JPTG-60 #1 イワシ #1 イワシ
メジャークラフト メタルジグ ジグパラTG60g JPTG-60 #1 イワシ #1 イワシ

イサキが好む潮の流れが速い状況でも、高比重で小さいサイズ形状のタングステンであれば、狙ったイサキの群れによりスピーディーに、また潮に流されてポイントを外すことなくコンタクトできます。
口の小さいイサキは、小さいシルエットの魚を追いかける習性があることからも、コンパクトサイズのタングステンが適しているのです。
しかし、決してタングステン以外の素材が劣っているということではありません。
どの素材も一長一短と言え、コンディションによっても使い分けができるので、まずは色々と試してみてることが大事です。
代表的なジグの素材の特徴を以下に纏めてみましたので、参考にしてみて下さい。

●タングステン

ジグの中で最も比重が重たく、同重量でも小さい形状のジグを作ることができる。速い潮の流れに強く、遠投性能に長けている。

●鉛

安価で手軽に購入することが可能。軽い重量から重い重量、カラーの違いなど、様々な種類のジグを揃えることができる。フォールスピードのバランスが良い。

●鉄

鉛と比較すると比重が軽く、フォールスピードが遅いので、ジグにアタックさせる時間を稼ぐことができる。活性が低い時に有効。

●アルミ

鉛や鉄、タングステンに比べて一番比重の軽い素材なので、フォールスピードが非常にゆっくり。同じレンジをキープしやすく、狙ったターゲットへアピールしやすい。

これまでに触れてきた内容で、各々の素材の特徴について、ある程度理解していただけたかと思います。次項ではイサキジギングにおすすめのジグをランキングで紹介します。

第1位 ダイワ TGベイトスリム PHマイイワシ

ダイワ メタルジグ ルアー TGベイト スリム 45g PHマイワシ
ダイワ メタルジグ ルアー TGベイト スリム 45g PHマイワシ

ダイワ社が発売しているタングステン製の「TGベイト」を更にスリムなボディへ変身させて驚きの飛距離を実現させたモデル。
あらゆる魚種(ターゲット)に効果的な1つです。特にベイトが小さい状況下でその威力を発揮してくれます。
水深の深いレンジ用に100gや120gのジグがラインナップされているので、幅広く活用することができます。筆者一押しのジグです。

第2位 ダイワ TGベイト PHグリーンゴールド

ダイワ メタルジグ TGベイト45g PHグリーンゴールド
ダイワ メタルジグ TGベイト45g PHグリーンゴールド

同社のTGベイトスリムと合わせて1つは持っておきたいTGベイト。
高比重ボディをアクションさせる左右非対称のボディデザインで、フォールでは水平に近い姿勢でスライドし弱ったベイトを演出してくれます。
また、巻き取り時は小刻みなアクションを自然に演出してくれるので、捕食スイッチを最大限に誘ってくれます。
タングステン製のジグなので、小さいボディで遠くまで飛ばしたいこれまでの要望を全て叶えてくれるジグです。

第3位 SMITH TGチビマサムネ CB60 CB80 CB100 グリーンゴールド

スミス(SMITH LTD)  TG チビマサムネ  グリーンゴールド #5
スミス(SMITH LTD) メタルジグ ルアー TG チビマサムネ CB 90mm 100g グリーンゴールド #5

高比重タングステンボディーのTGチビマサムネ。メタルジグより沈下が早いことは勿論のこと、シルエットが小さいので、ベイトが小型の時にその威力を存分に発揮してくれます。
また、高比重な分、早い手返しが可能なので、群れで行動するイサキのバイトチャンスを逃しません。
フォール時は少し緩めのピッチで沈降し、フラッシングするボディでターゲットへのアピールも絶大です。

第4位 Crazy OCEAN オーシャンフラッシュ ゼブラ

クレイジーオーシャン オーシャンフラッシュ
クレイジーオーシャン オーシャンフラッシュ オキアミカラー 50g 生オキアミ

オーシャンフラッシュにフラッシュアシストと言うフックを組み合わせて使用すると効果絶大です。
オーシャンフラッシュはフォールでアタックさせるタイプのジグ。フラッシュアシストは平打ちしたフックがフォール中にキラキラと輝くフックです。
ボディのフラッシュとフックのフラッシュと、ダブルでイサキにアピールします。反応がない場合など、少し変化をつけたい時に有効です。

第5位 シマノ Soare(ソアレ)TGエース 03Tグリーンゴールド

 

 

シマノ  ソアレ TG エース  グリーンゴールド 03T 

シマノ(SHIMANO) メタルジグ ソアレ TG エース 35mm 7g グリーンゴールド 03T JT-207P ルアー

 

 

表裏非対称ボディで、魅力的なアクションを生むタングステン製のジグです。
早いバイブレーションフォールとフラッシング効果でイサキに強烈にアピールし喰わせのスイッチを入れる優れもの。必ず1本は揃えておきたいジグの1つです。

第6位 メジャークラフトジグパラTG イワシ

オフショアでもショアでも使える言わば万能ジグと言っても過言ではないタングステン製のジグ。
小さいシルエットで水の抵抗を受けず、高比重なのでフォールスピードが抜群です。イサキを始め、多彩な魚種が狙えるので、オールマイティーに活躍できること間違いありません。
こちらもジグバッグに忍ばせておきたいジグの1つです。

第7位 ハヤブサ ジャックアイTG ミドキン

タングステン製の素材でしっかり釣果実績を残している優れもの。アクションが小さくイサキジギングにマッチしたジグです。
こちらも1本は忍ばせておきたい代物です。

第8位 BOZLES TG TOKICHIRO ピンク

TG TOKICHIROは、同社のTG HIDEYOSHIよりダウンサイズしたタングステン製のジグ。
エッジの効いた多面形状から生み出されるフラッシングはフォール時にイサキに絶大なアピールをしてくれます。

第9位 シマノ コルトスナイパーTGベルサーテ マイワシ

鉛ボディの中心にタングステンウェイトを搭載した一風変わったジグ。
コンパクトサイズは勿論のこと、フォール中はバイブレーションしながらジグのフラッシング効果を絶大に活かしてアピールします。
喰わせのアクションにこだわったコルトスナイパーTGベルサーテは、パターンにハマると釣果が大きく伸びる優れものです。

第10位 シマノ Soare(ソアレ)Metal shot TG 35Tブルーイワシ

タングステン製のジグで、ジグの面のキラキラ具合はピカイチ。フォールして着底後のただ巻きが基本アクションとなるジグです。
フラッシング効果によってイサキに強烈にアピールします。
また、やや中心よりに前にバランス設計されたジグなので、ジャークさせた後に自然にドリフトアクションを発生させてくれます。
少し変化をつけたい時におすすめしたい1本です。

まとめ

イサキジジギングは、ジグに使用されている素材が複数あり、その中でも近年注目を集めている釣果実績抜群のタングステン製のジグが人気です。
タングステン製のメリットは「小さいボディで高比重」このメリットが、イサキジギングを楽しむために必要な要素を兼ね備えています。
ただし、他のジグに比べて高価なので、手が出しにくいという点がありますが、1本はタックルボックス等に忍ばせておくと安心材料になります。
1度は試しに使ってみる価値ありです。また、他の素材がタングステンより劣っている訳ではありませので、あしからず。
鉛製のメタルジグは安価で手に入り易く、潮の流れが速くなければ十分にイサキジグを楽しめるアイテムです。
各社共にメタルジグの形状が似通っていますので、様々な素材のジグを1つ持って試してみるとイサキジギングがさらに面白くなります。
ゲーム性も高く、食べても美味しいイサキ。誰でも手軽に挑戦できる釣りです!