チニング 一覧

チニングフィールド別解説~漁港編~

チニングフィールドの中で最も難しいとされるのが漁港です。
その漁港の攻略法を解説します。

チニングフィールド別解説~漁港編~

漁港の特徴

チヌ

漁港は足場がよく、魚のストックも多く、釣りをするには最適の環境です。
ただし、チニングにはとても難しいフィールドとされています。
その理由は、

  • 水深が深いため、ポッパー等のトップウォーター系のルアーへの反応がよくない。
  • 釣り人が多いため、チヌの警戒心が非常に強い。
  • フカセ釣りのポイントであることが多く、マキエを偏食していることがある。

難しいフィールドある漁港で、チヌを釣ることができた時の達成感は、何物にも替えられません。

漁港でのチニングをする上では、時間帯が大切な要素です。
狙い時は夜間帯か早朝、チヌの警戒心が幾分緩む時間帯です。
それでも、チヌが物音や光には敏感なのは変わりないので、漁港のどんなフィールドでもアプローチを慎重に行わなければなりません。

漁港のポイント

漁港の有望ポイントと攻略法を紹介します。

横穴がある岸壁の際

img_4276

写真の岸壁はわかりづらいですが 、水面下あたりから横穴ができるようにブロックが積まれています。
そういった穴の中に、チヌが身を隠していることがよくあります。
日中に観察してみると、チヌが穴の中を出入りする様子を見ることも…。

船が係留してロープが張られている狭いような場所では、ジグ単の落とし込みでアプローチするのがよいです。
小さめのクロー系のワームや、サンドワームを0.6g以下のジグヘッドにつけエサが自然に落ちてきたように演出します。
フォール中にアタリが出ることが多いのでアワセが難しいですが、ルアーが底に付く前にラインの出が止まったり、フッと横に動いたりしますので、その時に聞きアワセしてみるとよいです。

逆に船などがない広いフィールドであれば、ミノーやバイブレーションの出番です。
岸際にキャストし、穴の前を小魚が通過するイメージでアプローチします。
トゥイッチやリフト&フォールなど、いろいろなアクションを試してみると面白いかもしれません。

敷石帯

img_4281

小規模の漁港内の浅瀬によく見られるポイント。
写真のように排水口があるような所は、なおよい。
敷石帯は牡蠣やカニ、エビなどの甲殻類が非常に豊富で、チヌも寄りつきやすいです。

アプローチの仕方は、ラバジグ系のボトムゲームがメイン。
牡蠣等による根掛かりが頻発するので、ズル引きよりもリフト&フォールで攻めていくのがオススメ。
根掛かり回避能力に優れた、ラバジグをチョイスしてください。

 

テクニカルな根掛かり回避などの技術や、警戒心を与えない慎重さなどが求められる漁港でのチニング。
釣りあげれたら間違いなくチニングのスキルがあがっているのでは?
みなさん、漁港でのチニングにぜひ、挑戦してみてください。


チニングフィールド別解説~干潟編~

チニングをある程度やりこむと、次なるステップに挑みたくなるものです。
河口にくらべやや難易度が高いですが、数もサイズも多く望める干潟について解説します。

チニングフィールド別解説~干潟編~

干潟へのアプローチ~ウェーディングに挑戦~

干潟へのアプローチは必然的にウェーディングになります。

ウェーディングとは胸まであるウェーダーと呼ばれる長靴を使用し、水に浸かりながら釣りをすることです。

水の感触を感じながらロッドを振り、水面に近い目線でルアーを操作し、ヒットした魚をすぐ手元まで寄せてくる…。
非常に、趣深く面白いのがウェーディングなのですが、いくつか注意点もあるので紹介します。

IMG_4229

  1. 干潮時に必ず、地形の把握をしておく
    岩がある場所、ぬかるんでしまいそうな場所など、危険な位置を把握しておいます。
  2. 浸かる際は、股下まで
    ウェーダーが胸まであるとはいえ、腰上まで浸かると思うように身動きができなかったりし、急な高波などを回避しようにもほぼ不可能だからです。
    危険なので必ず股下までと覚えておきましょう。
  3. 歩くときは擦り足
    転倒防止、障害物の発見に役立ちます。濁っていることが多いのが干潟なので、目視では足元がわかりづらい事が多いです。

他にもエイガードなど、危険な魚から身を守る装備や、潮位の時間帯を確認することが大切だと思います。
危ないと思う方もいるかもしれませんが複数の人数で釣行したりすれば、そういった問題はカバーできると思います。
基本的な手順を守れば、十分楽しめるので、難しく考えないで行きましょう。

干潟のポイント探し

広大で、一見どこにチヌがいるかわからないと思える干潟ですが、高確率でチヌが居着くポイントがいくつかあるので紹介します。

砂州

IMG_4231

潮流の影響でなだらかな丘のように盛り上がった部分、細く伸びているものが多いです。
潮が引くとよくその形状がわかります。
砂州があるということは潮がよくあたるということで、回遊性のチヌがまわってくることが多いです。
足場がぬかるむ事が少なく、釣りやすいので、初めのポイントとしてもお勧めです。

 

船道

干潟に隣接している漁港があるところのお勧めポイントです。
深く掘りこんでいるようなところが良く、チヌの通り道だったり、小魚などを追いこみやすい場所です。

岩場

IMG_4232

岩場と言っても転々と干潟に石が転がっている場所がオススメです。
カニなどのベイトの他にカキを食べにチヌが寄ってきます。

干潟の攻め方

干潟でもデイとナイトとの攻め方は変わってきますので、別々に紹介します。

デイでの攻め方

基本的にはトップゲームで成立しますが、干潟は広大なフィールドなので遠投が効き、ポッパーではカップ音が大きなものをオススメします。
広く探れ、周囲にルアーの存在を知らしめるためです。

ナイトでの攻め方

重めのラバジグ系で広範囲を探れるように遠投していきます。
その際にボトムバンピングし、アピールしていきます。

小魚がいるときはフローティングミノーでのトウィッチングも有効な事が多いです。ミノーはスピーディに探る事が出来るので、ラバジグ系と比べ効率が良いのも魅力です。

デイもナイトも、バイブレーション

デイ、ナイト両方で活躍するルアーもあります。
それはバイブレーションです。
圧倒的な飛距離でサーチに優れており、リフト&フォールで攻めるもよし、根掛かりの心配がない場所ではズル引きし、砂煙を立ててシャコが逃げるように演出するといいと思います。

簡単な説明でしたが、ウェーディングのチニングは一味違う事がわかっていただけたかと思います。
干潟は広大な分だけ、チヌのストックが非常に多い場所です。
十分に気をつけながら干潟でのチニングを楽しんでくださいね!

 


【チニング・テクニック】初心者でも簡単、6つの基本アクション解説

チニングトップゲームでは、ルアーアクションが必須です。
タダ巻き以外のアクションを覚えると、釣りの幅がぐっと広がります。
ルアー別に、オススメアクションを紹介します。

【チニング・テクニック】初心者でも簡単、6つの基本アクション解説

ポッピング

 

YO-ZURI(ヨーヅリ) エバポッパー 50mm SHKT F414-SHKT SHKT:スラッシュホログラムカタクチ 50mm

ポッピングとは、ポッパー専用のアクションです。
ロッドを小刻みに動かしながら巻き、カップでポコッポコッと水飛沫を立ててチヌを誘います。
ポッパーの種類によって引き具合の強弱があるので、実際にやってみて力加減を把握し、ポコッと音がポッパーから聞こえるようなポッピングを目指してみてください。

ポッピング

ポッピングに関してはアクションをするペースも大事な要素と言えます。
ポッパーが着水してから手元に来るまでポッピングをし続けるのか、
5~6回ポッピングを繰り返し一呼吸休みいれ食わせの間を作るのか、
二つのパターンがあります。

どちらが良いのかはチヌの活性と警戒心の強さに左右されます。
ポッピングをし続けるのは、チヌに見切られにくい利点があります。
そのため、警戒心の強いチヌに有効です。

食わせの間を作ると高活性のチヌが吸い込むようなバイトをしてきます。
注意点ですが、食わせの間と言ってもその時間は0.5~1秒のほんの一瞬です。
これ以上長いと、高活性といえども見切ってしまいます。

詳しいことは解っていませんがポッパーにチヌが反応する理由は捕食行動と、攻撃行動からだと言われています。
捕食行動は餌だと思い反応し、攻撃行動はポッピング音がチヌをイラつかせるから、反応すると考えられています。
その二つはポッパーへのアタックの違いから分かり、ポッパーを後ろからジョーズの様に追いかけてきていたら捕食行動で、ポッパーの下から突き上げるようにアタックしてきら攻撃行動です。

ドッグウォーク

タックルハウス ルアー RESISTANCE クロナッツ 67 No.2 ダブルオレンジ

 

ドッグウォークとは、フロペンの得意なアクションです。
ポッパーでもこのアクションができるものもあります。

小刻みにロッドを動かしながら巻き、水面で八の字を描くようにルアーの頭を左右に振りながら動かします。
水面に追い詰められた小魚が逃げ惑うように演出します。

ドッグウォーク01

ポッパーと同じようにアクションを行うペースが大事で、見切られないようにしなければなりません。

アクションのメリハリをつける上でダイビングを覚えておきましょう。

ドッグウォーク02

ティップをを下に向け、水面に浮いているルアーを沈めるようにチョンと動かします。
ステイ(喰わせの間)の代わりにアクションの中に盛り込むとチヌのバイトを誘発します。

トゥイッチ

デュエル(DUEL) ルアー ハードコア ミノー 50F 50mm HAJ

ミノーでよく使うアクションです。
ルアーを巻いている最中にチョンチョンとロッドを動かします。

ルアーは、ただ巻き中に急激な動きを加えると、あらぬ方向に動いたり、イレギュラーな動きを起こします。
このイレギュラーがチヌに効き、バイトを誘発するのです。

トゥイッチ

河口のテトラ際などで小魚が溜まっている時に、このアクションをすると、追いつめられた小魚が逃げ惑う動きにそっくりになるのです。

ドリフト

ダイワ(Daiwa) ルアー T.D.ミノー 60SP アユ

ルアーを潮に任せて流すことを、ドリフトと言います。
ミノーなどでよく使うアクションで、潮流や川などの流れがあるところで有効です。

昨今のルアーは流れに乗せておくだけで微妙に動き、流れに乗って漂う小魚を演出できます。
ルアーが着水したら糸ふけを取る程度に巻いて、あとは自然に流します。

ドリフト

チニングでドリフトが最も有効な場面が、船などの障害物を意識したドリフトです。
船などの身を隠せる場所にチヌは居着き、流れに向かって頭を向けエサが流れくるのを待ち構えています。

そこで図のように上流へルアーを投げてからドリフトさせ、船の下に流し込むのです。
その際にラインテンションを保ち、丁度船の下でルアーのヘッドの向きが反転するようにすると、チヌに気付いた小魚が逃げる動作を演出することができます。
上級向けのテクニックですが、かなりの確率でアタックに持ち込める必殺テクと言えます。

リフト&フォール

Rapala(ラパラ) ストーム ルアー 五目バイブ GV40S-HRH(ホロレッドヘッド)

バイブレーションなど底を攻められるルアーで、オススメのアクションです。
キャストしてからまず、底まで沈めロッド煽りルアーを上昇(リフト)させます。
その後糸ふけを取り再び沈め(フォール)、また煽る…その繰り返しです。

リフト&フォール

このアクションはルアーの根掛かり防止になるのと同時に、広範囲を素早く探りたい時に適しています。
ロッドの煽る動作の強弱でルアーのリフトを抑えることで、チヌに追われたシャコやエビなどが跳ねて逃げる動きを演出できます。

難しい点はフォール後にきちんと底に付いているかです。
フォールさせる際にきちんとラインテンション(糸がピンと張っている状態)を取っていると着底した瞬間にフッと糸が緩むのがわかります。
底がとれているかどうかをきちんと判別していると釣果も変わってくるはずです。

ボトムバンピング

メジャークラフト ルアー チヌボール CBL-6.5ケイムラブルー 6.5g

ボンボン系のジグヘッドで、干潟などのフィールドで有効なアクションです。
ルアーをボトムまで沈め、リールを巻かずにロッドを立ててチョンチョンと動かすイメージです。

ボトムパンピング

この動きで、砂煙を立てることが重要なポイントです。
砂煙はシャコやエビが動く際に起こるものなので、ルアーでそれを意図的に起こそうという事です。

様々なアクションを活用し、釣果アップ!

チニングに限らず、ルアー釣りは単調にならないことが重要です。
様々なルアーアクションを使いこなすようになれば、間違いなく釣果アップするはずです!
釣れない時間帯はアクションの練習を意識すれば、すぐに技術が上達しますよ(^^)


【初心者必見】チニングのおすすめルアー ボトム編

ナイトチニングではボトムが主戦場になります。
そんなボトムゲームでは、ジグヘッド+ワームが主役と言えるでしょう。
ジグヘッド、ワーム別にお勧めを紹介します。

【初心者必見】チニングのおすすめルアー ボトム編

ジグヘッド

オーソドックスといえる、ワーミングの基本形のフックです。
汎用性が高く、あらゆる状況で使えます。

オーナーばり/JH-86 クロスヘッド

安価で汎用性が高く、メバルやアジにも使えるジグヘッドです。
太軸設計のものをチニングで使用するといいでしょう。

 

ダイワ 月下美人 SWライトジグヘッドSS

ジグヘッドにアイシールが付いているものです。
ダイワのフックシステムSaqSasを搭載で驚異の貫通力を誇り、チヌの固い口にもしっかり刺さります。

 

ジャズ /尺ヘッドDX マイクロバーブ Dタイプ

チニングでダートゲームをするならこれ!
キビキビしたアクションをし、小魚を狙うチヌを誘います。

ラバジグ系

ジグヘッドとは違いスカートと呼ばれる、樹脂製やゴムでできたヒラヒラしたものがヘッド部分に付いているものです。
アピール力が抜群で、ワームをつけずにこれだけで釣れることもある代物です。
ハマれば好釣果に恵まれるので、愛用するアングラーも多いです。

 

ダイワ/チヌ魂

バランスが非常によく、根掛かり回避に優れています。
ただ巻きだけで十分というポテンシャルで、初めてチョイスするならこれで決まりです。

 

シマノ/ブレニアス ネガカリノタテ

その名の通り最強の根掛かり回避能力を誇ります。
平たく設計されたヘッドが荒れた底を滑るように動き、攻めることができなかったフィールドでチヌを狙うことができます。

 

メジャークラフト/チヌボール

今年デビューしたばかりのニューフェイスです。
中空ヘッドのおかげでゆっくり沈むことにより、よりじっくり探ることができます。

 

C.C.Baits/根魚ボンボン チヌスペシャル

全てはこれから始まったといっても過言ではない、名品です。
後述しますがこれとサンドワームの組み合わせだけでいいという、チニングアングラーは少なくありません。

ワーム

上記のジグヘッドやラバジグにつけて使用するルアーです。
チヌのメインベイトの一つである甲殻類を模したもの(クロー系)が多くリリースされています。

ダイワ/ダックフィンバグ

クロー系ワームの基本形といえるワームです。
エビや、ボケジャコなどを捕食しているチヌに最適です。
干潟や河口で威力を発揮します。

 

ジャッカル/ちびチヌムシ 1.5インチ

同じ甲殻類でもフナムシ捕食しているときはこれです。
小さめのシルエットで吸い込みやすく設計されています。
裏技的な使い方で、極小ジグヘッドを使用し岸壁の際を狙うヘチ釣りのようなこともできます。

 

エコギア/アクア 活チヌシュリンプ

いわゆる汁物系ワームと呼ばれる、集魚効果のある液に浸かっているワームです。
その匂いで抜群の集魚効果を生み出します。

 

Berkley/ガルプ! サンドワーム

ほぼエサ、反則級の釣果、これで釣れなきゃ諦めろ、と言われる程の最強のワームと言っても過言ではありません。
汁物ワームの部類ですが、匂いもなかなかのものです。
最強ワームと呼ばれますが、強すぎる集魚効果でチヌ以外の魚も釣れてしまうのは贅沢な欠点かもしれません。

 

メバリングや、アジングをしていたらチヌが釣れたという事はよくあるように、ワーミングでのチニングはまだまだ未開拓な部分があると言えます。
意外なワームでチヌが釣れてしまうこともあるので、色々試してみるのも面白いかもしれません。


【初心者必見】チニングのオススメルアー 中層編

チニングでは、中層でチヌが頻発することも珍しくありません。
今回は、中層で使用するルアーの解説とオススメをタイプ別に紹介します。

ミノー

小魚を模したルアーの定番。
シンキングタイプとフローティングタイプのものがありますが、使用するフィールドの水深で使い分けるとよいと思います。
2メートル以深ならばシンキング、それ以上浅ければフローティングといった具合です。

Rapala /CD5

名作、定番、安定等々の冠詞がつく一品。
巻くだけでよし、ゆっくり沈めトゥイッチしてもよしと、まさに万能ミノーといえます。
さらに、チューニングでⅯリグにすることもできます。
フロントフックを外しガン玉をかませ、テールフックをダブルフックに変えるチューニングですが、素早く底に沈み、そのまま巻くとチヌの鉱物のシャコが砂煙を上げて逃げる様子を演出できます。

 

DUEL/ハードコア ミノー 50

ニューマグネット重心移動システムを搭載し、小型ミノーなのに圧倒的飛距離を誇ります。
トゥイッチするとイレギュラーにアクションし、チヌのリアクションバイトを誘発します。
カラーラインナップが豊富なのも魅力です。

 

Daiwa/月下美人 夜霧Z

メバル用のミノーですが、河口でハク(ボラの稚魚)等を偏食しているときのチヌにマッチしたルアーです。
浅瀬で稚魚が群れているときに威力を発揮します。

 

シンキングペンシル(シンペン)

フロペンと違い、ゆっくり沈んでいくタイプです。
重く設計されていることが多いので、広く探りたいときに使うとよいでしょう。

DUEL/ハードコア シンキングペンシル 50

4gなのに40メートルの飛距離を達成したシンペン。
流れが強い河口で使いたいルアーです。
適度に流れを受け止め妖しく揺らめきチヌを誘います。

 

アムズデザイン ima/meba CALM

メバル用のシンペンですが、チヌにも有効です。
干潟等でゴカイ等の産卵(いわゆるバチ抜け)に遭遇したら迷わず使うべきルアーです。
他にもシラスパターン時に有効で、ゆっくりくねる様に動きチヌを誘います。

 

バイブレーション

内蔵されたオモリのおかげで、飛距離が出て、素早く沈み広範囲に中層以下を探るのに適したルアーです。
巻くと振動し、波動でチヌを誘います。

 

DAMIKI JAPAN(ダミキジャパン)  まめさん 55w

チヌ用鉄板バイブです。
鉄板バイブの特性で通常のバイブよりスピーディに沈み、フォール時に適度な振動、巻くと強波動を生み出します。
アクションはその波動の強弱を生かした、リフト&フォールがオススメです。
Wタイプは純正でダブルフックがついているので、根掛かり軽減に優れています。

 

アムズデザイン ima/ koume 60

このバイブの強みは、強い流れの中でもしっかりとアピールできることです。
そのため増水時の河川で、とても活躍します。
流れにのせてドリフトさせて誘うのもよいです。

 

タックルハウス(TACKLE HOUSE)/ROLLING BAIT Bottom Tuneシリーズ

流れ込みや橋脚などのピンポイントの狙いに最適です。
小エビが跳ねるように小刻みにリフト&フォールを繰り返すと、フォール時にひったくるようなアタリが頻繁に起こります。


【初心者必見】チニングのおすすめルアー トップ編

豊富な種類のルアーを駆使して狙うチニングは、ルアー選びもその楽しみの一つです。
そこで今回は、チニングのルアー選びにお悩みがちの初心者に向けて、オススメのルアーをタイプ別に紹介します。
今回は、トップ編です!

ポッパー

水面でポコッポコッと音を立てながら魚を誘うポッパー。
「こんなので、チヌが釣れるの?」と疑いたくなりますが、チニングの代名詞と呼ばれるぐらいよく釣れるルアーです。
バイトシーンがはっきり見えるのが何よりも面白く、ポッパーだけでチヌを狙うアングラーも少なくありません。

 

マリア(Maria)/ポップクィーン 50

チニングポッパーの定番中の定番。
スローなアクションでもしっかりアピールし、ポッピング、ドッグウォークもお手の物!
ロッドアクション一つで簡単にアクションを変化させることができる、非常に扱いやすいルアーです。

 

デュオ/テトラワークス ポコポコ

小さめのポッパー。
小規模河川で、ピンポイントに狙いを絞りたい時に活躍します。
小さいながらもアクションはしっかりアピール、サイズを問わずにチヌを狙うことができます。

 

アムズデザイン(ima)/ルアー エアラコブラ 60

他のポッパーにはない大きめのカップが大きな音を生み出し、広範囲に誘いをかけることができます。
サーチの一手としてお勧めのポッパーです。

 

シマノ/ブレニアス ライズポップ 65F

9gという重量が他にはない飛距離を生み出すので、普段届かない場所を攻めることができます。
ロッドアクションの強弱で、ポップ音の強弱も自在に変えられるのも強みです。

フロペン

ポッパーと同じく水面を誘うフロペン。
ドックウォークという水面を舐めるように動くアクションで、チヌを誘います。
ポッパーと比べアピール力は少し劣りますが、チヌがバイトし易いという利点があります。

 

DUEL(デュエル)/シルバードッグ 75

チニングでフロペンと言ったらこコレというほど、定番のルアーです。
ドックウォークはもちろん、ダイビングドックウォークもできます。
通常のフロペンより吸い込みやすく、チヌのバイトを持ち込みやすいです。

 

マリア(Maria) /ルアー POCKETS ペンシル F55

POCKETSシリーズは安価で様々なタイプのルアーが揃っているシリーズなので、お財布に優しくとても助かっています。
安価といってもその性能は抜群で、ドックウォークとステイのメリハリを出しやすく、アクションもしやすいです。
ちなみに、筆者が初めてのチニングでバイトに持ち込んだのも、このルアーです。

 

ジップベイツ ザブラ フェイキードッグDS

抜群の飛距離を誇り、広範囲を探れるフロペンで,滑らかなアクションが持ち味です。
cwモデルはフロントウェイトを抜いているので、後ろからのバイトを乗せやすく、またイレギュラーなアクション誘発しやすく、チヌを寄せ付けます。
また、カラーラインナップの中にスイカカラーもあり、遊び心にあふれているのも面白いです。


チニング〜シーズン別攻略法とは?

地域によっては、一年中狙うことがができるチニング。
シーズン別の攻略法の概要を解説します。

チニング〜シーズン別攻略法とは?

春のチニング

春はチヌののっこみシーズン、いわゆる産卵期です。
産卵期で深場にいるチヌも、浅瀬に寄ってきます。
エサ釣りではメインシーズンと言えますが、ルアーについては水温が低すぎるためか、活発に追いかけることは少なくとてもシビアです。
しかし、逆にいえば、追いかけなくてよいルアーに対しては反応がよいと言えるのです。

おすすめの釣り場は夜間の漁港内、釣り方はジグ単ワームのボトムのズル引きです。
漁港内がよい理由は外海よりも水温の変動の影響が少なく、潮流が穏やかなため、産卵場所になっていたり、産卵前後の休憩場所として最適だからです。

おすすめのルアーがジグ単ワームなのは、ゆっくりとした誘いが得意なので、活発にエサを追わないチヌに最適だからです。
ジグヘッドは1~2.0グラム前後で、ワームはサンドワーム系、つまりゴカイなどの節足動物が底を這い動き回るのを意識するとよいと思います。
この釣り方をするとメバルなどのゲストにも出会えることがありますし、周辺よりも水温が高く、流れこみが会って塩分濃度が薄い漁港では、キビレの確率も上がります。

夏のチニング

夏、というより梅雨前後から夏にかけてチニングはハイシーズンと言えます。
水温も高まり、様々なルアーへの反応がぐっと高まります。

中でも河口などでの浅場のトップゲームが、チニングの代名詞といっても過言ではありません。
警戒心が高いチヌがガボッと水面を割る姿は大興奮ものです。

他にも大雨後の増水時、河川でのボトムゲームも面白いです。
小さな流れ込みにルアーを落とし込むと意外な大物が飛び出す事もあります。
ナイトゲームはトップには出ませんが、ミノーなどの中層、ワーミングでのボトムでの反応もよく、昼間トップで出なかったチヌがとれること間違いないでしょう。

秋のチニング

夏の隆盛が落ち着き、ルアーへの反応も夏ほどはよくはありませんが、十分に楽しめるシーズンです。
この時期に限ってではありませんが晩夏~中秋頃にお勧めのチニングがあります。
それは、早朝時の漁港で行う、ヘチ釣り風チニングです。
早朝のチヌは漁港の壁際でカキや、フナムシを食べるためにいることが多いです。
そこにカキやフナムシを模したワームを落とし込むとエサが落ちてきたと勘違いしたチヌがバイトしてきます。
アタリを取るのが難しいですが、また一味違ったチニングを楽しめると思います。

冬のチニング

冬はチヌも深場に潜り越冬したり、水温も下がるのでルアーへの反応が鈍くなります。
つまり、オフシーズンです。
しかし、それはチヌに限った話で、チニングのもう一つのターゲットのキビレは十分狙えるシーズンではあります。
キビレは秋に産卵期を迎え、産卵後の体力回復を図るために浅場に寄ってくるのです。
しかし、体力がそこまでないためか、積極的には追いかけません。
春の釣り方に似ていますが、河口などの浅場でのジグ単ワームのナイトゲームが基本的なセオリーとなります。
アタリが繊細な事が多いので、テクニカルな釣り方が求められます。

まとめ

四季を通じたチニングを解説しましたが、一つのターゲットに対してここまで、様々な狙い方がある魚は他にはないのでは?
季節に応じたチニングをぜひ、楽しんでくださいね!


初心者必見、チニングロッドの選び方

チニングゲームを100%楽しむなら専用ロッドを使うのがベスト!
初心者がチニングロッドを購入する際のポイント&お勧めを紹介します。

初心者必見、チニングロッドの選び方

専用ロッドの特徴とは?

チニングロッドは他のルアーロッドに比べると、ファーストテーパー(先調子)のものが多いです。
ファーストテーパーが有利な部分はズバリ、感度のよさです。
チヌは引きが強い反面、アタリが非常に繊細であることが多いです。
特に、ボトムゲームで牡蠣や貝などを捕食しているチヌを狙う際には、ボトムなのか、チヌのアタリなのかを、判断しなければなりません。
感度の悪いロッドではその違いがわかり難く、アタリを何度も逃してしまいます。
まずは、専用ロッドを入手しましょう!

チニングロッド

初心者のロッド選びのポイント

初心者が最初の一本として選ぶのにおすすめなのは、8000円クラスのロッドです。
その中でも、バットがしっかりしているものがよいでしょう。

チヌは口が硬いので、バットが弱いロッドだと力が伝わらず、フッキングがうまくいきません。
仮にフッキングができたとしても、チヌの強い引きにノサれてしまうこともあります。

チニングロッドを選ぶ際には、どんな場所でどのように狙うのかも重要です。
チヌは様々な場所に、非常に広く分布しています。
例えば広い河口で、トップゲームをするのなら長いロッドの方が飛距離も出て断然有利です。
逆に、岸際に牡蠣が密集しているような狭い河口でするなら、取り回しが利く短めのロッドの方が、ラインを牡蠣殻に切られないようなファイトをしやすいです。
初心者であれば短いロッドの方が、キャストコントロールの精度が上がるメリットもあります。

高級ロッドは、実際に釣りをしてから…

いきなり、20000円もするようなロッドを購入する予算があってもできれば、安めのバランスのとれたロッドを購入して、チニングをある程度やりこんで欲しいと思います。
高級ロッドはもちろん、高性能で軽量でパワーもあってとてもよいのですが、その性能をより引き出すには、自分のチニングスタイルを固めてからの方がよりスタイルにマッチしたロッドを選べます。
釣り方や、ホームグラウンドの状況を研究してから、次への大きなステップアップのために、高級ロッドを選んでみてはいかがでしょうか?

おすすめロッドベスト3

 第3位:シマノ/ブレニアスシリーズ 

幅広いラインナップがあるので、様々なフィールドでの対応が可能です。
ベイトリールモデルもあるので、バス釣りからのチニングへのエントリーもしやすいと思います。

 第2位:メジャークラフト/ソルパラ 黒鯛シリーズ 

非常に安価で初心者の入門ロッドにおすすめ。
安価な割に高性能であり、汎用性も高いので、チニングだけでなくロックフィッシュ等のほかのジャンルで活用するアングラーも少なくありません。

 第1位:Abu Garcia(アブガルシア) /SaltyStage KR-X 黒鯛 

感度、バットの強さ、ライントラブルの少なさ、どれをとっても高性能であり、ハイスペックなモデルです。
バリエーションも豊富でテクニカルなチニングをするならこの一本で間違いなし!

キビレ

キビレもよく引きます!

チニングロッドに求められるのは、感度の良さ、バットの強さ、と言えます。
専用ロッドで充実したチニングをエンジョイしましょう。
さらに各メーカーから発売されているチニングロッドは日進月歩で、これからも様々なモデルが出てくることでしょう。
たくさんチヌを釣って、あなたのしたいチニングにぴったりのモデルを、みつけてくださいね!

チニングこう!
つりトップ


チニング~初めての道具選び

どんな釣りでも、初めの道具選びは迷ってしまうものです。
チニングには、どんなタックルがおすすめなのかを紹介します。

チニング~初めての道具選び

チニングタックル

チニングのタックルに求められるもの

チニングをする上で、どんなタックルがいいのか、ロッド、リール、ライン等それぞれ分けて説明します。

ロッド〜感度とパワーが必要

チニングで最も重要なポイントであるロッド。
その理由は、チヌという魚は少し特殊で、誘いは細か、アタリは繊細、引きは強烈といった具合に、相反する要素を持っているからです。

つまり、感度よく、パワーのあるロッドを選ばなければなりません。

各メーカーから専用ロッドがリリースされているので、それを選べばほぼ間違いありません。
気になる、他のロッドからの転用につきましては、後述しています。

リール〜テクニックorパワーで選ぶ

2000~2500クラスのスピニングリールをオススメします。
軽量の2000クラスは、アクションを頻繁に行う際に扱いやすく、疲れにくいメリットがあります。
2500クラスはパワーが強いので底や、障害物からチヌを引きはがすのに有利です。
自分が、どんなチニングをしていこうかイメージして選ぶといいと思います。

絶対に使いたいPEライン

ロッドと同じですが、繊細なアタリ捉えられ尚且つ、強靭な引きに耐えうる要素が求められます。
そうなると、絶対のオススメはPEラインです。
さらにPEラインは比重が軽いので、水面に浮きます。
そのため、トップウォーターでの釣りをする際はとても操作しやすいです。
号数でいえば、0.8~0.5号クラスのものを選べば大丈夫です。

道具選びのもっとも重要なポイントとは?

どんな釣りのジャンルでも言えることですが、安価なものはオススメできません。
安価なものは性能もそれなりであり、壊れやすいし使い勝手が悪いと言えます。

例えばロッドに関してですが、3000円くらいのものを買った場合、釣行後のメンテナンスを怠ってしまったりすると3ヶ月ほどで、ガイドがボロボロになり、キャスト時にラインを傷つけてしまう心配があります。
最悪の場合、チヌがヒットした瞬間に折れてしまうこともあります。
その都度安いロッドを買い替えるよりも、値段が少々高くても、ある程度の道具を揃えるべきです。
ロッド、リールともに8000円以上のものであれば、使い勝手もよくて余程無茶をしない限り、長く使えます。

チニングリール

他の釣りのタックルとの相性は?

すでに他のルアータックルを持っている方は、転用できないかと思うのではないでしょうか?
結果からに言いますと、転用は可能です。
しかし、それぞれ一長一短があるため、ジャンル別に説明していきます。

シーバスロッド

7ft以上のものが多いため、少し取り回しが難しいですが、十分なパワーを持っているので、チニングで十分活用できます。
ティップが固いので、繊細なアタリを弾いてしまうのがたまにキズ。

エギングロッド

シーバスロッドと同様取り回しに難があり、パワーは少し弱いです。
しかし、ティップが柔らかいので喰いこみがよく、アクションをしやすいです。
転用可ですが、パワーが物足りない分だけ折れる心配もあります。
大事なエギングロッドの転用は控えましょう。

アジ・メバルロッド

お勧めできません。
年無しクラスのチヌの引きは強烈なので、最悪折られます。
つまりパワー不足です。

バスロッド

フィネス系のロッドがお勧めです。
6ft前後のものが多く、ソリッドタイプのもの多いので掛かり、アクションのし易さが抜群です。
さらにパワーも十分です。
しかしフレッシュウォーターのロッドをソルトで使うと錆が一気にくるので、釣行後の手入れは必須です。

チヌという魚は体長に似合わない引きの強さを持っています。
それこそがチヌの魅力の一つなのですが、その引きに耐えうるタックルでなければ折角ヒットしたチヌをばらしてしまう確率が高まるでしょう。
そんな悔しい思いをしないためにも最初の準備は、しっかり入念に行いましょう!

チニングチャレンジしよう!
つりトップ


チニングとは?チニングの魅力とは?

ソルトルアー界では今、新進気鋭のジャンルですが、爆発的に人気急上昇のジャンルがあります。
その名はチニング!

チニングとは?チニングの魅力とは?

チヌ

チニングとは

ルアーフィッシング界では、アジングやエギングなど、○○ングというジャンルはいくつかあります。
その中でもチニングとは聞いただけでは何をターゲットにしているのか分かりにくいのではないでしょうか?
ずばりチニングとはクロダイ、いわゆるチヌをターゲットにしたルアーフィッシングです。
釣りをある程度したことがある方なら、
「チヌってエサでしか食わないんじゃないの?」
と思う方もいるかもしれません。
しかし、チヌという魚は悪食でエビ、カニ、貝、小魚などはもちろん、落下昆虫や、スイカ、芋、コーンなど、本当に何でも食べてしまいます。
そんな何でも食べる魚ですので、ルアーへの反応はとてもよく近年は、数多くのルアーアングラーを魅了しています。

チニングの魅力とは

チヌという魚は前述したように食欲旺盛な一面もあれば、人影が少し見えただけで逃げてしまうほど警戒心が強い面を持っています。
そのため、いざ釣るとなると中々難しそうなイメージを抱いてしまいそうですが、そんなチヌも、一度スイッチが入れば、狂ったかのように水面を割りルアーにガンガン食らいついてくることがあります。
水面や底など、釣れるレンジが様々なので、色々なルアーで釣れるのも魅力的です。
チニングに繊細さ、大胆さ、意外さがあり、ダイナミックでとても奥深く、ハマりやすいです。

チニングのターゲット、チヌとキビレ

現在チニングでは二種類の魚がターゲットになっています。

「チニングってクロダイ、つまり、チヌだけじゃないの?」
と思う方もいるかもしれません。
しかし、チヌに非常によく似た魚、キビレ(キチヌ)という魚もいるのです。
チヌとキビレは、一緒くたにされがちですが見分け方はあります。
それはキビレの方が胸びれ、尻びれ、尾びれの一部が黄色になっていることです。

キビレ

キビレ

ルアーへの反応では、キビレの方がよりアグレッシブにルアーを追い、反応もよく、淡水域への適応力も強いので、河川域のあるエリアではチヌより巡り合う確率が高いと言えます。

ただ、キビレはチヌより大きくならない面があります。
チヌの最大体長は一般的な釣り場で60cmと言われ、50cmを超えれば※「年無し」と呼ばれ、大物として扱われます。
キビレは最大でも50cmを超えることは滅多にありません。
40cmを超えれば大物といえます。
個人的価値観ですが、50cmアップのチヌと40cmアップのキビレは同じぐらいの価値があると思います。

※年無し:チヌは成長が遅い魚。50cmまで成長するのに20年はかかると言われ、大きくなるのに「どのくらい年をとったのかわからない。」ゆえに年無し。

ディープなチニングの世界へ

今までエサ釣りの人気ターゲットだったチヌ。
憧れていたけど、難しそうと思いあきらめていた方もいるかもしれません。
そのチヌがルアーで狙えることがわかり、しかも意外にも簡単に手軽に釣れるので、あきらめていた方もエントリーしやすいと思います。
すでにルアーアングラーの方も、シーバスやメバルなどとはまた一線を画す、チニングに挑戦してみてはいかがでしょうか?
まだまだ未開拓な部分が多い釣りのジャンルです。
ディープなチニングの世界にハマってみませんか?

チニングめよう!
つりトップ