新商品 一覧

【釣り動画】2016 シマノ磯動画 『野性を解き放つ旅』 BASIS BB-X DESPINA × 田中修司編

2013シマノジャパンカップグレで優勝、シマノ・インストラクターとしてお馴染みの田中修司氏が、長崎県五島の磯でグレ狙いに挑む!

使用ロッドは、2016年秋にリニューアルされたベイシス。
1.7号と1号を使用しています。

番組序盤ではベイシス1.7号を駆使してのオナガ狙い。
40cmを優に超えるグレを釣り上げたものの、竿のパワーから言えばオーバースペックか?

オナガの食いが渋かったからだろう、後半ではベイシス1号にチェンジし、竿の曲がりを楽しむ様子が繰り広げられていた。

が、最後の最後でドラマが起きる!
ベイシス1号で釣り上げたのは…、名手・田中修司氏だから、ネットインできたのだろう、あの魚だ!

シマノのグレ竿の中でもベイシスはやや胴調子気味なので、細糸を使いたい方や、竿をしっかり曲げて、魚を釣りたい人にオススメ。

シマノの新しいウキ、ファイアブラッドゼロピッド DVC TYPE-Dを使用。
このウキは糸を切らずにウキ交換ができる、ウキの浮力設定を変えることができる、2つの大きなメリットがあります。
「短い時合いに、いかに手返しを多く打ち返すことができるか」が、グレ釣りには特に重要。
大事なウキ交換の時間を短縮できれば、釣果アップに向けて大きな一歩となるはず。

ラインも新商品、ファイアブラッド ハイパーリペルα ナイロン ZEROサスペンドを使用。
シマノの磯ラインでうれしいのが、ラインを完全密封して乾燥剤を入れていること。
ライン劣化の心配がないのは、私たち消費者にとって、購入時の安心に繋がる。

グレ釣り師にうれしい、商品アイテムの様々な配慮がとてもうれしいのだが、注文が一つ。
ファイアブラッド関連の用品の名前が、ややこしくないですか?
ファイアブラッドゼロピッド DVC TYPE-D、ファイアブラッド ハイパーリペルα ナイロン ZEROサスペンド…、覚えられない…。
もっと、店頭でそらんじて言えるようなネーミングをお願いします、シマノさん!

 

 


【シマノ】ロングレングスのズームが魅力、BB-XスペシャルMZⅡ

シマノの磯専用シリーズで人気のBB-Xスペシャルシリーズに、NEW・モデルがラインナップ!
5mから5.5mに早変わり、ロング・レングスのズーム・ロッドが登場!

【シマノ】ロングレングスのズームが魅力、BB-XスペシャルMZⅡ

ロング・レングスのロッドの魅力は、ロッドの粘りが増すためワンランク細いラインを使えること。
細ラインのメリットは、御存知の通り、操作性、遠投性、感度、潮馴染みなどなど、メリットをあげれば切りがない程。

特に大きなメリットは高場でのライン操作。
穂先が海面に近くなる分だけ、強風時の余計な糸フケを抑えられるので、仕掛けの動きがよりナチュラルになるし、最短のラインの出で魚との勝負ができるので、瀬際の攻防も有利に働く。
ロッドが長い分だけハリスを長く取れるのも、食いの渋い時に有利に働く。

メリットだらけのロング・レングスだが、致命的な弱点もある。

狭い磯上でのロングロッドは、移動に負担。
長さからの持ち重り感は、長時間の竿出しでは疲労の原因にもなる。

そういった意味ではズーム・ロッドは、必要に応じて長さを調整できるのが、とてもうれしい。
ロングレングス愛好家に、オススメのロッドです。

product2_s

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-9-38-09


【ダイワ】岩崎林太郎監修、月下美人ソードビームが登場!

2016年9月、ダイワからメバル専用の超個性派ソフトルアー「月下美人ソードビーム」が発売されました。

六角形の断面のヘキサゴンボディ、ボディ中央の3つのくびれ、そして二股に分かれた長さ違いの尾など、他メーカーにはない特徴がてんこ盛り!

ソフトルアーのデザインなんて、既に出し尽くした感があると思いきや、まだまだ未知のデザインがあるものです。

【ダイワ】岩崎林太郎監修、月下美人ソードビームが登場!

この個性派ソフトルアーを監修したのが、今年、ダイワのライトルアー部門のテスター契約した、大物メバル師の「りんたこ」こと、岩崎林太郎さん。

大物メバル狙いのわかりやすい独自理論で、若手とはいえその存在感は既にベテラン並み。

「月下美人ソードビーム」のコンセプトで意外だったのが、これだけの個性あふえるデザイン性なのに、ソフトルアー自体のアピール力が抑えめなこと。

水中での見え方、波動など、大型メバルに警戒心を与えないための配慮がなされています。

とはいえ、目立たせたいと思えば、ロッド・アクションを入れることで、ビンビンに動いてアピールするのだとか?

ソフトルアーの力はもちろんだがそれよりも、アングラー自身の勝負所の判断が釣果の決め手となるのでは?

ちなみに知人の話では、アジもよく釣れるそうです!


【ダイワ新商品】磯釣りのエントリーモデルの決定盤、トライソ

磯釣りのリールは、レバーブレーキが必須。
その理由は、様々な種類の魚がヒットする沖磯では、ターゲットごとのドラグ設定が不可能だから。
イサキを狙っていても大型マダイが来ることも、グレを狙っていてもオナガが来ることがある。
そんな時、臨機応変に竿の曲がりのバランスを維持してくれるのが、レバーブレーキだ。
とりあえず、磯釣りを始めたい方をサポートしてくれるのが、NEWトライソ!

【ダイワ新商品】磯釣りのエントリーモデルの決定盤、トライソ

triso_topimage

トライソの印象は、あまりよくないのが正直なところ。
思い返せば10年ほど前、グレ釣りに挑戦したい友人に、とりあえず購入させたのが当時のトライソ。
友人は初めてのグレ釣り釣行でトライソの重さと質感に不満。
帰宅後すぐに、プレイソを買い直した。

当時、試しにトライソをセットさせてもらうと、自重もリーリングも重く、磯釣りならではの躍動的な釣りに合わないことがすぐにわかった。
友人には悪いことをしたとちょっと反省。

あれから約10年。
新しいトライソを見て驚いた。

前モデルより50gもの軽量化を実現。
2500モデルで280g。
私が試したトライソは、前々モデルなので、当時とは異次元の軽さだ。
やや重ためではあるものの、とりわけストレスを感じるほどではない。
軽量化を実現させた大きな理由は、ボディとレバーへのZAIONの採用。
かつては高級機種のみだった機能だったが、最近は汎用モデルに続々と採用されている。

ZAION以外にも、マグシールド採用も見逃せない。
メンテナンス不要のマグシールドは、自分でリールのメンテナンス、もしくはカスタマイズを行いたい一部のアングラーから不人気。
しかし、簡単な水洗いだけで済ませたかったり、釣行日以外はあまり釣具に触れる時間の無い方にはその機能は大きな助けとなるはず。

そろそろ磯釣りリールの考え中のこの頃。
しかし、タコ釣りやハタ・ゲームの道具も揃えたい…。
次回購入の磯釣りリールの選択肢にの一つに、トライソが加わることも現実味を帯びてきた。


【ダイワ新商品】磯釣りのハイバリューモデル、プレイソがリニューアル

道具が多くて、エサの量もいっぱい、ラインやハリの消耗が多い…、
釣りのジャンルの中でも、トップクラスにお金がかかるのが磯釣り。
そんな磯釣りの助っ人に、ハイバリューモデルのリールがリニューアルした!

【ダイワ新商品】磯釣りのハイバリューモデル、プレイソがリニューアル

16_plaiso

ダイワの磯釣りの汎用モデル、プレイソが2016年10月にリニューアルして新登場!
今度のプレイソはなんと、全モデルよりも30gもの軽量化を実現しています!

30gの軽量化といえば、ほぼ10%ものウェイトダウン。
これは、リールの中ではかなりの大幅の削減率と言えます。

それを実現できたのはレバーとボディーに、ダイワの独自技術の「ZAION(ザイオン)」を採用したから。
ザイオンとは、カーボン繊維を高密度に織り込んだカーボン樹脂。
高剛性で軽量、これまでは高級リールにしか採用されていなかった優れもの。
近年のダイワでは汎用リールも徐々にザイオンを取り入れ中、大量生産によるコストダウンによる成果だろう(おそらく)。

磯釣りでは重要な、ドラグ性能もATD採用によりアップグレード。
これならもう、最高級モデルの「isoZ」は必要ないといえば言い過ぎか…。

個人的には年間の磯釣行回数が10回程度、他にもルアーをやっているので、機能も値段もプレイソで充分!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-18-57-48

今度のプレイソは、釣行回数少なめの磯釣り師の救世主になりそうですね!

 


一大ブームを巻き起こしたワインド、ブルーブルーが「ニンジャリ」で参戦!

タチウオ釣りで威力を発揮、関西から全国に波及したワインド釣法。

たくさんのルアーメーカーがワインド用リグ&ソフトルアーを開発し新商品を発売、その熱はまだまだ冷めそうにない。

そして2016年秋、個性派ルアーで人気上昇中のブルーブルーから、オンリーワンなワインド用ルアーが登場!

その名は…、「ニンジャリ」!

一大ブームを巻き起こしたワインド、ブルーブルーが「ニンジャリ」で参戦!

「ニンジャリ」を目にして、真っ先にわかるのが上下に配置された大きなシングルフック。

o9kte9uy7g779aij4y4o_480_298-c6b9bdae

この構造のメリットは、どちらかのフックが掛かれば、反対側のフックも自動的に掛かること。
シングルフックなので掛かりが深く、トレブルフックで頻発していたバレの心配も減少できそう。
面倒なアシストフックの必要もないのも、うれしいポイント。

シングルフックにすることによって、アクション時の抵抗も軽減したのでは?
切れ味鋭いダートアクションも期待できそうです。

なお、上下にフックを配置したことによる大きなメリットがもう一つ。
それは、上下のフックの軸が支えとなるので、簡単にソフトルアーを真っ直ぐ刺せること。

i4i4byx3ti76gvbzvdyh_480_270-fcabef70

少しの時間でも惜しい時合いの間でも、正確に速くセットできるのが大きな武器となります!

ニンジャリワーム

ソフトルアーのサイズは、ジグヘッドに合わせて3種類。
ジグヘッドとソフトルアーのサイズが、互い違いに使えるかは、現時点では不明です。

カラーは現時点で10種類、遊び心のある忍者をもじったネーミングがとても楽しいです。

2s9soj84djzi6s8z86gs_480_126-a8980d82

さて、使用してみないとわからないものの、とてもユニークなワインド用ルアーで、一度試して見たいと思いました。

他のワインド用ルアーとは明らかに違う動きをしそうなので、ドハマリすれば、釣れまくりそうです(その逆もありそうですが…)。

「ニンジャリ」は、2016年9月下旬発売予定、タチウオシーズンに間に合いそうですね!


【ルミカ】ケミホタルをセットできるジグ、メタルジャッカー

メタルジャッカーTOP大_バナー

夜釣りに欠かせない発光体の「ケミホタル」でお馴染みの「ルミカ」から、個性的なルアーが登場!

ルミカならではの特徴があると言えば…、

メタルジャッカー_web画像_160822

メタルジグになんと、「ケミホタル25」をセットできるのです!!!

個人的な感想は…、

買いです!

アピール力は抜群、ハマれば釣れまくるなんてことも期待できます。

それに、ルアーマンにとって何よりもうれしいのが、

ナイト・ジギングができることです!

ただし、アピール力がとても強いから、スレが早い心配も…。

いずれにしろ、超個性派ルアーなので、タックルボックスに入れておけば、いい思いができるのでは?

ワインドの発光体が定番となった今、メタルジグにケミホタルを使うのも面白いですね(^^)


張りのある胴調子、がま磯/ファルシオン

2016年秋、がまかつから磯釣りの上物竿。「ファルシオン」が発売されます!

ファルシオン

ファルシオンの特徴は

張りのある胴調子!

がまかつ竿のポジショニングマップを見ると…

22056G-01

これまでのがまかつ竿の調子パターンとは、明らかな違いがわかります。

個人的には「インテッサG-V」の張りと粘りの併有の完成度にいつも驚かされますが、マップを見る限りには、「インテッサG-V」に近い調子だと判断できそうです。

新素材である「T1100Gカーボン」とセパレートグリップの採用により、張りのある胴調子を実現できたとのこと。

「T1100Gカーボン」は、日本を代表する素材メーカーの東レが開発した素材。
高強度と高弾性を持ち、打ち上げロケットにも使われています。
「T1100Gカーボン」の解説ページ

セパレートグリップが頻用されているルアー釣りでは、セパレートロッドの元竿の曲がりをあまり実感できませんが、5mクラスの磯竿であれば実感できそうです。

がま磯史上最軽量のカーボンブランクスとのこと(部品を除く)。
要するに、それだけカーボンが薄い。
新素材による強度アップが、カーボン使用量の軽量化を実現しているのでしょう。

全機種にスクリューシートを採用しているのも、がま磯シリーズでは初めてではないでしょうか?
スクリューシートを好む釣り師が増えているので、現場の声を受け入れて設計したのでしょう。

2016年秋の発売が楽しみです(^^)

ファルシオン仕様

 


2016年秋、シマノの人気リール「ナスキー」がリニューアル!!!

シマノのハイコストパフォーマンス・モデルとして人気のリール、「ナスキー」が2016年秋にリニューアルされます。

product1_s

現行モデルから、カラーリングを大幅にチェンジしています。

↓13ナスキー

シマノ リール 13 ナスキー C3000

見た感じはシマノっぽくないような???

しいてあげれば、ダイワのレブロスに似ているような…。

↓ダイワ/レブロス

ダイワ(Daiwa) リール 15 レブロス 2000

見た目と同じく、機能も大幅にチェンジし、かなりのハイスペックかを実現しています。

2013ナスキーの主な機能
X-SHIP、AR-Cスプール、S A-RB、



2016ナスキーの主な機能
HAGANEギア、X-SHIP、コアプロテクト、Gフリーボディ、AR-Cスプール、S A-RB

注目すべき点は、これまで上位機種のみであった「HAGANEギア」の搭載。
これにより高精度で強いギアとなり、さらに巻き心地もよくなる。
コアプロテクトの搭載による防水効果アップも、耐久性アップに貢献するはず。

コンセプトとしては前モデルよりも、強度に重点を置いていのではないでしょうか?

販売価格は1万円を切ることが予想され、入門者にも、ベテランのサブ機としてもオススメ!
2016ナスキーの登場が楽しみですね!


【釣り動画】ドキュメンタリー・オブ・ニュー・トーナメント

2016年10月、ダイワの磯竿のフラッグシップモデル「トーナメント」が、リニューアルして登場!

トーナメント

今度の「トーナメント」のコンセプトは、

トーナメント03

コンセプトの内の「細」、「軽」は誰でもわかるでしょうが、「靭」とは???

「靭」とは、素材の粘り強さを表した言葉。

つまり、今度の「トーナメント」は、曲がってからの粘り強さを全面的に押し出すようだ。

磯釣り師の間で竿の粘り強さといえば、どうしても「がまかつ」のイメージがある。

がまかつの磯竿ならではの曲がりに、どこまで迫るのか、もしくはダイワならではの調子と粘りを体現できるか?

ニュー「トーナメント」の開発は、ダイワの7人のテスター(鵜澤政則、藤園賢一郎、武田一平、岡田健治、山元隆史、山元八郎、田中貴)の議論と実釣の中から、本当に求められている磯竿を導き出す。

その模様をホームページ動画としてアップしているのが、ダイワの覚悟を感じさせる。

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/iso_rod/16_tournament_iso_ags/index.html

7人のテスターの釣りスタイルはそれぞれ個性がある。

ダイワの磯竿開発陣が、どのようなロッドに仕上げるだろうか?

2016年秋、ニュー「トーナメント」の登場がとても楽しみだ。

 


2016年春の新商品、ヒットしそうな釣具はコレだ!

2016年の春も、私たちの胸を踊らせる新商品が、続々と登場しました!
今年ヒットしそうな新商品をラインナップしてみたので、ご覧ください(^ ^)

2016年春の新商品、ヒットしそうな釣具はコレだ!

ダイワ 16セルテートHD3500H(2500、3000、HDモデルは6月発売予定)

セルテートがさらに進化し、軽量化、ATD(オートマチックドラグシステム)やヘビーデューティモデル(HD)も登場しヒラスズキや大物にも対応しております!
現在注文数も多い人気のあるリールです(^^)

ダイワ ライトゲーム X ICV 150H

価格が安く、カウンター付きとのこともあって、150サイズはタイラバなどに人気です。
250、300サイズはアジ、イサキ、タチウオなどにオススメです!

ダイワ エメラルダス ラトル TYPE S 2.5号

スローシンキングタイプの2.5号はこれから活発化する、ケンサキイカ狙いに打ってつけのアイテムになるでしょう!
2016年春に次の5色が追加(夜光-フレアスカイ、ホロ-フレアドラゴン、パープル-フレアワイン、マーブル-ムーンシュリンプ、ピンク-桜シュリンプ)されて、その人気はまだまだ上り調子です!

 

シマノ ビーストマスター3000XP、3000XS

product1

どこまでも進化をし続けるシマノのビーストマスターがさらにパワーアップして新発売です!(6月予定)
モーターを従来より大きくし、30㎏のマグロだって上げられると言うんで申し分ないですね!

シマノ ストラディックCI4+

product1-1

バイオマスターの後継機種であるストラディックがCI4素材で大幅軽量化。
アジング、メバリング、シーバスにオススメです!(6月〜7月予定)

サンライン スペシャリストスプール(ダイワLBリール用)

spool

サンラインからダイワLBリール専用のスプールが発売されます!
まだ販売前からご注文の多い商品です。
ATDドラグ付きで獅子マークの入ったスプールはカッコいいです(^^)


【ダイワ】ディープのスモールベイトを演出、ソルティガ VSジグ

01_PHakakin_2

伊勢湾・敦賀・鳥羽の遊漁船と開発を進めて完成させたソルティガジギングプロジェクトチームこだわりの逸品。コンパクトシルエットでディープのスモールベイトを演出。独自のカッティングでハイスピードリトリーブからのワンピッチ転がり系トリッキーアクションを演出。


【エバーグリーン】“ドラグフォール”対応、オケアノス リミテッドエディション

imageresize.php

近代ジギングの大家でありスローピッチジャークの生みの親、佐藤統洋氏がかねてより語り続けてきたのが、フォールの有効性です。

ドラグフォール釣法は、レバードラグ式リールを用いて若干のドラグ力をかけながら、ジグのフォールスピードやアクションを自在にコントロールするという画期的な釣法です。

オケアノスリミテッドはドラグ機構を見直すことで、繊細かつ緻密なドラグワークに特化した新たな機構を採用しました。

 

繊細なアカムツなどをターゲットとした中深海の釣りや、警戒心の強い大型青物を仕留めるスローピッチジギング、喰い渋るタチウオに口を使わせるフォールによる喰わせなど、様々な釣りにおいてドラグフォールが大きなアドバンテージを生むことは実証済みです。

 

また、フォール中のアシストフック絡みや着底時のバックラッシュを簡単に回避できるということも釣り自体の効率化に繋がる大きな利点と言えるでしょう。進化したリールによる進化した釣法が、あなたにさらなる釣果をもたらします。

スクリーンショット 2016-04-01 23.21.24

 


【バークレイ】日本市場に向けた独自デザイン、DEX SC55F/63F (デックス シャッディングクランク)

バークレイより、初の日本企画による日本市場に向けた独自デザインによるハードベイトシリーズ 「DEX」-デックス-が誕生しました。

日本市場に向けた独自デザイン、DEX SC55F/63F (デックス シャッディングクランク)

DEX_SC_イメージカット

(シャッディングクランク) DEXクランクシャッドの最大にこだわった他に類をみない体高を持たせたボディ。 それによりキレのあるウォブリン&ロールによる明滅アクションが可能。 オールシーズン対応のマッディーから、クリアーウォーターまで幅広い使用範囲を持たせました。

SC55F_63F_hikaku-thumb-250x166-60090

1.どんな状況にもマッチする2サイズ
2.フラットサイド形状+ハイピッチアクション
3.コフィンリップ採用により高スナッグレス性能
4.ベイトタックル対応
5.潜行深度MAX1.8m

バス釣りへ行こう!
つりトップ


【ジャッカル】海釣り専用ブレードジグ、チャラブレード

charablade_main11

ロックフィッシュやマゴチ、ヒラメを主なターゲットにしたブレードジグ。流れの強い海釣りに適したヘッドサイズに大きなアピール力を備えたブレード。これらのバランスの良いセッティングを導き出し、極めて高い操作性を手に入れました。手元に伝わる心地の良い振動がルアーの挙動を伝えてくれるとともに、底から素早く浮き上らせてくれるので初級者にとっても使い易いルアーになるでしょう。サーフからも磯場からも、ボートからでも豊富なサイズラインナップで対応します。交換可能なフック構造でカスタマイズも自在です。「良く飛び、素早く沈み、大きくアピール!」チャラブレードを使えば海のワームフィッシングがより一層手軽なものになるはずです。

スクリーンショット 2016-03-29 22.56.13


【ヤマリア】限定販売、ポップクィーン関西メジロSP

YAMARIA

フラッシング効果を最大限に高めたホログラム仕様の”ポップクィーン”メジロ専用カラー。

フラッシング効果を最大限に高めたホログラム仕様で広範囲をアピール!

【専用カラー】

関西メジロ定番のベイトカラーと、フラッシング効果を高めたホログラム仕様

【透過フラッシング】

Maria独自の“デザインホロ”による、新しい視覚効果“透過フラッシング”

スクリーンショット 2016-03-27 21.16.22


驚異のバイト数を叩きだすカーリーテール、フリックカーリー4.8

main7

琵琶湖での年間ガイド日数が250日を超える、平村尚也氏プロデュースのカーリーテールワーム。「誰が使っても、バイトが得られる」 をコンセプトに開発されたワームです。
わずかな水流でもアクションするように設計された “カーリーテール” が自発的にアクションし、バスを誘います。プレッシャーのかかった休日のフィールドでもバイトが得られるアイテムに仕上がりました。

スクリーンショット 2016-03-25 19.20.30


究極の落ちパク系ワーム、ダブルモーション(ロックフィッシュカラー)

197656901_08

「究極の落ちパク系ワーム」ダブルモーションに、待望のロックフィッシュカラー登場! アイナメ、ソイ、ハタ等のロックフィッシュに対し抜群の威力を発揮します。

スクリーンショット 2016-03-23 23.39.44


《カルティバ》高いアピール力と根掛かり回避能力、悪路ジグ

photo01

テーマはアピール力と根掛かり回避能力、特にストラクチャー周りをタイトに攻められる。
テルト&エラーを繰り返し、ようやく実現した低重心、後方ウエイトによるステイ時のフレアアピールと独自形状と計算されたガード強度・角度によるレイクダウンやウィードへの【抜け】。
どんな悪路も乗り越えて魚をとる性能に特化しました。

スクリーンショット 2016-03-19 6.41.06


鮎ダモSF競技SP3610・J/3910・J

3910J_black

鮎が網の中で自由に泳ぎにくく、さらに網の前後の深さが異なることで鮎が深い方に頭を向けた状態で安定する。鮎が安定することで針が網目に掛かりにくく、簡単につかめて素早く手返しを行えるため、鮎も弱りも軽減できる。

arioka

■網の中で鮎が自由に泳ぎにくく、簡単につかみやすいスピードフォルム(SF)で手返しが速く鮎の弱りを軽減
■網前後の深さが異なる事で鮎の方向が安定して捕まえやすい
■結び目がない機械編みのオール約1mm網目で滑りが良い(特に内面)ため魚体を傷めにくく、さらに針がひっかかりにくい
■ポリエステル素材で張りがあり、網の形状がくずれにくい
■e-バランスグリップIII:抜き差しのしやすさと腰での安定感を追求した形状。
■メタル製グリップエンドガード:優れた手元バランスを実現すると同時にグリップをキズから守る。
■高硬度RS(リジッドサポート)ジョイント:フレーム・グリップ間のガタツキを極力抑える構造。
■フラットフレームII:肉厚化・表面積アップにより、ネジレや曲がりに強いフレーム。
■尻手ロープ取り付け穴
■網フレーム下方向取り付け構造
■持ち運び・保管に便利なキャリーケース付き

スクリーンショット 2016-03-17 23.56.44


1 2 3 4 5 15