書籍 一覧

《新刊情報》寒グレの釣果を大きく左右する”違和感”を斬る!磯釣りスペシャル3月号

 

磯釣りスペシャル 2016年 03 月号 [雑誌]

寒波の襲来で水温が下がり、磯は”寒グレ”シーズンのまっただ中に突入しました。
繊細に釣りを組み立て型のいいグレを仕留めるゲーム性が、寒グレの一番の醍醐味です。
とはいえ、急激な水温の低下による寒グレ特有の「食い渋り」を避けて通っては釣果に決して結びつかないものです。
磯釣りスペシャル3月号のメイン特集は、グレの食い渋り時に釣果を大きく左右する「違和感」をテーマにしています。違和感を回避する方法など、様々な角度から斬りまくります。
表紙は、森井陽名人です。


《新刊情報》渓流2016春号

渓流

渓流釣りファンから長年愛読されてきた「渓流」の2016年の春号では、今や海外でも注目を浴びつつあるテンカラを特集。竹の和竿を使った釣りから、最新技術で作られたロッドの魅力など、道具へのこだわりを紹介しています。
また、タイイングの基本テクニックについても、分かりやすく説明。
源流釣行記事をたっぷり収録、遡行の記録をまとめています。

本流の大物狙い、フライフィッシング、 さらに「少年時代の狩猟採集生活」と題し、大人になっても渓流で生きものたちと遊んでいる6人の釣り人が、腕白だったころの話をエッセイで綴っています。

渓流をとことん遊びたい大人の必読の書。
渓流ファンでなくても魅了される、素晴らしい写真をたっぷり掲載しています!


《新刊情報》イカ王 重見典宏 釣れない時代のアオリイカエギング処方箋

eging-cover01-03

「難しく考えずに楽しめばよい」。
独自のエギング理論でたくさんのエギングファンを魅了する重見典宏さんの、最新釣技解説書。質問に対する答えがシンプルで明確、理に叶ったエギング理論を次々に展開します。

「ボトムに餌木を付けたらあとはシャクるだけ」
「とにかく常識にとらわれていたら面白くない。釣りは遊びなのだから固定観念にとらわれず大いに楽しむべき」

これまで重見さんが行なってきた水深100mのエギングやマダコをねらうタコエギングなど、破天荒な釣りも紹介しています。
王道エギングは陸っぱりとボート、ティップランスタイルを合わせて解説。これからエギングを始めたい入門者、この釣りをもっと追究し、今より発展させたいと思っているエキスパートまで、重見流アドバイスがきっと役に立つはず!


《新刊情報》The SEABASS

511EE3qFVYL._SX368_BO1,204,203,200_

デイのランカー狙いにこだわり、15人のトップアングラーに本気で狙ってもらった釣行リアル企画本です。
それぞれのアングラーが時合いや場所、狙い方について独自のメソッドを紹介しています。
他内容
「名手たちの対デイランカー本気一軍ルアー大公開」
「デイゲーム必釣スタイル」
「ベイトタックル有効論」
「ファイト〜ランディングまでのランカー対策」
「ビッグベイトの使い方」
「東西デイゲーム最新事情」
「各地ショップ店員オススメ日中プラン」
など、盛りだくさんです。
デイのランカー狙い、ナイトとは違ったスリルと面白さがありますよ!


《新刊情報》FINAL Ans. of Hook

finalanswer_cover_2

バスのキャッッチ率を上げるためのフック選びを、わかりやすく解説した一冊です。
バスフィッシングのフックといってもオフセット、ストレートフックなど様々なものがあり、同じカテゴリーのフックであっても、形状や貫通力に違いがあります。
この本ではバスフィッシングのトップアングラーが、フックに対する考えとこだわり、状況別フック選択を詳しく解説しています。
初心者からエキスパートまでが学ぶことのできる、バスフィッシングのフック選びの指南書です。
登場アングラーは青木大介、伊豫部健、内山幸也、川村光大郎、並木敏成、平村尚也、茂手木祥吾(敬称略・50音順)


《新刊情報》山溪ハンディ図鑑シリーズ待望の「淡水魚」編が登場!

再発見されたクニマス、近年新種記載された魚種をはじめ、最新情報を盛り込んだ淡水魚図鑑です。
日本の淡水魚306種・亜種を掲載。純淡水魚はほぼ網羅しています。
外来魚についても現況を詳しく解説しています。

山溪ハンディ図鑑シリーズ待望の「淡水魚」編が登場!

ポイント1 最新情報をもとにした解説・構成
新種の追加や学名の変更、保全の取り組み、急速な拡がりを見せる外来魚など、淡水魚を取り巻く状況は近年大きく変化しています。本書では魚類学・系統分類学を専門とする執筆陣が、最新情報をもとに各魚種の特徴や生息現況を解説しています。

ポイント2 美しい写真で特徴がよくわかる
写真家・内山りゅう氏による標本・生態写真で構成。それぞれの標本写真ではひれの条数や体の模様をはじめとした特徴を、引き出し線で図示しています。また、雌雄はもちろん稚・幼魚も誌面の許す限り掲載しました。フィールドでの同定にも最適です。

ポイント3 巻頭・巻末の付録情報が充実
巻頭・巻末における付録も充実。うろこやひれの数え方をはじめとした形態解説や、魚類学用語解説、日本産淡水魚リストといった、淡水魚への理解を深める資料を付しています。

併せて読みたい「海水魚」編

釣った魚を調べよう!
つりトップ


《新刊情報》ライトゲーム王 ルアーマガジン・ソルト別冊

真冬の夜のホットゲームで大人気の、アジとメバルの総力特集です!この一冊があれば、脱初心間違いなしですよ!

ライトゲーム王 ルアーマガジン・ソルト別冊

【特別ふろくDVD】
アジなヤツら 房州極技 in房総半島(千葉県) 渡邊長士×松本幸雄

【巻頭カラー】
●SMD完全攻略法
脱初級のための3レンジ制圧アジング 家邊克己☓秋丸美帆in壱岐島(長崎県)
●柔軟織りまぜ匠なアジング。武田栄in泉南エリア(大阪府、和歌山県)
●3つの選ぶ基本を間違えなければ数もサイズもグングン伸びる! 藤原慎一郎in大阪湾ほか
●Day=反射喰い Night=リトリーブ 狙い分けで釣果UP! 広瀬達樹in 宇和海離島(愛媛県)
●厳冬期の必須テク! アミ喰いアジはボトム&スローで狩れ! 丹羽喜嗣in瀬戸内海(山口県)
●明暗をきっちり攻めるアジングのベーシック ポイント選びとルアーアクション トミー敦in大島(愛媛県)
●荒喰いで爆釣!! 喰い気MAXな“ベイト依存型”メバルを釣りマクレ!! 辻本ナツ雄in瀬戸内海西部(広島~愛媛県)
●年末年始は、スローワインドでブレイク・メバルが狙える! 奥津剛
●ベイトの接岸を考慮し、河口エリアをハードベイトでアクティブに攻める! 郡司和福
●食欲旺盛なマッチョ系でかメバルは、“アトナカ”のゴロタ場を狙え! 山城剛

【モノクロ】
●Let’s Get Started! 5ステップで学ぶ! 初めてのライトゲーム
●もっと遠くへ! もっと快適に! 最新フロートの使いこなしテクニックを完全詳解! フロートリグ虎の巻!!
●最盛期アジはウィード攻略で爆れ!! 松本幸雄 in外房エリア(千葉県)

【巻末カラー】
40オーバーアタリマエ! でかアジ釣るならボートアジング!
●巨アジ連発! ムラカミ式ボートアジングのススメ!! 村上晴彦
●ゴーマルオーバーも夢じゃない! でかアジ釣るならボート乗ろうぜ!! 太田武志
●最新一気見せ! 2015-2016 NEW TACKLE CATALOG for LIGTH GAME
●タックルハンター ライトゲーム王出張版 ハヤブサ・ニューワーム&ジグヘッド

真冬のアジ、メバルを楽しもう!
つりトップ


《新刊情報》磯釣り秘伝2016 上の巻

2016年度版からは従来の「グレ」「黒鯛」の2誌を統合し、上下巻の形式に改めて発行いたします。

11月30日発売の上の巻は、特集はグレ名手10人の秘策を公開!「コマセ&付けエサ 十人十色」、エキスパートが教える“食わせ”の技「口オモリをマスターする!」の2本。そのほか2015-2016ニュータックルインプレッション、ヤリトリの基本を見直す「正しいロッドワークとLBの使い方」などなど、お役立ち企画満載でお届けします。

[カラーグラビア]

平和卓也 “点の釣り”2ラウンド
(新潟県粟島浦村・粟島&静岡県下田市・下田沖 横根)

南 康史 宙で見せ、底で惑わせるフリーフォール vs 港湾チヌ
(広島県広島市・草津沖堤防)

田中貴 新たなる“ゼロ”の解釈 “釣れる流れ”を狙い撃つ!
(宮崎県延岡市 北浦・沖の二つバエ&高島の鼻)

山元八郎 天才の心・技・体
(愛媛県宇和島市・日振島11番)

大知昭のニッポン・チヌ旅
【第2回】青森県北津軽郡・小泊ほか


《新刊情報》モンパチのサッシーが表紙、磯釣りスペシャル 2016年 01 月号

寒グレを捕捉する海中イメージ養成塾

本格的なシーズンを迎えたグレをテクニカルに、かつゲーム性高く楽しむため のノウハウを満載した『磯釣りスペシャル1月号』。カラーページでは 四国の メッカ愛媛の激アツバトル3本立てをはじめ、山元八郎さんの理論と実践、紀伊半島の浮きグレや伊豆半島の難敵攻略、そして九州甑島の深ダナ ゼロ攻略など 注目のネタを連発。モノクロページでは、平和卓也さんインタビュー「潮読み力 をアップせよ!」と6名手が明かす「マキエの流れる先を 読む」からなる大特 集「寒グレを捕捉する海中イメージ養成塾」や「サンノジ地獄を脱出せよ!!」な ど盛りだくさんの内容でお届けします。

磯釣りへ行こう!
つりトップ

 


《新刊情報》初心者からエキスパートまで、メバル超入門 vol.9

入門者からエキスパートまでの幅広い層が楽しめるメバルシリーズの第9弾です。

特集では「メバジギ入門」、「フロートリグ」、「ドリフトとダートの使い分け」など、基本から最先端のテクニックをやさしく解説しています。寒い冬の夜こそ外に出て、ホットなメバル釣りを楽しみましょう!

メバル釣りへ行こう!
つりトップ


《新刊情報》『Basser2016年1月号』11月26日発売!

basser

10月24日、25日に利根川水系で開催された「2015 Basserオールスタークラシック」の模様を徹底レポートした特集号です。
今大会、2位以下に大差をつけて連覇を達成したのは青木大介選手を中心に、大会の様子を迫力のある写真を掲載しています。。優勝をねらって湖上を駆け巡った全選手20名に、プレスアングラー(審判兼記者)が同船しているので、余すところなくその一挙手一投足を記録しています。
真剣勝負の2日間、「2015 Basserオールスタークラシック」に酔いしれる激アツの一冊です!

バス釣りへ行こう
つりトップ


堀田光哉ヒラメ釣りパーフェクトマニュアル

ヒラメゲームの第一人者としてテレビや雑誌で大活躍中の堀田光哉さんが完全監修したルアーでヒラメを釣るためのハウツー書。ポイントの見立てや必要なタックルといった基本から、シンキングペンシルやワーム、メタルジグといったルアーごとの使用方法まで、ヒラメゲームの最新テクをばっちり解説します。さらに、記事連動の付録DVD付きで、ますます理解が深まること請け合い。大ブームのヒラメゲームを学ぶなら、この一冊で決まりです!

堀田光哉ヒラメ釣りパーフェクトマニュアル

●巻頭スペシャル対談
漫画家・イラストレーター 花くまゆうさく×ヒラメハンター 堀田光哉
だから僕たち、ヒラメ釣りがやめられない!」
サーフにヒラメを追いかけろ!
サーフ攻略の要!
最先端のヒラメルアークローズアップ

●第1特集
タックルから攻略テクまで堀田光哉が完全解説
最新ヒラメ攻略法

など。


ロックフィッシュ地獄 2015-2016

メバル、ハタ、ソイなどをねらう 日本全国のロックフィッシュゲームをレポート。 徹底した現場主義を貫き、 エキスパートの30釣行に記者が同行。 オールカラーで徹底レポートしています。

ロックフィッシュ地獄 2015-2016

■特集内容 マヅメtoマヅメドキュメント 朝マヅメから夕マヅメまで。あるいは夕マヅメから朝マヅメまで。マヅメの定義を日の入りと日の出の時刻として、その時間から第1投を開始。その時間までに納竿する約12時間の攻防を時系列でリアルに伝えていきます。 ハードベイトでしか獲れない1尾がいる ジグヘッドリグやテキサスリグ、キャロライナリグなどソフトベイトを使うことが多いロックフィッシュの釣り。しかし、プラグ、メタルジグ、ワイヤーベイトといったハードベイトだからこそ手にできる魚がいるのも事実。名手たちの出しどころ、使い方、そしてローテーション術に迫ります。


《新刊情報》アジングJAPAN最前線2015-2016 (別冊つり人 Vol.407)

釣り人社の人気ムック、アジングJAPAN最前線が今年も出版されました。表紙には若きカリスマ・ルアーマンのりんたこ、こと岩崎林太郎氏が登場!丸々と太った、美味しそうな金ぴかアジです。

『アジングJAPAN最前線2015-2016』の特集テーマは微小なアタリも逃さない「感度ア ップの秘訣」に迫ります。たとえばロッド、たとえばライン、そのほかリグやアプローチ 法など、名手たちが実践するアタリ増加&感度アップにつながるこだわりや工夫を公開し ます。そのほかアジングにベイトタックルは有効なのか? ほか名手たちのランガン装備 &クーラーボックス拝見コーナーでは鮮度保持の私流アジをおいしくいただくための持ち 帰り方も紹介。さらに風&雨&低水温といった悪条件克服法もアドバイス。そのほかデイ ゲームの可能性や1尾を釣るまでのハイプレッシャーアジングゲームの鉄板メソッド、そ のほか各地フィールド情報も満載! まさにアジング最新ニュースがめいっぱい詰め込ま れた凝縮の1冊。数釣り派も大もの派も、アジングファンすべてに捧げるお役立ち情報満 載の内容でお届けします。 ●主なコンテンツ 特集 感度アップの秘訣教えます! ・ヒロセマン直伝アタリの増やし方 ・ショートロッドでアタリ&釣果アップ ・デイのアタリ、ナイトのアタリ ・ラインで変わる感度の違い ・藤原真一郎の尺アジ物語 ・新風! ベイトタックル理論 ・ランガン装備&クーラーボックスのレイアウト拝見 ・強風&低水温に打ち勝つ、タフコンディション克服法 ・目指せ100ピキ! or 目指せ50㎝超! ・ワームの刺し方で決まる、ワーム&ジグヘッド形状の使い分け


《新刊情報》バス雑誌2015年11月号、続々発売中!

毎月26日は、各出版社からブラックバスの月刊誌(隔月誌もあり)が発売されます!

まずは、老舗のつり人社から発刊される「BASSER」。

奈良県・池原貯水池で開催された「キングオブファンタジスタ決勝戦」の模様を詳細にレポートします。青木大介さん、国保誠さん、澳原潤さんが出場したこの試合は、それぞれ得意な釣りのスタイルが違う3名の選手がどのようにウエイトを伸ばしていくのかが見所です。

続いて、レイアウトが賑やかで迫力ある誌面構成の「ROD&REEL」!表紙は並木敏成氏です!

そして、「Lure magazine(ルアーマガジン)」!表紙は吉田撃氏、巻頭テーマは「秋のデカバス岸釣り乱打戦」と銘打ち、とても楽しみですね♪

秋バスは冬に向けて食いが立つので、パターンにハマればガンガンアタックして来ます!秋バス攻略のお供に、雑誌を読んで研究を深めてみては?


《新刊情報》大盛り!メバル・アジ釣り場: ちょいっと楽しい!ライトルアー

関東周辺の各釣り場に精通したアングラーたちが、メバルやアジが濃いポイントをピックアップ。狙い所や釣り方、使いやすいルアーなどを紹介します。さらに、常夜灯の位置や足場の高さなどもポイント図に明記し、釣り座自体の写真もなるべく多く掲載。釣りやすさもはっきりわかる内容です。


《新刊情報》CarpFishing 2015 Fall―コイ釣りNEWスタイルマガジン (別冊つり人 Vol.406)

特集は「アウェイの洗礼」。キーワードは“初場所”、“マイナーレイク”、“未開のダム湖”、 “秘境”……。今回は普段釣り慣れたフィールド、ホームグラウンドから離れ、アウェイ の釣り場で勝負。行き慣れた釣り場であれば、コイの回遊ルートやその時期にねらうべき タナ、ヒットするエサなど予想は可能だが、アウェイではそうはいかない。だが、いつも と違う釣り場に対峙し、試行錯誤の末に手にする1尾は普段とは異なる輝きを放つ。釣れ ると分かっている予定調和はいらない! 筋書のないドラマをお伝え。 とはいえ、初場所やマイナーレイクに挑戦し、手つかずの1尾を求める時間がある人は そう多くない。そこで、特集と対極をなすようなホームグランドで釣果を伸ばすコツを解 説。釣り続けていると、スレが原因なのか? 警戒しているのか? 最初の1尾は何とか 釣れるが、後が続かないとの声も。その一方で、ベテランは華麗に連続ヒットに持ち込む。 その違いは何なのか? 1尾で終わる釣り人と連続ヒットに持ち込むベテランの差を分析。 そのほか、秋・冬の戦術、もう一度見直したいパウダーベイト、大ゴイレポート、注目の 新製品紹介などを紹介。


《新刊情報》世界の怪魚釣りマガジン 4 一世一代の旅?週末弾丸海外?怪しい魚を釣りたいように釣ろう!

大好評「一冊まるごと怪魚釣りムック」第4弾。今号では、南米を中心に全世界を駆け巡り、熱く、迫力ある誌面で怪魚ハンターたちの釣り旅を、たっぷりと紹介します。さらに、小塚拓矢がピーコックバス15種の完全制覇に挑んだベネズエラへの釣行を収録したドキュメントDVD付きです!


《新刊情報》FLY FISHER 2015年 11 月号

特集は「尺が口を使う日」。今回は、シーズン終盤、ダムや本流から遡上する良型のイワナ、ヤマメをどうねらうか……という切り口のもと、実釣取材、過去の経験談などから、秋の大ものを釣るためのヒントを探ります。ひと雨ごとに移動する大型魚を手にするため注目すべきポイントを詳しく解説しています。 このほか、キューバのタ―ポン、オーストリラリアのアオリイカなどの海外釣行レポートや、秋のアメマス・ニジマスをテーマにした北海道釣行記事も豊富に掲載しています。また、ニンフ、ウエットフライのタイイング解説、群馬県丸沼釣行ページなど、今回も幅広い内容でお届けしています。


《新刊情報》ルアーマガジン・ソルト 2015年11月号

特集
一撃必釣 秋ワザ

[エギング編]
初めての場所でも困らない!秋イカ、簡単サーチ術
湯川マサタカ
in中通島・福江島(長崎県)

秋でもでかイカっ!の極意
重見典宏

秋イカの数釣りは……
極小エギで一投一釣!!
笛木展雄

シーバス編
港湾デイゲーム、確釣のHint5
大野ゆうき
in 東京湾(東京都)

[アジング編]
アクションも場所も、変化急が効く!
藤原真一郎
in泉南(大阪府)~洲本周辺(兵庫県)

確実に仕留めるためのJHリグ
ワームローテーションの極意!
For デイゲーム
丹羽義嗣
in 瀬戸内海(山口県)など

盛りだくさんの内容ですよー!


1 2