未分類 一覧

2019年秋発売 ダイワ新製品LBリール、シグナス&ラグザスを徹底解説

磯釣りをする上で、スピニングリールのドラグ性能だけでは対応できなかった魚の引き込みを、レバーブレーキ(LB)が搭載されたことによって迅速にロッドワークに繋げることが可能になりました。現在に至るまでLBリールは磯釣り専用機種として進化を遂げ続け、BITUBO(バイターボ)ブレーキシステムという新たなテクノロジーを搭載した2機種が2019年秋にリリースされます。

ダイワ 2019秋 新製品LBリール、シグナス&ラグザスを徹底解説!

『BITURBO(バイターボ)ブレーキ』とは?

まずは、新製品LBリール「シグナス」と「ラグザス」に新搭載されている注目のBITUBO(バイターボ)ブレーキについて解説します。

■ブレーキ効率が2倍

摩擦係数の高いチタン素材をブレーキディスクに採用することで、従来比で約2倍のブレーキ効率を実現したBITUBO(バイターボ)ブレーキ。ブレーキ力が上がれば、そのぶんレバーを握る力を軽くすることができ、長時間のやり取りの疲労軽減やロッドワークの集中力アップなどブレーキ力アップには大きなメリットがあると着目されています。

 

 

■レスポンスの向上

レスポンスの向上とは、従来製品と比べて制動力が働くまでの反応が早くなったということです。ブレーキに速効性があることで根ズレを回避しやすい、取り込みが早いなどのメリットがあげられます。必要ブレーキ力に到達するまでの時間を従来比1/4にまで短縮し、アワセとともにレバーを握った瞬間、強大な制動力が鋭く立ち上がります。

また、逆転時にスプールが上下動しない『ワンウェイオシレーション』の相乗効果で、スムーズかつスピーディなやり取りを実現します。

 

 

 

クイックオンオフレバーブレーキシステム

レバーを操作する指先でそのままレバーを引けばOFF、押せばONと、ラインを出す、止めるといった操作と、ストッパー機能をレバー1本で瞬時に対応することが可能なブレーキシステムです。

軽い握力で従来よりもブレーキにパワーに加えて、より即効性が向上し、根ズレなどトラブルの回避に頼もしい次世代ブレーキが「バイターボ」なのです。

 

2019年 秋の新製品「ラグザスLBD」

プレイソの後継機種として新登場したラグザスシリーズはトーナメントシリーズで培った新テクノロジーBITUBO(バイターボブレーキ)を搭載しながら、価格帯は変わらず進化だけを遂げてリリース。上位機種との機能差は、自重、回収スピードと逆転フリー性能が挙げられる程度、上級者も納得できるミドルクラスと言えます。

 

 

ロングキャストABS搭載

トラブルレス性は維持しつつ、ライン放出性を徹底的に追求したのがロングキャストABSです。遠投性の向上はもちろんですが、遠投しなくていいシチュエーションでも今までより軽い力で振り込むことが可能になりました。余分なラインが出ないため、ラインメンディングがしやすく、サシ餌が取れ難いなど軽い仕掛けなどの操作性にも大きく貢献しています。

その他主なスペック

●マグシールド:ボディとローターの隙間に磁性を持つオイルの壁を作ることで海水や埃などの侵入をシャットアウトする防水構造

●アルミ鍛造レバー:確実なブレーキ性能を発揮

●ATD:急激な突っ込みに対応しラインブレイクを防ぐ

●ZAION:高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂。ハンドル、ボディ、ローター他搭載

●ハイグリップTノブ:確実なグリップ力を発揮

デジギヤ・デジギヤⅡ:ドライブギア歯面形状を完全デジタル化することで、さらなる強度の向上と滑回転を実現。

 

 

 

2019年 秋の新製品「シグナスLBD」

ソライソ後継モデルとして、今秋発売の「シグナス」ですが、BITUBO(バイターボ)ブレーキ、専用ZAIONブレーキ、大口径ドラグノブやLC-ABSなどの新テクノロジーを網羅し、上位機種「ラグナス」と比べて機能性での差がもはや自重ぐらいしかありません。LBリール入門者には間違いなくおすすめの1台です。

 

 

主なスペック

BITUBO(バイターボブレーキ):軽い力で確実なブレーキ制動力を発揮
・ブレーキ力アップ:ブレーキ効率2倍
・レスポンス向上:従来比1/4へ短縮

●マグシールド:ボディとローターの隙間に磁性を持つオイルの壁を作ることで海水や埃などの侵入をシャットアウトする防水構造

●ATD:急激な突っ込みに対応しラインブレイクを防ぐ

●ZAIONブレーキレバー:軽さ・扱い易さを追求

●ワンタッチアルミハンドル:簡単に折りたためる優れもの

●ロングキャストABS:遠投かつ仕掛けを自然に馴染ませやすい

●ハイグリップTノブ:確実なグリップ力を発揮

●デジギヤ・デジギヤⅡ:ドライブギア歯面形状を完全デジタル化することで、さらなる強度の向上と滑回転を実現。

 

 

 

まとめ

2019年秋にダイワから発売されるLBDリールの新製品「シグナス」と「ラグザス」は、トーナメントなどの上位機種シリーズにしか搭載されていなかったBITUBO(バイターボ)ブレーキシステムをはじめ、ロングキャストABSなど様々な機能を網羅しリリースされます。シグナスはレバーブレーキリールの入門者に、またラグザスは上級者にもおすすめできるコストパフォーマンスに優れた新製品と言えるでしょう。


2018 アマゾンタイムセール祭り開催!10月31日(水)18:00〜11月4日(日)01:59まで

■□80時間のビッグセール Amazonタイムセール祭り■□
10/31(水)18:00 ~ 11/4(日)1:59
【最大5,000ポイント還元】ポイントアップキャンペーン同時開催。セール商品以外も対象となります。

欲しかった釣具がタイムセールに登場するかも???

 


ベイトリールで軽いルアーを投げたい!そのためのタックルセッティングや投げ方のポイントとは?

ベイトリールで軽いルアーを投げたいと思う方は多いと思います。
構造上、重たいルアーを扱うのを最も得意としているベイトリールですが、現在では軽いルアーも扱えるモデルがあるほど技術が向上しています。
今回はベイトリールで軽いルアーを投げるためのタックルセッティングや、キャスティングのポイントについて解説します。

ベイトリールで軽いルアーを投げたい!そのためのタックルセッティング・投げ方のポイントとは?

<ベイトリールで軽いルアーを投げるメリット>

軽いルアーを投げる、といえばスピニングタックルが最初に思い浮かぶと思いますが、それをベイトリールでやってみると下記のようなメリットがあります。

・リトリーブが安定する
・スピニングタックルより太いラインが使える
・ルアーによっては、飛距離が向上する

軽いルアーは手元のブレがそのままラインを通して伝わりやすいので、アクションが不自然になることがありますが、ベイトリールはリトリーブ中のルアーの姿勢を安定させやすいと言えます。
また、同時にラインでバイトが取りやすくなるといったメリットも生まれます。

アブガルシア ベイトリール REVO MGXTREMEアブガルシア ベイトリール REVO MGXTREME.ベイトリールではスピニングタックルより太いラインを使うことができます。
太いラインを使用できれば、カバーなどの細い糸で狙うのをためらうポイントでも軽いルアーで効率的に攻めることができ、釣果アップにもつながります。

さらにルアーによってはキャスト飛距離がスピニングタックルより伸びるものがあります。
キャストのときにラインがガイドにあたる抵抗を最小限に抑えられることが理由としてあげられます。

<軽いルアーを投げるためのタックル>

初心者の方はどういったタックルを使ったらよいか分からないと思います。
ここではその例を挙げておきます。

・ロッド・・・6.6~7ftクラスのライトパワー
・リール・・・スプール直径が小さなモデル
・ライン・・・6~10ポンド

軽いルアーを投げるためにはロッドをしっかり曲げてキャストすることが重要です。
少し長さがある方がしなりやすく、かつ柔らかいライトパワーのベイトロッドが適しています。

メジャークラフト ベイトロッド コルザベイトフィネスモデル CZC-672L/BFメジャークラフト ベイトロッド コルザベイトフィネスモデル CZC-672L/BF
リールは、スプールの直径が小さなモデルを選んでください。
ベイトリールはスプールの直径によって投げやすいウエイトが決まります。
軽いルアーを使う際には、直径32mmくらいのスプールが使いやすく、ラインに関しては6ポンド以上の太さがよいでしょう。
6ポンドより細いラインにしても飛距離はあまり変わらず、かつスプールとボディーの隙間にラインが挟まってしまうことがありますのでおすすめできません。

<軽いルアーを投げるためのセッティング>

軽いルアーを投げるためには、タックルとセッティングが重要です。
ここではセッティング例を2つ紹介します。

・ブレーキ調整
ベイトリールではブレーキ調整が必要となりますが、軽いルアーを使う際は、より細かくセッティングをする必要があります。
まずメカニカルブレーキはロッドにラインを通して、ルアーを結んだ状態で水平に構え、クラッチを切るとルアーの重みでラインがスルスルと出る程度にしてください。
ブレーキシステムについては、強さを最大にしてから投げてみて、徐々に弱めていくとよいでしょう。
キャストしながら弱めていき、キャスト時にラインがスプール上で浮くところが出てくると思いますので、それより少し強めの状態で設定するとトラブルなく使いやすいです。

・ラインの巻き量
軽いルアーを投げるときには、ベイトリールのスプールに巻くラインは少なくしておきましょう。
スプールにラインをいっぱいに巻いてしまうと、巻いたラインの重みでスプールの立ち上がりが悪くなり、逆に回転し始めると過回転になりやすくなります。
30~40メートルくらいを目安としてください。
ラインを巻くときは、ハンドル1回転あたりの巻き取り量を参考に、ハンドルを何回転させたらよいかを考えて巻いてください。

<軽いルアーの投げ方>

軽いルアーを投げるときには、まずタラシを長めに取りましょう。
通常の重さのルアーであれば20センチ程度ですが、軽いルアーの場合は50センチ以上取るとよいでしょう。
タラシを長く取ることでルアーの重みをロッドに乗せやすく、また投げるタイミングも取りやすくなります。

JACKALL(ジャッカル) ルアー チェリー44JACKALL(ジャッカル) ルアー チェリー44 クラシックリミテッドセット D SET

次に投げ方ですが、大きな動作で投げることがポイントです。
軽いルアーは速い動作で投げようとすると、ロッドの曲がりとルアーの重みが乗るタイミングがずれてしまいます。投げる瞬間の衝撃が直接ルアーに伝わってしまうと、飛行姿勢が乱れて飛距離が落ちてしまいますので、ゆっくりと大きな動作で流れるように投げるとよいでしょう。
また、ルアーの重みを感じ取りやすくするために、シングルハンドでのキャストもおすすめです。手首のスナップを柔らかく使って投げるようにしてみてください。

<まとめ>

ベイトリールで軽いルアーを投げる方法についてまとめると、
・柔らかいライトパワーで少し長めのロッド、スプール直径が32mm程度のタックルを使う
・ブレーキセッティングは細かく調整し、ラインは少なく巻いておく
・タラシを長く取り、大きな動作で投げるのがポイント
今回の記事を参考に、ぜひベイトリールで軽いルアーを投げてみてください。

【鮎釣り初心者】竿の扱い方、手入れの注意点とは

釣行後は定期的に鮎竿を手入れすることをおすすめします。
鮎竿はゴミや水分の付着にとても敏感な竿です。破損に繋がらないよう注意して手入れしましょう。

竿の扱い方、手入れの注意点とは

グラフィックス2

軽く、薄いカーボン素材

まず初めに鮎竿というのは9Mという長竿にして自重が200グラム前後しかないという事
覚えておかなければいけません。
メーカー品の高級磯竿を例に挙げても5M前後でほぼ同じくらいの自重です。
リールシートやガイドなど、カーボン以外のパーツがないことを差し引いて考えたとしても、鮎竿がいかに軽く、薄く作られているかが分かると思います。
それを踏まえたうえで、釣行時の川での竿の扱いには十分注意が必要と言えます。

河原に直接置かないよう気を付ける

竿は河原に直接置かないこと
これは、安定しない石の上に竿を置くと風で転がってしまったり、
石に置く際に打ちキズが入ってしまう可能性があるからです。
また、小さな砂利、砂などが竿に付着すると、納竿時に節と節の間に挟まり、
同じくキズの原因となります。
その時点で折れなくても鮎が掛かってタメている最中など、ピンポイントに負荷がかかれば、そのキズから破損してしまうのはよくある事なのです。
仕掛けを張る際や、掛かった後のオトリ交換など、海釣りでは竿を置いてするような作業も、友釣りでは竿は肩に担いだまま、全ての作業をするのが基本です。
どうしても河原に竿を置かなければいけない時は、葦の上などに置き、

直に石に当たらないよう気を付けましょう

最近では、竿を畳んだ状態で、車から河原まで移動の際のキズ防止の為の、
薄手のロッドカバーが販売されている程。
それくらい鮎竿のキズにはシビアになる必要があるという事なのです。

定期的に行う手入れの方法と注意点

次に手入れの方法と注意点ですが、使用後は竿の水滴をしっかり取る事が大事です。
水分が竿に残った状態で、車に乗せたままにするのは竿にとって一番よくありません
夏場の車内は高温になるため、最悪の場合、塗装が浮いて気泡の様になり、
そこから剥離してしまう事も。
釣行直後にメンテナンスできなくても、
直射日光や高温になる場所に保管するのは避けましょう
その後なるべく早めに、竿の表面の水気をふき取り、節を抜いて内部も乾かすことが
重要です。
ただし、砂利やゴミが内部にも付着してしまっている場合はキズの原因にもなるので、
次回釣行までに取り除いておく必要があります。

砂利やゴミが噛んでしまった際の手入れ方法

では、シーズン納竿前に砂利やゴミが噛んでしまった際の手入れの方法ですが、
まず全ての節を順番に抜き、流水で内部まで洗い流します
節の側面を乾いたタオルなどで拭き上げたあと、ティッシュペーパーを手でちぎり、
元竿のシタセン側から少しキツイくらいの量を調整しながら詰めていきます。
次に元上の節でシタセン側からティッシュペーパーを押し上げ内部に付着したゴミやカーボンのカスを取り除きます
♯6節は♯5節で…というふうに、順番に内部を掃除し終わったら、その後は直射日光を避け、風通しの良い場所に節を抜いたまま立てかけて乾かします。
この時、倒れないよう注意して置いて下さい。
しっかり乾かしたら、最後は釣り竿専用のワックス等で塗装面を磨けば手入れの完了
となります。納竿後のメンテナンスも同じ作業となります

まとめ

鮎竿のカーボンは薄く、他の竿に比べて脆い。

釣行時の竿の扱いには十分注意し、直接河原に置いたりしない様心がける。

釣行後は定期的な手入れを心掛け、砂やゴミが付着した際は必ず取り除きましょう。


【千代の富士死去】親方よ 夏にモンゴルに来てイトウ釣る約束は?

大相撲で31回の優勝を果たし(歴代3位)、昭和最後の大横綱として知られた千代の富士こと、九重親方が2016年7月31日に死去した。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00000138-nksports-fight

 

これまでの力士のイメージを覆す、筋骨隆々の肉体と精悍な顔付きから「ウルフ」との愛称で親しまれ、全盛期には「ウルフフィーバー」と呼ばれる社会現象を巻き起こした。

 

そんな九重親方の死去のニュースに、気になるツイートが…。


そういえば、九重親方の趣味は釣りで、そのジャンルは船釣りだった記憶が…。
調べてみると、三重県鳥羽市で「九重カップ」と名した大会を後援されていました。
今年で8回目を数える大会で、九重親方も毎回参加されていたようです。
今年も参加されて、マダイを釣られていました。

全国各地で釣りを楽しまれていたようで、静岡新聞では下記の記事が掲載されていました。

http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/266083.html
九重親方のご冥福をお祈り致します。


【夏休みのレジャー】釣具店で揃う海水浴アイテム

夏休みの釣具店は、意外に釣り客が少ないのはご存じですか?
その理由は、みなさん暑すぎて釣りに行かないからです(T_T)
ここ10年ほどは猛暑のせいか、釣り客が特に激減しています…。
そんな真夏の釣具店の救世主は…、海水浴グッズ!
今回は海水浴へ行く人のために、釣具店で販売しているグッズを紹介致します。
釣具店は、早朝から深夜まで営業しているので、海水浴の準備にとても便利ですよーーー!
ちなみに、私の勤める釣具店は、24時間営業です(^^)

【夏休みのレジャー】釣具店で揃う海水浴アイテム

ビーチパラソル

炎天下の中一休みできるビーチパラソルは必需品です(^^)
海水浴だけではなく、夏場の磯釣りなどにも重宝しますよ!

水中メガネやシュノーケリングセット

私の釣具屋では価格も安く子供用も取り揃えております!

竹ヤス

いわゆる「モリ」です。
場所によっては使用禁止の所もありますので事前にお調べてご購入下さいf^_^;)

タコメガネ

干潮時の浅瀬の水溜まりは小さな水族館!
コレでお子様と観察をしてみては?(^^)

インスタントBBQコンロ

燃焼時間は短いですが、後片付けが楽チンです。
荷物にもならないので、とても便利ですよーーー!

もちろんあります!レジャーシート!

レジャーシートは、必需品ですよね!
荷物や休憩中の体を、砂から守ります。

ポータブルシャワー

泳いだ後のベタベタ感を洗い流せる簡易シャワーです!

釣具店では、ある程度の海水浴グッズを揃えているのですが、衣類関係(水着など)はその年の流行などもありますので取り扱いはないですね〜f^_^;)
釣具屋は朝早くから開いてますので、ホームセンターなどで買い忘れた場合役に立つと思います!

釣りもいいけど、海水浴も外せない!
つりトップ