糸の結び方 一覧

《釣り糸の結び方》ウキ止めの結び方を覚えよう!

ウキ釣りに必須のウキ止め。ウキ止めは緩みやすいので、釣りの最中にズレていないかを何度もチェックしましょう。

《釣り糸の結び方》ウキ止めの結び方を覚えよう!

1:ウキ止め糸を10cmほど切り取ります。慣れない間は、長めに切り取るようにしましょう。
ウキ止め01

ウキ止め糸は、使用する道糸の号数に合う表示を買うようにしましょう!

2:ウキ止め糸でループを作って、道糸に重ねます。
ウキ止め02

3:ウキ止め糸をループの中にくぐらせて、道糸と一緒に5回程度巻きます。遠投サビキやカゴ釣りなど、重たいオモリを使用する釣りでは、10回程度巻くようにしましょう。
ウキ止め03

4:ウキ止め糸を締めこみます。締め込む時には摩擦熱が起きないように、ツバや水で湿らせましょう。釣りの最中にウキ止め糸を移動させることも考えて、締め込み過ぎないように!ウキ止め糸は結び目から5mm程度残して、カットしましょう。
ウキ止め04

ウキ止め糸のコツ
ウキ止め糸は、2箇所巻いておくとズレた時が一目でわかります。設定タナよりも50cm程度竿側に目印として、巻いておきましょう。慣れない間は、市販のワンタッチタイプのウキ止めが簡単に付けられるし、とてもズレ難いのでオススメです。

ウキ釣りをしよう!
つりトップ


《釣り糸の結び方》ユニノットを覚えよう!

サルカンやルアー、エギなどなど、もっとも使用する機会の多い結び方のユニノット。この結びを覚えておかないと、釣りを始めることはできませんよ!

《釣り糸の結び方》ユニノットを覚えよう!

1:金具に糸を通す。
ユニノット01

2:折り返した糸で、ループを作る。
ユニノット02

3:端糸をループの中に通して、本線と一緒に5回程度巻く。
ユニノット03

4:ゆっくり糸を引いて、結び目ができたらギュッと固く結びます。5mm程度残して、端糸を切ります。
ユニノット04

ユニノットのコツ
結び方自体はとても簡単なので、丁寧にゆっくり行うことを心がけましょう。
初心者は、家で何度もユニノットの練習を行ってから、釣行するようにしましょう!

ユニノットを覚えよう!
つりトップ


《釣り糸の結び方》電車結びを覚えよう!

ライン同士を簡単に結ぶことのできる電車結びを紹介します。主に使えるのは、PEラインとフロロカーボン、PEラインとナイロンラインの結束で頻用されます。

電車結びが頻用される釣り
エギング、ルアーのシーバスなど
※爆発的な推進力のある大型青物狙いには不向きです。

《釣り糸の結び方》電車結びを覚えよう!

1:結びたい2本の糸を、20cm程度重ねます。
電車結び01

2:白い糸の端で、赤い糸の上にループを作ります。
電車結び02

3:白い糸の端をループの中に通して、赤い糸と一緒に4、5回巻き付けます。
電車結び03

4:ゆっくりギュッと締め込んで、結び目から5m程度糸を残して切り取ります。
電車結び04

5:赤い糸を白い糸と同様に、巻き付けます。
電車結び05

6:ゆっくりギュッと締め込んで、結び目から5m程度糸を残して切り取ります。
下図のように、2つの結び目が出来上がります。
電車結び06

7:白い糸と赤い糸を引っ張って、結び目同士を引っ付けます。
これで、電車結びの出来上がりです!
電車結び07

PEラインを電車結びするコツ
電車結びが頻用されるPEラインとフロロカーボンラインでは、ループの数が変わることを覚えておきましょう。
PEライン0.8号、フロロカーボンライン2号ならば、PEラインのループを10回、フロロカーボンラインのループは5回を目安にしてください。
結び目の大きさが同じになるように仕上げるのが、電車結びのコツです!

電車結びを覚えよう!
つりトップ