船釣り 一覧

2016年に発売された電動リールのオススメ&定番電動リールを紹介

年々進化する電動リール。
今では低価格帯の電動リールでも一昔前と比べてみれば巻き上げパワー、ドラグの強度アップ、小型化など、様々な機能が大幅にアップしています!

そこで今回は2016年に発売された注目の電動リールと、変わらぬ人気の定番アイテムまでを紹介します!

 2016年に発売された電動リールのオススメ&定番電動リールを紹介

2016年に発売されたオススメ電動リール

ダイワ レオブリッツS 500

船釣りの定番、マダイ・青物・アジ・サバはもちろん、小型電動リールでは荷が重いような高負荷の釣りを安心感を持ってオールマイティにこなせる500サイズ。
1台であらゆる船釣りをカバーしたいという船釣り師にはうってつけです!

大型青物を相手にしても申し分ない巻き上げパワーに加え、魚群を直撃する高速仕掛け落下を可能にするシンクロレベルワインド&スーパースプールフリー、フカセ釣りに対応するフカセモードもしっかり搭載。
パワーとフリー性能という、電動リールにとってもっとも大切な基本性能を充実させることにこだわったハイパフォーマンス・ベーシックの一台です!

シマノ プレイズ3000

シマノ電動リールのベーシックモデルでありながらついにMUTEKI MOTORが搭載されて一新されました!
巻上力50kg、前作から120%アップの6kgに達した巻上持久力ほか、15kgと大幅に上がった最大ドラグ力を誇ります。

また、高いスプールフリー性能を誇るファイアマッハシステム、目的に応じて選択できる電動巻上げ機能の楽楽モード/速度一定モード、完全フカセの釣りに便利なフカセモード、そして視認性と操作性に優れたドット液晶であるファインドットLCDも新たに採用。
もはやベーシックという枠組みを凌駕するほどのパワーと機能は、かつてフォースマスターが担っていた役割を受け継ぎ、上位機種に負けず劣らない人気の一台です!

シマノ ビーストマスター3000XP

今までのビーストマスターがさらに進化を遂げて登場。
GIGA-MAX MOTORのサイズを従来より拡大、強靭さをさらに増し、確固たるパワーの上に、さらなるパワーとハイスピードをプラス。
パワー重視なら「XP」高速巻上げで手返しにを求めるなら「XS」。
目的に応じたリールを選びましょう!

2016年も人気、不動の定番電動リール

ダイワ シーボーグ500J

手持ち操作でも右、左関係なく快適に使えるセンターレバーを搭載。
モーターも高出力のMAG MAXモーターを採用しており青物までも幅広く対応しています。
またベアリングにマグシールドボールベアリングを使っているので、モーターの駆動効率と耐久性もUP!

シマノ プレミオ3000

価格の安さが売りです。
難しい機能を省き船釣り入門にはもってこいの一台です。
アジ、サバ、真鯛、イサキなど五目釣りには十分に力を発揮する、当店人気ナンバーワンの電動リールです!

ダイワ タナコン750

ブリやハマチ、落とし込み釣り、深海釣りの定番タナコン750。
力強い巻き取りをサポートするアルミラウンドノブも標準装備。
大型電動リールの入門機として最適な一台です!

最新モデルから定番モデルまでを簡単に紹介しました。
最近の電動リールは壊れ難くなり、長年使用できるようになりました。
少々お高めのものを、大事に使うのが、使用するにも経済的にも長い目で見ればお得だと思いますよ(^^)


釣り好き有名人集合、「タレントフィッシングカップ」10月22日に開催

「東京湾大感謝祭2016」のコラボ企画として、10月22日に「タレントフィッシングカップ2016」が開催される。

http://www.oricon.co.jp/news/2079922/full/

タレントが釣りを積極的に宣伝してくれるのは、私たち釣り人にとってとてもうれしいことではないでしょうか?

仲間意識を持てるし、タレントが趣味にしていることを公言してくれることで、肩身の狭い思いをしなくてもよくなるかもしれないし?

しかし、タレントが釣りをメディアに取り込むことをよく思わない人も少なくありません。

「我々の趣味を軽々しく扱ってほしくない」

「釣り場が人だらけになる」など。

とは言っても、個人的にはメリットの方が大きいと思います。

釣り業界自体がお金が少ないので政治力が弱く、規制によって釣り場が無くなる現実があるからです。

「釣り愛好家が増えてそれなりに国政に声が届けば、海辺の工場地帯のフェンスも撤去されて、釣り場が増えるかも」と、淡い期待を抱いています。

釣りがもっとメジャーになって、嫌々行っている会社のゴルフコンペが、釣りコンペに変わる日を願っています。


【釣りを仕事に…、船長編】就職方法と、フィッシングライフを考える

船釣りが好きな人ならば、一度や二度は考えたことがあるのではないでしょうか?

遊漁船の船長になることを!

そこで今回は、遊漁船の船長になる方法と、その後のフィッシングライフについて解説をします。

【釣りを仕事に…、船長編】就職方法と、フィッシングライフを考える

img_5746

遊漁船業の登録

一昔前は、船舶の免許さえあれば誰でも遊漁船業を営むことができましたが、現在は営業所の所在地を管轄する知事の登録を受けなければ開業ができません。

登録を受けるには条件があり、簡単に要略すると

  • 海技士免許又は小型船舶操縦免許(1級又は2級)と、特定免許の取得
  • 1年以上の遊漁船業の実務経験、又は10日以上の実務研修を修了。
  • 遊漁船業務主任者養成講習を受講

などが上げられます。

詳細は→http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/040301/yuugyosengyou.html
※高知県のHPですが、法律内容はどこも同じです。

 

ポイントや潮流、パターンを熟知するための実務経験

船長になるための手続きをクリアーしても、本当の意味での実務経験がなければ、船長を続けることは困難。

人気の遊漁船はどこも釣果をホームページで発信しているので、そこよりもいつも少なければ、お客さんが逃げてしまいます。

そのためには開業前に、実地訓練することが必要。

もっとも確実なのが、遊漁船のポーターとして修行すること。

ライバルが増えるので嫌がる船長さんもいますが、中には、将来船長希望のやる気のあるポーターを求めている場合もあります。

修行期間は地道で苦労が多いですが、得るものは大きいです。

 

船の購入はどうする?

ポーターの給料は安いので、借金をして船を購入するには融資が困難です。

できれば前職の間にお金を貯めておくのが現実的です。

船の値段はピンきりですが、国産の高級自動車くらいの予算があれば、近海で遊ぶには充分な中古船を購入できます。

なお、船の購入は当たり外れが大きく、知識や勘が必要なので、その詳細はここでは省きます。

スポンサーが付く場合もありますができれば、意外に上手くいかないことが多いと思っています。

その理由は、元々船長になろうと思う人は、人から指示されるのが嫌いで、仕事であっても自分の意思で物事を決めたい気持ちが強いからです。

スポンサーはお金を出しているので、営業方針にとてもうるさい人ばかりです(もちろんですが)。

その結果、お互いがぶつかり合って、辞めてしまう船長を何人も見たことがあります。

 

船長になってからのフィッシングライフ

船長になると、その大半が釣りを辞めてしまいます。

その理由は、毎日釣りと向き合っているから、時間に余裕のあるときくらいは、陸で遊びたいという願望が大きくなるからです。

極稀に、個人的に釣りを楽しむ船長さんもいますが、少数派です。

なお、遊漁船を始めたばかりの頃はお客さんが少ないので、漁で生計の足しにする船長さんが多いです。

そういった経験も、遊漁船業が軌道に乗り始めると、釣りを辞めてしまう理由の一つでしょう(始めた頃の苦労を思い出すのが嫌)。

釣り中心の人生を送るのであれば、船長になることはおすすめできません。

ただし、職場を海に求めたいのであればアリだと思います。

なお、遊漁船の船長さんは意外にストレスの多い職種で、釣れない時間帯に胃薬をがぶ飲みする姿を何度も見たことがあります。

豪快に見える船長さんほど、胃薬を隠し持っている傾向が強いと感じます。

逆に言えばその繊細さがないと、日々居場所の変わる魚を追い続けて、なおかつ釣らせることはできないのかもしれません。


【磯or船?】初夏が最盛期、イサキ釣りへ行こう!

一般家庭では馴染みがないですが、磯や船を舞台とする釣り人にとっては大人気のイサキ。
今回は、3つのイサキ仕掛けを紹介します。

 【磯or船?】初夏が最盛期、イサキを狙おう!

イサキとは

DSCF5671

本州中部より南に分布し、潮通しのよい岩礁帯に棲息する。
産卵期は6〜8月。
釣りの最盛期は6〜9月、地域によっては釣果の波があるものの、一年中釣れる。
沖磯、船がメインの釣り場となる。沖磯では日中も釣れるが、夜の方がよく釣れる。

 

イサキのフカセ釣り

イサキフカセ仕掛け

マキエを打って、魚を寄せて浮かせて釣るのがフカセ釣りの特徴。
そのため、時合に手返しよく仕掛けを打ち返せるので、効率よく数釣りができる。

フカセ釣りに適したタナは、竿1本〜2本(5〜10m)。
それより深いとツケエとマキエの同調が難しく、手返しも遅くなってしまう。

夜釣りのイサキ狙いは、仕掛けを太めにしたい。
夜は魚の警戒心が下がるのでラインやハリが多少太くとも、イサキは釣れる。
それに加えて、夜の磯には大型のオナガやマダイの一発がある。
大型の一発に備えておきましょう。

 

イサキのカゴ釣り

夜釣りイサキ遠投カゴ

イサキの回遊層へ、ダイレクトに仕掛けを投入するカゴ釣り。
イサキのタナが深い時や、マキエを打っても浮き上がらない時に、威力を発揮する仕掛けだ。
とはいえ、マキエが効き始めると、イサキが浮き上がるので、徐々にタナを浅くするのがカゴのイサキ狙いの基本です。

水深が深くて、潮流の強い釣り場向きです。

 

船のイサキ仕掛け

船イサキ仕掛け

イサキの船仕掛けは、地域性がとても強い傾向があります。
その中でも最もメジャーなのが、カゴ天秤仕掛けです。

 釣り方の基本 

  1. 投入した仕掛けが狙いのタナで安定。
  2. 大きく竿をシャクって、マキエを放出。
  3. 一度竿先を下げてから、ゆっくり竿を起こす。
    ゆっくり竿を起こして、イサキの目線を上へ向けさせるイメージ。
    この動作の途中で、大抵のイサキがアタックしてくる。
  4. イサキの活性の高い時は、1匹だけで仕掛けを上げず、複数掛かるまで待ちましょう。

イサキ狙いは難しくはないものの、細かな技術が必要とされる、とても奥深い釣りです。
釣り味もさることながら、味も抜群です!
美味しく持ち帰るならば、神経締めがオススメですよ。

イサキ釣りこう!
つりトップ