防寒グッズ 一覧

【アウトドア・釣りの防寒着】2017ユニクロウェアー活用と着こなし術を紹介!

秋から気になってくるのが朝昼夜の寒暖差です。気温が10℃を下回る日が多くなり、釣りウェアの準備も着こなしも、少々めんどうになってきます。

しかし、防寒着や釣り用ウェアを上手く着こなせば、それだけで釣行は快適なものになりますし、集中力も持続します。

今回は、アンダー・ミドル・アウターを、釣り具メーカーにこだわらず、ユニクロ製品なども含めて、着こなし方、レイヤリング術をご紹介します!

【アウトドア・釣りの防寒着】2017ユニクロウェアー活用と着こなし術を紹介!

防寒対策の基本

防寒対策の基本は、まずレイヤリング方法にあります。レイヤリングとは、「重ね着」という意味です。

レイヤリングには、

・アンダー(ベース)ウェア…地肌に身につける、一番下に身につけるウェア。発熱素材のものなど。

・ミドルウェア…フリースなどの起毛ウェアや、ライトダウンなど保温性の高い素材のもの。

・アウターウェア…防風性、撥水性のあるナイロン素材のレインやウインドブレーカーなど。

アンダー(ベース)で地肌からの熱を活用し発熱。熱を発散させずに守り、保温する役目のミドル。熱を逃がさないよう、また外の寒気や風から、熱を奪わせないようにするアウターです。

この3つのウェアそれぞれの、機能や保温性の適温レベルを変えて上手くレイヤリングすることで、秋~冬かけて快適な釣行ができると言えます。

●レイヤリングの注意点

アンダー(ベース)、ミドル、アウターの基本が分かったところで一つ注意点があります。それは釣りに重要な機動力を含めて着こなし方を考慮する必要があるという事です。

例えば、ミドルウェアに、中綿入りの少し厚手のウェアやダウンを着たとします。その上にさらに防寒スーツなどを重ねて着てしまうと、身動きがとり辛くなってしまうのです。

釣りに関しては、エギングや、ショアジギング、またアジングやメバリングなど、堤防釣りに限らず、地磯なども歩くランガンスタイルなどは、機動力が必要になります。

こういった場合に、暖かさだけを重視した、上記のようなレイヤリングをすると、ウェアの厚みで足が上がり難くなり転倒に繋がる恐れもあるのです。

逆にへら釣りや堤防のウキ釣りなどは仕掛けの投入などだけで、歩いて移動するなどの動作が少ない釣りには、より保温効果の高いウェアを重ねて着ても構わないと言えます。

ユニクロのアイテムを釣りの防寒着に活用しよう!

昨今、ユニクロのウェアのみでエベレストに登頂した女子大生の話が話題になりました。

釣具メーカーに比べて安価で、機能性の高いユニクロの防寒アイテムを、釣りに取り入れない理由はありません!すでに取り入れて活用されているアングラーの方も多いのではないでしょうか?

●ユニクロおすすめアンダー(ベース)ウェア

もう知らない人はいないぐらいのヒット商品ですね。おすすめするのはもちろん、ヒートテックシリーズです。一番の理由は、釣り具メーカーにないラインナップの豊富さです。

メンズ、レディースサイズで、半袖、8分袖、長袖、下着・ソックス・タイツ、それからシーズンに合わせて選べる、通常のヒートテック、極暖、超極暖の厚みです。

・釣りウエアとして注目の主な機能

発熱・保温・吸湿放湿・抗菌・ストレッチ・静電気防止 などがあります。

2017年のすべてのヒートテックには、乾燥する季節に科学繊維は苦手…という人にも嬉しい、アルガンオイルを配合したしっとりなめらか生地に!なんと保湿機能も備わっているんです。釣りガールには嬉しい新機能ですよね。

●ユニクロおすすめミドルウェア

秋や春におすすめのミドルはフリース、冬はやっぱりウルトラライトダウンシリーズです。ユニクロのミドルはアンダーとの組み合わせでどのシーズンにも対応可能です。

・フリース

 

朝晩、気温の下がる秋から初冬にかけては脱着もしやすく、アウターとしても活用できます。

定番のフリースウェアはストレッチ性も肌触りも近年さらに向上しています。カラーやデザインも豊富です。

ヒートテック素材フリースのタートルネックやベストなどもミドルウェアとして、注目のラインナップです。

 

 

 

・ウルトラライトダウンシリーズ

 

ウルトラライトダウンシリーズは薄手で軽く、ミドルとして着ても機動性にストレスをまったく感じません。

また、ベスト、フード付パーカー、インジャケットと選べ、コンパクトに折りたためるのも魅力です。

渡船などを利用した釣りや、ランガンなどで脱いだ際もタックルバックに収納可能な大きさになります。

 

●アウターは、釣りメーカーの機能性を重視

最後にアウターですが、撥水性や機動性に繋がる裁断などは釣りメーカーの方が勝っていると言えます。やはり「釣りをする」前提で性能や機動性なども考慮されているので、当たり前と言えば、当たり前なんですが。

ダイワ(Daiwa) レインウェア ゴアテックス プロダクト レインスーツ DR-1906 ダークオリーブ M

とくに撥水性は、製品の価格によってレベルは違えど、釣りウェアとしては欠かせない機能です。

ただ防風性だけを考えるのであれば、ユニクロウエアでも十分、釣り用のアウターとして活用できる製品もあります。天候さえ注意しておけばウィンドブレーカーなどのスポーツシリーズはおすすめできますね。

 

また、最近になって釣りメーカーでも発売が多い、ポケッタブルパーカー。

防風性能があり、とてもコンパクトに折りたたむ事ができます。

 

 

アウターは、防寒性能よりも、とにかく風を防ぎ、寒気を中に取り込まないことです。そしてせっかくアンダー・ミドルで温めた空気を外に逃がさないこと。

寒気は首、手首の袖、足首の裾などからも入ってきます。真冬の厳寒期はネックウォーマーやグローブ、靴下なども重要な防寒アイテムとなりますので、小物もしっかり活用しましょう。

まとめ

ユニクロウェアでのレイヤリングのポイントは、厚みや脱着に便利な製品を、季節に応じて上手く活用することです。前述したようにエベレスト登頂が可能なわけですから、防寒や機動力に関しては、文句のつけようがないと言えます。厳寒期にはネックウォーマーや靴下などの小物系も要チェックアイテムです。


寒がりでも安心、真冬の防寒着の着こなし方

寒い時期は魚も脂がのって美味しい季節です。
みなさんが釣りに集中して快適に過ごす為の、安全な防寒着の着こなし方をテーマに、
防寒ウェアのレイヤリング方法とおすすめのアイテムを紹介したいと思います。
安全性?と不思議に感じる方もいらっしゃると思いますが、無駄な重ね着や厚着は動き難さにもつながり最悪の場合、転倒の可能性も。
特にテトラや磯場での転倒は大事故に繋がる恐れもありますので、注意点も併せて読んで
いただけたら幸いです。

寒がりでも安心、真冬の防寒着の着こなし方

<おすすめのトップス防寒アイテム>

まずは発熱アンダーウェアを上下に着用が基本です。釣り具メーカーだけでなく、
ヒートテックでお馴染みのユニクロや、大型量販店のオリジナルブランドなど、デザインやカラーも種類豊富に販売されています。
その上にウォームスーツ(防風保温性に優れたジャージ素地ウェア)を着込みます。
その次にライトタイプのダウンジャケットもしくは極寒仕様の厚手のアウターでOKです。
『おたふく手袋 ボディータフネス保温パワーストレッチ』
暖かさはもちろん、パワーストレッチと言うネーミングだけあって動きやすさは釣りにも最適のアンダーウェアです。遠赤外線加工素地と裏起毛でダブルの保温性能です。
『シマノ ブレスハイパー+℃・ウォームシャツ・リミテッドプロSH-031P』
釣りをする腕の上下アクションがしやすいよう考慮された立体裁断、様々な動きに対応するアップスウィングパターン採用。保温効果の高い裏起毛仕上げにより発熱アンダーウェアとの相性は抜群です。
『モンベル EXライト ダウンジャケット 1101474』
釣り具メーカーだけでなく、登山ウェアにも高機能防寒用品は充実しています。
モンベルからは超軽量でコンパクトに収納可能な、ダウンジャケットをご紹介。
超軽量なのに暖かく、驚異的な収納サイズで釣りウェアとしても重宝します。
途中で暑くなって脱いでも荷物にならないのが登山用品ならではの特性です。
『サンライン EV HOT ヒータースーツ SCW-6120』
ここ数年、人気の高いヒーター内蔵ウェアです。スイッチが弱・中・強と調節機能があり、強は約60℃まで暖めてくれます。カイロを身体に張る手間が省け、軽快な着心地で暖かく、
釣りに集中できます。バッテリーを同時に2個使用すれば、長時間の釣行にも安心です。
*バッテリーと本体は別売となっています。
『EV HOT シリーズ用モバイルバッテリー 3000mA』
『EV HOT シリーズモバイルバッテリー充電アダプター(USBケーブル付)』
『ネックウォーマー』
忘れてはいけない防寒アイテムのひとつです。首元からの風を進入を防ぐだけではなく、少し仮眠を取る時などにはマスク代わりにも使える便利グッズです。

<トップスまとめ>

トップのレイヤリング攻略は、①②⑤のお好きなメーカーと③④を組み合わせれば、
この時点ですでに防寒性・運動性は高いので、アウターは防風性のあるオールウェザースーツでも十分です。

おすすめのボトムス着用アイテム

『おたふく手袋 ボディータフネス 保温 パワーストレッチ ロングタイツ』
トップス同様、ストレッチの効いた保温性の高いアンダーウェアです。
遠赤外線加工、パワーストレッチ、裏起毛、吸汗速乾機能。
『あったか裏起毛 タイツ 男性用』
極寒時などはアンダータイツの上に、さらに重ね着することが可能な伸縮性のあるタイツで、裏起毛素材を使用してるので保温効果はバツグンです。
『ダイワ ハイロフト サーマルパンツ DP-8706』
温度調整機能中綿「アウトラスト」を使用した保温性重視パンツ。温かい時は温度の上昇を抑え、寒い時は熱を衣服内に放出する高機能パンツ。表地は薄手で軽量かつコンパクトな設計。

<ボトムスまとめ>

ボトムはお好きなメーカー①②③の組み合わせでOKです。基本これ以上は履きません。
特にボトムスの過剰な重ね着は、運動性に欠け転倒の恐れがあるので注意が必要です。
後は厚手の靴下+ネオプレン系の防寒防水の靴下の組み合わせでOKです!
肩甲骨、首筋、背中など、貼るカイロの位置に注意し、芯から暖まる位置に貼って有効活用
しましょう。下半身は靴下用カイロもしくはくるぶしの上に貼ります。
レイヤリング術と防寒アイテムをしっかり把握して寒波を乗り切り、たくさんの魚との出会えることを願ってます(^^)

《2016年冬》釣り車中泊のオススメアイテムBest5

夜釣りに車中泊は付き物、とはいえ、真冬の車中泊はとても寒くて眠れないものです。そこで今回は、皆様のお役に立てる真冬の車中泊アイテムを紹介したいと思います\(^o^)/

《2016年冬》釣り車中泊のオススメアイテムBest5

第1位:夜用のどケアる〜ずフィットマスク


先ずは風邪を引かないように乾燥しきった車内でマスクして寝ます。就寝時は鼻やのどが乾燥しやすいので、それを防ぐうえでとても効果的です。息苦しさを感じたならサイズを変えるか、無理に使うと睡眠の邪魔にもなりますので個人差はあります。

第2位:電気毛布 車内用 12V専用ヒートブランケット


寝る時、たくさん重ね着してゴワゴワしてると眠りにくい方にオススメです!スイッチも付いてるのでオンオフも楽です。車のエンジンは掛けっぱなしになりますが。。

第3位:モンベル 寝袋


寝袋と言えばモンベル!自論ですが…。やはりアウトドア商品は暖かさが2〜3千円の物とは全然違います。当たり前ですが。快適過ぎて寝過ごさないように気を付けて下さい(^^)

第4位:ホッカイロ


ベタですがコストと携帯性を考えたら必需品ですね!靴下用など色んな種類がありますのでペタペタ貼ると良いでしょう!<

第5位:カー用品  マルチシェード 


窓からの冷気の侵入を防ぎ、車内の温度をキープして、車中泊も快適です。カー用品ショップやネットなどで購入出来ます!

快適な車中泊で、釣果アップだ!
つりトップ


《2016年冬》アジング&メバリングにオススメのあったかアイテムBest5

2015年から2016年にかけての年末年始は暖冬で天候もよく、たくさんの釣り人がとても楽しめたようです(^ ^)そのおかげで、私の釣具店は大忙しでしたが…(^_^;)
しかし、暖冬って言っても、深夜の海辺はかなり寒いです!やはり、あったかグッズが欲しいですよね?

《2016年冬》アジング&メバリングにオススメのあったかアイテムBest5

第1位:ゴールデンミーン/GMグローブ Ti


1.2㎜のネオプレン素材で素肌に近いフィット感は釣りの邪魔にもならず、尚且つチタンコーティングで水に濡れても高い保温性があります。お値段もお手頃ですね!

第2位:クマガイ電工株式会社/ぬくさに首ったけ


私の釣具屋にも置いてるのですが、人気がある売れ筋商品です!スイッチも強・中・弱とあります。弱で最長7時間持ちます。予備のバッテリーもネットで購入出来ますよ(^^)

第3位:DRESS/フィットインナー LD-BE

ドレス(DRESS) フィットインナーここから記事をお書きください。

ウェットスーツにも使われてる素材を使用してますので、優れた保温性を発揮します。伸縮性もあるため、かなり動きやすいです!

第4位:モンベル/ネオプレーンソックス


身体は着込んでもなかなか着込みきれないのが手足。ですがネオプレーンソックスがあるのと無いのでは大きな差があります。自分も冷え性なのであるとかなり暖かいですよ(^^)

第5位:ダイワ/薄手タイタニュームαグローブ DG-7604W


またまたグローブですが、こちらの商品の良い所は5本指であることです。ノットを組みやすく、またいつも通りに指がロッドとリールに触れる事が出来るため繊細なアタリを逃しません!

真冬の魚は、とても美味しい!
つりトップ