魚のさばき方 一覧

【おすすめの釣り動画】アオリイカの捌き方と、人気レシピを紹介!

秋から冬にかけて大人気のアオリイカ釣り。ヤエン釣りや泳がせ釣り、エギングでアオリイカがたくさん釣れたときは、美味しいアオリイカを料理して食べるのも楽しみのうちではないでしょうか。

今回は、釣れたアオリイカを美味しく食べるための捌き方と人気のアオリイカレシピを、分かやすい動画とともに、ご紹介します。

【釣り動画】アオリイカの捌き方と、おすすめレシピを紹介!

面倒な処理は、釣り場で!

釣り場で締めて捌いて持ち帰れば、疲れて帰宅した後に面倒な処理をせずに済みます。

また、クーラーの中をアオリイカの墨で汚すこともありませんし、家庭での生ごみや手間も減らせて、奥様も喜ぶこと間違いありません。

持ち帰った後の調理も、冷凍保存もとても楽になります。

《動画・ハサミひとつで簡単!アオリイカを〆て捌く》

釣れたアオリイカを活かしておけるスカリがあると、とても便利です。動画のように活かしておいて最後にまとめて絞めて捌く事ができます。

釣れたアオリイカを、持ち帰ってから捌く

夜釣りメインのアオリイカ釣り。暗闇の中、なかなか釣り場で捌いく訳には…。という方も多いと思います。

自宅での捌き方と、意外と知られていない、アオリイカの美味しい部位も紹介!

※プロの料理人でも目とゲソ部分の捌き方は、人によってそれぞれ違うようです。

●アオリイカの捌き方

1.目とゲソの間に包丁を入れて、切り分けておく。

2.アオリイカの真ん中から甲を切らないよう真っ直ぐ包丁を入れて開き、内臓を取り出す。

3.墨や海水をジェット噴射する部分(ロート)を取り除く。

3.目と目の間に包丁を入れて割り、目とくちばしを取り除く。

4.ワタを取り除く。ワタを抱いている部位がアオリイカで一番美味しいとされるそう。

5.(胴体はエンペラ側を表に)皮と皮の間に親指を入れて、エンペラごと一気に皮を剥ぐ。

6.胴体部分は、お刺身でも焼き物でもそのまま調理可能。

各部位は、一度に全部食べなくても、ラップに包んで冷凍可能です。

<レシピ> アオリイカ、エンペラの美味しい食べ方

1.エンペラは皮を剥いで等分に切り、繊維を絶つようにして包丁を入れる。

2.塩をふり、刻んだネギと手で和える。

※ちなみに胴体部分をお刺身にする場合にも、縦に包丁を入れると繊維を絶つことができ、食感が変わります。

<レシピ> アオリイカ、人気の沖漬け

沖漬けに使う生きたアオリイカは、秋の200~300gぐらいのサイズが最適です。あまり大きいと味が浸み込まないので注意です。

《沖漬けのタレの作り方》

お鍋に醤油・酒・みりんを1:1:1で入れ煮立たせる。または市販の沖漬けのタレや麺つゆを使用。釣れなかった場合も想定して、キャップ付きのボトルに準備しておくと良いと思います。

1.ジップロックビニールか、密閉できるタッパーに沖漬けのタレを準備しておく。

2.釣れたアオリイカを生きたままタレに入れ、そのままクーラーか冷蔵庫で1日程寝かせる。

出来上がった沖漬けは、水洗いせずにそのままお刺身で食べることができます。

また、ワタのまま切り、フライパンでちゃんちゃん焼きにしても美味しいですし、開いて一夜干しにすれば、より長く保存も効きます。

<レシピ> アオリイカの一夜干し

たくさんアオリイカが釣れたら、一夜干しがおすすめです!

干すときは、魚干し網に平置きでもいいですが、↑画像のように洗濯ばさみを利用してもOK。

●アオリイカの一枚開き

1.アオリイカはロートのある裏側にして、胴の部分から包丁を入れて開きます。

2.墨袋をまず取り除き、ワタ、内臓を取ります。

3.ロートの真ん中からゲソの真ん中へ向かって、横に開くようにして包丁をいれます。

4.目玉、くちばし、残ったワタや内臓を水で洗い流します。

5.最後に甲を取り除き、約5%の塩分濃度水に20分ほど浸けて一晩干せば完成!

 

 

 


自宅で簡単!グリルで美味しく鮎を焼く方法

夏になると全国各地の川では長い竿が立ち並び、その風景が鮎釣りの解禁を知らせてくれます。ご自分で鮎釣りに行かれる方、それから、この季節になると鮎をたくさんいただくという方も多いのではないでしょうか?
炭で焼いて食べるのが一番美味しいと分かっていても、準備に手間が掛かるのも事実です。
今回は自宅のガスコンロでも美味しく焼ける「鮎の塩焼き」の作り方について解説します。

自宅で簡単!グリルで美味しく鮎を焼く方法

鮎の下処理方法

ご自分で鮎を釣る方も、釣った鮎をたくさん頂いた場合でも下処理はしっかりと行うことが大事です。

1、まずはお腹をしぼってフンを出す

鮎は石についた苔を食べます。養殖ではなく天然鮎であれば大体お腹にはフンが入っているので、焼く前にそれをしぼって出す必要があります。
人差し指と親指で鮎の腹びれから肛門にかけて腹部を挟むようにしてフンを押し出します。出なくなるまで繰り返して押し出して下さい。(2~3回程度で出なくなります)

2、流水でサッと洗う

鮎は魚体の表面にヌメリがありますが、これを取り除くまで洗う必要はありません。
表面の汚れや、しぼり出したフンを洗い流す程度にしましょう。

一度で食べきれないほど鮎がたくさん手に入ったらこちらも読んでみてください↓
【鮎の冷凍保存方法と、冷凍鮎を美味しくいただく方法】

串を打つ

自宅のガスコンロで焼く場合でも、串を打った方が美味しく焼くことができます。大抵の場合がグリルの網に横に寝かせて焼く方法ですが、これだと水分がしっかりと抜けず、水っぽくなってしまいます。串を打つことで、焼く際にお腹を下に鮎を立てて焼く事ができるのがキーポイントです。

串打ちの方法は様々ですが、ここでは最も簡単な方法をご紹介します。まずは鮎のエラの上から竹串を差し込み、鮎がS字を書くよう串を抜きます。
エラの上から串を打つと口が開き、焼き上がりの見栄えも良くなりますよ!
この時、平たい形状の串よりも、楊枝のように尖った串の方が初心者でも打ち易く、お皿に並べる前に串を抜く際も、綺麗に抜くことができます。

塩をふる

高い位置から鮎の両面に塩をふります。背ビレと尾びれには多めの塩を手に取り、ヒレを広げる様にして飾り塩を付けましょう。
こうすることでヒレが立ち、また焦げて無くなってしまうのを防ぎます。

グリルに並べて鮎を焼く

串打ちした鮎を、お腹を下に向けて並べます。お腹から余分な水分が抜け、美味しく焼くことができます。
火加減は弱火で時間を掛けて焼き、じっくり水分を抜きましょう。

完成

焼きあがったら、お皿に並べて串を抜きます。串は回転させながら抜くと身が付かず、綺麗に抜く事ができます。

お正月や催事にも!鮎の甘露煮の作り方はコチラ↓

《魚料理》天然鮎の甘露煮の作り方


鮎の冷凍保存方法と、冷凍鮎を美味しくいただく方法

たくさん釣れた時は冷凍保存ができるのも、鮎釣りならではのメリットです。また、鮎釣りをする知り合いにたくさんの冷凍鮎をいただいた経験がある方も多いのではないでしょうか。

今回はたくさん釣れた鮎の冷凍保存の方法と、解凍して美味しく食べる方法をご紹介します。

鮎の冷凍保存方法と、冷凍鮎を美味しくいただく方法

鮎の冷凍保存方法

解凍した時に、より美味しく鮎を食べるポイントは、実は冷凍保存する以前、鮎を絞める段階にあります。

●鮎を氷水でしっかり締める

まず、川から上がったら、生きたままの鮎を氷水に入れ、しっかり冷水を吸わせて氷締めします。ポイントは必ず生きたまま氷水に浸けることです。こうすることで鮎が冷水を吸い、内臓までしっかり冷やす事ができます。解凍した時に内臓まで美味しく食べることができ、鮮度も保つことができます。

釣行時には、クーラーにかち割りの氷をたくさん準備しましょう。ブロック氷を準備する場合は締める際、アイスピックなどである程度砕いてください。クーラーなどで締める場合、大きなブロック氷は温度にムラができやすくなるので注意が必要です。

以下に、キンキンに絞めた鮎を冷凍保存する方法を紹介します。

鮎を冷凍保存する方法

●準備するもの・・・マルト パックギョ

・それから、フリーザー用のジップロック袋の2点です。マルト パックギョ お徳用 Lサイズ 200枚入

マルトから発売されているパックギョという、鮎の冷凍用の保存袋があります。冷凍焼けを防ぐ効果があり、鮎のサイズに合わせてM、Lと選ぶことができます。

1.まず鮎のフンをしぼり、流水で洗います。鮎の胸ビレあたりから、肛門にかけて人差し指と親指で腹部を挟み、絞り出すように押し出します。2~3回ほど繰り返すとフンはでなくなりますので、流水で魚体全体を軽く流して下さい。ぬめりが取れるまで洗う必要はありません。

2.バックギョに1〜2匹入れますが、その際に頭の方から入れ、少量の水も一緒に入れましょう大きめのボールやシンクに水を張り、袋の空気を抜くようにして頭からゆっくりと沈めます。この時、一緒に入れた水が隙間を埋め、より空気を綺麗に抜くことができます。

6878_large

冷凍するときに、袋の中に空気が入っていると霜ができたり、冷凍焼けの原因になります。
上手くいかない場合は、入れる水の量を増やしてもかまいません。
空気が抜けたら口を輪ゴムで止めるか、折り込んでジップロックに並べて入れて冷凍庫へ。
解凍時はなるべく低温での自然解凍がおすすめです。時間があれば、冷蔵庫でゆっくり解凍してください。

解凍した鮎は塩焼きや、甘露煮がおすすめです。自宅で簡単にできる調理法も公開しているので、あわせて読んでみてください。せっかく自分で釣った鮎だから、美味しく食べたいですね!

●自宅で簡単!グリルで美味しく鮎を焼く方法

●お正月や催事にも、天然鮎の甘露煮の作り方

まとめ

釣れた鮎は、その日のうちにおすそ分けしたりする方も多いと思いますが、意外にもこうして1匹ずつ冷凍して差し上げる方が喜ばれたりします。貰う方も手間がはぶけ、また食べる際にも、食べる分だけを小出しにしやすいからです。自宅で保存する場合も、またバーベキューなどに持って行く場合も、冷凍保存した鮎は活躍します。

釣りをめよう
つりトップ


《年末のブリ》ブリ糸状虫は、食べても大丈夫?

年末になると、お正月用のお魚が欲しくなりますよね?特に欲しい魚がブリですが、狙って釣るとなると沖へ出ないとなかなか難しいものです。が、つりトップ編集部では、日頃お世話になっている船長さんからのご厚意で、一本もののブリを頂くことができました!それで、捌いてみると…、いました、ブリ糸状虫が!

《年末のブリ》ブリ糸状虫は、食べても大丈夫?

4㎏強のブリです。
早朝に漁師が1本釣り、正真正銘の天然物です(^ ^)

ブリ

三枚におろすと、中骨近くの身に異変が?
虫の場所

よく見ると…、虫がいました。
ポイッですね!
tumamidasu

ブリ糸状虫でした。
ブリ糸状虫

ブリ糸状虫を食べても、人には寄生しません(東京都の食品安全情報サイト)。

つまり、食べても大丈夫ということですね!

とはいえ、わざわざ食べるようなことをしてはいけませんよ(^_^;)

ちなみに、養殖物には寄生せず、天然物にしか寄生しないらしいです。

ですので、ブリにブリ糸状虫がいても、美味しく食べることができますのでご安心を♪

釣った魚を、美味しく食べよう!
つりトップ

 


《魚料理》タチウオのさばき方、背ビレの小骨を取ろう!

タチウオは鱗がないので処理が簡単ですが、食べる時に気になるのが背ビレの根にある小骨です。この骨が喉に刺さって、嫌な思いをしたことはありませんか?そこで今回は、タチウオの背ビレの取り方を紹介します。

《魚料理》タチウオのさばき方、背ビレの小骨を取ろう!

タチウオ料理01

1:タチウオの背ビレに沿って、左右に切り込みを入れます。
切り込みの深さは、タチウオの大きさによって5mm〜1cm程度です。

タチウオ料理02

2:背ビレを包丁で抑えて、引き抜きます。

タチウオ料理03

3:尻ビレの根元にも小骨があるので、そちらも同様にして引き抜きましょう。

動画も参照ください♪

タチウオを食べよう!
つりトップ

 


ヒラメの神経締めの方法とは?

近年、ルアーのターゲットとして人気急上昇中のヒラメですが、数が釣れるものではないしボーズも珍しくありません。そのせいで、締めるキッカケがないなく、なかなか神経締めを覚えることができません。そこで今回はおすすめ動画を交えながら、ヒラメの神経締めの解説を行います。

ヒラメの神経締めの方法とは?

必要な道具
・千枚通し
・ワイヤー

1:ヒラメの目の上のちょっと窪んだ場所に、千枚通しで穴を開けます。
2:穴からワイヤーを入れて、背骨に沿って通します。この時に注意をして欲しいのが、ヒラメの背骨の形です。ほとんどの魚の背骨は真っ直ぐですが、ヒラメは湾曲しています。

ヒラメの締め方

神経抜きをしたら、エラを切って血抜きすれば終わりです。

下の動画で詳しく説明を行っているので、ご参考ください!

以上、ヒラメの神経締めの方法でした!

ヒラメを釣ろう!
つりトップ