鮎釣り 一覧

【鮎釣りの疑問】教えて!大鮎・尺鮎竿の選び方

鮎釣りシーズンも終盤に差し掛かってくると、「大鮎」「尺鮎」狙いの鮎釣りが開幕します。初期や盛期の数釣りとはカテゴリーの違う鮎釣りです。竿はもちろん、仕掛けも針も大きな鮎を取り込むためのものに変わります。

今回は、大鮎釣り、尺鮎釣りをメインに狙って使用する竿の選び方を解説します。

【鮎釣りの疑問】教えて!大鮎、尺鮎竿の選び方

大鮎専用竿、「硬調で太い」は認識違い?

大鮎専用竿といえば、何だかバリバリに硬くて、太いし重たい…。

そんなイメージではありませんか?実際、大鮎専用竿が載っている鮎カタログのページには、急瀬や荒瀬に立ち込んで力いっぱい竿を曲げているような写真が多いです。

もちろん、急瀬や荒瀬で大きな鮎を取り込むならそれなりのパワーが竿にも必要ですが、実際に自分が釣っているポイントを思い浮かべてみると、トロ場や瀬肩、瀬尻の平たい流れも多いように感じます。さらに終盤になると、そんなポイントの方が大きな鮎の付き場としては有利です。

実はそのようなポイントで「硬い竿」はあまり重要ではなくなります。

硬い竿=曲がらない竿と、定義して話をすすめると、入川ポイントや取り込み方で竿選びがいかに重要かが見えてきます。

自分の得意な釣り場、釣り方で竿を選ぼう

 

○流れの強い急瀬や荒瀬での釣り

一歩も下れない荒瀬や急瀬で大鮎や尺鮎を掛けたとします。取り込みに川を下ることができないなら、一気に引き抜くしかありません。そんなポイントでの大鮎釣りに慣れている方は、いとも簡単に返し抜きして取り込みます。

このとき重要なのが竿の硬さと(太さや素材に関連する)パワーです。例えば25cmクラス以上の鮎が2匹仕掛けに付いていて、川の流れもプラスされることを考えると、竿をためるだけでもかなりの腕力が必要になります。以下の項目でも解説しますが、そこで考慮しなければいけないのが、体力(腕力)と竿のバランスなのです。

一気に魚を浮かせて引き抜くだけの腕力がある方は、硬くて曲がらない竿の方が勝負はスピーディーで、取り込みに時間が掛からない分、トラブルも回避できます。

逆に腕力に自信が無ければ、柔らかくて曲がる竿が腕の代わりにためる時間を作ってくれるのです。

どちらにしても、絶対に竿をのされてはいけないという結論の上に考慮しなければいけません。

 

○比較的流れの緩いポイントでの釣り

では、取り込みの際に自分が鮎について行って川を下れるポイントではどうでしょうか。先に説明したような、トロ場や瀬の開きなどです。

そんなポイントで有利な竿は間違いなく「曲がる竿」となります。ついて下れる場合、竿がのされるというリスクが激減します。その場から一歩も動かずに引き抜く必要が無ければ、硬い竿のデメリットである、鮎の身切れやラインブレイクなどをあえて選ぶ必要性がないのです。

実際に、早瀬クラスの竿でも大鮎釣りができます。ただし、対応できるポイントが竿によって限られてしまうのも確かです。

 

 

硬い竿、曲がる竿のメリット・デメリット

○硬い竿のメリット・デメリット

下野(シモツケ) MJB ブラックバージョンSP
下野(シモツケ) MJB ブラックバージョンSP 85

 

硬い竿は、大きな鮎が掛かった際に、一歩も動かずに引き抜くことがき、それを目的として作られた剛竿です。例えば、下るのが危険な激流や岩盤の足場などです。腕力さえあれば、一気に引き抜きでき取り込みはスピーディーです。

デメリットと言えば、掛かったあと、鮎との引っ張り合いに竿のパワーが強すぎて、ラインブレイクや身切れ等を起こしてしまうことです。竿、仕掛け、鮎、一番弱い部分に極端にパワーが加わってしまうのです。また、掛かった瞬間の竿の角度によっては曲がらない分、のされる確率が高くなります。

 

○曲がる竿のメリット・デメリット

ダイワ 銀影競技メガトルク 急瀬抜 90・V

ダイワ 銀影競技メガトルク 急瀬抜 90・V

 

大きな鮎が掛かった時に竿をしっかりと曲げることができれば、取り込む際の余裕が作れます。鮎について川を下る、また下れなくても竿をのされないことが重要となりますが、竿が曲がることで、釣り人側に有利な体勢を整える時間を作ることができるのです。

また腕の力を竿がカバーしてくれるということも重要になります。

デメリットは、硬い竿に比べて取り込みに時間が掛かってしまうということです。時間が掛かれば掛かるほど、バラシなどトラブルのリスクが上がります。

 

自分の体力に見合った竿を選ぼう

終盤の大鮎シーズン、狙うアユのサイズは違えど、自分が好んで釣るフィールドや体力は変わりません。激流×自分の体力、トロ場×自分の体力…といった考え方をしなければいけません。

一日中、硬い竿で激流を釣るのは相当な体力(腕力)が必要ですし、逆も言えます。腕力に自信が無ければそれをカバーしてくれる曲がる(柔らかい)竿が必要です。

引抜荒瀬、引抜急瀬、また激流抜などと竿に表記されていますが、各メーカーによって調子や硬さは違います。自分がどのような河川、ポイントをメインに釣りをするか、また体力(腕力)も考えて選ぶことが大事です。

現在販売されている大鮎竿は、胴調子の製品(曲がる竿)が多く、パワーも兼ね備えている専用設計です。高額製品になるとカーボンに特性があったり、胴調子でも操作性・感度良かったりと注目すべきポイントはたくさんあります。

 

 

尺鮎竿は掛け重視ではなく、取り込み重視で選ぶ

25cm以上の鮎の数釣りと、尺鮎釣りはまた少し認識が違います。もしかしたら尺サイズが混じるかもしれないアベレージが25cm以上の河川と、九州の球磨川のように尺鮎をメインで狙う河川との違いです。

仕掛けとのバランスも非常に重要になりますが、竿に関して言えば、「折れないこと」が重要です。いくら感度が良く、軽量でも折れたらおしまい。これは大鮎設計の高額製品に言えることです。

急瀬クラスや荒瀬クラスが、そう簡単に折れないと思うでしょうが、鮎竿はひねりやネジレにとても弱い竿です。一つの節に極端に力が加わってしまう様な竿の曲げ方、また返し抜きなどの際の瞬間的ネジレにいとも簡単に折れてしまいます。

尺鮎狙いの場合、オトリ+掛かり鮎の重量、ポイントによる流れの強さ、仕掛けの太さにおいて、取り込む際の総合的なパワーバランスを一番に考えることが重要です。

尺鮎との出会いは千載一遇と言えます。やりとりの際に、竿が折れた、仕掛けが切れたなどのトラブル要因を解消することが第一歩なのです。

絶対に折れない竿というのはありません。またどんなに竿が強くても一日中釣りをする上で、自分の体力に合った竿を選ぶ必要があります。

 

 

まとめ

一言に大鮎竿と言っても、調子やパワーは自分の体力に合ったものを選ぶことが大切です。主にどんなポイントで釣るのか、荒い流れで立ち込むのであれば、取り込み方なども竿を選ぶ際に考慮しましょう。高額な鮎竿が万能という訳ではありません。尺鮎を狙って釣行するなら、まずは多少無理をしても取り込める竿が必要です。また竿と合せて、仕掛けの太さ、体力など総合的にバランスが取れる竿を選びましょう。

 


【鮎釣り初心者】鮎釣りを始めたい!揃えなければいけない道具とは?

夏になると、鮎釣りが盛んな河川付近の釣具店などでは、たくさんの鮎釣り用品が店頭に並びます。
鮎釣りをしたことがない方は、その製品の多さに驚くかもしれません。また、鮎釣りに興味はあっても、道具が高額だというイメージが強い方もいると思います。

今回は、鮎釣りを始めるのに必要な最低限の道具をご紹介します。

【鮎釣り初心者】鮎釣りを始めたい!揃えなければいけない道具とは?

必ず必要なのは、鮎竿、引舟、鮎タモ、タビ

● 鮎竿

ダイワ ロッド アバンサー 早瀬抜 95M・Jダイワ ロッド アバンサー 早瀬抜 95M・J

 

鮎竿は高額過ぎて、とても購入できない。何か違う竿で代用できないの?と思うかもしれません。

友釣り専用の竿は、最低でも2万円以上します。一般的に鮎釣りをしている方が、初心者にと薦める製品であれば、5~7万円クラスになるのではないでしょうか。

鮎釣り経験者の方と、初心者や入門者の方の鮎竿に対しての認識は大きく違います。

海釣りで2万円以上、また5~7万円の釣り竿と言えば、上級者向けの高級ロッドですが、
鮎釣りで2万円~7万円の竿は初心者向けや、予備竿クラスなのです。

鮎竿は9m前後の長さの製品が多く、専用ロッドは一日釣りをするにあたって、軽さはもちろん、感度やパワーなどの配慮が製品のコストに多くのしかかっています。

しかし、メーカー側も初心者や入門者の方に、もっと鮎釣りの面白さを知ってもらいたいという思いで、近年では低価格帯の鮎竿のコストパフォーマンスには目を見張る製品が多くあります。

《鮎釣りの疑問》40万円クラスも?高い鮎竿って何が違うの?

●鮎竿の代用竿

それでも鮎竿は高額過ぎる!と思う方には、カーボン製で7m~8mの振り出し万能竿をおすすめします。竿の重さを我慢すれば、友釣りも可能です。

選ぶポイントとしては、カーボン製であるということ。また、竿の自重を確認しましょう。できれば、より長い竿が友釣りには適してしますが、専用竿に比べて重くなります。

通常、友釣りの専用竿は9m前後で250gを切る製品が多いですが、万能竿は400g前後といった具合です。体力に合わせて一日持っていても負担のない製品を選びましょう。

 


●引舟

ダイワ 友舟 GX-560W ライトグレー 591508ダイワ 友舟 GX-560W ライトグレー 591508

 

引舟は、掛かった鮎をオトリに循環させる際、泳がせていた鮎を生きたまま収納するビクの様な役割を果たします。腰に装着し、川の流れにのせて浮かせておきます。

 

《鮎釣りを始めよう》2016年、初心者におすすめの引舟ベスト3

 


●鮎タモ

ダイワ 鮎ダモ V39 グレー 645423ダイワ 鮎ダモ V39 グレー 645423

鮎タモは、鮎釣り用品の中でも安価に購入できる製品も多く販売されています。

用途は、掛かった鮎を取り込むのと、オトリ鮎の交換時などに使用します。

 

 

 


●川タビ

阪神素地 フィッシングタビ F-01G阪神素地 フィッシングタビ F-01G 24cm

タビは、サンダルやシューズで代用できそうですが、安全性を考えるとやはり川タビをおすすめします。
ソールがフェルト素材になっており、川の中で苔の付いた石の上を歩く際に滑りません。鮎釣りは想像以上に川の中を歩くことが多い釣りです。
逆に河原や、岸の上から鮎釣りをする方が難しいかもしれません。

 

 

《鮎釣り》2016年、初心者におすすめのタビBest3

 

徐々に揃えよう、鮎釣り道具

●オトリ缶

【Oland/オーランド】鮎かん角(中) 12L ON-120 ホワイト 440216【Oland/オーランド】鮎かん角(中) 12L ON-120 ホワイト 440216

オトリ缶は、釣具店で購入するオトリ鮎を釣り場まで運ぶ際に使用します。エアポンプを取り付けられるようになっており、鮎が弱らせず移動することができます。

オトリ缶のサイズや素材は、メーカーによって様々です。

※オトリ缶がない場合は

バッカンやバケツに水が漏れない様に工夫をして、エアポンプを取り付けましょう。要は酸素をオトリに供給しながら釣り場まで持ち運べればいいのです。

 


●鮎ベスト

サンライン(SUNLINE) STA-0816 ステータス・鮎ベスト ホワイト Lサンライン(SUNLINE) STA-0816 ステータス・鮎ベスト ホワイト L

 

仕掛けを入れたり、針ケースを入れたりするのに便利なポケットが多くついているのが鮎ベストです。ファスナーや撥水性に優れるなどの機能性にこだわらなければ、通常のフィッシングベストでも十分に流用可能です。

 


●鮎ベルト

ダイワ 鮎ベルト DA-4202Sダイワ 鮎ベルト DA-4202S シルバー 75-110cm

鮎ベルトは、鮎ダモを腰に挿したり、引舟をつないだりする際に使用します。

ワンタッチで脱着できる製品が多く、価格も比較的安価で購入できます。

 


●鮎タイツ・ウェダー

プロマリン(PRO MARINE) ウェーダー ストリーム鮎タイツ L/B WPK019-Lプロマリン(PRO MARINE) ウェーダー ストリーム鮎タイツ L/B WPK019-L

鮎タイツを着なくても鮎釣りは可能ですが、鮎タイツを着ることで安全性が上がります。

鮎タイツはネオプレン素材でできており、通常2.5~3㎜厚です。川で転倒した際は、石から足を守ってくれます。またネオプレン素材は保温性にも優れ、川の中に浸かりっぱなしでも体温が下がり難いのが特徴です。

 

初心者の方はウェダーの方が安価で購入しやすくおすすめです。またフェルトソールのブーツが一体化しているので、ウェダーを購入すれば、タビとタイツを別々に購入しなくて済みます。

注意点は、流れのある川の中で転倒した際、ウェダーの中に水が入ってしまうと、とても危険です。流れの強いポイントでのウェダーの着用は控えましょう。

 


●偏光グラス

KICKER 偏光グラス 偏光レンズ サングラス 紫外線カットUV400 アルミニウム・マグネシウム 軽量で持ち運び 車/釣り/スポーツ/ドライブなど適用KICKER 偏光グラス 偏光レンズ サングラス

偏光グラスは必ず必要という訳ではありませんが、石の色や鮎の姿を確認する上で水中を見るという点では、他の釣りよりも必要性が高いと言えるのではないでしょうか。

偏光グラスは、フレームやレンズの素材によって価格は様々ですが、鮎釣りの際には、高額の製品にこだわらず、持っておくことをおすすめします。

 

 

【必須アイテム】偏光グラスの機能と着用のメリットとは?

まとめ

鮎釣りは、友釣りをする際に必ず必要な製品と、代用が効いて、徐々に買い揃えればいい製品とがあります。

まずはお金をかけずに最低限の道具を揃え、鮎釣りを体験してみましょう。一度、体験すれば、おのずと不便に感じたものに必要性が見出せるようになります。

↓つりトップ おすすめ鮎釣り関連記事↓

【鮎釣り初心者】初めての鮎竿選びのポイントとは

2016年、初心者におすすめの鮎完全仕掛けベスト3

 


シーズンイン!大鮎におすすめの水中糸ランキング BEST 5

鮎釣り解禁から約3カ月、鮎釣りフリークのみなさんにとっては、あっと言う間の3カ月だったのではないでしょうか?
8月も後半になると、全国各地の河川で大鮎情報を耳にするようになります。地域によって大鮎のサイズ概念は様々です。
今回は、球磨川など尺鮎河川でも使用できる、おすすめの対・大鮎水中糸をランキング形式でご紹介します。

シーズンイン!大鮎におすすめの水中糸ランキング BEST 5

大鮎釣り水中糸の選び方

一言に大鮎と言っても、その概念は地域によって様々です。

例えば尺鮎が釣れる可能性の高い河川が多い九州と比べられる地域は、全国でも少なく特殊と言えます。また、水深のない浅い小石底が特徴の河川で、平均25cmサイズの大鮎が数釣りできるなんて河川もあるのです。例えば球磨川で使用する水中糸は、極端に太糸です。
メタルで言えば0.2号以上を推奨しますが、その理由は急流にあり、尺鮎を確実に取り込むためには決して極端な太さでないことが分かります。

逆に、トロ場などで狙う大鮎河川ではフロロなども多用します。自分が下って取り込めるポイントであれば、強度よりも掛け優先で水中糸を選ぶことも大事なのです。
手返しなのか、掛け重視なのか、確実な取り込み重視なのかで、選ぶ水中糸は臨機応変に変えることが大事です。

水中糸と大鮎竿のバランス

大鮎釣りをするにあたって大事なことが竿と水中糸のバランスです。各メーカーから大鮎専用の竿が販売されていますが、注目したいのは調子です。
分かり易く言えば、鮎が掛かった時に竿が曲がるか曲がらないかで、糸にかかる負荷が変わるということなのです

曲がる胴調子の竿であれば水中糸にかかる負荷も少なく、またロッド全体に張りのある抜き調子の竿であれば、水中糸や掛かり鮎に負荷がかかります。
掛かる鮎のサイズも加えて重要な要素です。先述した取り込みを優先するか、手返しを優先するか、河川によって変わります。

大鮎におすすめの水中糸ランキング

1位 ダイワ メタコンポⅢ

ダイワ(Daiwa) メタルライン メタコンポIII 12m+1m 0.07号 ブラック

比重が2.1と軽く、しなやかで泳がせ釣りにも対応できる複合メタルラインです。ラインナップは0.2号まであり、尺鮎狙いにも十分使用可能です。
水切れが良い表面コーティングも特徴で、目印の編み込みもストレスがありません。また、ブラックとイエローのラインカラーが選べ、イエローは視認性に優れています。

2位 がまかつ メタブリッドシリーズ

がまかつ(Gamakatsu) 複合ライン メタブリッド 高比重 30M L114Z 0.1

泳がせ釣りにも対応、1.9と低比重のメタブリッドⅡをはじめ、中比重、高比重と場面に応じて選ぶ事ができる複合メタルラインです。
高比重の号数ライナップは0.2号まであり、急流での尺鮎や大鮎釣りにもおすすめです。

3位 サンライン ハイテンションワイヤー

サンライン(SUNLINE) タングステン×ステンレスライン ハイテンションワイヤー鮎 水中糸 12m 0.4号 ブルー

高強力・高比重タングステンとステンレスを撚り合せた比重9.7の複合メタルラインです。急瀬・荒瀬でも沈みが良く、掛かり鮎の強引な引き抜きにも安心な強度です。
また、0.2号以上の号数ラインナップが規格にあるのもめずらしく、対尺鮎用としてのバリエーションとしておすすめできます。

4位 バリバス ハイブリッドメタマックスネオ

モーリス(MORRIS) ライン エクセラ鮎ハイブリッドメタマックスNEO 0.125号.

 

タングステンをコアに高強度ステンレスワイヤーを撚糸した複合メタルラインです。
従来のメタマックスも人気がありましたが、製法はそのままに瀬釣りに特化した製品に生まれ変わり新発売となりました。この製品も0.3、0.35、0.4号と、対大鮎、尺鮎に選べるサイズバリエーションがあります。

5位 DUEL アーマードFH鮎水中糸

デュエル(DUEL) PEライン ARMORED FH 鮎 水中糸 24m 0.06号 ゴールデンイエロー+ブルー H4133-GYB

近年、鮎釣りの水中糸として注目を集めているラインです。鮎専用でシリーズが発売されて間もないですが、ソルトシリーズのアーマードフロロを球磨川で使用した鮎師からその人気が広がりました。
水切れもよく、擦れにも強いのに製品の価格はメタルの半分以下なもの魅力のひとつだと思います。また伸縮性がなく感度にも優れています。比重が約1.0と、泳がせ釣りにも対応します。

まとめ

水中糸は太ければ太いほど、強度は上がります。しかし、球磨川などの尺鮎を釣りに行く河川は別として、大鮎釣りは河川状況に合った水中糸を選ぶことが大事です。また、竿や掛かる鮎のサイズとのバランスもトラブルを回避する重要な要素となります。


初心者の疑問 天然遡上のアユを釣りたい理由は?

アユ釣りを始めた頃、川で釣るアユに種類があることを知りました。
海やダムで生まれ、シーズンになると川に遡る天然遡上のアユ。それから、各県が水産試験場などで育成し放流する人口産のアユです。
海産、湖産、人口産で追い方にもそれぞれ特徴があります。今回は、なぜ天然遡上の河川が人気なのか、また人口産アユとの違いについても解説します。

初心者の疑問 天然遡上のアユを釣りたい理由は?

天然遡上のアユとは?

天然遡上のアユがいる河川と、そうでない河川には違いがあります。
まず、河口から上流にかけてダムや大きな堰がないことです。

現在ではダムや堰にも、アユが遡上する際の通り道となる魚道設備がありますが、
春先に魚道に水量が無い場合は機能しないこともあるようです。アユの遡上に人的建造物の阻害がないことが前提ですが、遡上時期に下流から汲み上げた稚アユを、中流域や上流域に放流する漁協もあります。またダムで生まれ、河川に遡上するダム湖遡上のアユも天然遡上のアユです。

人口産のアユとは?

人口産のアユは各県の水産試験場の種苗センターで、何代も人の手で育てられた(継代飼育)の鮎のことを言い、さらに海産アユ等を掛け合わせた種苗(稚アユ)を河川に放流します。
スーパーなどで販売されている、養殖と表示されている鮎も人口産です。

100%を天然遡上に頼っている漁協はほとんどなく、大半の河川で稚アユの放流が行われます。
放流する稚アユは、人口産アユと合わせて海産や湖産など他河川から購入したアユもあり、その割合は河川によって異なります。
このことから、天然遡上のアユと放流した人口産のアユが混じっている河川がほとんどで、その釣り分けは困難です。

天然遡上のアユと人口産アユの追い方の違い

ここでは、先述した人口産(継代飼育)のアユと、海やダムから溯上した天然遡上のアユとの違いについて説明します。
河川によって人口産の継代年数には違いがあり、F1やF2などと呼ばれますが、数字が小さいほど継代年数は若くDNAは天然に近いとされ、数字が大きくなればなるほど、逆が言えます。

人口産は、放流されるまでの飼育状況からか、群れでまとまって泳ぐことも多いのが特徴です。
また、はっきりとした根拠はありませんが、飼料を与えられる時間になると苔を食むなどとも言われ、石色が良くても時間にならないと掛からないなど、完全な放流河川は、アユの追い方に癖があります。

天然アユと、人口産アユの見分け方

天然遡上100%の河川はほとんどない訳ですが、人口産に海産や湖産などを掛け合わせた放流アユと、継代飼育の人口産アユとの見分け方があります。
掛かったときに以下を参考に確認し、引き方や追い方などの違いも確認してみてください。

掛かったアユを手に取った際、鱗のきめ細やかさなどの違和感もありますが、釣った際に一番分かり易い確認の仕方が、下顎側線孔数です。
アユの下あごを見ると、4対の小さな穴が並んでいますが、これが下顎側線孔です。

天然遡上のアユは下顎側線孔が4対きれいに並んでいますが、人工産のアユはこの孔の数が少なかったり、位置関係も不揃いになっていることがあります。

天然遡上アユの魅力

天然遡上アユの魅力は、引きの強さ、容姿の美しさなど様々だと思いますが、やはり根本的には自然のサイクルで遡上してきた鮎を掛けるということにステータスを感じる部分も大きいのではなかと思います。

放流が行われるようになって現在までの間、放流されたアユももちろんそのサイクルの中に混じっていますので、それを踏まえて考えると本当の天然鮎を釣るのは難しいのかもしれませんが…。

 

 


《鮎釣り初心者》鮎仕掛けの自作、そのメリットと必要な道具とは?

そのまま竿にセットすれば使える完全仕掛けや張り替え仕掛けなど、現在では自分で仕掛けを作らなくても手軽に鮎釣りができるようになっています。
仕掛けをまだ作った事のない初心者の方だけでなく、完成度が高いことからベテランの方まで使用している方も多いのではないでしょうか?
しかし、仕掛けを自作することにはメリットもたくさんあります。今回は鮎釣り仕掛けの自作にはどんなメリットがあるのか、また作るのに必要な道具を紹介します。

《鮎釣り初心者》鮎仕掛けの自作、そのメリットと必要な道具とは?

自分で仕掛けを作るメリット

初心者の方が鮎釣りに手軽にチャレンジできるよう、また高齢者の方が仕掛けづくりの手間を省けるよう、現在たくさんのメーカーから完成度の高い仕掛けが販売されています。
ではわざわざ自分で仕掛けを作る理由は何でしょう?それはズバリ、長く鮎釣りをしていく中で生まれる、細部へのこだわりです。

上達すると、機能の高いタックルが欲しくなるのと同様、接続部分の強度や、ラインの号数バランス、また掛かる鮎のサイズや河川状況など、仕掛けにもよりこだわりを持つようになります。
それぞれ違うメーカーの、使用したいラインやハナカンなどの小物も組合わせて作ることができます。また仕掛け1本あたりのコストを抑えるということも、自作する理由の一つにあるのではないでしょうか。

必ず必要!編み付機

鮎釣り仕掛けの接続部には編み付部分が多くあります。

天井糸の遊動編み付、金属ラインの上下接続部、目印の編み付、移動ハナカン編み付などです。
自分で仕掛けを作るなら、これらの編み付けをするのに編み付機(台)が必ず必要になります。高額な商品が多いですが、最近では低価格で高機能な編み付機も多く発売されています。
逆に言えば、これさえあれば鮎の仕掛け造りはほとんどできてしまうのです。

●タックルインジャパン アユプロノットマスターL

TACKLE in JAPAN(タックルインジャパン) アユプロ・ノットマスター Lタイプ /

巻き取りカウンター機能の付いたこの仕掛け編み付台の特徴は、ラインのスプールや仕掛け巻きのまま固定でき、そのまま編み付けることができます

カウンター機能は、「ハンドル一回転で何センチ」と、それぞれのスプールの一回転の巻き取り量を覚えておくことで、仕掛けを作りながら簡単に仕掛けの長寸が分かる優れ機能です。
また巻き取り時に撚れも入りません。コンパクトに折りたたむ事ができ、遠征時の持ち運びや、収納にも便利です。

<アユプロノットマスターL 製品紹介動画>

イカリ針をつくる

イカリ針は、バラの針を3本、4本を好きなハリスの号柄と組み合わせて作ります。針の重さとハリスの太さで垂れの具合を調整したり、ホームグラウンドの河川の鮎サイズに合わせた針とハリスのバランスを作る事ができます

また、市販の出来上がったイカリ針ではトラブルが多くなった時、自分で針を巻くことで解消できる場合があります。

手で巻く際に必要な道具/ボビンホルダー

根巻糸で針を巻く際、根巻糸のラインがバラけないようホールドでき、必要な分だけを引き出して使用することができます。
無くても巻くことは可能ですが、あれば確実にスピードアップできます。

●タックルインジャパン セラミックスーパーボビンホルダー

TACKLE in JAPAN(タックルインジャパン) セラミックスーパーボビンホルダー

根巻糸が通る先端がセラミック製で、摩擦熱で切れるトラブルがありません

また、アームの部分にラインが絡まらないよう、ラインストッパー部分にホールドできます。
サカサ針の中ハリスへの接続にも根巻糸を使用する人も多く、同じくこのボビンホルダーがあれば小さなサカサ針の巻きつけもスピーディーです。

<名人の針巻き動画>

針巻き器を使用して針を巻く

初めて針を巻くとき、手巻きから入るか、針巻き器から入るかでその後の傾向が決まります。
どちら派にしても慣れてしまえば、巻く速さはあまり変わらないと思いますが、この針巻き器はイカリ針のセンターにハリスを確実に通せる設計で仕上がりにムラがありません。

●オーナーばり 鮎イカリ用針巻き器

OWNER(オーナー) 鮎イカリ用鈎巻き器 AV-25 フルセット

ワンタッチ機構でハリの脱着が可能で、針のサイズに合わせて針受け台を選ぶことができます。携帯に便利なコンパクト設計になっています。

仕掛けハサミは専用の製品を

鮎釣り仕掛けを作るにあたって侮ってはいけないのが、仕掛けハサミです。
鮎仕掛けは細いラインを使用し、ハナカン周りなど使用するパーツは細々としたものが多いです。刃先の大きなハサミはカットし難くおすすめできません

TACKLE in JAPAN(タックルインジャパン) 仕掛バサミ ST
また金属ラインを使用する場合は、専用のハサミを使用しないと切れなかったり、切れ味が落ちてしまうので注意が必要です。


【初心者の疑問】鮎はなぜ友釣りで釣れるの?

みなさんは川で鮎釣りをしている人を見かけたことがないでしょうか?
立ち止まってしっかり見た事のある方は、糸の先に常に魚が一匹ついたままになっているを
不思議に感じたことと思います。
鮎の習性を利用した友釣りは、生きたルアー釣りとも言える日本独特の面白い釣りです。
これから友釣りを始めてみようと思っている初心者の方にむけて、友釣りのメカニズムを解説します。

【初心者の疑問】鮎はなぜ友釣りで釣れるの?

鮎の苔を食む習性と縄張り意識

鮎は春先に河口域からソ上を始め、幼魚のころはプランクトンや飛虫などのエサを食べながら群れで上流を目指します。
さらに成長するとともに石についた苔を食べるようになり、群れでは無く単独でエサを食べるようになるのです。
鮎の成長は著しく早く「年魚」とも呼ばれるその一生は、次の子孫を残すための貪欲な食欲にも現れています。

単独で苔を食む(はむ)ようになった鮎は、縄張り意識を持つようになり、自分の縄張りのエリア内に入ってきた鮎を威嚇し、追い払う行動を見せます。
鮎一匹に対しての縄張り範囲は、その河川にいる鮎の密度、石大きさなどで様々です。たくさん鮎がいれば必然的に縄張りは狭くなり、その逆も言えるのです。

友釣りの仕組み

友釣りとは、鮎の縄張りエリア内に、釣り人が意図的に針の付いた鮎を泳がせて送り込み、威嚇して体当たりしてきた鮎を引っかけることにより成立します。

友釣りの仕組み自体を知らない人が鮎釣りをしているのを見ると、常に鮎が一匹ついているので「釣れているのでは?」と不思議に思うかもしれません。
縄張りに送り込む「オトリ鮎」がいないと、鮎の友釣りは成立しないのです。

鮎釣りのできる河川付近には、必ずオトリ鮎を販売するお店があり、一番最初に使うオトリ鮎は、オトリ店で「養殖の鮎」を購入する必要があります。
鮎が掛かれば、その掛かった元気な鮎がオトリ鮎となり、次々に循環させることが鮎釣りの肝とも言えます。

友釣りの仕掛け

オトリ鮎を泳がせて縄張りまで誘導する訳ですが、オトリ鮎に装着する仕掛けの仕組みはどうなっているのでしょう?

鮎釣りの仕掛けは、大まかに言うとまず穂先から、空中にある「天井糸」、水中に浸かる「水中糸」、鮎に装着する「ハナカン仕掛け」です。それぞれの糸、パーツを接続し一本の仕掛けとなります。

ダイワ  スペクトロン鮎 制覇XP AS完全仕掛け 0.175 976510

水中糸には様々な種類があり、水量や流速によって使い分けることが可能です。
近年では、自分で仕掛けを作らなくてもすぐに使用できる完全仕掛けや、水中糸だけの張り替え仕掛けハナカン仕掛けが販売されています。
トラブルで切れてしまった部分だけを張り替えることも可能で、初心者の方にも使いやすくなっています。

鮎に装着するハナカン仕掛けですが、ハナカンをまずオトリ鮎の鼻に通し、それからイカリ針の付いたサカサ針を尻ビレの付近に刺します
サカサ針には野鮎を引っかける為のイカリ針を付けられるよう、ハリス止式めになっており、鮎のサイズなどによって、臨機応変に針を交換できます。


《鮎釣り初心者の疑問》鮎釣りの時期、傾向と対策を教えて

鮎釣りはシーズンは一言で言ってしまえば夏ですが、解禁日からシーズンの終わりまでの間に、解禁初期、雨の多い梅雨、渇水期、終盤と、
シーズンを区切って分ける事ができます。それぞれの傾向に対して、釣り方やポイントなど知っておけば釣果に差が出る対策が分かります。
今回は、鮎シーズンを区切ってその時の鮎の傾向と、釣果に繋がる対策を解説します。

《鮎釣り初心者の疑問》鮎釣りの時期、傾向と対策を教えて

シーズン解禁直後 5月~6月

例年5月1日、全国で最も早く解禁となるのが和歌山県有田川です。その後、5月中旬から~遅くても7月中には全国各河川で解禁日を迎えます。


解禁初期は朝晩の気温もまだ低く、地域によっては10℃を下回ることもあります。

鮎は水温の変化に敏感なので、縄張り意識が高い状態で苔を食べるのに適した水温にならないと、活発にオトリ追ってこない時期とも言えます。

日中と朝晩の気温の変化が大きい地域の河川人口産の放流鮎が多い河川ほど、朝の低水温時に追いが悪い傾向が強いです。

また低水温時は、鮎が群れて固まりになって泳いでいることも多いので、極端に深くないトロ場や、瀬肩、瀬落ち~開きなど、流速の遅い所がポイントとなります。

そのようなポイントに群れている鮎は、泳がせ釣りで上手く群れに馴染ませる釣り方が基本です。一緒に泳がせて引っかけるようなイメージで釣ってみて下さい。

日が高くなり水温が上がるまでの間に、効率よく群れ鮎を掛けることができれば一日の総釣果数も上がります。またお昼~夕方にかけて、活性の高くなった追い気のある鮎にシフトチェンジすることも大切です。

梅雨時期 6月中旬~7月中旬

梅雨の時期に入ると、河川は増水になる機会が増えます。増水時に竿が出せるか出せないかの目安ですが、まず1つ目は危険な水量でないこと。それから濁りが入っているかいないかという点です。

必ず平水時の水量を目安とし、極端に増水している場合はたとえ濁っていなくても川には近づかないようにしましょう。

支流や上流域は石のサイズが大きいため、増水時でも石裏に苔が残り易く、増水直後でも友釣りができる可能性が高くなります。

また増水後、水位が落ちるとともに石に苔が付き始める「引き水」は、それまでご飯が食べられない状況にあった鮎の活性が高くなり、思わぬ入れ掛りに遭遇できるチャンスです。
流心よりも水深の浅いへチから苔が付き始めるので、いきなり立ち込むのではなく手前から丁寧に探ってみましょう。

国土交通省のホームページから各河川の水位情報が確認できますので、どの程度の増水か、引き水の際の目安にしたりと活用することもできます。

渇水・高水温時期 8月~9月

梅雨が終わり真夏日が続くようになると、川の水位は低くなりがちです。
水量が減るとその分水温も上がり易く、浅いポイントはとくに高水温となります。

その場合、暑いと動きたくなくなるのは鮎も人間も一緒で、活性が低くなります。
このような時、鮎は水深のある淵やトロ場にいることが多くなります水温が安定して低いポイントを探すことが釣果アップに繋がるキーポイントです。
トロ場のほか、支流の流れ込み合流点、近年では発電所の放水口付近などがあげられます。

<オーランド 鮎かん角 12L>

【Oland/オーランド】鮎かん角(中) 12L ON-120 ホワイト 440216

また、高水温時はオトリの管理にも注意が必要です。ポイントに到着しオトリを川に浸ける際には必ず水合わせをしましょう。
オトリ缶の中の水温と川の水の水温に差があると、浸けた瞬間オトリが全滅なんてことは珍しくありません。

オトリ缶の上蓋を取って、川の水を手で掬い入れながら時間をかけて徐々に慣らし、同じくらいになったら浸けて下さい。

シーズン終盤 9月中旬~10月

鮎釣りシーズンも終盤を迎えると、鮎も盛期のように縄張りだけを意識しなくなります。
個体によって差がありますが、産卵を間近にむかえた鮎は体力の消耗を抑えるため付き場が変わります。
とくにメスは、ガンガン流れる瀬よりも、流れが緩やかなポイントを好み、時間帯によって活性の高低差が出てきます。

この時期になると、上流域にいた鮎は河口目指して下りはじめ、極端に石色が良いポイントと悪いポイントで見分けがつきやすくなるのも特徴です。
また水面を跳ねながら群れをなして下る、落ち鮎独特の「まわし」という現象も見られるようになりますが、オトリを入れても掛からないことが多いので、粘らないように見切りを付けましょう。

逆に上流域に鮎は薄くなりますが、まだ産卵を意識していない若い鮎が残っていれば縄張り意識を持っている可能性が高く、盛期の様な友釣りが成立することもあります。
鮎の付き場に一番変化があり、昨日はよく釣れたのに、翌日にはまったくいないという場合もある時期です。


自宅で簡単!グリルで美味しく鮎を焼く方法

夏になると全国各地の川では長い竿が立ち並び、その風景が鮎釣りの解禁を知らせてくれます。ご自分で鮎釣りに行かれる方、それから、この季節になると鮎をたくさんいただくという方も多いのではないでしょうか?
炭で焼いて食べるのが一番美味しいと分かっていても、準備に手間が掛かるのも事実です。
今回は自宅のガスコンロでも美味しく焼ける「鮎の塩焼き」の作り方について解説します。

自宅で簡単!グリルで美味しく鮎を焼く方法

鮎の下処理方法

ご自分で鮎を釣る方も、釣った鮎をたくさん頂いた場合でも下処理はしっかりと行うことが大事です。

1、まずはお腹をしぼってフンを出す

鮎は石についた苔を食べます。養殖ではなく天然鮎であれば大体お腹にはフンが入っているので、焼く前にそれをしぼって出す必要があります。
人差し指と親指で鮎の腹びれから肛門にかけて腹部を挟むようにしてフンを押し出します。出なくなるまで繰り返して押し出して下さい。(2~3回程度で出なくなります)

2、流水でサッと洗う

鮎は魚体の表面にヌメリがありますが、これを取り除くまで洗う必要はありません。
表面の汚れや、しぼり出したフンを洗い流す程度にしましょう。

一度で食べきれないほど鮎がたくさん手に入ったらこちらも読んでみてください↓
【鮎の冷凍保存方法と、冷凍鮎を美味しくいただく方法】

串を打つ

自宅のガスコンロで焼く場合でも、串を打った方が美味しく焼くことができます。大抵の場合がグリルの網に横に寝かせて焼く方法ですが、これだと水分がしっかりと抜けず、水っぽくなってしまいます。串を打つことで、焼く際にお腹を下に鮎を立てて焼く事ができるのがキーポイントです。

串打ちの方法は様々ですが、ここでは最も簡単な方法をご紹介します。まずは鮎のエラの上から竹串を差し込み、鮎がS字を書くよう串を抜きます。
エラの上から串を打つと口が開き、焼き上がりの見栄えも良くなりますよ!
この時、平たい形状の串よりも、楊枝のように尖った串の方が初心者でも打ち易く、お皿に並べる前に串を抜く際も、綺麗に抜くことができます。

塩をふる

高い位置から鮎の両面に塩をふります。背ビレと尾びれには多めの塩を手に取り、ヒレを広げる様にして飾り塩を付けましょう。
こうすることでヒレが立ち、また焦げて無くなってしまうのを防ぎます。

グリルに並べて鮎を焼く

串打ちした鮎を、お腹を下に向けて並べます。お腹から余分な水分が抜け、美味しく焼くことができます。
火加減は弱火で時間を掛けて焼き、じっくり水分を抜きましょう。

完成

焼きあがったら、お皿に並べて串を抜きます。串は回転させながら抜くと身が付かず、綺麗に抜く事ができます。

お正月や催事にも!鮎の甘露煮の作り方はコチラ↓

《魚料理》天然鮎の甘露煮の作り方


【2017鮎釣り動画】鮎釣り名人、針結び方のおすすめ動画

以前に比べ、手軽に使用できる完成イカリ針が多く販売されるようになりました。

初心者の方も手軽に鮎釣りを始められるよう、バリエーションや号数のラインナップは幅広く規格があります。
しかし長く鮎釣りを続けていると、自分の竿と仕掛けのバランスや、針と針ハリスのバランスなどもう一歩考えて釣りをするようになるものです。
初心者の方は今後の参考に見て楽しめる、また中級者~ベテランの方にも是非参考にしてほしい鮎釣りの針巻き方動画と、おすすめの針&ツールを紹介します。

【2017鮎釣り動画】鮎釣り名人の針結び方おすすめ動画

2017鮎釣り動画 島 啓吾名人の段針の作り方

把握するのが難しいほど多くの種類の掛けバリが販売されている現在。

種類は大きく分けて2種類あります。
掛かりの速さが特徴、針先ストレートのスピード系の針と、掛かってから取り込みまでのバレ防止を重視したシワリ型キープ系の針です。

通常は1種類の針をそれぞれの号数で3本イカリや4本イカリなどで作成します。
それら2種類の針を号数違いで対角線状にMIXさせた4本イカリを使用する島 啓吾名人の特徴的な掛けバリの結び方です。
段針と呼ばれるそのイカリ針は、スピードとキープ力と2つの利点を融合させたあたらしいジャンルのイカリ針と言えそうです。

●段針におすすめの針

OWNER(オーナー) 一角 6.5号

オーナーばり 一角 (123本入)
動画でも使用されている、針先ストレート系の早掛けタイプの針です。オーナーの代表的なスピード系の針です。組み合わせるのは、同じくオーナーのJ-TOPやスティングなどのシワリ型がおすすめです。

OWNER(オーナー) 鮎イカリ用鈎巻き器 AV-24 セット

オーナー 針巻き器

一気にたくさんのイカリ針を結ぶときにおすすめなのが、動画でも使用されて入る針巻き器です。素手で巻くとどうしてもハリスが中心に収まらなかったりと苦戦しまいがち。針とハリスを溝にセットするだけでとても簡単なので初心者の方にとくにおすすめです。

2017鮎釣り動画 坂本 禎名人の大鮎専用イカリ針の作り方

大鮎の名手として知られる坂本 禎名人。尺鮎で有名な球磨川をはじめ、全国各地で大鮎釣りを楽しむ名人が重視しているのは、大鮎専用の大針と針ハリスのバランスです。

10号針の4本イカリには2.5~3号のフロロカーボンハリスを使用するなど、通常の鮎釣りとは違う驚きの太号柄ハリスを使用。
サカサ針にセットした際の、針の垂れ具合や強度にこだわったバランス設定なども解説。大鮎針ならではの針の巻き方にも注目です。

●大鮎イカリ針におすすめの針

シマノ 龍の太軸10号

SHIMANO(シマノ) 龍の太軸 HOOK 96本 10号 RG-A51Q

龍の太軸は、その名の通り大鮎・尺鮎にも対応できる太線径のシワリ型の針です。大鮎には掛かりの速さよりも、掛かってからのキープ力や針折れなどのトラブルレスが重視されます。フッ素フィニッシュ加工(FF)されており、スムーズ刺さり込みも期待できる製品です。

最強トーナメンター小澤 剛名人の4本イカリの結び方

最強トーナメンター、小澤 剛名人の4本イカリの結び方を解説した動画です。通常時の釣りで使用するイカリ針のオーソドックスな結び方を解説しています。
初めて自分でイカリ針を巻いてみようと思っている初心者の方にもおすすめです。

鮎釣り専用のストレートタイプの針ハリスでなく、スプールに巻かれているフロロカーボンハリスをカットせずに使用する無駄のない独特な針結び。
また近年施されている製品が多くなったフッ素加工の針に、瞬間接着剤を打つ直前にする「たすきがけ」は、グラつき・スッポ抜け防止につながる必須工程です。

●針結びにおすすめのツール

TACKLE in JAPAN(タックルインジャパン) セラミックスーパーボビンホルダー

●タックルインジャパン セラミックボビンホルダー

これがあるとぐっと針巻きをスムーズに行う事ができます。根巻糸をホルダーに挟むようにセットし糸を通して固定します。先がセラミックになっているため摩擦熱で根巻糸が切れるトラブルが減り、またアームに根巻糸が絡まないカラマン機構が搭載されています。


【2017 鮎釣り】おすすめの水中糸と特徴を解説

今年もついに待ちに待った鮎の友釣りシーズンが開幕となりました。
すでに竿を出された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
仕掛けは今年も例年通りと準備された方、また今年は違う水中糸を使った仕掛けで友釣りにチャレンジしてみようと思っている方へ、おすすめの水中糸とその特徴をご紹介します。

【2017 鮎釣り】おすすめの水中糸と特徴を解説

シマノ・メタキング 複合メタルライン

メタキングの一番の特徴は細号数で強度があることです。例えば、0.01号は最大強力980gの高強度で、20cm程度の鮎を楽に引き抜くことができます。
通常の複合メタルと言えば、細くても0.04号程度なのでメタキングが、いかに細号数か分かると思います。METAKING
0.08号ではテストの際、瀬で尺鮎を引き抜いた実績のある高強度新素材繊維のコア(芯)と強力タングステンワイヤーのコンポジット複合メタルラインです。
比重が4.28と軽いことから、トロ場の泳がせも可能。もちろん瀬での使用がメインでおすすめできるオールラウンドラインです。

モーリス・メタマックスネオ 複合メタルライン 2017新製品

タングステンをコア(芯)に高強度ステンレスワイヤーを撚糸させた製法はそのままに、引き釣り用の改良モデルとして新発売されました。

メタマックス ネオモーリス エクセラ鮎 ハイブリッドメタマックスネオ ハイライトピンク 16m 0.125号
瀬での引き釣りに特化した、比重:9.8のほぼ単線メタルに近い使用感の高比重モデルです。ラインカラーは視認性に優れたハイライトピンクを採用し、白泡立つ急瀬や荒瀬での視認性に優れています。岩などの擦れにも強い、独自のハードコーティングが施されていて安心です。

サンライン・トルネード鮎 フロロカーボンライン 2017新製品

トリプルレジンプロセッシングという、三層コーティングのサンラインオリジナル加工を施したフロロカーボンラインです。


吸水変化が少なく高強度・高耐久性を持続します。結びにも強く高感度なのに、とてもしなやかなのが特徴で、初期の細号数の泳がせ釣りや、大石・荒石周りの大鮎狙いにもオールシーズン安心して使用可能です。
また、0.8号までのラインナップは、水中糸としてだけでなくツケ糸や中ハリスにも使用できます。

DUEL・アーマードフロロFH 鮎

もともと球磨川の大鮎釣りで、ソルトウォーター用のアーマードフロロを使用したブロガーから爆発的人気に繋がり、鮎用として製品開発されたラインです。
アーマードフロロとはウルトラPE原糸の表面にフロロ粒子を分散しさらにシリコン、ハードコーティングを施した特殊ラインです。


メタルラインよりも伸縮性が低く感度に優れており、結んで接続が可能です。
糸の比重が約1.0と軽く、泳がせ釣りに適していると言えますが、水切れが良いので引き釣りにも使用可能なオールラウンド水中糸です。

一番の魅力は、金属ラインなみに強く価格がとても安いので使用頻度に合わせて気兼ねなく交換することができます。

ダイワ・スペクトロン鮎制覇 ナイロンライン 2017新製品

ナイロンの特徴でもある比重の軽さを特徴に残し、さらに張りを持たせて操作性や結節強度が高いナイロン水中糸です。ナイロンラインにして1850円(50m)は少し高いですが、チヂレにくく、復元性も抜群の高強度ラインだと考えると、価格設定が信用にもつながります。

ダイワ スペクトロン鮎制覇ダイワ ライン スペクトロン鮎 制覇 50m クリアー 0.35号
細号数では直線性があり操作性に優れ、太号数になるほどしなやかさを有した高感度ラインです。

友釣りシーズンは始まったばかりです。渇水の高プレッシャー時、増水時など水中糸を変えてみるだけで思わぬ釣果に恵まれる場合もあります。ぜひ色々な種類の水中糸を試してみてください。

 


【2017 ついに鮎解禁!】今シーズン注目の鮎サカサ針 新製品を紹介

5月1日は和歌山県・有田川にて全国で最も早い2017年度の鮎の解禁日を迎えます。
ついに待ちに待った、鮎釣りシーズンの開幕です!
初心者の方もベテランの方も、解禁日の情報が気になってソワソワする1日になること間違いなしですね。
今回は2017年の新製品、おすすめのサカサ針をご紹介します。ソワソワ気分を少しでも紛らわすことができる記事であれば幸いです。

【2017 ついに鮎解禁!】今シーズン注目の鮎サカサ針 新製品を紹介

<カツイチ> 巻き巻きサカサ

あれ?この商品はどこかで…?と思った鮎師の方は多いのではないでしょうか。
そう、がまかつのピットサカサシリーズに酷似していますよね。


2017新製品として発売になったこの巻き巻きサカサ使用方法はピットサカサとまったく同じです。
メガネ式サカサの通す穴が見えにくい方でも、挟んで巻きアイに抑えるようにハリスを通せばワンタッチで装着できます。
ピットサカサにそっくりな製品ですが、注目したいのは規格号数です。3号・4号・5号とすべての号数に2.5号までの太ハリスが対応になっています。
終盤の大鮎にも十分に使えるほか、25センチ前後の盛期の鮎にもハリスのバリエーションが効きそうです。
また、アイの向きがピットサカサと逆向きに反っているのも特徴でハリスが真っ直ぐ出るよう設計されています。

 

<がまかつ> G-HARD 競技皮打サカサ

皮打ち対応でシンプルな形状のサカサ針です。軽量設計でコンパクトなので競技にもおすすめです。
また針先は耐摩耗性5倍のG-HARDが採用されており、針先の鋭さの持続が期待できそうな製品です。

がまかつ ザ・ボックス 競技皮打サカサ(フック式) 2号
おそらくサカサ針には初のナノスムーズコート(低摩擦フッ素コート)も、刺さりの良さと、針先の鋭さに一役買っているのではないでしょうか。
ハリス止めが従来品とは逆の「フック逆向きセッティング」により、皮打ちの際、フックの隙間が魚体の方へ向く設計になっています。
10本入りで定価が1200円と少々お高めですが、ぜひ使用してみたい製品です。

<ダイワ> 快適フックサカサ

一見、メガネ式のハリス止めに見えるフック式のハリス止めが特徴のサカサ針です。
この独自の形状は、鮎を引き抜いたあとにタモの目に刺さり込まないとしています。
これはカタログの製品情報なのですが、ハリス止めの部分が引っ掛かることを軽減するのか、それとも針の部分が引っ掛かることを軽減するのかは明記されていません。

ハリス止め部分がタモの目に入り込んでしまうという事例はなかなか無いと思うのは、
わたしだけでしょうか?どちらかと言えば、針がタモの目を拾ってしまう事の方が多い様な…?

ダイワ 快適フックサカサ 3号 徳用
フック式のハリス止めに多い、中ハリスや付け糸を拾ってしまうトラブルを軽減し、フック式の使用感でメガネ式のメリットがあるサカサ針です。

使用してみなければ分かりませんが、今年注目の新製品です。

以上、今年注目の新製品サカサ針3点をご紹介しました。
解禁日に釣行する方もそうでない方も、ぜひチェックしてみてください。

【2017】鮎の友釣りに役立つおすすめの5アイテムを紹介

今年も鮎釣りシーズンの開幕が近づいてきました。早いところでは5月1日に解禁日を迎えます。
針を巻いたり、仕掛けを作ったりとオフシーズンの楽しみも大詰めとなりますが、仕掛け以外の準備はもう済んでいますか?
今回は初心者の方もベテランの方もきっと役立つ、鮎釣りアイテムを2017年の新製品も混じえて紹介します。

 【2017】鮎の友釣りに役立つおすすめの5アイテムを紹介

2017年新製品 タックルインジャパン ポケットフックダスト

鮎釣りにおいて、「かゆいところに手が届く」アイテムを毎年発売してくれるタックルインジャパン。
このポケットフックダストは、鮎ベストに取り付け可能なフックダストです。
内部には、強力ネオジム磁石が内臓されており、確実に針を吸着してくれる設計です。
今までベルトに装着していたダストボックス。使いづらいと感じた方も多いのではないでしょうか?とてもコンパクトなのも魅力のひとつです。

TACKLE in JAPAN(タックルインジャパン) ポケットフックダスト ブラック

プロックス ピタッとマルチハンガー

耐荷重5kgの強力吸盤、ワンタッチで装着可能のハンガーです。
車内にダブルでつければ、ロッドホルダーに。鮎竿を直に地面に置きたくないときは、
車外側やクーラーなどにつけ、立てかけることができ便利です。
シーズン中は、連日でも川に入って鮎釣りをされる方も多いと思いますが、
河原でキャンプや車中泊をする場合には、鮎タイツや鮎ベストを干しておくことができます

ピタッとマルチハンガー PX825K 4連フック プロックス 竿立て ロッドホルダー 釣り具

2017年新製品 シマノ 引き舟ホルダー

もともと、鮎ベルトに付いているホルダーは片手での引き舟の装着が難しいですよね。
それを簡単にしたのが、各メーカから発売されている引き舟ホルダーです。
この製品は従来品のホルダーよりも金属部分が大きく設計されており、よりスムーズに引き舟を引っかけること可能です。

シマノ 引舟ホルダー BE-010Q ホワイト

2017年新製品 タックルインジャパン 鮎タモスムーザー

鮎タモをベルトに挿し込む際に、柄の先端の部分が引っ掛かることなくベルトに挿さるようアシストしてくれるのがこの製品です。
上部にはスキマガイドというベロが付いておりよりスムーズに差し込みを誘導してくれます。
さらに、腰パッドに連結できるシステムになっていて、スムーザー自体がズレてしまう事を防ぎます。

ヤマワ産業(Yamawa Sangyo) 鮎タモスムーザー

シミズ マルチハンガー

鮎釣りのあと、タビやタイツを干すのに苦労したことがありませんか?
とくに鮎タビは水切りが大変で、そのまま干すといつまでも内部に水分がたまり乾きにくいです。
この製品は鮎タビを逆さにひっくり返した状態で固定し、さらにタイツもセットで干すことができます。
ある程度タビから水分が抜けたら蒸気を逃がすため、履き口を上に向けて干しましょう。

シミズ マルチハンガー

まとめ

紹介した製品だけではなく、仕掛けや針以外の鮎釣りマストアイテムが今年もたくさん発売されています。
釣行時に役立つアイテムは手返しにも繋げることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

鮎釣り初心者 2017年初心者におすすめの鮎竿3本

年が明け、2017年の鮎新製品情報が続々と舞い込んでくるようになりました。
実際に商品を手に取って触れることのできるフィッシングショーに向け、カタログを読み込んでいる方も多いのではないでしょうか。
そんな新製品の中から、初心者におすすめの鮎竿を、ダイワ・シマノ・がまかつより
選んでみました。

鮎釣り初心者 2017 初心者におすすめの鮎竿3本

グラフィックス1-3

(ダイワ)プロトギア87

以前に販売されていたプロトギアのシリーズが8.7Mとワンアイテムで復刻リリースされました。価格帯はそのままに竿のコンセプトは一新されています。
短竿の長所と80~85にはないプラス30㎝の攻撃範囲、そしてエアタイプS H調子を継承しているとのことで、初期~盛期まで十分に使い勝手がありそうです
一番い驚いたのは自重、この価格帯で215gです。ワンランク上の価格の帯エアシリーズに匹敵する軽さです。近年の新製品は鮎用品に限らず低価格帯の高スペック(機能)でありながらコストパフォーマンスに優れていると感じます。
中節の無塗装により自重軽減はもちろん、持ち重りの軽減や感度・操作性も上がるとされています。

(シマノ)プロセレクトFW

トーナメントシーンで全国制覇を幾度も成し遂げているシマノのテスター小澤 剛氏が開発に携わる人気のFW調子がプロセレクトシリーズに追加ラインナップとして新登場しました。
昨年発売されたプロセレクトVSも話題となりましたが、前述したようにこちらもコストパフォーマンスに優れた製品です。
カタログには「スペシャル競シリーズと言って手渡されたら、分からないかもしれない」と掲載されているほどに完成度が高い竿が中堅クラス以下の価格帯で発売される事になります。
長さは80、85、90と初心者におすすめの短竿から河川幅に合わせて選べる90もラインナップ。
80はサブロッド的な認識もありますが、鮎竿を使い慣れない初心者の方には操作性を重視して選んでもらう事も重要です。

(がまかつ)がま鮎競技GTR

かつての競技シリーズより価格帯をワンランク抑えてリリースされたと言えるGTIシリーズ。血筋は競技スペシャルV6にありながら、徹底してコストパフォーマンスにこだわったとしています。
4タイプから選べるパワーラインナップも魅力ですが、中でもこの新シリーズにしかない「極み泳がせ90」は初心者ならまず通るであろう「泳がせ釣り」に特化した専用設計で、ノーマル仕掛けで泳がせる基本から、オトリを弱らせ難い柔軟さも兼ね備えています。
中小河川での22センチ程度までがターゲットと、盛期まで使えるのも魅力です。

まとめ

以上、各メーカーの新製品を3点あげてみましたが、どのメーカーも以前では考えられない様なコストパフォーマンスです。
メーカー側も、多くの初心者の方に鮎釣りの面白さを伝えたいと同時に、高額な鮎竿のイメージを払拭するべく開発努力しているという事が窺えます。

鮎釣り用品を安く揃えるコツとは?

鮎釣りには解禁してからシーズン中、シーズンオフから来シーズン解禁までと、
海釣りとは違いオールシーズン楽しめる釣りではありません。
釣具店によってはオフシーズン中、鮎釣り用品を店頭に並べてないところも多くあるようです。
では一年を通して、解禁前、シーズン中、シーズン後、鮎釣り用品を安く購入できるチャンスはいつなのでしょう?

鮎釣り用品を安く揃えるコツとは?

 グラフィックス2-2

解禁前のイベントに注目

釣具店によってはオフシーズン中、鮎釣り用品を店頭に並べてないところも多くあるようです。
ですから年中を通して、釣具店の通常セール(年末年始のセールなど)で安く購入できない事があります。
例年、鮎釣り用品の新製品が新年度のカタログと一緒に発表されるのは、地域によって多少差があるものの、1月というのが基本です。
店頭に新製品が並ぶまでの間、フィッシングショーなどの開催で実際に手に取って見ることができるのも会場に足を運べる一部の方にとどまります。
しかし鮎用品を取り扱っている多くの釣り具店では、フィッシングショー開催後、鮎用品の新製品展示会が開催されます。
基本的には未発売の新製品の鮎竿や用品のサンプルなどを実際に見て注文ができるイベントですが、同時にセールも開催されることが多く、新製品だけではなく通常商品の特価品があったり、カタログ落ちした在庫品のなどの処分特価品があったりします。
シーズンオフを間近に迎えたセールというのは、在庫数が少なかったり、また店頭に在庫がない商品を予約するにもメーカー自体に在庫が残っていなかったりと、より多くの特価品に出会えるのはこの解禁前のイベントという事になります。

ネットで掘り出しものを探す

次に、価格だけを抑えるという事だけに着目し鮎用品を安く揃えるとした場合です。
インターネットオークションなどで中古品探される方も多いようですが、特に鮎竿に関して安価な出品について、ひとつ気を付けなければいけ事があります。
それはアフター修理・パーツの注文が可能かということです。
カタログに掲載されなくなってから、約5年ほどを目安とし、それ以前に販売されていた商品はほとんどパーツの供給が無いと考えて良さそうです。つまり、修理不能という事です。
その上で検討してください。
初心者の方に限らず、初回~数回使用でポッキリ…という事も希ではありません。修理不能となれば、例え安く購入したとしても、結果とても高い買い物になってしまう可能性もあるのです。
ただ、時間を掛けて探すと掘り出し物に巡り合える可能性もあります。
個人の出品だけではなく、釣具店のショップサイト等はシーズンオフ直後などに1点限りの処分特価品などを掲載する場合もあるからです

まとめ

店頭セールにしても、インターネットでの購入にしても大事なのは、金額だけに注目するのではなく、きちんと自分に合ったものを選ぶ
ことが大切です。せっかく良いものを安く購入できたとしても、修理不能だったり見当違いだったら意味がありません。

【鮎釣り初心者】鮎釣りの上達法とは?

鮎釣りの上達法はズバリ、

誰よりも川に行ってたくさん竿を握り、たくさん鮎を掛けることです。
初心者の方で上達したいと向上心があるなら、これに限ります。

ですが実はこれが一番難しいのかもしれません。
サンデーアングラーならなおの事、天候や河川状況は釣行日に選べる訳ではありません。

鮎釣りの上達方法とは?

 

グラフィックス21-1

まずは川見術

上達へのより近道となるキーポイントは、限られた釣行日数でいかに鮎を掛ける効率を
上げるかになってきます。
それにはまず釣技云々は置いておいて、鮎が掛かるポイント、さらに言えば追い気のある鮎の付き場を見極められる川見術が必要です。
例えば、雨天で増水気味の河川状況であれば本流を避け、支流を選択するなど、
悪天候・悪条件でも川見術が必要なのは同じで、それにより釣果匹数は大きく変わります。
では具体的に何をすればいいのか、
まず釣行時に偏光グラスをかけ、竿を出す前に必ず上方から川を見て下さい
できれば橋の上から真下を見る事ができればベストですが、石や水位、魚の動きなどが確認できる立ち位置であればOKです。
石色でハミアトの確認や、鮎の魚影が見えれば判断に繋がります。
石が暗っていたり、鮎が見えない状況であれば移動も視野に入れ、逆にハミアトで石が黒かったり、鮎が見えれば期待ができます。綺麗な河川では追い星も目視することが可能です。
最初から川見が効率よくできる方はいないと思いますが、これも癖をつけて慣れれば自然と色んな事が分かってきます。

水位のチェックを習慣づける

さらに言えば、当日の水位を数字で記録することもおすすめします。
インターネットで国土交通省の各河川テレメーター水位で検索すると、大概の河川の水位が
ピンポイントで出てきます。
その日の水位が分かれば、次回釣行時の水位の変化が分かり、水位が影響する釣果の良し悪しの目安になるからです。
どんなに好釣果の情報でも日付が変われば水況も変化しますし、自分のデータ取りが後々、
一番参考になってきます。
石色の見方や鮎の動き方なども川見の重要な要素ですが、河川それぞれに癖がある為、
まずはなぜ好釣果に恵まれたのか、逆になぜ貧果だったのかということを、その日の水位や天候と一緒に把握できるようになれば、必ず鮎を掛ける効率UPにも繋がり、限られた釣行日に選択できるポイントの視野がかなり広くなってくるはずです。

声をかけてみる

次に、上達への「近道」という点で、上手な鮎師の方と釣行を共にする機会を多く作る事も大事です。
ポイント選択の理由に始まり、釣り方はもちろん使用している道具等にも上達のヒントはたくさんあるからです
いきなり師弟関係を結ぶとまでは難しいと思いますが、川に足を運べばベテラン鮎釣り師の方との出会いも少なからずあると思います。
一から自分で調べて勉強しようと思えば、情報の量を考えても時間が掛かってしまいますし、同じ釣行回数を重ねるにしても、内容を濃くすることで上達の早さには少なからず差が出るのではないでしょうか。

机上の知識アップ

実釣に置いてのレベルアップが一番の上達法ですが、机上での知識アップも実釣に繋がる為、雑誌やDVDなどを見るのも一つの手段です。
川見の仕方や仕掛けなどを紹介している雑誌はシーズン前に毎年発売されるものも含め数多くあります。
釣行機会が少なくても頭に入れておけば釣行時のヒントになります。
DVDなど名手の釣りを映像で見る際に注目してほしいのは一連の動作です。
鮎が掛かりタモに入るまでの引き抜きや野鮎へのオトリ交換等、基本的な動作を意識して見てみると、実際トラブルが多い場面でいかにスムーズで手返しが早いかが分かります
釣り方や仕掛け、タックル紹介などに注目してしまいがちですが、一連の動作はどの河川に行っても同じで、効率を上げるうえでも一番に基本的な事で重要だと言えます。
一番は釣行を重ねることですが、大事なのはその釣行の度の内容です。
同じ釣行でもデータ取りや知識はかならず引き出しとなり、釣果アップに結びつきます。

【鮎釣り初心者】竿の扱い方、手入れの注意点とは

釣行後は定期的に鮎竿を手入れすることをおすすめします。
鮎竿はゴミや水分の付着にとても敏感な竿です。破損に繋がらないよう注意して手入れしましょう。

竿の扱い方、手入れの注意点とは

グラフィックス2

軽く、薄いカーボン素材

まず初めに鮎竿というのは9Mという長竿にして自重が200グラム前後しかないという事
覚えておかなければいけません。
メーカー品の高級磯竿を例に挙げても5M前後でほぼ同じくらいの自重です。
リールシートやガイドなど、カーボン以外のパーツがないことを差し引いて考えたとしても、鮎竿がいかに軽く、薄く作られているかが分かると思います。
それを踏まえたうえで、釣行時の川での竿の扱いには十分注意が必要と言えます。

河原に直接置かないよう気を付ける

竿は河原に直接置かないこと
これは、安定しない石の上に竿を置くと風で転がってしまったり、
石に置く際に打ちキズが入ってしまう可能性があるからです。
また、小さな砂利、砂などが竿に付着すると、納竿時に節と節の間に挟まり、
同じくキズの原因となります。
その時点で折れなくても鮎が掛かってタメている最中など、ピンポイントに負荷がかかれば、そのキズから破損してしまうのはよくある事なのです。
仕掛けを張る際や、掛かった後のオトリ交換など、海釣りでは竿を置いてするような作業も、友釣りでは竿は肩に担いだまま、全ての作業をするのが基本です。
どうしても河原に竿を置かなければいけない時は、葦の上などに置き、

直に石に当たらないよう気を付けましょう

最近では、竿を畳んだ状態で、車から河原まで移動の際のキズ防止の為の、
薄手のロッドカバーが販売されている程。
それくらい鮎竿のキズにはシビアになる必要があるという事なのです。

定期的に行う手入れの方法と注意点

次に手入れの方法と注意点ですが、使用後は竿の水滴をしっかり取る事が大事です。
水分が竿に残った状態で、車に乗せたままにするのは竿にとって一番よくありません
夏場の車内は高温になるため、最悪の場合、塗装が浮いて気泡の様になり、
そこから剥離してしまう事も。
釣行直後にメンテナンスできなくても、
直射日光や高温になる場所に保管するのは避けましょう
その後なるべく早めに、竿の表面の水気をふき取り、節を抜いて内部も乾かすことが
重要です。
ただし、砂利やゴミが内部にも付着してしまっている場合はキズの原因にもなるので、
次回釣行までに取り除いておく必要があります。

砂利やゴミが噛んでしまった際の手入れ方法

では、シーズン納竿前に砂利やゴミが噛んでしまった際の手入れの方法ですが、
まず全ての節を順番に抜き、流水で内部まで洗い流します
節の側面を乾いたタオルなどで拭き上げたあと、ティッシュペーパーを手でちぎり、
元竿のシタセン側から少しキツイくらいの量を調整しながら詰めていきます。
次に元上の節でシタセン側からティッシュペーパーを押し上げ内部に付着したゴミやカーボンのカスを取り除きます
♯6節は♯5節で…というふうに、順番に内部を掃除し終わったら、その後は直射日光を避け、風通しの良い場所に節を抜いたまま立てかけて乾かします。
この時、倒れないよう注意して置いて下さい。
しっかり乾かしたら、最後は釣り竿専用のワックス等で塗装面を磨けば手入れの完了
となります。納竿後のメンテナンスも同じ作業となります

まとめ

鮎竿のカーボンは薄く、他の竿に比べて脆い。

釣行時の竿の扱いには十分注意し、直接河原に置いたりしない様心がける。

釣行後は定期的な手入れを心掛け、砂やゴミが付着した際は必ず取り除きましょう。


【鮎釣り初心者】初めての鮎竿選びのポイントとは

鮎竿を初めて購入する際、一番熟考するのは鮎竿の性能と本体価格とのバランスです。

竿を選ぶにあたっての必要な知識としては、まずホーム河川となる川相に合った竿のパワーをしっかり理解すること。
初期から盛期までの平均サイズを把握し、各メーカーのパワースペックを理解したうえでの選択が必要になります。

初めての鮎竿選びのポイントとは

 グラフィックス1

釣具店で相談してみよう

しかし鮎釣りを始めたばかりの方がカタログだけで理解しようとしても、中々難しいと思います。
釣具店で購入する場合は店員さんと相談することも大事です。
釣行するメイン河川や、どんなポイントが好みか等を伝えると適切な竿を紹介してくれると思います。
ネットで購入を考えている場合でも、地元の鮎師さんのアドバイスなどを聞いておくと参考になると思います。
鮎竿にはメーカーの違いのほかに硬さや調子・価格帯で、とにかくバリエーションに富んでいますが、自分に合った鮎竿が少しづつでも理解できたら、あとはお財布との相談ですね。

鮎竿の根強い高額イメージは時代と共に変化

 鮎釣りをやってみたいけど、鮎竿は高額で手が出ないというイメージが強く根付いており、中々、検討までに至らない…という方はとてもたくさんいらっしゃる様です。
しかし実際は3~7万円クラスの低価格ラインナップもとても充実しており、
メーカーもコストパフォーマンスに優れた鮎竿を次々に発売しています。
ここ数年、とくに低価格帯鮎竿のスペックの発展は目覚ましく、
ひと昔前の高級ロッドに見た目も性能も見劣りしなくなってきています。
そうは言っても高額になればなるほど「良い竿」なのは間違いありません。
上を見ればキリがないですが、自重や感度は値段と比例して良くなります。
ここで、最初に記述した本体価格と性能のバランスが重要になってきます。

価格と性能のバランス

 高額でも良い竿を長く愛用したいと思うか、
ある程度の予算を決めて選ぶかという事なんです。
初心者だから安い竿でいいという考え方は、あまりおすすめしません。
竿に予算を掛けられないのであれば、
あくまでも予算内でまずは自分に合った竿を選べるようになることが大事
だと思います。
ひとつ注意しておきたいのは、万能ロッドとして多少なりとも無理な使いまわしがし難いという鮎竿ならではの特性です。

安価な中古品には注意が必要

 鮎竿は磯竿やルアーロッドに比べ、はるかに脆い竿だという事を覚えておいてください。
9M前後の鮎竿というのは自重を抑える為、カーボン自体がとても薄く作られています。
高額な鮎竿ほど薄く精密に設計されている為、無理な扱いが一番禁物なのです。
折れた際のパーツもとても高額なので、注意が必要です。
もし、ホーム河川で初期のサイズと盛期のサイズがあまりにもかけ離れていれば、
鮎釣りが一番面白くなる盛期に標準を合わせ、大は小を兼ねる。
その意識での竿選びをお薦めします

重さ580g、体長33.4㎝のド級の大鮎捕獲!!!

鮎師のあこがれの尺鮎。

鮎のパワーと川の流れと圧が釣り人を翻弄し、糸をブチ切り、竿をへし折る。

尺鮎の名所・熊本県球磨川では、肉厚の鮎ロッドの残骸が川縁に流れ着く光景を目にすることも…。

そんな夢の尺鮎でもとんでもないスーパーサイズが、大分県日田市の三隈川で捕獲された。

重さ580g、体長33.4㎝のド級の大鮎捕獲!!!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161013-00000043-mai-soci

釣り師にとって残念なのが、その捕獲のされ方は漁師の刺し網。

とはいえ、捕獲された鮎のシルエットを見ると、釣り上げることは不可能であると誰もが絶句してしまうほど。

33.4cm、580gのその鮎は体高と肉付きが異常とも言えるほどの凄まじさ。

ぱっと見で鮎だと理解することはできないだろう。

今回登場した鮎は、三隈川と大山川の上流点の200m下流とのことで、鮎トーナメントの予選会場とピンポイントで重なる。

ハイシーズンはいつも鮎師で賑わうポイントらしく、ここで釣り逃した鮎師は多かったのでは?

ちなみに、同日に下記のニュースも配信されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161013-00010003-nishinp-soci

こちらは34.5cm、543gの鮎を紹介。
前述の鮎よりも長さで勝るものの、重量で下回った。

しかし、こちらは鮎釣り師の竿での釣果。
釣り師にとってその価値は前述の鮎以上のものだ。

10月も中旬に迫り、大分県日田市から飛び込んできた大ニュース!
九州の鮎師は一度しまった鮎竿を、もう一度取り出すことになるのでは?

 


【釣り動画】初心者必見、おすすめの鮎釣り動画を紹介!

2016年アユ釣りの解禁を直前にテンションの上がる、初心者におすすめの動画を選んでみました!
私も、鮎釣りを始めたばかりの頃、悪戦苦闘しながらもその楽しさに魅せられて川に通っていたのを思い出します。

【釣り動画】初心者必見、おすすめの鮎釣り動画を紹介!

六平汰の鮎釣り2015 高知県・仁淀川

メーカー・全国大会の舞台になる事も多い名河川、高知県・仁淀川で、ナビゲーションの六平汰さんと、初心者釣りガール2人との鮎釣り動画です。
鮎釣り講師役には、六平汰さんの奥さんが登場?!
この奥さんがとっても面白いキャラなんですが、しっかりと釣りガールをサポートし、
鮎を釣らせるところは流石です。
他河川の釣行動画もシリーズであるようです。

女子アナ&水野裕子 鮎釣りっておもしろい!

今ではカタログや鮎釣り雑誌で大活躍の、有岡只祐さんが懐かしい出で立ちで登場します。
吉田健二さんと女子アナがそれぞれペアを組んで鮎釣りに奮闘!
鮎釣りの面白さ、楽しさが伝わってくる動画です。

♯27 鮎の友釣りの歴史を訪ねて

メーカー公式チャンネルの動画ですが、テレビ放映もされているフィッシングカフェという有名な番組です。
鮎釣りに限らず様々な釣種でシリーズがあります。
鮎の友釣りの歴史を掘り下げたこの動画は、初心者だけでなく楽しめる内容だと思います。
インターネット上にはメーカーの配信から個人に至るまで、本当に沢山の鮎釣りに関する動画があります。
DVDを1本通して観賞しようと思えば、時間を作らなければ難しいですが、ネット上の動画なら分刻みで楽しめる利点があると思います。


【鮎釣り動画レビュー】島啓悟のシーズナブルパターン

島啓悟

解禁初期から初秋まで、ひと夏で終わりを迎える鮎釣りシーズン。
最初から最後まで全く同じパターンで鮎釣りをされる方は少ないと思います。

このDVDは、水温の低い初期、一番鮎の釣り味が楽しめる中期、そして鮎の活性にムラの出てくる後期と3つのシチュエーションでの攻略方法を島啓悟さんの実釣&解説で掘り下げています。

初期と言えば低水温や雨による増水、中期は友釣りも盛期となり、鮎の追いも強くなりますが、渇水による高水温は避けられません。

後期はある程度、産卵を意識した鮎が混じり、いずれも低活性に繋がる要素が強くなります。それに加えて天然溯上河川なのか、人口産の放流鮎が混じる河川なのかも織り交ぜ、それぞれの河川状況とその時の鮎にマッチした釣り方を選ぶ必要が出てきます。
一言に「夏」と言っても水温の変化は鮎にとっては著しく、釣果を伸ばすための野鮎へのアプローチは一見の価値ありです。

DVDで見るシーズナブルパターンは必ずしも自分の得意とするポイントや場面だけではないでしょうが、鮎の付き場や狙うポイント等を参考にすればきっと釣果アップに繋がると思います。
鮎釣りシーズンを目前に、解禁前だからこそシーズンを通しての組み立てをしてみるのはいかがでしょうか?


1 2 3