シーバス 一覧

【シーバス初心者】シーバス狙いのラインの使い分け、PEorナイロン?それぞれのメリット、デメリットとは?

シーバス初心者にとってライン選びは、とても悩ましいもの。
安いものから、びっくりするような高価なものまで、たくさんの種類を見たことがありますよね?

私も初心者の頃は何が何だかさっぱり分からず、他の釣りで使っていたラインをそのまま使ったりしていました。
今思うと、「やっぱり使いづらかったなぁ…」と思います。
シーバス釣りに使われるメインラインは、PEラインとナイロンラインの2種類。

今回はシーバス初心者に向けて、この2種類のラインのメリットとデメリットについて解説します。

文末にはシーバス初心者におすすめのラインも紹介しています。
最後までぜひ読んでくださいね!

【シーバス初心者】シーバス狙いのラインの使い分け、PEorナイロン?それぞれのメリット、デメリットとは?

%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad%e7%89%b9%e9%9b%86%e7%94%a8

PEラインとは?

ポリエチレン繊維を編み込んで作ってあるライン。
4本編み、もしくは8本編みが基本です。
とてもしなやかで柔らかく、比重が軽くて水に浮く特徴を持っています。

PEラインのメリットとは?

  • 飛距離が出せる
  • 直線強度は同じ太さのナイロンの4倍ほどある
  • 伸びが無いのでアタリが分かりやすい
  • 糸癖が付かない

PEラインの最大のメリットは、なんといっても飛距離が出せること。
その理由は、直線強度がとても高いので、細いラインを使えるからです。
陸っぱりからのシーバス釣りでは飛距離は欠かせません。
遠くまでキャストできるほど広範囲を探れるので、シーバスにルアーを見せるチャンスが高まります。

また、PEラインは伸びがないので、アタリが分かりやすい特徴もあります。

しなやかで糸癖が付くこともないため、使用感が使い始めからずっと変わらないこともメリットとして挙げられます。

 

PEラインのデメリットとは?

  • 摩擦に弱い
  • ガイドに絡みやすい
  • ショックリーダーが必ず必要
  • ナイロンラインに比べて高価
  • ベイトリールでは扱い難い

摩擦に弱いので、やり取りをしていたりして、ラインが障害物に触れてしまうと簡単に切れてしまうことがあります。

また、しなやかなのですが、使い慣れないうちはガイドに絡ませてしまうことがよくあります。
風に舞って絡むことが多いので、ラインを緩めないようにすることで大抵の場合は回避できますが…。

値段は、ナイロンラインの2~3倍程度します。
ただし、ラインの持ちがよいので、長い目で見るとあまり変わらないかも?
また、4本編みより8本編みの方が高いですが、その分だけ強度が増します。

ショックリーダーを結ばないといけないことも、シーバス初心者にとってはデメリットです。
自宅で結び方を練習して、釣り場では問題なく結べるようにしましょう。

それとベイトリールでの使用ですが、バックラッシュしてしまうとなかなか元の状態に戻せません。
糸同士がスプール内で食い込みやすいこともあるので、使うときはPEライン専用のベイトリールを使うことをおすすめします。

ナイロンラインとは?

ナイロン素材を使ったモノフィラメントラインと呼ばれるものです。
ナイロン素材はメーカーごとに様々なものがあり、それによって特徴に多少の差が出ます。
全ての釣りにおいて一般的に広く使われているラインです。

ナイロンラインのメリットとは?

  • シーバス初心者にとって、もっとも扱いやすい
  • ショックリーダー無しでも使える
  • 値段が安い

シーバス初心者が使うには最適なラインです。
私もシーバス釣りはナイロンラインから始めました。

ショックリーダー無しでも使うことができるため、そのままルアーを結んで釣りをすることができます。
ただし、シーバスの歯や鰓の棘は鋭いので、できればショックリーダーを結ぶことをおすすめします。

価格が安いこともシーバス初心者にとってはメリットです。
ライントラブルの対処に慣れていないうちはナイロンラインを使うことをおすすめします。

ナイロンラインのデメリットとは?

  • PEラインに比べて飛距離が出にくい
  • 糸癖が付きやすい
  • 吸水と紫外線で劣化してしまう
  • 伸びがあるので、遠くでのアタリが分かりにくい

糸癖が付いてしまうと、ガイドにバタバタと当たって干渉することが多くなってしまい、飛距離が落ちてしまいます。
対処法としては、ラインを巻き替えるしかありません。

また素材の特性上、吸水や紫外線による劣化が避けられません。
現在では、ラインにコーティングを施すメーカーもあり、極端な強度の劣化は避けられるようになっています。

ナイロンラインは伸びる特徴を持っています。
そのため遠くでアタリがあっても、手元に伝わってこないことがあります。
※ラインが伸びる分だけ、魚がバレ難い面もありますが…。

PEラインとナイロンライン、それぞれの使い分けとは?

ここまで解説してきたPEラインとナイロンラインの特性を考慮して使い分けを考えると、

 PEライン向けのシチュエーション 

  • 干潟や砂浜などのポイントで飛距離が必要な場所で有利
  • スピニングタックル向け
  • ショックリーダーの結び方に慣れてから使いたい

 ナイロンライン向けのシチュエーション 

  • シーバス初心者向け
  • ベイトタックル向け
  • 障害物が多い場所

このような使い分けをするといいと思います。

それぞれのデメリットに関しては、釣りを続けていくうちに対処できるものがほとんどです。
なので、ラインごとのメリットを上手く把握してシーバス釣りをするようにしましょう。

それでは最後に、シーバス初心者におすすめのラインを紹介します。

シーバス初心者におすすめのラインとは?

東レ/ソルトラインPEシーバスF4

シーバス初心者がまず使うのに適した、4本編みのPEラインです。
ライトグリーンカラーを採用しており、昼夜問わず視認性が高い特徴があります。
ラインの滑りも良くしてあり、飛距離を伸ばすことができます。
求めやすい価格で、コストパフォーマンスに優れています。

モーリス/バリバス ソルトウォーターVEP

障害物や魚の歯など、摩擦に対して強さを持たせたナイロンライン。
ライン表面にはフッ素加工がしてあるため、ラインの滑りがスムーズで、飛距離・ライントラブル回避性能を向上させてあります。
糸潰れを防ぐ平行巻きが採用してあり、安定した強度を保っています。
シーバス初心者が最初に使うラインとしておすすめです!

クレハシーガー/フロロショックリーダー

PEやナイロンの先に結んで、シーバスの歯や鰓の棘でラインブレイクしないようにするショックリーダーです。
しなやかなので、メインラインとの結節が強固なものとなります。
スプールバンドが付いているので、ラインがスムーズに引き出されて、バラバラになって出てくることもありません。
値段が安く、シーバス初心者におすすめのショックリーダーです。

まとめ

シーバス釣りで使われるPEラインとナイロンラインにはそれぞれメリット、デメリットがあることを解説しました。
ただし、使い分けのところでも述べたように、メリットを把握して使っていくことで釣果を伸ばすことができると思います。

それと最後になってしまいましたが、ラインを買うときは150メートル巻きがおすすめです。
どうしてもシーバス初心者のうちはライントラブルに見舞われてしまうので、トラブルがあっても釣りを続けることができる量のラインをリールに巻いておきましょう。
そしてラインは釣具店でリールに巻いてもらうようにしたほうが慣れないうちは安心できます。

今回の記事を参考に、ラインを上手く使い分けてシーバス釣りを楽しんでください!

http://www.tsuri.top/page-4046/

 


【シーバス初心者】わかりやすく解説、ルアーの種類と使い分けとは?

シーバスに使われるルアーってたくさんの種類がありますよね。
細長かったり、平べったかったり、「どんな動きをするのだろう?」と釣具店で見てるだけでもいつもワクワクします。

でも、これだけたくさんの種類があるとシーバス初心者にとってはどれをどう使ったらよいのか分からないのでは?
私もシーバス初心者の頃は分からなかったので、その不安な気持ちがよく分かります。

そこで今回は、シーバス初心者のあなたに向けて、シーバスのルアーの種類と使い分けについて解説します!

文末にはソルトルアーを長年楽しんでいる私からあなたに向けて、おすすめのルアーを紹介しているので最後まで読んでくださいね!

 【シーバス初心者】わかりやすく解説、ルアーの種類と使い分けとは?

%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad%e7%89%b9%e9%9b%86%e7%94%a8

シーバス狙いのルアー、メインは8種類

シーバス狙いの主なルアー

・ミノー

・シンキングペンシル

・トップウォーター

・バイブレーション

・メタルバイブレーション

・スピンテールジグ

・メタルジグ

・ワーム

これらを上手く使い分けることが、シーバス入門の第一歩です!

 

ミノー

シマノ ルアー EXSENCE サイレントアサシン 129F AR-C XM-129N 01T カガヤキマイワシ

シーバス釣りの基本ともいえるルアー。
細長いシルエットで、いかにも小魚といった形をしています。

ミノーにはリップが付いているものと付いていないものがあります。
リップが付いていないものは、リップレスミノーと呼ばれます。
形に多少の違いはありますが、使う場面や使い方は同じと考えて大丈夫です。

ミノーを使うおすすめポイントは、

  • 河川
  • サーフ
  • 磯場

このように、ミノーは基本的に浅い場所で使います。

 

使い方は、ただ巻きが基本。
それだけで、小魚が泳ぐようなアクションをしてくれます。

シーバスは流れがあるときに活性が上がりやすいのですが、そういったときに流れに対して上流、もしくは横切るように投げて巻いてくると比較的シーバスが喰いついてきやすくなります。

シンキングペンシル

ダイワ(Daiwa) ルアー モアザン スイッチヒッター 65S ライムチャートコノシロ

細長い形状で、小魚やゴカイを模したルアー。
なにもしないと沈みます。
重量があり、空気抵抗が少なく飛距離が出ます。

ミノーと同じように使い方はただ巻きが基本。
ミノーよりおとなしい、ナチュラルな動きでシーバスを誘います。

シンキングペンシルが力を発揮するのは、、

  • プレッシャーが掛かっているポイント
  • バチ抜けのシーズン
  • ベイトがサヨリやイカのとき

大きくアクションするルアーでシーバスの反応が渋いときに、シンキングペンシルが有効です。

特にバチ抜けのシーズンは、シンキングペンシルにしかバイトしないことが多々あります。

バチ抜けとはゴカイの産卵行動のことです。春先にゴカイが砂から抜け出してきて、水中を漂うのですが、これがシーバスにとって良いエサとなります。この状況にはゆらゆらとアクションするシンキングペンシルが有効です。

 

トップウォーター

ダイワ(Daiwa) ルアー T.D.ソルトペンシル 110F-HD バーニングイワシ

水面でアクションさせて使うルアー。
シーバスが水面を飛び出してバイトしてくるので、視覚的にも楽しめます。

トップウォーターにはペンシルベイト、ポッパー、スイッシャーといった種類があります。
どのトップウォーターにおいても、ロッドを動かして水しぶきを上げながら動かしてくるのが基本です。

トップウォーターを使うおすすめの状況は、

  • シーバスがボイルしているとき
  • 小魚が水面近くに多くいるとき
  • 秋の荒食いの時期

シーバスが水面近くを意識しているときは、他のルアーでは釣れなくても、トップウォーターに反応することもあります。

また、私は秋の荒食いの時期にもトップウォーターをよく使います。
トップウォーターはルアー自体にボリュームがあるものが多いので、冬に備えて荒食いする秋のシーバスに有効だからです。
意外かもしれませんが、シーバスにラインの存在や水切り音を知られづらいため、プレッシャーの高い釣り場対策としても使うことがあります。

バイブレーション

バスデイ ORC レンジバイブ 70ES [ORC RANGE VIB 70mm 15g] (H-208 シルバーチャート)

ミノーと並ぶシーバス釣りの基本のルアー。
シーバス初心者に、まずは使っていただきたいルアーです。

引っ張ると細かく震えるので、この名前が付いています。
細かい波動が、シーバスにアピールします。

平べったい形状をしているので飛距離が出やすく、また、引き抵抗も少ないので広い範囲を効率よく探ることができます。

バイブレーションを使うおすすめの状況は、

  • 水深がある場所
  • アジやコノシロがベイトの場合
  • ボートシーバス

使い方はただ巻きでよいで。
その時に、巻くスピードを速くしたり遅くしたりすることによって、シーバスにバイトさせるチャンスを与えるようにするのがおすすめです。

メタルバイブレーション

COREMAN(コアマン) ルアー IP-26 アイアンプレート ピンクイワシ

金属プレートにウエイトが付いたルアー。
バイブレーション以上に飛距離が出て、水中でよく動き、波動もよく出ます。

使い方はバイブレーションと同じように、ただ巻きが基本。
状況によっては、リフト&フォールが効くこともあります。

メタルバイブレーションを使うおすすめの状況は、

  • 沖堤など水深の深い場所
  • 水が濁っている
  • 逆風

重量があるので沈みが速く、深場を効率よく探ることができます。
水が濁っている場合もその激しいアクションと波動で、シーバスにルアーの存在を気づかせることができます。

また、逆風の場合にも効果を発揮します。
知人の話ですが、
「逆風下でバイブレーションとメタルバイブレーションを使っていて、バイトがあったのはより5メートルほど先まで投げられるメタルバイブレーションだけだった」ということがありました。
飛距離を重視する使い方を意識するとよいと思います。

 

スピンテールジグ

デュエル(DUEL) ルアー ハードコア スピン 22g 50mm CIW

ブレードが回転することでシーバスを誘うルアー。
引き抵抗が少ないにも関わらず、ブレードの振動とキラメキで広範囲にアピールできます。

スピンテールジグを使うおすすめの状況は、

  • ベイトがとても小さい
  • 水が澄んでいる
  • 橋脚など縦の障害物を狙う

小さめのシルエットと回転するブレードを上手に使えば、とても強力なルアーになります。

シーバスはよく「偏食」といって、その時の状況で食べるエサが偏っていることがあります。
小さなベイトを偏食しているときは、他のルアーで反応しづらくなりますが、スピンテールジグだと簡単にバイトさせられることが多々あります。

それと、スピンテールジグの強みはフォーリングでのバイトを得やすいことです。
シーバスは落ちてくるエサを好んで食べる習性があります。
特に橋脚などの縦の障害物周りに投げてのフォーリングは、よく効くことがあるので覚えておきましょう。

メタルジグ

メジャークラフト ルアー ジグパラ short20g #4 BLUE PINK

全体がウエイトとなっているので、最も重量のあるルアー。
沈みがどのルアーよりも速く、飛距離も抜群です。

ただ巻きだけではあまりアクションしないのですが、ロッドを煽ると横にスライドしたり、飛び上がったりして、不規則な動きでシーバスを誘います。
この不規則な動きで、リアクションバイトすることがあります。

メタルジグを使うおすすめの状況は、

  • 他のルアーでは届かないところでシーバスがボイルしている
  • 他のルアーではシーバスに見切られてしまう
  • 岸壁、ボートなどでジギング

他のルアーに比べて使い方がちょっと特殊になります。

ワーム

ダイワ(Daiwa) ルアー ミドルアッパー 4.2インチ 銀粉生イワシ

柔らかいプラスチック素材で出来ているルアーです。
主にジグヘッドと組み合わせて使います。

ワームには、シャッドテール形状と、ストレートテール形状のものがあります。
前者はただ巻き、後者はただ巻きやロッドで動かして使います。

ワームを使うおすすめの状況は、

  • 水中に海藻などが多い
  • 他のルアーで釣った後に、さらに1匹を引き出したい

他のルアーではフックに海藻が絡みアクションしなくなるようなときでも、ワームでは海藻が絡みにくいのでシーバスにアピールすることが出来ます。

ハードルアーで釣った後、シーバスの警戒心が高まったとき、ワームの自然で細かく柔らかな動きが、さらにシーバスを引き出すこともあります。

シーバス初心者におすすめのルアーとは?

アイマ/サスケ120裂波

リップレスミノーと呼ばれるタイプのルアー。
タングステンウエイトを採用してあり、安定した飛行姿勢で飛距離が出ます。
シーバス以外にもヒラメ狙いで私は使っています。
アクションはピッチの速いウォブンロールで、使い勝手がかなりよいです。

 

バスデイ/レンジバイブ70ES

発売からかなりの年月が経ちますが、今なお愛用している人が多い、シーバスでは定番のバイブレーションです。
安定した飛距離と扱いやすさがその愛され続けている理由だと思います。
ただ巻きをするだけでとてもタイトなアクションをしてくれて、シーバスを誘ってくれます。シーバス初心者にもし1つだけすすめるとしたら、このルアーです。

 

コアマン アイアンプレートIP-26

バイブレーション以上のウエイト、飛距離で広範囲を手早く探っていくことができるメタルバイブレーションです。
激しい動きとフラッシングでシーバスに強くアピールしてくれます。
しっかりとした引き抵抗があり、シーバスのバイトがあれば手元に明確に伝わってくるので使いやすいです。
刺さりが抜群のオリジナルフックを使ってあり、掛かりがとてもよいです。

 

まとめ

今回はシーバス初心者に向けたルアーの種類と使い分けについて解説しました。
実にたくさんの種類のルアーがあり、場面や状況によって使い分けるのがよいと思います。
どのルアーを使えばよいか決められない方は、まずおすすめルアーの3種類を揃えるようにしてください。
この3種類のルアーがあれば、昼夜問わず、さまざまな状況や場所に対応することができると思います。
今回の記事を参考にルアーの種類と使い分けをしてみて、シーバスを釣り上げてくださいね!

http://www.tsuri.top/page-4046/

 


【シーバス初心者】初めてのロッド選びのチェックポイントとは?

シーバス初心者にとって、初めてのロッド選びってドキドキしますよね。
そのドキドキは「初めてのロッドで大きなシーバスを釣り上げたい!」という気持ちもあると思いますが、「選び方がわからない」という不安感も大きいのでは?
私も今ではソルトルアー歴10年を越えるようになりましたが、シーバス初心者の頃は何をどう選んだらいいのかわかりませんでした。

そこで今回はシーバス初心者のあなたに向けて、初めてのロッド選びのチェックポイントについて解説します!
文末にはおすすめのシーバスロッドも紹介しているので、最後まで読んでくださいね!

 【シーバス初心者】初めてのロッド選びのチェックポイントとは?

シーバス ロッド

初めてのロッド選び、3つのチェックポイント

初めてのロッド選びのチェックポイントは、

  1. ロッドの長さ
  2. ロッドの硬さ
  3. ガイドの種類

この3点に注目するようにしましょう。

ロッドの長さ

釣具店やメーカーのホームページを見てみると、「962」とか「1103」とか謎の数字が並んでいますよね?
この数字って何のことかわからないのではないでしょうか?

この数字、実はロッドの長さや何本継ぎなのかを表しているのです。

先に挙げた「962」を例にすると、「96」が長さを表して、あとの「2」は何本継ぎのロッドなのかを表しています。
つまり「962」とは、9フィート6インチ(約290cm)の長さで、2本継ぎのシーバスロッドということです。
シーバスロッドに表記してある謎の数字の意味はこれで解けたと思います(笑)

ただし、この表記の方法はメーカーによって様々なのが現状です。
最終的に購入するときには仕様説明で長さを確認して選ぶように注意してくださいね。

それで、このロッドの長さがシーバス釣りでどのように影響して来るかというと、

  • 飛距離
  • 操作のしやすさ
  • ロッドの重量

この3つに大きく影響してきます。

ロッドは長いほど、基本的に飛距離が伸びます。
しかし、それと反比例して操作性が失われます。

それと、ロッドは長いほど、重量が重たくなります。
そのため、長時間釣りをするときに疲労が溜まりやすくなったりします。

シーバス初心者が初めてロッドを選ぶときには、自分のスタイルに合うほどよい長さを選ぶようにしましょう。
遠投を優先するなら10ftクラスのロングレングス、キャストの正確性なら8ftクラスのショートレングス、バランスを重視するならば9ftといった具合でよいと思います。

ロッドの硬さ

数字の後に「M」とか「L」とか、謎のアルファベット(笑)が表記されていたりします。
このアルファベットが実は、ロッドの硬さを表しているんです!

ロッドの硬さはだいたい次の5つで表記されて、それぞれ呼び方が決まっています。

・L・・・ライト

・ML・・ミディアムライト

・M・・・ミディアム

・MH・・ミディアムヘビー

・H・・・ヘビー

謎のアルファベットは、こういう意味なのです。

このロッドの硬さの順番は、ライトが一番柔らかく、ヘビーが一番硬い、その中間がミディアムといった感じです。
さらにライトとミディアムとヘビーの間があって、だいたい5つの硬さに分けられています。

ロッドの硬さによって何に違いが出るのかを挙げると、

  • 使えるルアーの重量
  • 扱いやすさ
  • 飛距離

ロッドが柔らかければ重たいルアーは使えませんが、ロッドが硬ければ重たいルアーを使えるのでが飛距離が伸びます。

とはいえ、飛距離よりもシーバス初心者は操作性を重視して、できるだけ柔らかめのロッドを選ぶことをおすすめします。
メインフィールドにもよりますが、ロッドの硬さはML〜M位がちょうどよいでしょう。

ガイドの種類

シーバス初心者のロッド選び、最後のチェックポイントはガイドの種類です。
ガイドとはラインを通すリングの部分のことです。

「ガイドって、どれも同じじゃないの?」と、思われる方も多いのでは?
ガイドは見た目はほとんど同じように見えてもいくつか種類があります。

その種類とは、

  • ハードガイド
  • Sicガイド
  • トルザイトガイド

この3つが現在市場に出ているガイドのリングの主な種類です。

それと併せて、

  • 金属フレーム
  • ステンレスフレーム
  • チタンフレーム

といったガイドを支えている銀色の金属部分があります。

 

「金属フレームハードガイド」とか「ステンレスフレームSicガイド」といった呼ばれ方をします。
ガイドに関しては、ハードガイドは選択肢から外すことをおすすめします。
なぜなら、ハードガイドは他のガイドに比べて摩擦熱の発散が遅く、ラインを痛めやすいからです。
ガイドの種類も見た目には分かりにくいですが、シーバスロッドを選ぶときのチェックポイントとして絶対見るようにしてください。

それでは、ここまでのチェックポイントを総合的に考慮したうえで、シーバス初心者におすすめのロッドを紹介していきますね!

シーバス初心者に初めてのロッドとしておすすめなのは?

ここまで解説してきた3つのチェックポイントから、私がシーバス初心者の初めてのロッドでおすすめするのはずばり、

「9ft6inのMLのステンレスSicガイドのロッド」です!

この組み合わせであれば、シーバス釣りでメインになるルアーが多く扱えて、それなりに操作性も高く、遠投もできます。
sicガイドなので、ラインも痛めにくいです。
シーバス以外にも砂浜のヒラメ釣りだったり、メタルジグを使ってのサワラなんかにも転用することが出来ます。

DAIWA/シーバスハンターX 96ML

このロッドは、シーバスが掛かったときに一番負荷が掛かるバッドの部分をカーボンテープで締め上げてあるので、安心してやり取りができます!
ガイド全てにSicガイドが採用されているので、ラインにも優しいです。
また、シーバス初心者によくあるガイドへの糸絡みを自動的に解除してくれるKガイド仕様となっているところもおすすめ理由のひとつとなっています。

シマノ/ムーンショット S906ML

6〜28gまでの幅広いルアーウエイトに対応する、汎用性の高いロッドです!
こちらもステンレスフレームのSicリングKガイドを採用してあり、糸絡み対策がされているので、安心して釣りが出来ます。
また、リールシートといわれる持ち手の部分にオリジナル形状を採用してあります。
しっかりと力を入れることが出来るので、キャスティングをばっちり決めたり、力強いシーバスとのやり取りが出来るロッドです!

メジャークラフト/クロステージシーバスシリーズCRK-962ML

SicリングKガイドを採用しつつ、価格が抑えられているコストパフォーマンスに優れたロッドです!
長さ、硬さのラインナップも多いので、次のシーバスロッドを選ぶときなんかでも同じ使用感で選びやすいです。
対応ルアーウエイトは30グラムまでなので、ちょっとしたメタルジグの釣りなんかにも転用できます!

まとめ

シーバス初心者が初めてロッドを選ぶときのチェックポイントについてまとめると、

  • ロッドの長さ
  • ロッドの硬さ
  • ガイドの種類

こちらの3つがチェックポイントとなります!
そして、「9フィート6インチのMLのステンレスSicガイドのロッド」が私のおすすめのロッドです!

最後になってしまいましたが、私が最初に購入したシーバスロッドがこの「9フィート6インチのMLのステンレスSicガイドのロッド」でした。
このロッドでの最大のシーバスは74cm!
ナイトゲームでの橋脚下のライトスポットからミノーに喰いついてきたあの光景と強烈なファイトは今でも忘れられません。
そのロッドでたくさんの種類のルアーを使って、たくさんの場所で釣りをしてきて経験を積み、今ではソルトルアー歴10年を越えています(笑)

今回の記事を参考にして初めてのロッドを選んで、あなたもぜひ大きなシーバスを釣り上げてくださいね!

http://www.tsuri.top/page-4046/


【釣り動画】nada.ベイトシーバスロッドのコンセプトとメリットを解説!

スピニングタックルが使われることが多いシーバスフィッシングにおいて、ベイトシーバスはまだあまり馴染みが無いのが現状です。
なぜnada.は新しくベイトシーバスロッドをラインナップしたのでしょうか?

【釣り動画】nada.ベイトシーバスロッドのコンセプトとメリットを解説!

ベイトシーバスのメリットとは?

動画の中で述べられている、ベイトシーバスのメリットは次の3つ。

  • スポットに対してのキャスト精度
  • キャストの手返し
  • モノフィラメントラインが快適に使用できる

特にモノフィラメントラインが使用できることは、ベイトシーバスにしかない大きなメリットだと思う。

動画の中でも述べられているが、「メインから20ポンド利用の価値」とあるように、PEラインでは難しい、ラインブレイクに対する耐性をベイトシーバスは持つことが出来る。

 

動画の中で2本のシーバスをキャッチしているが、1本目はロープが近くにあり、2本目は足元がテトラ帯。

これがもしスピニングタックルでPEラインを使用していたら、障害物に触れた瞬間におそらくラインブレイクしてしまっていただろう。

 

1本目に関してはアンダーハンドキャストからのキャッチ。

多方向からキャストが可能なベイトシーバスだからこそ、シーバスが警戒しない距離のディスタンス、着水音でバイトさせることができたのではないかと思う。

 

モノフィラメントラインが快適に使用できるベイトシーバスでないとキャッチできないシーバスは確実に居るものと思われる。

 

nada.のベイトシーバスロッド

今回、nada.に新しくラインナップされたベイトシーバスロッドは次の2機種。

◆ND762MC

◆ND832MLC

 

それぞれの詳細については以下のとおり。

◆ND762MC

・対応ウエイト・・・ルアーMAX28グラム

・対応ライン・・・・モノフィラメントライン20ポンドMAX、PE2号MAX

・ロッドアクション・・・レギュラーテーパー

◆ND832MLC

・対応ウエイト・・・ルアーMAX28グラム

・対応ライン・・・・モノフィラメントライン15ポンドMAX、PE1.5号MAX

・ロッドアクション・・・レギュラーテーパー

使い分けを簡単に解説すると、

ND762MC・・・ライン、ルアーを選ばないバーサタイルモデル

ND832MLC・・・PEラインをメインに想定したロングキャストモデル

 

ファイト時のパワー、キャストのスムーズさは動画で確認できるように素晴らしいもの。
ベイトシーバスを始めるときには選んで間違いのない、今後も長く愛されるロッドになるのでは?

 

スピニングでは獲れない魚が獲れる

動画の中で黒田健史氏も言葉にしているが、「スピニングでは獲れない魚が獲れる」「ベイトシーバスができるとゲームが面白くなる」というベイトシーバスのメリットはとても大きく、使ってみると釣果を伸ばすことができるものと思う。

筆者も新しくラインナップされたnada.のベイトシーバスロッドを使って、この秋のシーバスフィッシングを楽しんでみたい。


《ダイワ》ショアラインシャイナーZ バーティス 120F-SSR

《ダイワ》ショアラインシャイナーZ バーティス 120F-SSR

12_MTtransiwashi
本物のランカーハンターが大事にするのは、膝下程度のシャロー。
食い気満々の大物はためらいなく、シャローへ侵入することがある。
そんなエリアでボトムをこすらずに泳ぎ切る、水面直下~約30cmレンジ特化のリップレス系スーパーシャローランナー。
干潟やシャローエリアにおいて、シーバスが表層からやや潜ったベイトを捕食しているときに最適です。
12cmクラスミノ-屈指の「Z120F」のキャスタビリティを受け継ぎながら、シャローエリアで主となるスローリトリーブでのアクションセッティングにこだわりました。
ランカー捕獲実績の高い「抑え気味でマイルドなヨタヨタスローロールアクション」にセッティングしています。

スクリーンショット 2016-02-14 23.31.08


《シーバス初心者》バチ抜けとは?&オススメルアーベスト5

春になると、シーバス愛好家の間で「バチ抜け」という言葉が飛び交います。シーバスがよく釣れる、「バチ抜け」とは?

《シーバス初心者》バチ抜けとは?&オススメルアーベスト5

バチ抜け

バチとは、イソメやゴカイのことです。晩冬から春にかけて大量のバチが産卵のために、海底から抜け出て水中を流れます。その現象をアングラーの間で、「バチ抜け」と呼びます。

バチ抜けの発生する場所は、河口や運河などの汽水域です。バチが大量に発生している時は浮遊するバチや、シーバスのボイルを視認できます。

バチ抜けシーズンのシーバスは、バチしか食わない傾向があるので、使用するルアーやアクションは、バチをイメージします。

バチパターンで効果の高いルアーは、シンキングペンシルです。バチパターンでのシンキングペンシルの使い方は、水中を流れるバチに似せて、上流から下流へ流して狙います。リーリングを交えたり、流れに任せてドリフトさせるなどして、その日の当たりパターンを探るようにしましょう。

バチ抜けの最大の時合いは大潮周り、最満潮から3時間の間です。その時合いに竿出しできるように、スケジュールを調整しましょう。

バチ抜けにオススメのルアーベスト5

第1位:デュオ/マニック

第2位:ジャクソン/にょろにょろ

第3位:タックルハウス/ローリングベイト

第4位:アイマ/アルデンテ

第5位:ガイア/エリア10

シンキングペンシルで反応のない時は、ミノーなど他のルアーも使ってみましょう。

バチ抜けのシーバス狙いへ行こう!
つりトップ

 


《春の夜釣りのターゲット》夜更かししても釣りたい魚&仕掛けを紹介

春の日中は暖かかったり、花粉症の薬が効き過ぎて眠くなったり…。ついついお昼寝をしてしまうと、夜に元気が出ますよね?そうだ、夜釣りへ行こう!
ちなみに春とはいえ、夜の寒い時は真冬並みに冷え込むので、防寒着を必ず持参しましょう!

《春の夜釣りのターゲット》夜更かししても釣りたい魚&仕掛けを紹介

マダイ

マダイ

春になると、マダイの岸辺への回遊が活発になります。
春にマダイを狙える堤防の特徴は、以下の通りです。

  • 外洋からの潮通しがよい
  • 5m以上の水深がある
  • 小魚がつきやすい

マダイは潮止まり前後にアタリのある傾向が強いので、最低でもその時間帯の2時間前には竿出ししておきましょう。
早めにマキエを効かせておけば、時合いでのマダイの寄りがとてもよくなります。

春の夜のマダイ狙い、カゴ釣り仕掛け

夜釣りマダイ遠投カゴ

タナ設定の基本は底を切る程度が基本です。ツケエを取られたらタナを浅くして、残ったら深くします(根掛かりしない程度に)。
ちなみに、マダイはマキエが効くにつれてだんだんとタナが浅くなります。型が大きくなるほど、浅く浮く傾向が強いです。

 使用するマキエの選択

カゴ釣りで使用するマキエはボイル、オキアミ、集魚剤の3通りが一般的です。それぞれの特徴について説明をします。

  • ボイル
    比重が軽いので、中層を漂います。そのため、ボイルを使うとマダイが浮きやすくなります。釣り人によっては、水に浸した押し麦も混ぜて使用します。押し麦は安く、視覚効果がとても高い特徴があります。
  •  オキアミ
    ボイルに比べると比重が重いので、沈むスピードが速いです。潮の流れがとても速い釣り場に向いています。
  • 集魚剤
    集魚剤はマキエを安くカサ増しできるし、匂いや粒などの成分がマダイを寄せるのにとてもよく効きます。ただし、小魚が集まり過ぎることがあるので、注意して使いましょう。

釣り方のコツ
リールは常に、オープンベールにしておいて、潮の流れに合わせて糸を送って、潮下へ仕掛けを流しましょう。

 

シーバス(スズキ)

シーバス

冬場は深場へ避難していたシーバスは、春一番が吹き始める頃から岸辺へ回遊します。その頃の岸辺周りにはシーバスのエサとなる、たくさんのバチ(イソメなど)やベイトフィッシュが群れで棲息しています。そのため、シーバスを狙う時はベイトの種類を見極めて、ルアーを選択するようにしましょう。

バチ抜けとは?&オススメルアーベスト5

シーバスタックル

春のシーバス狙いのポイントは湾奥の河川や運河など、ベイトの多そうな場所を選びましょう。

 

チヌ(クロダイ)

チヌ

春は産卵のために大型の個体が岸辺に回遊するので、自己記録更新を目論む、大型チヌ狙いの釣り人の鼻息が荒くなります。

この時期のチヌは卵を持っているせいか警戒心がとても高く、簡単には釣れません。時合いは短いし、食い込みが浅くてアタリが小さいので、根気と技術が必要とされます。

チヌ夜釣り

ちなみに、春のデカバンシーズンはルアーマンにとっては残念なことに、疑似餌への反応がよくありません。

春の夜釣りを楽しもう!
つりトップ


《ダイワ》魅惑のジョイントアクション、小沼正弥監修のモアザン テイルスラップ

《ダイワ》魅惑のジョイントアクション、小沼正弥監修のモアザン テイルスラップ

morethanTailslap_topimage

滑らかなジョイントスネークアクションと高いキャスタビリティを両立しました。
バチ・マイクロスリムベイトシーズンはもちろん、激渋やスレの激しい時期ほど威力を発揮。2フック仕様なので、フックアップ性能もバッチリ!

01_blapin

サイズ:75ミリ 自重:6.1g
アクション:スネークアクション
フック仕様:フロント/ST-36BC#12トレブル リア/シングル#6クラス
メーカー希望価格:1750円

2016年3月発売予定。

シーバスを釣ろう!
つりトップ


《LONGIN》水面直下に特化させた「プレックス水面直下」

lg_main_01

「バチ抜け」を強く意識したルアーです。

流れがあるポイントでは、ラインを張りながらラインスラッグだけで流れに身を任せます。水中をサスペンドさせて漂わせるだけで、シーバスを魅了する動きでアピールします。
流れがないエリアでは、超デッドスローリトリーブとティップの上げ下げで、水面直下から約30㎝を自由自在にコントロールできます。

ハイプレッシャーなポイントでスレたシーバスや、偏食(ボラ稚魚、バチ、アミ、シラスなど)が原因でルアーに見向きもしないシーバスなどに、威力を発揮します。
リングで連結されたボディが、水流の変化に反応して上下左右に捻り、自由自在に動くことで、複雑でトリッキー波動を生み出します。

長さ:85mm
重さ:7.5g
メーカー希望価格:1600円

シーバスを釣ろう!
つりトップ


《新刊情報》The SEABASS

511EE3qFVYL._SX368_BO1,204,203,200_

デイのランカー狙いにこだわり、15人のトップアングラーに本気で狙ってもらった釣行リアル企画本です。
それぞれのアングラーが時合いや場所、狙い方について独自のメソッドを紹介しています。
他内容
「名手たちの対デイランカー本気一軍ルアー大公開」
「デイゲーム必釣スタイル」
「ベイトタックル有効論」
「ファイト〜ランディングまでのランカー対策」
「ビッグベイトの使い方」
「東西デイゲーム最新事情」
「各地ショップ店員オススメ日中プラン」
など、盛りだくさんです。
デイのランカー狙い、ナイトとは違ったスリルと面白さがありますよ!


《アイマ》止めて食わせるサスペンドモデル、コモモ125サスペンド

《アイマ》止めて食わせるサスペンドモデル、コモモ125サスペンド

コモモ125

シーバスの活性が低い時期や先行者が一通りルアーを通した後、人の多い場所などのすれたシーバスを攻略するためには、出来るだけルアーをスローに引いたり、ストップを入れてステイさせたりしてじっくりルアーを見せる必要がある。
そんなタフな状況下で威力を発揮するのがこのサスペンドモデルである。
サスペンドとは一般的に水中で浮力と重力がつり合った状態。
すなわち、水中で浮きも沈みもしない状態の事であるが、このモデルは汽水域(淡水と海水が混ざった状態)でサスペンドするように調整してある。
このため、タフな状況下においてスローで引いたときのレンジキープ力、ストップを入れたときの食わせの間を最大限に高める事が可能となっている。

全長:125mm
重量:18.5g
タイプ:サスペンド
レンジ:30〜40cm
アクション:ローリング
フック:ST-46 #4
リング:オリジナル#3
価格:2100円 (税抜)
2016年1月25日発売予定

シーバスを釣ろう!
つりトップ


《パームス》信頼のショアガンが進化、ショアガンエボルブ

《パームス》信頼のショアガンが進化、ショアガンエボルブ

ショアガン

バットセクションに高弾性マテリアルを採用し、それぞれのゲームスタイルに最適化したパーツを搭載。
それによって、キャスタビリティの向上と各ターゲットに向けた充実のスペックを実現しました。
ヒラメ、ショアの青物、ショアスローなどそれぞれのゲームスタイルに最適化しました。
スペシャライズドモデルで構築したシリーズ群が、アングラー達を強力にサポートします。

ショアガン

ショアガンエボルブが欲しい!
つりトップ


《マリア》簡単操作で楽しく釣れる、リトルビットAH

《マリア》簡単操作で楽しく釣れる、リトルビットAH

littlebitAH_main

「巻く、落とす」の簡単操作で楽しく魚が釣れるジグです。

独自のスプーン形状が生み出すヒラヒラフォールで、ホロがより輝きます。糸絡みが少なく、アピール時間の長いセンターバランスが特徴です。

全カラーにケイムラコートを採用しています。

重量:3g、5g、8g、12g カラー:8種類
2016年1月発売予定。

ルアー釣りを始めませんか?
つりトップ


《タックルハウス》ローリングベイトに55mmの新サイズが追加!

ライトリグで人気のルアー、ローリングベイトに新サイズの55mmが追加されました!スレた魚へのアプローチ方法がまた一つ、増えましたよ!これで爆釣、間違いなし!

《タックルハウス》ローリングベイトに55mmの新サイズが追加!

ローリングベイト

メバルをはじめメッキ、カマス、アジ等々ソルトウォーターのスーパライトゲームのために誕生。ローリングベイト特有のタイトローリングアクションはそのままに、ライトゲーム用に仕上げています。

長さ:55mm 重さ:8g
価格:1400円

ライトゲームで遊ぼう!
つりトップ

 


《DUO》帰ってきた!必ずもらえるマニックキャンペーン

マニック全シリーズを対象としたキャンペーンで、マニックのパッケージの裏面に貼ってあるバーコードを3枚集めて送るだけで、

マニック75限定カラー「赤面マスカット」をゲット!

201512マニック_B5

詳しくは、DUOホームページでご確認くださいね!

お得なキャンペーンで、ルアーをゲットしよう!
つりトップ


《2015年冬》シーバスにオススメのルアーBest5

基本的には冬は産卵の為沖の深場に移動します。ただし、全てのシーバスが移動する訳ではありません。ちょっと釣るのが難しい時期って事ですね!根気強く探っていけば、答えは出るでしょう!ランカーサイズが待ってますよ!!

《2015年冬》シーバスにオススメのルアーBest5

第1位:バスデイ/レンジバイブ

とりあえず、深場を狙うために使います。深場と固定概念ではないのですが色んな場所をサーチするのに手っ取り早いですね!

第2位:アイマ/サスケ 140S 裂風 レンジ70〜100㎝


必ずしもボトムネチネチ攻める事はありません。冬場でも温排水の所や、河口付近の海水温が高めの所はトップ近くでも反応します。

第3位:/ジャクソン にょろにょろ 125㎜

地域によっては2月頃やその前から、バチ抜けパターンになる所もあります。なのでこれを常備しておけば、ベイトと同じように喰ってくれます(^^) ゴカイが居ない場合は成立しませんけど…f^_^;)

第4位:Blue Blue/ナレージ 65㎜


ボトム攻略もリフトフォールも、ただ巻きもなんでもこいのスローに巻ける優秀なバイブレーションです!冬だけではなくオールシーズンいけます。

第5位:タックルハウス/K-TEN 140㎜

ランカーサイズが出る可能性がある時期なので大きめのプラグも忘れずに!これ以上大きなプラグも良いですが、水温次第では口を使わない場合もありますので大きすぎないように!

ランカーシーバスを釣ろう!
つりトップ


《12月17日まで》釣りアイテムがお買い得!歳末&決算 ナチュラム祭!

釣りアイテムの通販でお馴染みのナチュラムが、年末大セールを開催しています。

今回のナチュラム祭は、超お買い得商品に加え、決算売り尽くしアイテムもWで登場しています!

年内の釣具の購入は、ナチュラムに決まりです!

お買い得釣具を購入しよう!
つりトップ


《2015年11月》売れ筋スピニングリールBest5!

ほとんどの釣りで必ずと言ってほど使用されているのが、スピニングリールです。2015年11月末現在、アマゾンでの売れ筋リールBest5を紹介します。

《2015年11月》売れ筋スピニングリールBest5!

第1位:シマノ/アリビオ2500 3号糸付き

安いリールであっても最低限守らなければならないこと。それは、日本の二大メーカーのいずれかのリールを選ぶこと。アマゾンでダントツ1位のシマノ/アリビオ2500は、堤防のサビキ釣りにちょうどよいサイズだし、サビキ釣りにちょうどよい3号のナイロンラインが付いていてかなりお得です!作りはチャチですが、最低限の仕事をこなしてくれるリールです。

第2位:シマノ/アリビオ1000 2号糸付き

2位にも、シマノ/アリビオが入って同機種がワンツー、フィニッシュ!小型リールなので、大きな魚やオモリを扱うのが苦手ですが、キスやハゼなどの小物釣りにはちょうどよいサイズです。ファミリーフィッシング用に、複数台所持してもよいでしょう。

第3位:ダイワ/レブロス15 2000

ここで遂に、ダイワが登場!ちょっとお高めのレブロスです。前期のアビリオに比べるとパーツの一つ一つの作りがしっかりしているし、とても丈夫に作られています。アビリオはハンドル周りがチープですが、レブロスは安定しているし、しっかり巻くことができます。様々な釣りで使える、お得なリールです。

第4位:シマノ/アルテグラ C2000S

1万円ちょっとの価格で、超軽量の190g!リールの重さが釣果にダイレクトに響くエギングや、アジングなどに超オススメのリールです。マグナムローターの巻き心地がスムーズなのも、うれしい機能です。

第5位:ダイワ/レブロス15 2506H-DH

6千円強の安いリールですが、作りはしっかりしているし、ハイギアだから巻き取り量が驚きの1回転90cm!ただし、重量が295gとやや重ためです。

年末に向けて、リールの新調をされてみてはいかがですか?

リールの具合はいかがですか?
つりトップ


《ZetZ》エフリード ギラバイブ53

ヒイラギをモチーフにしたボトムコンタクト型バイブレーション

フィッシュイーターのメインベイトにもなるヒイラギがモチーフにした「ギラバイブ53」。
魚が捕食のしやすい53ミリのひとくちサイズ、そして21グラムのクラスを超えたウエイトを与えました。
飛距離出るのはもちろん、沈下スピードも速く、レンジコントロールが自在です。
微波動で広範囲にアピールするバイブレーションプラグの特性を、ボトムを特に意識したシーンに向けて最大限発揮する工夫を施しています。

エフリード ギラバイブ53
ウエイトは限界まで下方にレイアウトし、特異ともいえる水平フォールの姿勢にもこだわっています。
ボトムタッチからリフトする際に生じるバイブレーションで誘い、ナチュラルなフォールで魅了、バイトの間を与えます。
さまざまなフィールド、多くの場面で使える万能小型バイブレーションでサーフゲームはもとより、漁港や河口域などフィールドは問わず、ボトムコンタクト型バイブレーションとして活躍することでしょう!

長さ:53mm 重さ:21g
タイプ:シンキング 価格:1400円


《シーバス》2015年真冬のシーバス、オススメルアーBest5

基本的にはシーバスは、冬は産卵のため沖の深場に移動します。ただし、全てのシーバスが移動する訳ではありません。個体数が減って、ちょっと釣るのが難しい時期って事ですね?でも根気強く探っていけば、答えは出るはずです!ランカーサイズが、待ってますよ(^○^)

2015年真冬のシーバス、オススメルアーBest5

第1位:バスデイ/レンジバイブ

とりあえず、深場を狙うために使います。深場と固定概念ではないのですが色んな場所をサーチするのに手っ取り早いですね!

第2位:アイマ サスケ 140S 裂風


必ずしもボトムネチネチ攻める事はありません。冬場でも温排水の所や、河口付近の海水温が高めの所はトップ近くでも反応します。

第3位:ジャクソン/にょろにょろ 125㎜

地域によっては2月頃やその前からバチ抜けパターンになる所もあります。なのでこれを常備しておけばベイトと同じように喰ってくれます(^^) ゴカイが居ない場合は成立しませんけど。。f^_^;)

第4位:Blue Blue/ナレージ 65㎜


ボトム攻略もリフトフォールもただ巻きもなんでもこいのスローに巻ける優秀なバイブレーションです!冬だけではなくオールシーズンいけます。

第5位:タックルハウス/K-TEN 140㎜

ランカーサイズが出る可能性がある時期なので大きめのプラグも忘れずに!これ以上大きなプラグも良いですが、水温次第では口を使わない場合もありますので大き過ぎないように!

寒い時期だからと家でゴロゴロせずに、頑張って通えば釣りの神様がご褒美をくれますよー( ^_^)/~~~

ランカーシーバスを釣りたい!

つりトップ


1 2 3