《ブリーデン》バックスライド&揺らぎフォール、13iSlider

13islider_banner003

●10g
前後を場面によって使い分ける事を前提として作り上げましたが、その機能が最も色濃く反映されているのが10g です。リアヘビーセッティング+リフト&フリーフォールでの素晴らしいバックスライドアクション(自走)と、フロントヘビーセッティング+リトリーブ&テンションフォールの適度なスピードと揺らぎがフィッシュライクになったマダイや巨アジやハタ類などを強く誘います。
●7g
基本は朝夕のマズメ時に本流の中でフィーディングモードに入る瀬戸内巨メバルに対応するための設定です。
スライドアクションは10g と変わらぬスピードの滑り出しですが、スライド幅は少し小さく、追いの距離の短いメバルに絶好のアクションを産み出します。まずはTRorTE83deep などで抜群の飛距離を利用して本流のヨレへ打ち込み、水面直下から上下1m 程度のゆっくりした振り幅でリフト&フォールで攻め、だんだんとレンジを落していきます。アタリはおおむねフリーフォール時に訪れますが、フォールに反応が悪い場合は逆付けで水面直下をステディにリトリーブさせます。
デイでボトムの釣りをする場合はリアクション狙いですから比較的大きめに跳ね上げ、フォールもフリーでストンと落す事が肝要です。
●5g Now Testing!
近距離やナイトゲーム対応のウエイト設定です。
港湾部のナイトメバリングではフロントヘビーセッティングでの揺らぎテンションフォールが効果的です。スローなただ巻きからそのままテンションフォールさせます。この際にもっとも重要なのは「ジグヘッド+ワーム」だと思って操作する事です。本流のボトムを狙う時も非常に有効です。思い切ってアップに打ち込み、ボトムをチョンチョンと小突きながら手前に寄せてきます。
アジがフィッシュライクになってライズがある時などはこのジグの出番です。リアヘビーセッティングで着水後すぐシェイキングしながらのリトリーブや、中層ではピッチの狭いトゥイッチ&フリーフォールで攻めます。またボトムの釣りではジャークからのフリーフォールが有効で、ワーミングを遥かに凌ぐ事もしばしばあります。

052083u838b815b83s839383n

重量 全長 価格
13iSlider05 5g テスト中
13iSlider07 7g 46mm 630
13iSlider10 10g 53mm 660

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。