《エギング》2015年秋、おすすめのPEラインベスト5

エギングに必須のPEラインですが、釣具店ではたくさんの種類が並べられていて、どれを選んでよいのかわからなくなります。そこで、本誌ライターで釣具店勤務中のG氏が独断と偏見で、オススメのPEラインを紹介いたします!この秋のPEラインの巻き替えの、ご参考にしてくださいね!
PEラインには各メーカー毎に、それぞれ特徴があるので、簡単に紹介いたします。みなさんの釣り方に合ったPEラインが見つかるお手伝いになれば幸いです!

スポンサーリンク

《エギング》2015年秋、おすすめのPEラインベスト5

第1位 デュエル  ハードコアX8  0.8号 150m

8本組で大変お求め易い価格になっています。結束強度が高く、滑らかなガイド滑りによりストレスを感じさせない優秀なPEラインです。ショアジギングでも使用していますが、申し分ない強度です。

第2位 サンライン PE-EGI ULT 0.8号 180m


エギングのカリスマ、山田ヒロヒト氏の完全プロデュースにより開発された、細く強くを追求したPEラインです。まずは名人と同じのを使うってのは上達する近道でもあります。また、180m巻と長めなので、裏返して使えるのも嬉しいですね!

第3位 ラパラ ラピノヴァX 0.8号 150m


価格をぐっと抑えたPEラインです。「安いけど大丈夫?」って思うかもしれませんが、全然大丈夫です。張りが強いのでガイドに絡みにくく、トラブルも少なくて使いやすいです。また、ピンク、グリーンのカラーががラインナップされており、どちらも視認性がよいです。

第4位 ゴーセン  エギファイヤー  0.8号 150m

ゴーセンの技術の結集「SDE製法」を採用しています。意味はストロング、 ダイナミック、 エイトらしいです。ネーミングからして強そうです!こちらのラインはリピーターが多く、とても人気があります。

第5位 サンライン スーパーブレイド5 0.8号 150m

商品名にブレイド5と記載されてますが4本組です!お間違えのないように。価格も安く強度も申し分ないです。とりあえず安くて安心なラインを使いたい方に、オススメです。

→→→エギングをもっと学びたい方は、エギング入門えぎトップへ!

エギングへ行こう!

つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。