《水産庁》クロマグロを対象とする遊漁者・遊漁船業者の皆様へ

水産庁から、「クロマグロを対象とする遊漁者、遊漁船業者のみなさんへ」。

kuromaguroleaflet

資源量が激減し、国際的な問題となっているクロマグロですが、日本の対応はいつも後手ばかりで対策が遅れています。特に問題なのが、産卵期のマグロを一網打尽にする巻網船です。かつては10キロを超える成魚ばかりを水揚げしていた巻網船ですが、現在ではそのクラスのクロマグロはほとんど獲れず、30キロ以下ばかりとなっています。巻網船の操業規制を厳しくするのが最も効果のある対策ですが…。そのあたりの事情は、茂木陽一氏のブログに詳しく解説されています。
巻網船の操業規制が進むのであれば釣り人達も喜んで、クロマグロ釣りを自粛するものです。

水産庁ホームページ クロマグロを対象とする遊漁者・遊漁船業者の皆様へ

さて、クロマグロや日本の漁業の問題については、三重大学准教授の勝川俊雄氏がツイッターやブログで、わかりやすく解説をしてくれています。

勝川俊雄公式サイト

勝川氏のツイッター

勝川俊雄氏テレビ番組出演のご案内
9月20日(日) NHK総合 午後1時50分〜 NHKアーカイブスの「シリーズ日本の食」。第2回目は漁業にスポットをあてる。テーマは「食卓の魚を守れ」。ゲストは勝川&さかなクンさんです。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。