《タチウオ》ワインドのジグヘッド&ソフトルアーBest3

秋の深まりと共に釣れ始める魚が多いですが、その中でも近年特に人気が上昇しているのが、ワインド釣法で狙うタチウオです。ワインド釣法では、タチウオ専用のジグヘッドとソフトルアーが必須です。そこで、ワインドビギナーに向けて、オススメのジグヘッド&ソフトルアーBest3を紹介します。

スポンサーリンク

ワインドのジグヘッド&ソフトルアーBest3

オンスデザインタックル/ZZヘッド&マナティー

ワインド釣法のパイオニア、オンスタックルデザインの超定番アイテムのZZヘッド&マナティー。肉厚なシルエットとアクションの度に生じる波動で、タチウオへのアピールは抜群です。マナティーは柔らかく、それがタチウオの食い込みのよさにも繋がっています。そのため、タチウオがガンガン釣れる時は持ちが悪いので、予め多めに準備をしておきましょう。

エコギア/パワーダートミノー&パワーダートミノー

エコギアが送る、ワインド釣法向けアイテムです。軽くジャークするだけで、シャープなダートパフォーマンスを実現しています。細長いテールの動きが、タチウオの食い気を誘います。飛行時のバランスがよく、遠投性が高いです。

アクアウェーブ/スパークヘッド&スパーク85

後発組ながら、近年は人気が急上昇しています。その理由は、硬い仕上がりのソフトルアーの持ちがよいことです。連続してタチウオがバイトしても、噛み跡は広がらないのでかなり丈夫です。熱に弱いので、車に放置すると車内の熱で溶けることがあります。

以上、簡単ではありますが、独断と偏見でワインド用ジグヘッド&ソフトルアーを紹介させて頂きました(^ ^)

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。