《クジラが爆発?》福岡県沖にクジラの死骸が漂着

9月に入ってからというもの、大阪や青森でクジラの死骸が漂着しています。福岡では関門海峡近くの瀬戸内海、苅田沖にクジラの死骸が漂着しました。苅田沖は水深が浅く、古くからの地元の漁師は、「クジラを見るのは初めて」だとか…。

スポンサーリンク

クジラ死骸:苅田港に /福岡

009d03dd5716a0ed21d74d3f68f20f4a_s

体長約8メートルのクジラの死骸が17日、北九州空港沖で見つかった。瀬戸内海では珍しい。船の航行に支障を来すため同日夜に苅田海上保安署の巡視艇と町漁協の漁船が苅田港沿岸まで引っ張った。廃棄物処理法で廃棄の必要があるが、陸揚げも海に沈めるのも困難で、担当の県苅田港務所は苦悩している。by毎日新聞サイトより

現在は、苅田港のすぐ沖、苅田沖堤防に係留して、その処分法の決定を待っているところです。腐敗が進むと、体内にガスが溜まって爆発することもあるそうで、処分を急いでいるようですが…。

ちなみに、研究施設のある水族館だと、解剖研究用に引き取ってくれることもあるそうです。それに立ち会った知人の話では、「とにかく、臭いが凄まじい」とのことでした。

最近は近海の船釣りでもクジラの目撃情報が増えているようで、クジラを見てみたいものの、船との接触の不安もあります。一見、クジラが増えているような気になりますが、沖にエサがないから、沿岸部に迷い込んだことも考えられます。どうなっているのでしょうかね…?

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。