《新刊情報》アジングJAPAN最前線2015-2016 (別冊つり人 Vol.407)

釣り人社の人気ムック、アジングJAPAN最前線が今年も出版されました。表紙には若きカリスマ・ルアーマンのりんたこ、こと岩崎林太郎氏が登場!丸々と太った、美味しそうな金ぴかアジです。

『アジングJAPAN最前線2015-2016』の特集テーマは微小なアタリも逃さない「感度ア ップの秘訣」に迫ります。たとえばロッド、たとえばライン、そのほかリグやアプローチ 法など、名手たちが実践するアタリ増加&感度アップにつながるこだわりや工夫を公開し ます。そのほかアジングにベイトタックルは有効なのか? ほか名手たちのランガン装備 &クーラーボックス拝見コーナーでは鮮度保持の私流アジをおいしくいただくための持ち 帰り方も紹介。さらに風&雨&低水温といった悪条件克服法もアドバイス。そのほかデイ ゲームの可能性や1尾を釣るまでのハイプレッシャーアジングゲームの鉄板メソッド、そ のほか各地フィールド情報も満載! まさにアジング最新ニュースがめいっぱい詰め込ま れた凝縮の1冊。数釣り派も大もの派も、アジングファンすべてに捧げるお役立ち情報満 載の内容でお届けします。 ●主なコンテンツ 特集 感度アップの秘訣教えます! ・ヒロセマン直伝アタリの増やし方 ・ショートロッドでアタリ&釣果アップ ・デイのアタリ、ナイトのアタリ ・ラインで変わる感度の違い ・藤原真一郎の尺アジ物語 ・新風! ベイトタックル理論 ・ランガン装備&クーラーボックスのレイアウト拝見 ・強風&低水温に打ち勝つ、タフコンディション克服法 ・目指せ100ピキ! or 目指せ50㎝超! ・ワームの刺し方で決まる、ワーム&ジグヘッド形状の使い分け

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。