カゴ釣り用竿の特徴&2015年秋、オススメのカゴ釣り用竿Best3

遠くに投げる楽しみ、大きな魚か釣れる楽しみ、大きな棒ウキが吸い込まれる瞬間がたまらない遠投カゴ釣りの竿について、解説をします(^^)

スポンサーリンク

カゴ釣り用竿の特徴

まず他の竿との違いですが簡単に言いますと、ガイドが大口径でウキ止め糸が引っかかりにくい、重ための仕掛けをフルキャスト出来る設計になっています。
4.5mや5.3mなどがありますが、カゴ釣りの仕掛けは長めなので、竿も長めの5.3mがオススメです。ちなみに、飛距離をかなり稼ぐことができます。
短めのハリスをご使用ならば、4.5mでも大丈夫です。竿が短くなるとその分だけ軽くなるので、フルキャストしやすいです。
カゴ釣りの竿は対象魚によって号数をお選び下さい。アジ、サバ、イサキ、真鯛なら3〜4号、大型青物や重たい仕掛けを投げる腕力があるなら5号クラスを。自分は非力なので5号は重くてフルスイング出来ませんf^_^;)

2015年秋、カゴ釣りにおすすめの竿Best3

第1位 シマノ/ブルズアイ遠投3-520PK


ねじれに強いスパイラルXを使った素材はキャスト時の反発力も高く簡単に飛距離を出せます。またKガイド搭載なので面倒な糸絡みが軽減されます。夜釣りにライントラブルの少ない中通し竿もオススメです!
第2位 ダイワ/インプレッサ磯3-53遠投


スムーズな曲がりでパワーレスポンス、感度が向上するVジョイントを採用。バランスの取れたモデルです。自分が使った感じ仕掛けのバランスがバッチリならフルスイングで快適に使えます!
第3位 ダイワ/リバティクラブ磯風 3-53遠投-K


KとはKガイドの事では無いのですが、「とりあえずカゴ釣りを始めたい!」って方に価格も安くバランスも申し分ないオススメの1本です。

カゴ釣り竿は色々な釣りにも使えます。例えばぶっこみ釣りでヒラメやカレイなど、アジを付けた泳がせ釣りで青物などなど。楽しいカゴ釣りで食卓に新鮮な魚をお届け出来ますよー!(^^)

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。