komomoカウンターシリーズで 流れを攻略する

スポンサーリンク

流れの中で komomoの独自のアクションを引き出すことを可能に

干潟の釣りに欠かすことのできない komomoシリーズ。その最大の特徴は ごく僅かな水流をその独自のヘッド形状で受け止めることで発生する独特のゆらぎアクション。
干潟の中の流れを感じられるように非常に繊細にセッティングされた komomoですが 強めの流れの中ではヘッドが水を受け過ぎてしまいバタバタと大きなアクションになってしまいます。 このため河川などでは使うことが難しいシーンがありました。そこで開発されたのがカウンターシリーズ。
僅かなウエイトチューンを施し、その動きを少し抑えることで使用感を損ねること無く 流れの中で komomoの独自のアクションを引き出すことを可能にしました。 強めの流れの中でルアーがダウンに入った時でも最適なアクションを発生させます。

kokomo90counter

[全長]90mm[重量]15g[タイプ]シンキング(真水)[レンジ]40~70cm
[アクション]ローリング+ウォブリング[フック]ST-46 #4[リング]オリジナル #3[価格]1,850円(税別)
komomo90c_01

kokomo110S counter

[全長]110mm[重量]13g[タイプ]スローシンキング[レンジ]30〜80cm
[アクション]ローリング+ウォブリング[フック]ST-46 #8[リング]オリジナル#2[価格]1,900円(税別)
komomo110sc_01

kokomo125counter

[全長]125mm[重量]18g[タイプ]スローフローティング[レンジ]30〜40cm
[アクション]ローリング[フック]ST-46 #4 [リング]オリジナル#3[価格]2,100円(税別)
komomo125c_01

kokomoSF-145counter

[全長]145mm[重量]30g[タイプ]フローティング[レンジ]30〜60cm
[アクション]ローリング+ウォブリング[フック]ST-46 #3[リング]オリジナル#4[価格]2,400円(税別)
komomo145c_01

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。