《グレ釣り》2015年、磯のグレ釣りで使いたいウキBest3

磯のグレ釣りで重要な役割を持つウキですが、その役割はアタリを見るだけではなく仕掛けを飛ばしたり、潮に乗せたり、仕掛けを沈めたりなど多様に渡っています。釣り人の用途に応じて様々なウキが発売されていますがその中で、「つりトップ」編集部の独断と偏見でオススメウキをセレクトします!

スポンサーリンク

2015年、磯のグレ釣りで使いたいウキBest3

第1位:釣研/エイジアマスターピース

2011年のG杯の覇者で、最近では「がまかつの顔」としてテレビや雑誌で活躍する猪熊博之氏が愛用する釣研のウキです。猪熊氏が主に使用する浮力は「-2」前後で、基本的にはウキ沈め釣りとなります。低重心のウキのため遠投やコントロールがしやすく、潮乗りが抜群です。

第2位:デュエル/TG ピースマスター® 遠投 M/L

テレビや雑誌で大活躍の平和卓也氏の愛用ウキです。平和氏は沈め釣り、半遊動釣りなど状況に応じてオールマイティーに仕掛けを使い分けます。半遊動時はシモリ玉がウキ内の下部で安定する、アンダーストッパーシステムが威力を発揮します。

第3位:松田ウキ/松山ピエルブルー

徳島の鬼才・松田稔の松田ウキに、ニューモデル「松山ピエルブルー」がラインナップされた。MとLサイズの中間の新サイズを採用し、グレ以外にの幅広い魚も狙えるように仕上げている。ステルスブルーの塗装がとてもかっこいいウキです。松田ウキなので、お値段はそれなりに高いです!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。