《冬の防寒着》安くて機能的!ユニクロでウェアを揃えるならば?

安さと機能性で人気のユニクロは、今や国民服と言っても過言ではありません。
そんなユニクロですが釣り場でもチョクチョク見かけるような???
そこで今回は真冬の釣り場のウェア、完全ユニクロでコーディネートしてみます。
安くウェアを揃えたい方は、ご参考下さい!

スポンサーリンク

安くて機能的!ユニクロでウェアを揃えるならば?

IMG_2196

ヒートテック
まずは、下着から。
ユニクロの下着といえば、ヒートテックですね!
釣り人の間でも人気が高く、愛用している方がとても多いです。
そんなユニクロのヒートテックですが、2015年冬はなんと、エクストラウォーム(極暖)がラインナップに登場しました。
アウトドアメーカーの厚手下着と比較してみたいですね!

フリース
ユニクロ飛躍のきっかけになった定番アイテムのフリース。
保温効果が高く、肌心地がとても気持ちいいです。

ウォームイージーストレッチパンツ(カーゴ)
裏地がフリース素材なので、はいた瞬間からとても暖かいです。
セールで買えば2千円を切るので、ワンシーズンではき潰すつもりで着用していますが、意外に持ちます。
ただし、岩場や尖った構造物に触れると簡単に破れるので、ハードな場所での使用は厳禁です。

ウルトラライトダウンジャケット
これは釣の現場でも、インナーに愛用されている方を結構見かけます。
リーズナブルで軽く暖かい、ユニクロの中でも最もオススメのアイテムですね!

マウンテンパーカ
風除けにダウンジャケットの上から一枚、アウターを羽織るのであれば、マウンテンパーカがよいでしょう。防風タイプのアウターでないのが、ちょっとマイナスです。

ヒートテックニットキャップ
ヒートテック糸にウールをブレンドしたから、発熱・保温効果が抜群です。

ヒートテックデオドラントソックス
足元にも暖かいヒートテックを装備しましょう!これで頭のテッペンから足の先まで、ユニクロで決まりました!

そ・れ・で…、計算してみると…、

ユニクロ

23530円(+消費税1882円)でした!
これだけのアイテムを揃えて、この値段で済むとは、ユニクロ恐るべし!
あと、ユニクロはしょっ中セールをしているので(週末や連休が狙い目)、上手く買えばこれだけのアイテムを揃えても2万円を切りますね。

ある程度ウェアが揃っていれば、この中からいくつか補充すればよいと思います。
ユニクロと上手く付き合って安くウェアを揃えたら、浮いたお金で釣具を買いましょうね♪

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。