《マルキユー》魚が釣れる強烈な悪臭?いか原油

釣りエサのトップメーカー、マルキユーから発売されている「いか原油」は、諸般の事情でカタログに掲載できないのだとか…。その理由とは?

スポンサーリンク

魚が釣れる強烈な悪臭?いか原油

マルキュー(MARUKYU) イカ原油

マルキユーの「いか原油」は瓶詰めの液体で、その臭いは凄まじい悪臭を放ちます。その臭いを例えるならば、「生ごみを凝縮してしばらく放置」とでも言いましょうか、とてつもなく酷い臭いの表現で「鼻が曲がる」と言う表現がありますが、筆者は中年を前にして生まれて初めて、鼻が曲がりました。もちろん、「いか原油」の悪臭で。
「いか原油」の原料はその名の通りイカで、それを発酵させて液体を抽出するらしいです。「いか原油」はサシエや擬似ばりに振りかけたり浸したりして、その臭いで魚の食い気を誘って食わせるのを目的にしてます。「いか原油」はどこでもどの魚にも効果があるわけでなく、ハマる地域や魚種があるとのことです。
地域によっては、漁協が「いか原油」の使用を禁止しているらしくその理由がまた、「いか原油」伝説の妄想を膨らませます。それは、魚が釣れ過ぎるからではありません。魚が「いか原油」を浸したエサを食った瞬間から、魚自体が悪臭を放つからです。そのため、「いか原油」で釣った魚を市場に出して流通させたら、「あそこの漁協の魚は臭い」と悪評が広がってしまいます。悪評によって魚が売れなくなるのを事前に防ぐため、「いか原油」の使用を禁止しているらしいです。
そういった事情から、必要に迫られている人以外に売る必要がないので、マルキユーでは「いか原油」をカタログに載せていないらしいです。

ちなみに私も一度だけ、アジ釣りで使ったことがありますが、効果はありませんでした。ただ、手に付いてしまった「いか原油」の臭いがしばらく取れずに、たいへん嫌な思いをしました。「いか原油」はドロリとした油だから、臭いがなかなか落ちないのです…。
さて、私の住むエリアの数ある釣具店の中で一店舗だけ、「いか原油」を常備しています。漁師の多いお店なのでおそらく、使っている漁師がいるのでしょう。ちなみに「いか原油」を使って釣った魚は、生簀でしばらく生かしておけば、臭いが抜けるらしいですよ!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。