《エギング》大型アオリイカを釣るコツとは?

エギング初心者を脱すると、小さいアオリイカを釣っても満足できなくなるもので、「もっと大きなアオリイカを釣りたい!」と思うものです。そこで今回は、エギングで大型アオリイカを釣る方法をアドバイスします。

スポンサーリンク

大型アオリイカを釣るコツとは?

大型アオリイカ狙いで最も重要なのは、場所選びです。大型アオリイカが回遊、もしくは棲息するポイントを選ばなければなりません。

アオリイカ

秋から冬、潮通しのよい深場

秋から冬にかけてのアオリイカが活発にエサを追い回す時期は、潮通しのよい深場に大型アオリイカが回遊します。潮通しのよい深場はアオリイカのエサとなるアジなどの青魚の魚影が濃く、アオリイカのエサ場としてもA級ポイントになります。そこをエサ場にするアオリイカのサイズは、遊泳力の高い個体に限られる傾向が強いです。そのため、型狙いのエギングに適している場所になるのです。
潮通しのよいポイントは、潮待ちしていればアオリイカが回遊して来ることがありますので、場所を決めたらその場で粘りましょう。

冬から春、湾奥の藻場や浅場

冬から春の低海水温期のアオリイカは、流れや波が穏やかで海水温が安定した、藻やストラクチャーの多い場所に棲息する傾向があります。この時期のアオリイカはあまりエサを追わないので、海底に潜むアオリイカの目の前にエギを通すイメージでアクションを行います。
藻やストラクチャーの多い場所なので、エギの根掛かりが頻発します。替えのエギをたくさん準備して、我慢強く狙いましょう。

デカイカを釣ろう!

つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。