《堤防釣りの仕掛け》近場でパワーファイト、ルアーのタコ釣り

タコは漁港や岸壁、特に常に人が入っているような場所には必ずいると言っても過言ではありません。タコ釣りを覚えて、食卓の彩りを華やかにしましょう!

スポンサーリンク

近場でパワーファイト、ルアーのタコ釣り

タコ仕掛け

時期 夏から秋がメイン。
場所 堤防。

ルアーのタコの釣り方

タコの棲息する海底で、ルアーを引きずるのが基本アクションとなります。エギングのように、大きな上下動の必要はなく、軽くリフトしたりシェイクをするのがよいです。 岸壁の際などの足元が、タコの棲息するA級ポイントです。釣り場の足元は起伏に富んでいてタコが隠れやすいのに加えて、普段から釣り餌が入っていてエサとなる小魚が多いからです。まずは、堤防の際にルアーを投入して、引きずりながら歩きましょう。
タコのアタリは、根掛かりした感じと似ているので、怪しいと思ったら即座にアワセましょう。 アワセを入れたら、リールのハンドルをゴリ巻きします。タコ釣りは初動が勝負、海底に張り付かれたら引き剥がすのが難しいです。

タコ専用ルアー

タコ専用ルアーは大別してエギタイプと、テンヤタイプがあります。エギタイプは操作性がよくアクションでアピールができます。テンヤタイプは昔からあり、実績が高いです。2つの使い分けはこれといって差がないので、釣り人の気分によって使い分けてもよいです。

しっかり〆ましょう

タコはほんのわずかな隙間からも、逃げだすことができます。そのため、ちゃんと〆て絶命しておかないと、クーラーから逃げだすことがあります。 タコの締め方は、下記動画をご参照ください。

最高のタコ焼きを食べよう!

つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。