《2015年11月》売れ筋スピニングリールBest5!

ほとんどの釣りで必ずと言ってほど使用されているのが、スピニングリールです。2015年11月末現在、アマゾンでの売れ筋リールBest5を紹介します。

スポンサーリンク

《2015年11月》売れ筋スピニングリールBest5!

第1位:シマノ/アリビオ2500 3号糸付き

安いリールであっても最低限守らなければならないこと。それは、日本の二大メーカーのいずれかのリールを選ぶこと。アマゾンでダントツ1位のシマノ/アリビオ2500は、堤防のサビキ釣りにちょうどよいサイズだし、サビキ釣りにちょうどよい3号のナイロンラインが付いていてかなりお得です!作りはチャチですが、最低限の仕事をこなしてくれるリールです。

第2位:シマノ/アリビオ1000 2号糸付き

2位にも、シマノ/アリビオが入って同機種がワンツー、フィニッシュ!小型リールなので、大きな魚やオモリを扱うのが苦手ですが、キスやハゼなどの小物釣りにはちょうどよいサイズです。ファミリーフィッシング用に、複数台所持してもよいでしょう。

第3位:ダイワ/レブロス15 2000

ここで遂に、ダイワが登場!ちょっとお高めのレブロスです。前期のアビリオに比べるとパーツの一つ一つの作りがしっかりしているし、とても丈夫に作られています。アビリオはハンドル周りがチープですが、レブロスは安定しているし、しっかり巻くことができます。様々な釣りで使える、お得なリールです。

第4位:シマノ/アルテグラ C2000S

1万円ちょっとの価格で、超軽量の190g!リールの重さが釣果にダイレクトに響くエギングや、アジングなどに超オススメのリールです。マグナムローターの巻き心地がスムーズなのも、うれしい機能です。

第5位:ダイワ/レブロス15 2506H-DH

6千円強の安いリールですが、作りはしっかりしているし、ハイギアだから巻き取り量が驚きの1回転90cm!ただし、重量が295gとやや重ためです。

年末に向けて、リールの新調をされてみてはいかがですか?

リールの具合はいかがですか?
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。