魚食べて膵臓がん予防? DHA摂取多いと発症率3割減

魚は健康食として注目されています。特に青魚に多く含まれるDHAは、サプリメントに配合されるなどして、人気が高いです。そんなDHAに、脾臓ガン予防の効果があるのだとか???

スポンサーリンク

魚食べて膵臓がん予防? DHA摂取多いと発症率3割減

DHAは正式名称をドコサ・ヘキサエノイック・アシッド(ドコサヘキサエン酸)といい、主に魚の脂肪に多く含まれる必須脂肪酸です。DHAは、血管を丈夫にしてくれるし、血液のサラサラ効果があります。近年は、うつ病予防の効果があることも、研究機関により発表されています。

DHA
マルハニチロのホームページによれば、「DHA摂取で意外におすすめなのが缶詰」とのことです。

手軽に摂取できる加工食品としてはお魚の缶詰が最高です。中でも、「さば水煮」「さば味噌煮」「さんま蒲焼」「いわし味付」などは、原料そのものにDHAが多く含まれています。缶汁の中にもDHAがたくさん含まれているので、調理方法を工夫して、捨てずに利用するようにしたいものです。
マルハニチロホームページより

青魚を釣って食べて、健康に釣りを楽しみたいですね!

青魚を食べよう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。