《釣り糸の結び方》ウキ止めの結び方を覚えよう!

ウキ釣りに必須のウキ止め。ウキ止めは緩みやすいので、釣りの最中にズレていないかを何度もチェックしましょう。

スポンサーリンク

《釣り糸の結び方》ウキ止めの結び方を覚えよう!

1:ウキ止め糸を10cmほど切り取ります。慣れない間は、長めに切り取るようにしましょう。
ウキ止め01

ウキ止め糸は、使用する道糸の号数に合う表示を買うようにしましょう!

2:ウキ止め糸でループを作って、道糸に重ねます。
ウキ止め02

3:ウキ止め糸をループの中にくぐらせて、道糸と一緒に5回程度巻きます。遠投サビキやカゴ釣りなど、重たいオモリを使用する釣りでは、10回程度巻くようにしましょう。
ウキ止め03

4:ウキ止め糸を締めこみます。締め込む時には摩擦熱が起きないように、ツバや水で湿らせましょう。釣りの最中にウキ止め糸を移動させることも考えて、締め込み過ぎないように!ウキ止め糸は結び目から5mm程度残して、カットしましょう。
ウキ止め04

ウキ止め糸のコツ
ウキ止め糸は、2箇所巻いておくとズレた時が一目でわかります。設定タナよりも50cm程度竿側に目印として、巻いておきましょう。慣れない間は、市販のワンタッチタイプのウキ止めが簡単に付けられるし、とてもズレ難いのでオススメです。

ウキ釣りをしよう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。