《2016年冬キャンプ》極寒の海辺で一夜を過ごす、暖かアイテムBest5

場所取りで真冬の釣り場で一夜を過ごす時、防寒着だけではとても寒い思いをするものです。そこで、釣り場での冬キャンプにとても役立つ暖かアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

《2016年冬キャンプ》極寒の海辺で一夜を過ごす、暖かアイテムBest5

第1位:寒冷地仕様の寝袋
西日本の磯釣りでは、場所取りで野宿することが多々あります。その時に氷点下以下にならなくとも、沖の磯場は常に風が吹き付けるので、体感温度は氷点下以下となります。そのため、西日本の沖磯でも通常の寝袋では寒さに耐えられないので、寒冷地仕様が必要になります。

第2位:キャンピングベッド
地面に直寝すると、接地面がとても冷たいし、冷気は低いところに集まるのも寒さの原因となります。そこで、キャンピングベッドを使用して高さを出すことで、比較的暖かく過ごすことができます。

第3位:薪ストーブ
焚き火は、周辺の空気を直接暖めるし、炎を揺らめきを見るだけで、気持ちも暖かくなります。最強のあったかアイテムですが、焚き火禁止の場所では決して行わないように!

第4位:屋外用ガスヒーター
焚き火がもっとも温まりますが、焚き火が禁止の場所もあります。そんな時は屋外用ヒーターがとても便利です。

第5位:保温水筒
釣り場での飲食でお湯を沸かしますが、飲食のたびに沸かすのは面倒なものです。そこで、保温性の高い水筒を準備しておけば、常に熱いお湯があるので、ちょっと温かい飲み物を作るのにもとても便利です。

寒い夜を越せば、朝から楽しい釣りタイム!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。