《鮎釣り初心者》ナイロンラインを使うのはどんな時ですか?

鮎釣りの水中糸の種類は色々ありますが、主に使われているのが金属(メタル)ラインです。しかし、状況によってはナイロンラインの方が野鮎がよく掛かるなんて話も…。そこで今回は、鮎釣り初心者に向けて、ナイロンラインについて説明をします。

スポンサーリンク

《鮎釣り初心者》ナイロンラインを使うのはどんな時ですか?

51hGbXyUIzL

ナイロンラインは他のラインに比べ比重が軽く、一般的には泳がせ釣りに適していると言われています。
金属ラインを使った瀬での引き釣りは、どちらかと言えば竿でオトリを操作し、釣り人側がポイントまで誘導しますが、泳がせ釣りはオトリ鮎がオバセ(水中にできるラインのふけ)を背負って自由に泳ぐ過程で野鮎の反応を待ちます。

このオバセが作り易いのが、ナイロンラインやフロロラインです。

オバセを作る角度や量をコントロールすることにより、ある程度のオトリ操作は可能です。
軽くしなやかなナイロンラインは水中での細やかなオバセの管理が可能です。

しかし軽すぎるがゆえ、オトリにスピードが出過ぎてしまうのも事実で、野鮎にもポイントにも、万能とは言えません。
フロロラインとの使い分けも含め、時と場合を考えてライン選択が大事になります。

最近では、ハイテクラインやPEライン、それから軽比重の複合メタルラインが発売されるなどして、ナイロンラインよりも高強度ラインの使用が泳がせ釣りシーンでも増えてきています。
単純にナイロン、フロロ、メタル、複合メタルの、それぞれの比重の違い、ライン硬度などを覚えておくと、シチュエーションに合ったライン選択で、泳がせ釣りが楽しめると思います。

鮎釣りへ行こう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。