《鮎釣りの疑問》40万円クラスも?高い鮎竿って何が違うの?

鮎竿の値段はとりわけ高く、一般的なものでも軽く10万円を超えたりして、最高級品は40万円クラスもあります。そんなお高い鮎竿ですが、どうして鮎竿って高額なのでしょうか?

スポンサーリンク

《鮎釣りの疑問》40万円クラスも?高い鮎竿って何が違うの?

そもそも鮎竿はなぜこんなに高額なのかというところから話を進めていきたいと思います。

例えば、ダイワやシマノの磯竿で言うと、一番高額のクラスのモデルでも10万円前後の定価です。
単純に考えて竿の長さに対して使用するカーボン量に違いがあります。磯竿は5m前後ですから、比べると鮎竿はその倍近くの長さとなります。
ここで注目したいのが「自重」です。

竿の長さが倍近く長いにも関わらず、自重はほぼ磯竿と変わらないのです。

9mの竿を200g前後の自重にする技術は、明確に説明できませんが、使用する原材量を考慮しても、鮎竿が高額になってしまう理由になると思います。

では具体的に、鮎竿自体の価格の差はなんでしょうか?
一番大きな価格差に繋がるのは、やはりカーボンのランクです。カーボン自体が自重に大きく関係してくるため、価格と自重は比例しいることが、カタログからも分かります。
例えば、シマノのリミッテドプロシリーズはリミテッドプロカーボンと言うシリーズ専用の最高級のカーボンを搭載しています。
1段階下の価格帯のモデルと比べても本体価格の差は10〜15万円程度もの差がありますが、1mでの価格差で考えてみると、納得できるのではないでしょうか?
あとは塗装技術や細部に至るスペックなどの差が、価格の差に繋がる要因だと考えられます。

「鮎竿は高すぎる」と私自身、嘆いていましたが、そんな時よく言われたのが、「じゃぁ、その価格で鮎竿作れる?」という、冗談にも受け取れるツッコミでした。
「うーん、確かにそれは無理だな」と変に納得したのを覚えています。
売り場に並んでいる竿は、そもそも原材料や製品になるまでの技術さえあれば、というものではないのです。
さらに掘り下げれば、商品になるまでの段階、つまりロッドテストから価格層で違いがあるのかもしれません。

鮎釣りを始めませんか?
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。