《2016年冬》初心者必見、冬にブラックバスが釣れる場所とは?

冬のバスフィッシングは、暖かい時とは違う釣り場を攻める必要があります。
冬のブラックバスは活性が低いので、釣り場や狙うポイントをよく選ばなければなりません!
それでは、冬にブラックバスが釣れる場所を紹介します。

スポンサーリンク

《2016年冬》初心者必見、冬にブラックバスが釣れる場所とは?

季節が冬になって水温が低くなると、ブラックバスは晴れた暖かい日に比較的活性が高くなります。曇りなどであまり気温の上昇が見込めない時などは、バスの活性も落ちてしまいます。そのため、できるだけ晴天で気温の上昇が見込める日を狙ったほうがよいです。
気温が低く水温が7℃以下になると、バスの活性は著しく下がってしまうと言われています。私は釣りの前、水温計で計るようにしていますが、やはり、7℃以下ではあまり釣れた試しがありません。

この季節のバスは水温が安定していてベイトフィッシュが多い、ディープに棲息する傾向が高いです。そのため、ディープを確実に攻めることのできるルアーで、攻める様に心掛けましょう。
逆にシャローは天候の影響を受けやすいので、あまり期待は持てないと思います。体力のある大きいバスは水温が低くても動き回ったりもしますが、体力の消耗を抑えるために、基本はじっとより良い場所にとどまる傾向にあります。

冬場のブラックバス狙いの好ポイント
・深場
・日当たりがよい
・風が当たりにくい
・ベイトが多くいるカケアガリ
となります。
もう一つ、重要なポイントがあります。それは、温排水が流れているエリアです。
暖かい場所はバスにとって楽園です。水温が暖かいのでバスだけではなく、たくさんのベイトが棲息してるので、必ずチェックしましょう。

冬のバスフィッシングは暖かい日中、その釣り場の暖かい場所を攻める、よりディープを狙うなどバスがついていそうな場所を一番に狙う事が釣果へとつながります。
もしポイントのチョイスがわからなければ、まずは竿出しする前に周辺を散策するようにして、温排水の出ている場所や日当たりのよい場所を探しましょう。それでもわからない時は、人が多い場所=釣れるバスがいるので、その周辺で竿出ししてみましょう!

冬のバス釣りを楽しもう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。