初心者必見、ブラックバス釣りのリール選び!スピニングとベイトの使い分けを教えて!

今回はスピニングリールとベイトリールの使い分けについて、説明をします!ベイトリールを使ったことがない方は難しく思いがちですが、慣れてしまえば意外に簡単だったりします。リールの使い分けをマスターして、釣果アップを図りましょう!

スポンサーリンク

 初心者必見、ブラックバス釣りのリール選び!スピニングとベイトの使い分けを教えて!

スピニングリールとベイトリールの使い分けについて簡単に説明すると 、軽いルアーを使う場合にはスピニングリール、それ以外の重いルアーを使用する場合にベイトリールを使う 、といった感じになります。

スピニングリールのメリットとデメリット
軽量ルアーを投げることができる、キャスティングしやすい、重心が低いので疲れにくい、アタリをとりやすい、などのメリットがあります。デメリットとして、糸にクセがつきやすい、連続したキャストに向いていない、遠投力の低下、などがあげられます。

ベイトリールのメリットとデメリット
遠投することができ連続したキャストができる、パワーのある釣りができる、精度のあるキャストが可能などのメリットがあります。デメリットとして、キャスティング技術が必要、軽いルアーは投げ難い、などがあげられます。

初心者の方には断然スピニングリールの方が使いやすいです。
ただ大物を釣り上げたい場合には、ベイトリールの方が断然有利になります。ベイトリールにはスピニングリールに巻けないような、太いラインを巻くことができますし、ラインを巻き取る力もスピニングリールよりも強いので、大物狙いができます。
また、大きい重いルアーも使うことができます。ただ、ベイトリールは使い慣れていないと、バックラッシュしてしまいます。バックラッシュというのは、リール内でラインが絡んでしまうことです。なので、ベイトリールに関してはキャストの練習が必要になってきます。私も最初はよくバックラッシュしてましたが、使うにつれどんどん上達して、今ではベイトリ ールばかり使っています。
5~7グラム以下のワーム等であればスピニングリールを使用し、それ以上の重さのルアーであ ればベイトリールを使用すると考えて置けば、初心者の方は問題ないと思います。

スピニングリール、ベイトリール、この2つのリールの特性を理解した上で、目的別に使い分けることにより、今まで以上 に快適なバスフィッシングができると思います。
ベイトリール は慣れるまで頑張って練習するしかありません。使いこなせる様になるとスピニングにはないパワーのある釣りができます のでぜひ頑張ってみてください。

ベイトリールにチャレンジしよう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。