初心者必見、ブラックバスの季節別狙い場とは?

ブラックバスは季節ごとに様々な行動パターンをとる生き物で、バスを釣りたい方はまず、この行動パターンを把握しておく事が必要不可欠です!
今回はブラックバスの一年間の行動パターンを解説します。

スポンサーリンク

 初心者必見、ブラックバスの季節別狙い場とは?

スポーニングの春
ブラックバスは春になるとスポーニング(産卵)時期に突入します。この時期のブラックバスはシャローに集まる傾向があります。産卵に向けて餌を荒食いするので、大型のブラックバスも比較的釣りやすい季節と言えるでしょう。

シェードが狙い目の夏
春にシャローで産卵を済ませたバスは、今までよりも少し深い所に移動して体力を整えます。そして本格的に気温が上がると、私達と同じように涼しい場所へと移動します。
狙うポイントを簡単に説明すると、日が出ていて暑いときは流れ込みや、ディー プ、シェード(日陰)がメインになります。一方で、曇っていたり、雨が降っていたり、気温が低い朝や夕方に関しては、 水面付近の釣りがメインになります。最大の狙い場はシェー ドなので、覚えておいてください!

フィールド全域に散らばる秋
秋は一年の中でもっとも水温が安定しているのと、ブラックバスの適正水温であることから、釣りやすい時期と言われています。しかし、ただ一つ問題があります。それは、今までは過ごしやすい場所にかたまっていたバスも水温が安定すると、色々な場所に散らばっていることです。なので、フィールドのすべてがポイントとなり、場所を特定するのが非常に難しいです。なので、同じ場所を攻めるのではなく、秋は色々な場所を攻めることが、釣果につながる時期だと思います。

深場の冬
温水を好むブラックバスは、冬になると水温の低下により活性か下がり、あまり餌を食べなくなります。 なので、冬場が一番厳しい時期と言えるでしょう。冬のブラックバスは水温が安定している深場でじっとしているので、ディープ狙いが基本になります。ディープ以外に、流れのない場所、温排水の流れ込みなどを狙いつつ、スローな釣りを心掛けてください。

以上がブラックバスの季節毎の行動パターンになります。 ブラックバスは様々な行動パターンをとる生き物です。一年間の行動パターンを把握しておくと必ず、釣果アップをできるはずです!

ブラックバスの一年の動きを把握しよう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。