《憧れの尺鮎》どうやって狙えばよいですか?

鮎師の憧れと言えば、そう、尺鮎です!歴戦の強者のベテラン鮎師でさえも、なかなか手にすることのできない尺鮎ですが、いったいどうすれば釣れるのでしょうか?

スポンサーリンク

《憧れの尺鮎》どうやって狙えばよいですか?

まずは、尺鮎の実績の高い河川を調べます。鮎が大きく育つ河川には特徴があり、どの河川でも尺鮎が釣れる訳ではありません。
尺鮎が釣れる河川は、探せば必ず情報が出てくると思います。実績のある河川が分かれば、現地のオトリ屋さんにポイントを聞いてみるのも良いと思います。過去に尺鮎が出たポイントに入る事が、一番の近道と言えるかもしれません。

瀬田匡志 奔流! 尺鮎ハンティング! (DVD)

タックルですが、ある程度の準備が必要です。早瀬クラスの竿でも掛けて取り込めないことはありませんが、ポイントが限られてしまったり、やりとりの時間が長くなる状況を作ってしまうと、それだけトラブルが起き易くなります。
急瀬クラス以上の竿と、ポイントに似合った仕掛けを準備することが大事です。尺鮎は掛ける事よりも、掛かったあとや取り込むまでのやり取りの間にライン切れや身切れ、針折れなどのトラブルが起きる危険がかなり高いことを、覚えておきましょう。

尺鮎と言えば、イメージにあるのが荒瀬や激流のポイントですが、尺鮎を釣ろうと思ったら、深トロや平瀬などのポイントも個人的には欠かせないと思っています。
取り込みのリスクは荒瀬などに比べて激減しますし、仕掛けも大袈裟に太くせずに尺鮎にアプローチできるからです。

例えば、下れない荒瀬でのやり取りは、一気に鮎を浮かせる竿自体のパワーと、のされない為の腕力(体力)、その力と力のやり取りにも耐える太仕掛けが必要になります。逆に、やり取りが可能なポイントでは、急瀬クラスの竿でも胴からしっかり曲がる竿を使用すれば、タメが効くのでライン切れや身切れのリスクが減少します。
このように、ポイントとタックル、仕掛けのバランスがとても重要です。

実際にリサーチした河川に足を運び、まずは竿を出すことが第一歩、仕掛けの改良はそれからでも遅くはありません。
自分に合ったポイントとタックルバランスで、挑んでほしいと思います。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。