《バス釣り》初心者が最初に揃えたいブラックバス用ルアーとは?

今回は初心者でも使いやすいオススメのバス用ルアーを紹介します。実際に私も使用して釣果の良かった物を中心としました。

スポンサーリンク

《バス釣り》初心者が最初に揃えたいブラックバス用ルアーとは?

釣具屋さんに行った時、ルアーがたくさんあり過ぎて、どれを購入したらよいのか初心者の方は迷ってしまうと思います。バスルアーと言っても、色々なタイプがあります。初心者の方はまずクランクベイト、バイブレーションの2つを使いましょう。その理由は、この2種類のルアーは、オールシーズンで通用するルアーだからです。私もこの2種類がとても好きで、今でも愛用しています。

ストップ&ゴーが効く、クランクベイト
クランクベイトと言っても色々なタイプがあり、浅場を探るタイプから深場を探るタイプまであります。潜る深さはルアーの口の所に付いているリップで判断していて、長ければ長いほど潜る様にできて います。初心者の方はまずはリップの短いものを使っていただいた方がやりやすいです。
使い方としては、ルアーが着水したら少し待って巻き始めます。少し巻いたら、少し止める、これが一般的にストップ&ゴーと呼ばれていて、巻く時間 、止める間隔は5秒ぐらいがやりやすいと思います。

ただ巻きでオッケー、バイブレーション
次にバイブレーションですが、クランクベイトとは全く違うルア ーになります。ラインを結ぶ場所もルアー上部になっていて、ルアーの頭で水の抵抗を受けて激しくボディを揺らします。ほとんどのバイブレーションの内部にはラトル(金属の玉)が入っています。リールを巻いた時にこれが振動するようにできていて、音でもアピールできると言うルアーです。何度も何度も釣られて、バスがスレてしまっているフィールドではラトル無しのサイレントバイブレーションが効果的になります。
使い方も基本的にはただ巻きで良いので、比較的簡単に使うことがで きます。底スレスレを巻いてきたり、水面近くを巻いたりと、様々な使い方ができてアピール力も抜群なのでオススメです。 私も釣り場に到着するとまず初めはバイブレーションを投げます。冬バスは特に、このバイブレーションでの釣果が多いです。

バイブレーション、クランクベイトがあれば色々な場所、深さを探る事ができると思います。この2種類のルアーで練習して慣れたら、違うルアーにもチャレンジしてみましょう。

ブラックバス釣りにチャレンジしよう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。