2016年春、乗っ込みデカチヌ狙いに使いたいマルキユーの集魚剤Best3

春のデカチヌ狙いに情熱を燃やすチヌ釣り師は、2月の声を聞く頃から胸がサワサワとざわめくものです。2月の天気の良い日には気になるデカチヌポイントの様子見釣行を、絶対に欠かかしません。そこで今回はフカセのチヌ釣り師に贈る、春のデカチヌシーズンにオススメのマルキユーの集魚剤を紹介します。

スポンサーリンク

2016年春、乗っ込みデカチヌ狙いに使いたいマルキユーの集魚剤Best3

第1位:チヌパワースペシャルMP


水を加えて混ぜると、強い粘りが出ます。そのため、中層でバラけずに塊のまま沈下して、海底に溜まります。海底に溜まるから、ポイント作りにとても役立ちます。粘りが強いのでヒシャク離れが悪い欠点があります。マキエに寄った魚をポイントに持続させるMP酵母が配合されています。

第2位:チヌパワーダッシュ


7種類の粒が入っているので、視覚効果がとても高いです。粒はデカチヌの棲息する海底に溜まりやすいので、ポイント作りにとても役立ちます。遠投性が高いので、広範囲を狙うことができます。

第3位:湾チヌスペシャル


濁りがとても強い集魚剤なので、遠くにいるチヌに強烈に視覚アピールできます。アピール力の強い黄色い麦は海底に溜まりますが、粒子は中層で濁るので、海底に溜まりやすい集魚剤とのブレンドがオススメです。

海底に溜まる集魚剤を選ぼう
春のデカチヌは、基本的には底でしかエサを捕食しません。時々浮き上がることがあっても、海底から50cm以内がほとんどです。そのため、海底に溜まりやすい特徴のある種魚剤を選ぶことが、釣果アップの秘訣となります。

年無しチヌを釣りたい!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。