《初心者必見》冬にブラックバスを釣る方法とは?

今回は、初心者の方のために冬にバスを釣る方法を紹介します。ブラックバスは季節により全く違う行動をとるので、狙うポイント等も変わってきます。ぜひ参考にしてバスを釣り上げてください。

スポンサーリンク

《初心者必見》冬にブラックバスを釣る方法とは?

水温15度以下から、活性が下がる
冬時期のブラックバスは、寒さが原因で活性が下がるので、とても釣り難いです。ブラックバスにとって最適な水温は20℃と言われていて、水温が15℃を下回ると活性が下がり始めます。水温が7℃以下の真冬は、ほとんど動かなくなります。

基本はディープ、シャローも必ず狙いたい
バスの習性として、寒くなると水温が安定している場所や、少しでも暖かい場所を探して、その場所にじっと動かずにいます。一番期待の持てる一級ポイントとしては、水温が安定しやすく水の動きも少ないディープなどがあげられます。
釣り場に行くと、ディープエリアで粘って狙う方が多いですが、私の経験上はディープだけが釣れるわけではなく、まれにシャローエリアに上がってきているバスを見つける事もあります。この時期にシャローに上がって来ているバスはエサを探しに来ているので、釣れる可能性が高いです。なおかつデカバス率が非常に高いので、必ず狙うようにしています。反応があれば粘る必要がありますが、なければすぐに移動しましょう。

バイブレーションがオススメ
ルアーのチョイスですが、やはり、冬と言えばバイブレーションです。バイブレーションの良いところは、
・広範囲を探る事ができる
・リフトアンドフォールといった、リアクションでの釣りができる
などが、挙げられます。特にリフトアンドフォールは、ヒラヒラとフォールしているルアーに、考える暇なくたまらずリアクションバイトしてしまうことがあります。
バイブレーションで狙う時のレンジはまず、表層が基本となります。表層がだめなら、少しずつレンジを下げてみましょう。そこで反応があれば、粘ってもよいと思います。

方法は一つではない!
この方法が最善と言うわけではなく、色々な方法を試してみるのも面白いと思います。冬はなかなか釣れなくて自分自身のモチベーションも下がってしまいますが、方法一つで釣果は上がります。ぜひ参考にして、頑張ってみてください。

適材適所のルアーセレクト

冬バスを釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。