2016年冬、冬場にデカバスを釣るコツとは?

今回は冬にデカバスを釣るための方法や、アクションなどを紹介します。冬にバスを釣り上げるために必要な知識を持っておけば、必ず釣果に繋がると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

2016年冬、冬場にデカバスを釣るコツとは?

冬にバスが釣れるポイント
まずは、デカバスの前に、冬にバスを釣り上げるための条件を解説します。
・バスが成長できないような枯れてしまっている釣り場で竿出ししない。
・水質がクリアな釣り場は水中のプランクトンが死滅してしまっているため、バスは住みにくいと言えるでしょう。 逆に濁りのある釣り場を狙うのがオススメです。
・バスは寒さを嫌う魚なので、日光などが長時間当たる暖かい場所や、風が当たりにくい場所を選ぶ。
・ また流れが少なく、水温が安定しやすいディープなエリアを狙う。
・気温の上昇が見込める、お昼の時間帯を狙う。
・一ヶ所で粘らずに、色々なポイントをテンポ良く狙う。

デカバス狙いには、バイブレーション!
色々な ポイントを探るのには、バイブレーションが適しています。バイブレーションは、障害物に当てながら底の方を巻いてきた り、リフトアンドフォールでのリアクションの釣りができたりと、使い勝手が良いのです。
低活性なバスも目の前のヒラヒラとアクションするバイブレーションに、たまらずバイトしてしまうのです。私も今までつり上げてきた冬のデカバスのほとんどが、バイブレーションでの釣果でした。

冬のバスは基本的に釣れればデカバスです。そのデカバスを釣り上げるためには、まずいい釣り場に行く事と、いい天候の時に行く事が大切になります。 そして、一ヶ所で粘らずに、テンポ良く釣り場を回ってみてください。以上のことを参考にしていただければ、必ずデカバスを釣り上げる事ができるでしょう!

デカバスを釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。